最近の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハヤテのごとく!第13話、第14話感想

ハヤテ縮小中。でももうちょっとついていきます。多分ね、ヒナギクと咲夜の登場が増えて、西沢さんがもうちょっと優遇されたら、いいんですよ。多分。

第13話「夏を制するものは受験を制するらしいっすよ」簡易感想

ハヤテが白皇学院の編入試験を受ける回ですね。ただ、(長編アニメではありがちだけど)制作日程の調整のためか回想が相当使われており、テンポ悪くなってます。自主規制でナギのパンツが見えないのは、残念という以上に不自然。 クラウスさんやタマが勉強の邪魔をするので、珍しくハヤテが切れてます。
レドモンド式試験以降の流れは、ほぼ原作通りだったっぽい。スターウォーズ風の解説画面はアニメオリジナルかな?

ハヤテのごとく!第14話「ちょっとちょっと!パーティーいかなあかんねん。早よして、ホント」簡易感想

桂ヒナギク成分多めの回。こまごましたエピソードはありますが、内容は割と単純。先週は回想シーンが多かったけど、今週は絵が不安定になってます。
とりあえず、合格パーティーを開くナギ。あー…何か…まぁいいや。
雪路がヒナギクを頼り、自宅に帰ってきます。「ドアを開けたら着替え中」はお約束。ノックしない事にヒナギクは怒ってるんだけどそれはおいといて、よく見るとヒナギク、窓のすぐそばで外を向いて服を脱ごうとしてます。
ハヤテが編入試験を受けると聞き、デレるヒナギクはかなりよさげ。ま、姉のいたずらでハヤテが不合格になったと聞いたら普通キレるでしょうねぇ。
ハヤテがパーティーを開いてナギと踊る一方、西沢さんはとうもろこしを食って「好き・嫌い」をやってます。あー…何というか、西沢さんには幸せになってほしい。本当。なんかね、いろいろと。
空気読めない3人組が不合格通知を持って来ます。落ち込むハヤテのところにマリアが生徒証を。…あれれ? 原作ではもっとずっと大胆な行動を取っていたような気がするんだけどなぁ。タマのカクカク(8話)がOKでマリアとのナニがダメな理由はなんなんだろ?

EDが夏向けに変更されてます。
スポンサーサイト
TAG :
アニメ
ハヤテのごとく!

ハヤテのごとく!第12話 西沢さん復活

ハヤテのごとく!第12話「僕らは昔、宇宙の刑事に若さとは振り向かない事だと教わった」感想

パソコンも大体直ったし他の急ぎの用事も一段落ついたので、アニメ感想を再開。今回のタイトルは、瀬戸の花嫁第6話でも出て来たギャバンネタですね。実際、今の20代後半の男だったら小さい頃になじんでいる可能性が高いし。ハヤテは、基本ラインは中高生のコアなオタク向けでありつつ、ネタは20代後半以降向け、という事かも。
  1. ハヤテが夢についていろいろ語る
  2. 西沢歩が久々にまともな役で登場し、ハヤテと再会
  3. 前回の話や今回の西沢さんの件も合わせて、ナギがある決意をする
という、なかなか綺麗な流れになってます。

ハヤテ、苦労してるなぁ…

  • ハヤテがいかに苦労してきたかがしのばれるエピソード
  • ハヤテが将来の夢について考え語るエピソード
が続きます。坂本竜馬、モーツァルト、ジェームス・ボンドの夢への考え方が引用。…この漫画、連載開始時から思ってたけど、金持ち描写は非現実的な一方、貧乏描写は結構リアルなんですよね。ナギやマリアの思考や行動は、およそ現代的な金持ちじゃない。…いやまぁ、他の漫画もそういう傾向あるしそもそもギャグ漫画だからこだわりどころじゃないんだけど、オタク知識の精緻さに比べると、どうにも。ハヤテも、三千院帝爺さんからはいろいろ学べる事があるような気が。
西沢さんとハヤテが再会
ハヤテのごとく!第11話よりキャプ画像。携帯を買いに行った帰りに学校に寄ったハヤテは、西沢さんと再会。しかしハヤテはすでに学校を退学になっていた。西沢さんは思い切ってハヤテに告白するが…。
ようやく西沢歩さんが本格的に再登場。長かった。よく考えたら、ヒナギクの登場を思いっきり早めた上何度も登場させてきたのに、ハム西沢を登場させないのは…やっぱり人気度? いや、ハヤテに直接関わってないだけで毎回登場してるから、それなりに扱いはよいのか。いやでも、単にいじられてるように見えるなぁ。

もともとそんなに深夜アニメ見てなかったんで断定は出来ないですが、「人物を傾けてなるべく全身が見えるようにする」カメラワークって今のアニメでは普通なんでしょうかね。ハヤテでは特に目立つ。美少女ゲームでは普通に使われるけど、夕方アニメはもちろん深夜アニメでもあまり見かけない気が(ハヤテは内容的にはほぼ深夜アニメ)。
で、ハヤテの「二次元にしか興味がない」という切り返しのイメージは、何と涼宮ハルヒの憂鬱の学園祭シーンに差し替え。まぁ、2007年の現在、「キャラ萌え」の具体的イメージとして出すには妥当かも。「ハルヒでグラフィック的にキャッチーなのは、みくるのコスプレか文化祭出演バンドENOZのバニー姿→みくるネタはミクルビームも含めて第10話で散々使った→残るはENOZ」というわけで。Aパート最後のタイヤキ、これまたらき☆すた第4話でも出て来たKanonの有名ネタ。このタイヤキネタは本当よく使われます。

西沢さん、ついに三千院の屋敷へ

ハヤテと西沢さんがまた再会。ナギとも邂逅
ハヤテを追って三千院の屋敷にたどり着いた西沢さん。いろいろあるが、ハヤテとまた再会。さらにナギとも出会う。
ワタルと西沢さんが特に前ふりもなく普通に仲良くしてるのは微妙に違和感あるけど、確か原作もそうだったような気が。で、西沢さんとハヤテ、アニメ内時間の半年の空白を埋めるように、急激に接近。
西沢さんのサービスカットもやはり出てきます。何というか…西沢さんは、アニメではそっち系統の担当?

うーん…何か、ネタ的にはナギにも注目ポイントあったけど、ツンデレ属性や不思議系属性が低めなせいか、西沢さんひいき気味です。
TAG :
アニメ
ハヤテのごとく!

ハヤテのごとく!第11話 よい最終回風

ハヤテのごとく!第11話「僕の命の価値はプライスレス」感想

先週で今後の事を少し考えたけど、今週は結構よかったなぁ。…というわけで、縮小でレビューしていきます。

倒産したコンパイルって、ぷよぷよが結構知られていたとは言えとんでもなく大量の社員を採用して、話題になった記憶が。「ディズニーランドの白雪姫のお城」は「とても親切な人たち」同様、ピー音で消すのも危ないネタのようです。
三千院帝は石油王との事だけど、ナギには激甘。株式は教えてるようだし、現場主義じゃないのかな。

じいさん「つまり、お前の人生は限りなく無意味という事じゃな」「お前の人生は、そのゴミのような親の人生よりも無意味なものだ。この三千院帝が保証してやろう…」
帝の爺さんの名セリフ。爺さんみたいな人から見れば、ナギのお気に入りの15、6歳の男が「ナギの元で40年働いて借金を返す。だけどお嬢様には感謝している」なんて言ったら「は? 何だそりゃ?」と挑発したくなるでしょう。アニメではそうは見えないけど貧相という設定だし。
漫画から似た系統を探すと…
「世の中に男は三種類しかおらぬ
形は何であれ勝負に挑む勇敢な者 その勝者と敗者…
そして一生勝負に出ない腰抜けだが…三つ目は論外だ 語るに値しない」
拳闘暗黒伝セスタス 8巻p60
かなぁ(ちょっと違う気もするけど)。今のハヤテは、三つ目に近い。
いや、フツーに考えたらナギのそばでずっと執事をやれるってのはすごく楽しくて充実してそうだけど、大金持ちのじーさんから見れば「つまらん。仮にもナギが気に入った男が、今からそんな人生設計を立ててどうする」といいたくなるかと。まぁ、真意はわからないけど。状況から考えて、ハヤテはあまり熱っぽくナギへの思いを語ってなかったように見えるし。それに、もしかしたら帝は意味深に語っているだけで、実はあまり意味がないのかも。
飛行石登場。これ、結局何なんでしょうね…。ただこれ、飛行石というよりベヘリットの「覇王の卵」っぽいんですけど。もしベヘリット系なら、結構恐ろしい結末になっちゃいますよねぇ。ハヤテではそういう事はないだろうけど。

ハヤテ「僕が…守るよ」
ナギ「えっ?」
ハヤテ「君を泣かせようとする奴から…僕が君を守るよ。それで、いいかな?」
ナギ「いや、あの、その…」
ナギ「…よろしくお願いします」
ナギって子供っぽいけど、基本はすごくいい子なんですよね。
TAG :
アニメ
ハヤテのごとく!

ハヤテのごとく第10話 コミックマスターJの5巻第1話そのもの

ハヤテのごとく第10話「世にも微妙なハイデフレ。ゲームは積まずにプレイしろ」感想

「オリジナルストーリーにありがちな、微妙にぬるいストーリー」を想像してたんだけど、全然違った。原案は火田…畑先生本人。作者本人っぽい声まで登場。超カオス+超・超すさまじいパロディの嵐。
  • 「論理的なストーリーの結果、連続してカオスが発生した」のではなく、かなり脈絡なくカオス。
  • 綿密な計算に基づいた風はなく、畑先生の好みをそのままちりばめた感じのパロディ。
らき☆すた第6話以降でうすうす気づいてたけど、今回の話を見てらき☆すたとハヤテが似て全く異なる作品だとはっきり認識。

実は、プロセスは必要ない

パロディのすさまじさやネタは今風だけど、
  • 面白さとプロセスはあまり関係ない。ハイライトシーンを上手につなぎ合わせる事さえ出来れば、人は感動するし面白いと感じる。
  • オリジナルなネタ、オリジナルな演出を無理にひねり出す必要はない。名作の設定・名シーン・名セリフ・名エピソードを切り貼りし、声優や制作会社つながりのパロを見せ、適度にサービスカットを入れれば、一定数の人が喜ぶ。下手に凝ってほとんど全ての人がつまんないと感じる作品を作るよりは、よっぽど堅実。
という意味では割と王道。実際、同人誌でも大人向けパロは売れやすく、創作は売れにくいわけで。アニメでも手堅く売るには今回みたいな話がいいんでしょう。今回の話は賛否両論っぽいけど、こういうのを面白いと感じる人がいるわけで、表現手法としてはアリという事。どんな大作でも、売れなきゃおしまいですし…。

綾崎ハヤテの登場はほとんどない

ハヤテの声優(白石涼子)が喉の手術をしたためか、ハヤテはほとんど登場せず。絵はものすごく綺麗だけど、いつもと絵柄が全然違う。これは、ぱにぽにスタッフが多数参加しているせいっぽい。
ハヤテのごとく!第10話 その1
ハヤテのごとく!第10話よりキャプ画像。第8話のアナザーストーリー。レトロゲーム(ドラクエ?)をプレーするナギ。
ナギ「ふーん…ザッピングか。アニメもいろいろややこしくなったものだな」
マリア「地デジとかEPG録画とかデジタル彩色とか海外へのグロス発注とか絵コンテのネットオークション流出とか漫画大臣とかの世の中ですし」

  • EPG録画……電子番組表を使った録画。簡単確実に予約録画出来る。
  • 海外へのグロス発注……作品を丸ごと海外の制作会社に作らせる事。
  • 漫画大臣……麻生大臣の事と思われる。

» Continue Reading

TAG :
アニメ
ハヤテのごとく!

ハヤテのごとく!第9話 ヒナギク再登場

ハヤテのごとく!第9話 エロイムエッサイム。ウシクン ウシクン!なんだいカエルくん?

ヒナギク再登場の回。前回同様「一体どうしちゃったの? これって日曜朝10時のアニメだよね? 土曜深夜34時のアニメじゃないよな?」という内容。前回は倒錯的なヤバさだったけど、今回は王道のやばさ。
あー…でも、遠い昔、うる星やつらってゴールデンタイムでやってたんですよね? 時代が下ったGS美神は、日曜朝の似た時間帯だったはず。要するに「近年は、やばそうなアニメはまとめて深夜帯に移った。だからハヤテは奇異に感じる」というだけでしょう、多分。
とはいえ、2週連続(来週も含めたら3週連続)でやばいネタの集中投下が来たのは、ちょっと気になるところ。「アニメ作品は8話あたりでだれやすくなる。だから、底堅くつかめるネタを持ってきて視聴者を逃さないようにする」みたいなのがあるんだろうか?

ハヤテのごとく第9話 ナギを学校に連れて行く
ハヤテのごとく!第9話よりキャプチャー画像。伊澄が帰った後、トイレに入ろうとするハヤテを呼び止め、相変わらずいろいろ理由をつけて学校をサボろうとするナギハヤテはナギを布団から抱き起こし、学校に連れて行く事にする。
改めて原作4巻第2話を読み直すと、原作と細部がかなり違う…。「お嬢様の制服をピカピカにクリーニング」は連載当時気に入ったネタだったんだけど、確かアニメでは今回も今までも出てない。まぁ、原作4巻第3話がアニメ4話になってるし、アニメはあちこちから断片的に拾ってるわけで。制作者側がよいと思えばどこかで入れられるだろう。

久しぶりに学校に行ったナギが「またあのクソゲーみたいな授業を延々と受けねばならんのか」「何で黒板にはスキップ機能がついてないんだ」みたいに言ってますよね。ぼくはあまりゲームしないから詳しくないけど、セリフや場面のスキップ機能がついてる代表的なゲームと言えば、ギャルゲーしか思いつかない…。

西沢さん…

毎回、おかしな食べ方をする西沢さん。徐々にパワーアップしてきたけど、今日はついに新手のサービスカット。
ハヤテのごとく第9話 アイスキャンデーを舐める西沢歩
アイスキャンデーを食べるハム西沢。
純真なおこさまが見れば、「アイスを食べたら『あたり』ではなく『たたり』と書いてあった」という、単なるギャグシーン。
魂が汚れてしまった悪いおっきなお友だちなら、
  • 西沢さんの手の上下
  • なめるというより吸うような音
  • 目をつぶって少しひそめた眉
  • 意味もなく髪をかきあげるしぐさ
  • なぜか淡く染めた頬
  • 口を離す時の「ほぅっ」としたような顔
  • そもそも「アイスキャンデーをなめる」というたとえ
あたりで、何か思うところがあるでしょう。いろいろ意見はあるだろうけど、「清流のように清く正しいアニメ」だとありえない小話なわけで。こういうちょっと大人向けな笑い話、つかみとしてはいいです。

ストーリー的にかなり詰め込まれてる

大人っぽいシーンが多くてまぎれてるけど、ヒナギクルート序盤の重要な話であり、かなりエピソードが詰め込まれてます。前回登場時はただの「ちょっと変な女教師」だった雪路の人間らしさが感じられるのも、ポイント高い。
ハヤテのごとく第9話 桂雪路・瀬川泉・花菱美希・朝風理沙
ナギがノートを忘れたのでハヤテが学校までとりにいく。学校には雪路が宿直しており、委員長たちが泊り込みで勉強会をやっていた。
生徒会3人組の絵、異様に綺麗です。で、瀬川泉のへそ出しパジャマ姿を存分に見せるべく、カメラ傾けてます。朝風理沙の胸も結構あれです。

ハヤテのごとく第9話 ハヤテを追いかける桂ヒナギク
ハヤテが旧校舎に行ったかもしれないと聞き、後を追うヒナギク。人体模型に追いかけられる事に。
マリア「まあ、あの学校ならゴーストスイーパーとか雇うでしょうけど」

» Continue Reading

TAG :
アニメ
ハヤテのごとく!
BD/DVD/CD
リンク(公式サイトとか)
カテゴリ
ブログ内検索
最近のコメント
プロフィール

Author:せれすと
アニメ:涼宮ハルヒの憂鬱、ガールズ&パンツァー


トラックバックやリンクは、自由に張ってください。

<推奨ブラウザ>
◎Opera/Firefox系 ○Chrome系/Safari △IE
主に使っているのは、OperaとFirefoxです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
タグリスト

アニメ マクロスF 涼宮ハルヒの憂鬱 いとうのいぢ ななついろ★ドロップス コードギアス 宙のまにまに らき☆すた OP 視聴予定 ゲーム オリコン とある科学の超電磁砲 けいおん!! ED PS2 WORKING!! 挿入歌 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト AngelBeats! 漫画 坂本真綾 ながされて藍蘭島 乃木坂春香の秘密 はなまる幼稚園 コミック ブログ投票 瀬戸の花嫁 とある魔術の禁書目録 アニメ作風考察 アニメ誌 化物語 true_tears ARIA ハヤテのごとく! CMS NewType サントラ ゆるゆり 涼宮ハルヒの戸惑 動画 WordPress バスカッシュ! スクールデイズ 灼眼のシャナ 黒執事 DVD マクロス けいおん! 魔法少女まどか☆マギカ 涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 とある魔術の禁書目録II キミキス 狼と香辛料 ガンダム00 インフィニット・ストラトス 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 侵略!?イカ娘 侵略!イカ娘 ベン・トー 相関図 ロザリオとバンパイア エヴァンゲリオン この青空に約束を たまゆら 宇宙をかける少女 かんなぎ BD ブログ フィギュア 神曲奏界ポリフォニカ シゴフミ ストライクウィッチーズ 逆境無頼カイジ コミックス 鉄腕バーディー もってけ!セーラーふく セキレイ MODx 黒神 さよなら絶望先生 Firefox ユニゾンシフト PSP WORKING´!! Little_Lovers_2nd YouTube みつどもえ sola ポリフォニカ クレイモア Drupal ヱヴァンゲリヲン ライトノベル 京アニ ゼロの使い魔 侵略!イカ娘 DS ベルセルク もってけ!セーラーふく スケッチブック ロロナのアトリエ カイジ 長門有希 CD 君が主で執事が俺で しゅごキャラ! ねんどろいど 破天荒遊戯 電撃文庫 涼宮ハルヒ ニュース 声優 坂井泉水 バイク 撲殺天使ドクロちゃん ユーチューブ どきどき魔女神判 歌詞 字幕.in 字幕 地球へ 絶対可憐チルドレン 小岩井フローラ ご愁傷さま二ノ宮くん ef プリズム・アーク レンタルマギカ ブルードロップ バンブーブレード 京都アニメーション スカイガールズ 色彩 こどものじかん ドラゴノーツ RD潜脳調査室 水樹奈々 生徒会の一存  聖地 Google日本語入力 Newtype バカとテストと召喚獣 ゴンゾ 科学 Lightbox Web制作 JavaScript Slimbox jQuery 青い花 ヒャッコ 聖地巡礼 オオカミさんと七人の仲間たち フラクタル お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだから 夢喰いメリー 日記 ロウきゅーぶ! 神様ドォルズ 森田さんは無口 ヨスガノソラ ミルキィホームズ アマガミSS 祝福のカンパネラ 学園黙示録 あそびにいくヨ! 神のみぞ知るセカイ 生徒会役員共 けいおん Opera PV PC Movable_Type 僕は友達が少ない カドゥン firefox ロボテック H2O FC2ブログ ゴルゴ13 windows_xp ブログ検索 ダ・カーポII 灼眼のシャナII DokuWiki CLANNAD ヴィンランド・サガ 薬師寺涼子 まりあ†ほりっく ホワイトアルバム アルバム 明日のよいち! アニソン RIDEBACK ラノベ 同人誌 鉄のラインバレル アニメディア スレイヤーズ アニメージュ イラスト とらドラ! ジブリ インターネット 

BD/DVD
Twitter
今やっていること
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2007-04-11頃から
月別アーカイブ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。