最近の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆるゆり 12話 みんなで合宿

ゆるゆり 第12話「みんなでポカポカ合宿へ」感想

シリアス(?)は前回で決着。
部室での小話を寄せ集め、生徒会メンバーとの合同合宿にしています。

最終話をオマケ話っぽくする事が、しばしばありますね。
放送が遅い地方で終盤(最終回)を放送出来ない場合がある事や、綺麗に終わらせすぎると原作が続いてるのに作品が終わった印象になる事などあるから?

前回11話に比べると、少し制作時間が足りてなかった感じ。


アニメ化成功

1話後半、部室でダベり&いきなりあかり空気ネタを始めた時は「これはダメかな…」と思ったんですが、2話で生徒会、3話でお泊り、4話で水着回と手堅くまとめ、5話~7話で成功を決定づけた感じ。

原作序盤はキャラ付けや関係性が今一つ定まってなかったけど、アニメは最終的に定まったもの、特に、
  • 赤座あかりは空気
  • 歳納京子はオタク/ちなつ他とよくからむ
  • 吉川ちなつは腹黒
  • 古谷向日葵は巨乳
  • 池田千歳の鼻血
といったアニメ向きの要素を強調しエピソードを増強する事で、うまくいったようです。
特にあかりや向日葵は、アニメで大きく存在感を増したと思う。あかりは空気じゃなくなってる。向日葵とか、最後まで大室櫻子と区別がつかない人がいるんじゃないか、と思ってたんですが。


2期の可能性大

  • 過去の例からすると、2期が出来そうなぐらい人気が出てる
  • かんなぎは長期連載休止してたし、一迅社的にメディアミックスで今一番頼れそうなのがゆるゆりっぽい
  • 原作は十分残ってる。原作者のなもりさんは描くのが速い事もあり、1~2年あればさらに増やせそう
  • アニメ放送中でなくても、原作連載でファンへの燃料投下が出来る
といった事を考えると、2期の可能性は相当高いと思われます。
2012年秋~2013年春頃を期待して待ってます。


少し気になった点

ずっと部室で過ごす話は、とりとめがない印象になりやすいですね。

後、アニメは、キャラ付けや関係性から派生した単発ギャグがかなり増強されてます。上で述べた5人以外でも、
  • 池田千鶴……寄ってくる京子を追い払う/綾乃と千歳を妄想してよだれ
  • 西垣先生……怪しい発明で、爆発させる
発動条件はどれも割と単純だし、物語に簡単にメリハリをつけられます。あかり空気や爆発はオチとしても使いやすい。

「興奮して鼻血」「寄ってくるキャラを追い払う」「爆発」あたりは、古くからコメディ作品で多用されてますね。
ただ、5話終盤~7話が好評だった事を考えると、熱心な視聴者は鼻血や爆発オチみたいな笑いを求めてるわけじゃない気が。


» Continue Reading

スポンサーサイト
TAG :
アニメ
ゆるゆり

ゆるゆり 11話 ごらく部は永遠に不滅です

ゆるゆり 第11話「わたしたちのごらく部」感想

歳納京子の性格が激変。みんなの居場所がなくなるかもしれない状況に。

歳納京子つながりで、幼い頃の思い出話と京子の性格変化話を1話にまとめてます。「京子が頭を打ち、小さい頃の面影を残したような別人格になった」と、うまく関連づけてる。さらに回想や、各キャラがやりそうな言動を追加。
結果、ごらく部部室がなくなる(積み上げてきた世界が壊れる)危機が訪れ、その回避やあかりオチにスムーズにつながってます。
原作がダイジェスト気味で、アニメは欠落してたシーンを埋めたような感じなので引き伸ばし感もあまりなく、自然でスマートに。また、11話単体だけでなく、1クール全体の中でも意味のある話となってます。


誰得シリアスではなく、意味のあるシリアスに

中盤以降のシリアス展開は物語作りの基本で、多くの作品で見られますね。作り手はそうするよう教えられただろうし、確かに一見話が盛り上がったように感じる事が多いです。

ただ個人的には、よほど会心の出来でない限り、むしろ不要と思ってます。特に日常系では。
  • 多くのキャラが毎回毎回辛気臭い顔をしてる……マクロスF終盤とか
  • 和気あいあいの人間関係が険悪に……けいおんの澪と律の喧嘩とか
  • キャラにとっては重要でも、すでに視聴者にとってどうでもいい事で揉める……まよチキでスバルが執事を辞めるとか
味方キャラの感情的対立で日常が暗転すると、誰得とか茶番とか言われやすい印象。

ゆるゆり11話は、よく出来た話だと思います。これは、
  • 今までの話で十分つかんでた
  • 後に引きずらなかった
  • 登場人物や視聴者が「この方がよかったかも?」と考えていた事が実現したが、いざ実現すると喪失感を伴っている事が明らかに
  • そして、さらなる喪失につながる事に気づいた
といった理由と思われます。
1話から11話前半までで「今の京子って残念な子?」「小さい頃の方がよかったんじゃ?」と思わせた後、実際に性格を変えて真面目にしてみた。登場人物にとっても視聴者にとっても好都合なはず。
しかし、いざ変わってみると、かなり物足りない。
さらにその新たな性格による「常識的な判断」で、今まで築き上げてきたものを否定するように。
この過程を通して、「やっぱり今までの京子がよかった」と、登場人物も視聴者も再確認するに至り、崩壊しかけた世界を守ったわけです。
正直言うと、この新しい人格の京子も悪くないとは思いますが。
京子の親戚あたりにそっくりさんがいたりしないかな…。


» Continue Reading

TAG :
アニメ
ゆるゆり

ゆるゆり 10話 修学旅行

ゆるゆり 第10話「修学旅行というが、私たちは一体何を学び修めたのだろう」感想

2年生の修学旅行回。
実は、旅行中に1年生組にもそれぞれにイベントがあり、詰め込めば全部10話に収まったかもしれません。

しかし実際は修学旅行エピソードを大幅増量し、1年生たちは本編に出ず。11話に回したか、あるいは2期回し?


1年生が出ないのは少しさびしいけど…

アニメは、アバンでの赤座あかりプッシュや古谷向日葵の胸などあってか1年生組が(意外に)人気が出た事もあり、本編に登場しないと少し物足りない感はあります。

でも、1年生組を思い切って捨て修学旅行をていねいに描いたのは、正解だったかと。
お菓子を食べすぎてバスで吐く、違うクラスの池田千鶴にからむ、露天風呂で泳ぐ、お土産で木刀を買う(杉浦綾乃もつられて買う)、夕食で綾乃に食べさせる、食べ過ぎてまた吐く…などなど、歳納京子ならやりそうな数々の面白い事がきちんと描かれた。

清水の舞台で記念写真。
楽しそうな雰囲気がよく出てるし、修学旅行という明快なテーマにそって京子がはしゃぐので案外テンポもよく、2年生組の掘り下げが全体的に進んでる。

真の主役(ヒロイン)はやっぱり京子かな…とも思えますね。
全話に出続けてるし、ネタ出しのバリエーションが豊富だし、突飛な行動を取るので物語の起点になりやすい。


伏線

日常系ではあるけど、各話にゆるい連携があります。というか、そうなるように再構成されてる。「忘れてたけどそんな設定あったなー…」とはなってません。
木刀は第6話(粘土遊びの回)を意識してるだろうし、京子の「こんな楽しいじかんがいつまでもつづきますよーに☆」という絵馬は、今までの振り返りであると同時に11話12話(最終話)に関わってくると思われます。


» Continue Reading

TAG :
アニメ
ゆるゆり

ゆるゆり 9話 怨念がおんねん

ゆるゆり 第9話「今年の夏はこわくない」感想

再び夏になって、怪談話+生徒会長登場。

生徒会長を知ってるごらく部メンバーが一人もいない(設定上は存在してたけどキャラが決まってなくて出しようがなかった?)のをうまく利用し、怪談エピソードと組み合わせてます。

感想を書いてみるとあらためてわかるけど、今回は1話並にとりとめがないですね。もともと他愛のない会話が多い上に、3つの話をつなげた事も大きいです。
それでも幽霊とか暑さといった共通項で、何とか1つの話にまとめてる。

まぁ、赤座あかりの生霊を最後のオチにした分、本来は一言しゃべるだけだった(読者も忘れるぐらいナチュラルに消えた)はずが、やたら実在感のある生霊になってますが…。


生徒会長:松本りせ

本当の意味で存在感がないのは、あかりではなく生徒会長です。
ごらく部の4人は間近で見てるはずなのに、今回まで気づかなかったわけで。

第4話後半の海エピソードをよく見ると、あちこちで手が出てきたり、後ろ姿や頭上からの姿が出てたりします。
声は最大音量で聞くと、確かに西垣先生が翻訳してるような事を喋ってる。


西垣先生は異質

イカ娘の三バカにも通じるところがあるんですが、発明好きキャラはやっかいです。
  • 多くの場合、発明品や研究が現実離れしすぎていて、浮いてしまう
  • ストーリーが何でもありになって、話を作りやすい代わり、安易になる
  • 発明に関する思いを語っても、読者・視聴者は興味を持たない
えむえむっのアニメを見た人なら、柊ノアが出てきたあたりから作風が大きく変わった印象を受けたかも。

» Continue Reading

TAG :
アニメ
ゆるゆり

ゆるゆり 8話 池田千鶴

ゆるゆり 第8話「エイプリルフール」感想

再び春に。
サザエさん時空なので、学年は同じままですが。

本編はアニメなりの工夫がなされており、途中に撒いた伏線というかネタをすぐに回収したり(下着とか靴の匂いとか)、キャラの家庭環境や関係性を言葉ではなく映像的にわかりやすくしたりしてます。

後、あかりのキャラソンCMはなかなか趣がありますね。


千鶴登場

池田千歳の妹、池田千鶴の登場が今回のメイン。アニメでよくあるキャラ前倒し登場はなく、8話にしてようやく出てきた。
クイズ自体はエイプリルフールでなくても出来るわけで、たとえば3話あたりで登場させ、4話の海水浴にいっしょに行かせる…といった事も可能だったけど、
  • わかめ眼鏡
  • ネタ的要素は、姉が鼻血で妹はよだれ
  • 歳納京子に反感を抱いているし、人付き合い悪いし、他人の言う事を素直に聞くわけでもないので、動かしにくい
  • ごらく部4人と生徒会4人(1年生4人/2年生4人)で、キャラは十分揃ってる
と考えると、早めに出さねばならないほどではなかった、とは言えます。

千鶴は千歳が好きな一方、もともと千歳×綾乃を推してるため、割り込んできた京子には以前からいい印象を持っておらず、さらに図書館での一件が決定的になったものと思われます。


空気は大切

また、冒頭でもネタにされた通り、1年生たちが出てこず。
ストーリーに無理やり組み入れるよりも、最初にネタにして本編には一切出さない、という事にしたみたいです。

とはいえ、いつも存在感のなさをネタにされるあかりが、いざ本当にほとんど全く出てこないと、少々物足りないですね。
少なくともアニメゆるゆりは、あかりの「存在感」が有効に機能していたと思われます。細かいオチを担当したり、他の濃いキャラ同士のぶつかり合いの中で緩衝材として働いてたり。

まぁ、そういうのはどっちかと言うと脇役の役目のようには思えますが…。


» Continue Reading

TAG :
アニメ
ゆるゆり
BD/DVD/CD
リンク(公式サイトとか)
カテゴリ
ブログ内検索
最近のコメント
プロフィール

せれすと

Author:せれすと
アニメ:涼宮ハルヒの憂鬱、ガールズ&パンツァー


トラックバックやリンクは、自由に張ってください。

<推奨ブラウザ>
◎Opera/Firefox系 ○Chrome系/Safari △IE
主に使っているのは、OperaとFirefoxです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
タグリスト

アニメ マクロスF 涼宮ハルヒの憂鬱 いとうのいぢ ななついろ★ドロップス コードギアス 宙のまにまに らき☆すた OP 視聴予定 ゲーム オリコン とある科学の超電磁砲 けいおん!! ED PS2 WORKING!! 挿入歌 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト AngelBeats! 漫画 坂本真綾 ながされて藍蘭島 乃木坂春香の秘密 はなまる幼稚園 コミック ブログ投票 瀬戸の花嫁 とある魔術の禁書目録 アニメ作風考察 アニメ誌 化物語 true_tears ARIA ハヤテのごとく! CMS NewType サントラ ゆるゆり 涼宮ハルヒの戸惑 動画 WordPress バスカッシュ! スクールデイズ 灼眼のシャナ 黒執事 DVD マクロス けいおん! 魔法少女まどか☆マギカ 涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 とある魔術の禁書目録II キミキス 狼と香辛料 ガンダム00 インフィニット・ストラトス 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 侵略!?イカ娘 侵略!イカ娘 ベン・トー 相関図 ロザリオとバンパイア エヴァンゲリオン この青空に約束を たまゆら 宇宙をかける少女 かんなぎ BD ブログ フィギュア 神曲奏界ポリフォニカ シゴフミ ストライクウィッチーズ 逆境無頼カイジ コミックス 鉄腕バーディー もってけ!セーラーふく セキレイ MODx 黒神 さよなら絶望先生 Firefox ユニゾンシフト PSP WORKING´!! Little_Lovers_2nd YouTube みつどもえ sola ポリフォニカ クレイモア Drupal ヱヴァンゲリヲン ライトノベル 京アニ ゼロの使い魔 侵略!イカ娘 DS ベルセルク もってけ!セーラーふく スケッチブック ロロナのアトリエ カイジ 長門有希 CD 君が主で執事が俺で しゅごキャラ! ねんどろいど 破天荒遊戯 電撃文庫 涼宮ハルヒ ニュース 声優 坂井泉水 バイク 撲殺天使ドクロちゃん ユーチューブ どきどき魔女神判 歌詞 字幕.in 字幕 地球へ 絶対可憐チルドレン 小岩井フローラ ご愁傷さま二ノ宮くん ef プリズム・アーク レンタルマギカ ブルードロップ バンブーブレード 京都アニメーション スカイガールズ 色彩 こどものじかん ドラゴノーツ RD潜脳調査室 水樹奈々 生徒会の一存  聖地 Google日本語入力 Newtype バカとテストと召喚獣 ゴンゾ 科学 Lightbox Web制作 JavaScript Slimbox jQuery 青い花 ヒャッコ 聖地巡礼 オオカミさんと七人の仲間たち フラクタル お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだから 夢喰いメリー 日記 ロウきゅーぶ! 神様ドォルズ 森田さんは無口 ヨスガノソラ ミルキィホームズ アマガミSS 祝福のカンパネラ 学園黙示録 あそびにいくヨ! 神のみぞ知るセカイ 生徒会役員共 けいおん Opera PV PC Movable_Type 僕は友達が少ない カドゥン firefox ロボテック H2O FC2ブログ ゴルゴ13 windows_xp ブログ検索 ダ・カーポII 灼眼のシャナII DokuWiki CLANNAD ヴィンランド・サガ 薬師寺涼子 まりあ†ほりっく ホワイトアルバム アルバム 明日のよいち! アニソン RIDEBACK ラノベ 同人誌 鉄のラインバレル アニメディア スレイヤーズ アニメージュ イラスト とらドラ! ジブリ インターネット 

BD/DVD
Twitter
今やっていること
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2007-04-11頃から
月別アーカイブ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。