最近の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年テレビアニメひとこと感想 その3(10月~12月)

ひとこと感想その1
ひとこと感想その2
ひとこと感想その3

2009年10月~12月のテレビアニメ

2009年10月~12月頃に放送終了し、全話を完全に見たTVアニメについて。あと、視聴継続のアニメについて。

「ひとこと」と言いつつ全然ひとことになってない…。

生徒会の一存
他作品やお約束をある程度知っている事が求められる作品。
個人的には毎回笑えるシーンがたくさんあり、非常に楽しめた。
紅葉知弦
知弦「もきゅ~」
ただ、「生徒会の一存は、プチ『らき☆すた』になる!」…みたいな予想してたわけですが、結果は二期ぎりぎりぐらい。公式は、二期はないと言ってるし。何でこんな事に?
何がまずかったんだろう。制作会社か、キャラデか、読者層か、改変しすぎか…。

あと、女キャラがオタネタを語る作品でよくあるけど、女キャラが基本的に「女の子」じゃないのは少し気になった。「見た目は女だけど中身は男」といった感じで、譲っても中性的。

でもそれは自分がそう感じたんであって、ほとんど問題にならないと思う。化物語も個人的には女キャラに違和感ありまくりだったし。


けんぷファー
漫画は読んでて正直あまり期待してなかったけど、おおむね楽しめた。
ナツルがあまりに鈍すぎるのと、最終話はちょっと蛇足だったかな…。
瀬能ナツルと三郷雫
雫「ちゃんと寄せて上げて、胸をカップに入れるのよ」
ナツル「えー!?」
ナツル(くそぅ、自分の胸だってのに何を恥ずかしがってんだ俺は)
アニメとしては間違いなくB級で、いわゆる豪華声優を使ったいろんなパロネタとエロ押し。でも、しかめっ面して視聴してあれこれ語るのがよいアニメ…なんてわけでもなく、結局は「楽しめるか」になるわけで。けんぷファーは変にいいアニメにしようとせず、娯楽作品と割り切った作りに。

女キャラ(?)で一番いいと思ったのが、ナツルだったりする。


にゃんこい
何となく見始めたけど、意外に面白かった作品。
猫の依頼はどちらかというと舞台道具で、本質はラブコメですね。ギャグのテンポは非常によく、2年前の瀬戸の花嫁っぽさがありました。キャラも個性があったし、最終話も割と綺麗にまとまった。

でも、2期はないんだよ…。
左:桐島朱莉 右:桐島琴音
双子っていいですよねー。戸松遥さんの一人二役もよくあってる。

キャラの名前や雰囲気がLEAFの古い作品を思い出させるけど、気のせいでしょう(多分)。


» Continue Reading

スポンサーサイト
TAG :
アニメ
乃木坂春香の秘密
とある科学の超電磁砲

乃木坂春香の秘密ぴゅあれっつぁ♪ 12話「約束です♪」感想

乃木坂春香の秘密ぴゅあれっつぁ♪第12話「約束です♪」感想

BD/DVDはまだまだ続くけど、テレビはついに2期最終話。原作7巻の後半から。


秘密の意味合いが変わってきた

1期は「春香はオタ趣味」というのが「乃木坂春香の秘密」であり、裕人はその秘密を共有する存在でした。
でも2期はオタ趣味は秘密という比率は相当下がり、「春香と裕人の関係や、二人で積み重ねた思い出」が秘密になってますね。

ラストで、裕人と春香が「秘密です」と言ってみんなが祝福するのも、二人の関係が少しずつながら確実に近しくなっている事を皆が納得して喜んでると考えればよいかと。実際、あの場に来て反対してるのは玄冬だけで、椎菜や、椎菜と裕人の仲を応援する良子や麻衣はいなかったし。


原作で一続きの話を、アニメは1話と最終話に

「乃木坂春香は原作準拠」というイメージが若干あるようだけど、実際はアニメ化にあたってイベントを相当入れ替えてます。アニメは温泉旅行の話(7巻)を分割し、最初と最後に持ってくるというちょっと変わった構成に。
  1. アニメ1話≒原作7巻前半……温泉に行き、二人でノクターン女学院ラクロス部のイベントへ
  2. アニメ12話≒原作7巻後半……二人が雪山で遭難
なぜそうしたのかだけど、
  • 温泉話はメインキャラが多数登場するし、興味を引きやすい。なので1話に向いてる
  • でも、日本で「10月に吹雪で遭難」はさすがにない
  • そもそも遭難のきっかけとなる「月の光」を春香に渡したのはクリスマス
  • いかにも乃木坂春香っぽい話だし、アイドル編をクライマックスにしてこれをまとめにする方がいい
また、2期はサービスシーンで押す作風になったんで、最初と最後が温泉というのも、それはそれでいいのかも。
指輪を落としたなら、せっかくメイド隊も来てるんだし葉月さんたちを連れて探しにいけば確実だったって? それは…話がすぐ終わってしまうんで。


椎菜が最後まで不遇

「スイッチ入った」のは、最後の輝きだったのだろうか。
天宮椎菜
人生最大の愛好機ラブチャンスが来週到来
来週はないんだよ、椎菜…。

作品テーマ的に裕人と春香のつながりをプッシュするのは仕方ないけど、椎菜が最後まで報われないまま終わってしまったのは少し可哀想。
まぁ、ここまで来て「実は裕人と椎菜が…」では読者・視聴者も納得しないだろうから、変に波風立てて殺伐とするよりも、ギャグで流すしかないってのはわかるけど。


3期のテレビ放送は微妙なライン

自分の見たところでは、アニメ続編の可能性はあります。ただ、
  • 1クールアニメにするための原作ストックが不足
  • 地上波をある程度確保して放送したとしても、映像ソフトや原作や関連商品にこれ以上広がりが出るかどうかは微妙
  • 何となく、あと数巻ぐらいで終わりそうな気がする
続きをやるとしても、地上波での放送がなくなるかOVAかも。

たまに、「なんでこれが2期をやったのか全然わからない」みたいな意見があるので少し。

簡単に言えば、こういう「男女が仲良くしているのをひたすら描く」「殺伐とした情景はほとんど描かない」というのは、一定の需要があるんです。一般的な日常系と似ているけど、別系統のゆるい作風と考えればいいです。

後は、キャラ絵かなぁ…。春香って太ってるわけじゃないけど、なんというか…「むっちり」って表現がぴったりくる印象ですよね。
創作系な人や情報発信が多い人はやせ気味なロリ体型を好む人が多そうなんだけど、実際に手堅いのはむしろ春香みたいな方だと思う。


» Continue Reading

TAG :
アニメ
乃木坂春香の秘密

乃木坂春香の秘密ぴゅあれっつぁ♪ 11話「感じていたいです…」感想

乃木坂春香の秘密ぴゅあれっつぁ♪第11話「感じていたいです……」感想

原作9巻から。春香のアイドルデビューの顛末。

父親の乃木坂玄冬がうまくオチを付け、原作よりもすっきりした終わり方に。
今回を最終回にしてもよかったとは思うけど、クライマックスにしましたね。

自分はどうこういって原作重視のつもりだけど、乃木坂については原作自体に「?」な部分が少なからずあります。で、アニメはそういう問題点をていねいに改変してる事がよくわかる。

まぁ…原作は、あれはあれでいいんです。
数あるラノベの中でも特に読みやすいし、悪人はもともとほとんどいないし、ツンデレ(怒鳴るキャラ)が少ないから、気楽に読める。


アニメはうまい改変

アイドル編を2話で手早くまとめ、さらに結末を割と納得いくものに変えたのは、バランスのとれた改変かと思います。
どうでもいいエピソードだったら丸ごとカットもあり得たんだろうけど、姫宮みらんと綾瀬裕人が知り合うきっかけだし、終盤のちょっとしたシリアスとしては悪くない。

途中までコミカル、終盤シリアスの王道
エピソードを入れ替えてアイドル編をクライマックスにし、
  1. 終盤に、綾瀬裕人と乃木坂春香の関係が危機(?)
  2. お互いの気持ちを再確認し、ハッピーエンド
という、物語の王道になってます。乃木坂は鬱展開はやらないって事だったし実際そういうのを好む層は見てないと思うので、これぐらいがぎりぎりのところだったかと思われます。
玄冬と秋穂が活躍し、茅原たちに制裁
原作でアイドル編が不評だった理由はいろいろあると思うけど、一番の理由はおそらく「茅原弥生と小早川希美が、特にペナルティを受けなかった」事。

今回のオチの改変を見た感じ、9巻のアンケートなどから電撃文庫側は改善すべき部分をわかっており、アニメ制作にあたって制作スタッフときちんと打ち合わせをしたように思える。

茅原と小早川の2人が相応の制裁を受けた
警察に突き出すとかリンチするみたいな微妙に後味の悪いものじゃなく、「バラエティ番組のエロ担当送り」という、この作品らしいとも言えるペナルティ。
作品の基本設定をうまく生かしてる
玄冬と秋穂が途中で事態に気づき、「乃木坂家は大金持ち」「玄冬の声は立木文彦さん」という設定を生かした展開に。
乃木坂は声優ネタがちまちま差し込まれるし、玄冬とゲンドウは雰囲気や名前の響きが微妙にかぶってる割に碇司令ネタはしてなくて、以前から指摘されてました。それを、前回の予告と今回できちんとやった。


裕人はもう少し主体的に動くべき

裕人が
  • そもそも春香を(恋愛対象として)好きかどうか今ひとつわかってない
  • 自分に自信を持ってない
  • 「春香にとって何が一番いいのか?」を悩んだ
事などから、今回みたいな展開になったんだろうけど。
裕人にはばく然と「恋愛とは、これこれこういうものだろう」という気持ちがあるようで、今の春香との関係とはちょっと違うらしい。
でも、そばにいるのが半ば当たり前になっていた春香が遠くにいってしまいそうになり、さらにみらんに説得されて、ようやく自分の気持ちを自覚したのが今回の話し。
茅原弥生と小早川希美に「春香に近づくな」と言われ、春香とちょっと距離を置いた後、裕人が何をやったのか見ていくと
  1. 姫宮みらんが「それでいいのか、あんたにとって春香はその程度の存在だったのか」と説教しにくるが、動かない
  2. 裕人と春香の様子がおかしいので乃木坂美夏+メイド隊が確かめにくるが、動かない
  3. みらんのコンサートに行き、みらんにさらに説教され、ようやく自分の気持ちを自覚
  4. 最後に椎菜に背中を押されて、動く
これ、みらんが本当に呆れてそれっきり放置してたら、裕人抜きで一件落着し、裕人は何とも微妙な立ち位置になったと思う。


» Continue Reading

TAG :
アニメ
乃木坂春香の秘密

乃木坂春香の秘密ぴゅあれっつぁ♪ 10話「こんなになっちゃって…」感想

乃木坂春香の秘密ぴゅあれっつぁ♪第10話「こんなになっちゃって……」感想

原作9巻から。春香がアイドルデビュー? という事でバレンタインデーを前にして裕人と春香がすれ違っていくという、まるでホワルバのような展開。
やはり、コミカルで引き込んで終盤にシリアスを持ってくるのが物語作りの基本なのか…。

ちなみに、春香はいまだに携帯を持ってないので(最近まで親に禁止されてた&機械モノが苦手)、今回みたいな昔ながらのすれ違いが普通に起こります。


原作で不評なエピソード

このアイドル編は原作ではかなり不評で、アニメでも一部で批判意見が見られます。そこまで目くじらを立てるようなものじゃないと思うけど、不人気な理由は何となくわかる。
  • この作品のお約束を、若干外してる
  • 物語のプロットに合わせるためか、キャラの言動が少し変
なので。

お約束を外してる
そもそも『乃木坂春香の秘密』という作品は、何を描いてきたか?
  • 裕人と春香の、ちょっとヲタネタなゆるい恋愛物語
  • 椎菜、美夏などがときどき裕人に近づいて来て、恋愛面で少し波紋
  • 葉月、那波、アリスといった、メイド隊の面々たちとドタバタ
  • たまに嫌味なキャラが出てくるけど、すぐに返り討ちに合う
原作やアニメ1期からこの作品を追い続け生き残った猛者は、こういう世界観にひたってここまで来たわけです。
…いや、さんざん篩(ふるい)にかけられた結果、こういうのを心地よいと感じる人じゃないと、多分途中で脱落してる。

「ムカつく奴」はシュート・サザーランドのように「見ただけでネタとわかるレベルの悪役」として描かれ、ほどなく相応の報いを受けて退場していくのが、この作品のお約束。

だから、茅原弥生みたいなタイプの敵や、春香と裕人が意思の疎通が取れずすれ違い…というのは、「乃木坂春香っぽくない」わけです。

あと、姫宮みらん。彼女も乃木坂春香の秘密の中ではやや異質なキャラです。天王寺冬華はきわめてステロタイプなツンデレで、すぐにデレになったし。
とは言え、みらんについては終盤にはすでにちょっと丸くなってますね。

キャラの言動がおかしい・裕人がふらふらしすぎ
一部のキャラがそのキャラ本来の言動だと、アイドル編が早々に終わってしまうからと思われます。
まず、メイド隊が鈍感になってますね。
茅原弥生もおかしい。春香をだましてアイドルデビューなんてまず無理とわかるはずだろうに。玄冬に知られたら、スリーピースプロダクションごと潰されそう。

あと、裕人。ここに来て、自分の意見が定まらない事の弊害が出てきてる。もっとも、ここで早々に「春香は渡さない!」とかやってたら、今回の話は成り立たなかったわけですが。


姫宮みらん

1期からちまちまと出ていたんですが、ようやく本格登場。
姫宮みらん
上段:1期最終話
下段左:2期6話 下段右:2期7話
人気アーティストで、椎菜も彼女のファン。
今後も関わりがあるんだけど、後2話で終わりだから、3期に期待って事になるのかな。


出番のなくなった人たち

天宮椎菜
椎菜の出番は予想通り思いっきりカットされ、わずかに回想で出てくるだけに。
伏線とその回収も含めて次回にまとめられる可能性も結構あるけど、完全カットになっても話はつながりそう。
野々原野乃
真尋(信長の妹)の友だち。いなくても一応話が成り立つせいか、全く登場しなかった。代わりに、信長が野乃の役割を少し受け持つ事に。
一方、風見みずほみずき先生が登場。中の人ネタがいろいろ増量されてるなぁ…。


本編

乃木坂春香
オーディション合格は手違いだったが、人数合わせのために本選に出てくれと頼まれ、参加する事に。さっそくレッスンに入り、邪魔者扱いされる裕人
春香が「そっちの事情なんて知ったことじゃない」というキャラだったらここで話は終わるんだけど、そうじゃないのが春香なわけで。

みらんの臨時マネージャーになる
姫宮みらんとぶつかり、臨時のマネージャーに
みらんはスタイリストがいなくて、メイクや衣装選びは基本的に自分でやってるそうです。実際、こういう系統のアーティストでそういう人がいるのかどうかはわからないけど。
一応、裕人的には「ティーンの女の子」で思い浮かぶのが春香、美夏、椎菜になるようだけど、椎菜の登場はこのシーンだけ。第7話でスイッチ入っちゃったはずの椎菜、哀れ…。

» Continue Reading

TAG :
アニメ
乃木坂春香の秘密

乃木坂春香の秘密ぴゅあれっつぁ♪ 9話「初体験です☆」感想

乃木坂春香の秘密ぴゅあれっつぁ♪第9話「初体験です☆」感想

原作8巻から。
春香と裕人の初デート。その一方で、春香がアイドルデビュー? という、怪しげな方向に物語が展開。


『お出かけ』と『デート』の違い

美夏の入れ知恵みたいな感じでさらっと流されたけど、春香的には明確に区別されているらしい。
お出かけ
秋葉原めぐり、声優イベント、同人誌即売会…などなど。
主目的はゲーム機購入や同人誌販売など。裕人と一緒に楽しめたとしても、それは二次的なもの。
デート
今回のように、「裕人と二人で、一緒に何かを楽しむ」のを主目的とした外出。
その視点だと、確かに今まで春香と裕人はデートをしていない。温泉旅行とかは、みんなで一緒に行ってるし。
いや? 初日の出は…

…あれは裕人と楽しむというより初日の出を一緒に見るのが主目的だったから…かな?(苦しいな)


二人だけの秘密が増えていく

いまさら言うのもなんだけど、見ていて切ない気持ちになりますね、このアニメは。
  1. 図書室に行く
  2. 過去のトラウマでオタク趣味を隠している、美人でやさしい女の子とぶつかる
  3. その女の子の趣味に気付くが、普通に受け入れる
  4. 女の子はオタ友だちがいない事もあり、趣味を受け入れてくれた主人公に頼る
そして、秋葉原に行ったりイベント参加したりいろいろあって、初デートにいたる、と。

テンプレ的大金持ち描写やメイド隊などはともかく、「部分部分を見れば、現実でも起こりそう」なイベントが多い。
…でも、現実では「春香みたいな人とぶつかって、仲良くなって、今回の話のような段階まで来る」なんて、天文学的確率だわ。図書室どころか、人の一生を数千人分あわせても無理だと思う。

それはともかく、この作品みたいに、「主に趣味を通じて、(事実上の)カップルが楽しい思い出を積み重ねるさまをひたすら描く」というアニメは、意外に少ない。可愛い女の子たちが出てきてひたすら和気あいあいするガールズアニメ(らき☆すた、けいおん等)と、ある意味似てるとは思うんだけど。
「春香(ヒロイン)が裕人(男)と仲良くするのを見ていて、楽しいかどうか」ですね。


裕人はもう少し自分から動いてもいい

主人公の裕人は基本的に受身。
デートの行き先は春香、デートプランは美夏が決めてる。裕人は、与えられた簡単な選択肢からよさそうなものを選ぶだけで、より一層仲良くなっていく。
去年まで、まるっきりモテなかった(※実際は信長の妹の真尋とかに慕われてたけど、少なくとも裕人自身はモテてる実感が全くなかった)裕人が、インフレ状態のモテ期に突入してるわけ。

これは萌え作品ではごく一般的なパターンなので、特に取り上げるような事じゃないとは思う。でも、裕人はもう少し自分で動いた方がいい。物語のとっかかりを、春香や美夏まかせにしすぎ。

…実のところ、裕人は春香にキスしようとしたり抱き寄せたりを散々してきたにも関わらず、春香に対して「自分のイメージする『好きな人』とはちょっと違う」みたいな事考えてるんですよね…。友人と彼女の中間といった風にとらえてる。
少し前までの彼だったら、春香がお稽古とかで忙しくなって疎遠になったら、そのまま関係も切れていたんじゃないかと思える。

そういう「もう一度考え直す機会を与えてやる、この大馬鹿野郎」な状態の変化と一応の決着は、アイドル編で描かれるとは思いますが。


本編前半

綾瀬裕人にデートを提案する乃木坂春香
裕人をデートに誘う春香。今までのは「お出かけ」だったらしい
1期と2期の、いろんな思い出がフラッシュバック。
もっとも、どれも葉月/那波/美夏あたりがすぐそばにいた、と思う(裕人と春香が気付いていたかどうかは別として)。本当に二人きりだった初日の出イベントは、ないですね。
春香が美夏の真似をすると、確かに似てる…気はする。

遊園地に来た裕人と春香
遊園地へ。待ち合わせよりずっと早く行くと、すでに春香が来ていた。
チケットをくれた茅原弥生が来て、イベントに来るよう誘われる。
なんか、暑いっすね。春香を見てた男たちが一斉に目をそらしたけど、裕人を見てどう思ったんだろう…。
茅原さんが何かたくらんでるのは見え見えだけど、それはまた後で。

» Continue Reading

TAG :
アニメ
乃木坂春香の秘密
BD/DVD/CD
リンク(公式サイトとか)
カテゴリ
ブログ内検索
最近のコメント
プロフィール

せれすと

Author:せれすと
アニメ:涼宮ハルヒの憂鬱、ガールズ&パンツァー


トラックバックやリンクは、自由に張ってください。

<推奨ブラウザ>
◎Opera/Firefox系 ○Chrome系/Safari △IE
主に使っているのは、OperaとFirefoxです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
タグリスト

アニメ マクロスF 涼宮ハルヒの憂鬱 いとうのいぢ ななついろ★ドロップス コードギアス 宙のまにまに らき☆すた OP 視聴予定 ゲーム オリコン とある科学の超電磁砲 けいおん!! ED PS2 WORKING!! 挿入歌 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト AngelBeats! 漫画 坂本真綾 ながされて藍蘭島 乃木坂春香の秘密 はなまる幼稚園 コミック ブログ投票 瀬戸の花嫁 とある魔術の禁書目録 アニメ作風考察 アニメ誌 化物語 true_tears ARIA ハヤテのごとく! CMS NewType サントラ ゆるゆり 涼宮ハルヒの戸惑 動画 WordPress バスカッシュ! スクールデイズ 灼眼のシャナ 黒執事 DVD マクロス けいおん! 魔法少女まどか☆マギカ 涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 とある魔術の禁書目録II キミキス 狼と香辛料 ガンダム00 インフィニット・ストラトス 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 侵略!?イカ娘 侵略!イカ娘 ベン・トー 相関図 ロザリオとバンパイア エヴァンゲリオン この青空に約束を たまゆら 宇宙をかける少女 かんなぎ BD ブログ フィギュア 神曲奏界ポリフォニカ シゴフミ ストライクウィッチーズ 逆境無頼カイジ コミックス 鉄腕バーディー もってけ!セーラーふく セキレイ MODx 黒神 さよなら絶望先生 Firefox ユニゾンシフト PSP WORKING´!! Little_Lovers_2nd YouTube みつどもえ sola ポリフォニカ クレイモア Drupal ヱヴァンゲリヲン ライトノベル 京アニ ゼロの使い魔 侵略!イカ娘 DS ベルセルク もってけ!セーラーふく スケッチブック ロロナのアトリエ カイジ 長門有希 CD 君が主で執事が俺で しゅごキャラ! ねんどろいど 破天荒遊戯 電撃文庫 涼宮ハルヒ ニュース 声優 坂井泉水 バイク 撲殺天使ドクロちゃん ユーチューブ どきどき魔女神判 歌詞 字幕.in 字幕 地球へ 絶対可憐チルドレン 小岩井フローラ ご愁傷さま二ノ宮くん ef プリズム・アーク レンタルマギカ ブルードロップ バンブーブレード 京都アニメーション スカイガールズ 色彩 こどものじかん ドラゴノーツ RD潜脳調査室 水樹奈々 生徒会の一存  聖地 Google日本語入力 Newtype バカとテストと召喚獣 ゴンゾ 科学 Lightbox Web制作 JavaScript Slimbox jQuery 青い花 ヒャッコ 聖地巡礼 オオカミさんと七人の仲間たち フラクタル お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだから 夢喰いメリー 日記 ロウきゅーぶ! 神様ドォルズ 森田さんは無口 ヨスガノソラ ミルキィホームズ アマガミSS 祝福のカンパネラ 学園黙示録 あそびにいくヨ! 神のみぞ知るセカイ 生徒会役員共 けいおん Opera PV PC Movable_Type 僕は友達が少ない カドゥン firefox ロボテック H2O FC2ブログ ゴルゴ13 windows_xp ブログ検索 ダ・カーポII 灼眼のシャナII DokuWiki CLANNAD ヴィンランド・サガ 薬師寺涼子 まりあ†ほりっく ホワイトアルバム アルバム 明日のよいち! アニソン RIDEBACK ラノベ 同人誌 鉄のラインバレル アニメディア スレイヤーズ アニメージュ イラスト とらドラ! ジブリ インターネット 

BD/DVD
Twitter
今やっていること
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2007-04-11頃から
月別アーカイブ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。