最近の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angel Beats! 最終話 生きている事は素晴らしい

Angel Beats EPISODE.13「Graduation」感想

  • 麻枝准さんの、初アニメ脚本
  • 放送前の、制作による自画自賛の繰り返し
などなどで話題になったこのアニメも、ついに最終回。

個人的に、いろいろ突っ込みたくなる箇所が多々あるけど、コミカルな演出を最後まで続け、重苦しさを感じさせる事なく、確かに「人生」というテーマをしっかり描いてた。
かなりユニークな作風で、やっぱり麻枝准さんの作品の特徴がかなり出てるんだろうと思わせます。

普通に続きを作れるようにするんじゃ? と思ってたけど、この終わり方だとそういう感じじゃないなぁ…。


人生は理不尽で苦しい。だけど、尊いもの

  • 人生は時として理不尽で、つらく苦しいかもしれない。だけど、それは嘘偽りのない自分の人生
  • 生きる事はすばらしい事
  • 出来なかった事は再挑戦したり、受け入れるなりして、前に進もう
という事をテーマにしてる気が。

特に、最後の音無の変心で、そう感じた。

音無の未練、奏の気持ち
音無が最後の最後になって奏に「一緒に残らないか」なんて事を言って、かなり叩かれてるようですが…実際、
  • 「みんなで残らないか?」
  • 「俺は新しく来る人たちのためにもう少し残るよ。奏は行ってくれ」
  • 「次の人生で、また出会えたら」
みたいなまとめにも出来たはず。
でもそうせず、あえて音無が批判されそうな展開にしてる。

つまり、音無が往生際の悪さを見せ奏が去っていくシーンは、作品上特別に強調したい何かがある、と思えるわけです。

自分は、
  • 自分自身が消滅する段になって、音無が「今の楽しい生活を惜しむ、普通の人間の感覚」を取り戻した
  • ここは楽園のようであっても、「いずれ卒業すべき」場所。心の整理がついたなら、いつまでも留まらず、新しい道に進もう
という事かな…と思ってます。

音無が人助けしたいと思ってるのは事実だけど、それなら一人で残ってもいいはず。
音無は、この永遠に続く楽園で、奏とずっと一緒に過ごす道を選ぼうとしたわけです。
奏はそうではなく、前の人生をくれた事にお礼を言って、新しい人生に進んでいった。

何か、現実の比ゆになってる感じが。
「楽しい事だけいつまでも続けようとか思わず、理不尽でも苦しくても本当の人生を送ろう」みたいな…。


奏は、音無が好きなわけじゃなかったらしい
奏が音無の言う事をあれこれ聞いてくれてたのは、音無が好きというわけじゃなくて、命を救ってくれた事へのお礼だったみたいですね。
立華奏と音無結弦の別れ
奏「結弦」
音無「奏 愛してる ずっと一緒にいよう」
奏「うん ありがとう 結弦」
音無「ずっと ずっと一緒にいよう」
奏「うん ありがとう」
音無「愛してる 奏」
奏「うん すごくありがとう」
音無「奏…」
奏「愛してくれて ありがとう」
音無「消えないでくれ 奏 奏」
奏「命をくれて 本当にありがとう」
この、二人の最後の会話。
奏は音無に「私も、好き」みたいな事は全然言ってない。


» Continue Reading

スポンサーサイト
TAG :
アニメ
AngelBeats!

Angel Beats! 12話 皆と過ごした時間はかけがえがない

Angel Beats EPISODE.12「Knockin' on heaven's door」感想

いろいろ予想していたわけですが…やはりというか「実はこれこれこういう事だったんだよ!」「な、何だってー!?」な展開に。

ガルデモのあっさりすぎる退場や、謎の青年とゆりのやりとりを見聞きすると、出来れば2クール、せめてあと2~3話ぐらいあった方がよかったんじゃないかと…。

主な流れを簡単に言えば、
  • 今回の敵は、新キャラ「謎の青年」
  • ガルデモやチャーは、先にこの世界を卒業。SSSの主だったメンバーは残って戦う
  • 生前は弟や妹を守れなかったゆりだが、弟や妹と同じぐらい大切なSSSを守り、生前に出来なかった事をやり遂げたと感じた
  • ラストシーンや予告からすると、主だったメンバーは一緒に卒業式をやるつもり?
ただ、言ってる事がわかりにくい。
細かい条件が割と都合よく曲げられている気も。
謎の青年やゆりの言ってる事が、本当なのかどうかもわからないし。

それでも整理すると…

この世界のあらまし

神や人間など
  • この世界を作った「神」……いるかどうか不明
  • 謎の青年……Angel Playerの製作者が、この世界の「バグ」を修正するために作った
  • 立華奏……SSSは長らく天使とみなしていたが、おそらく人間。でも謎が多い
  • 人間……SSSメンバーなど
  • NPC……生前の話はしない。この世界に疑問を持たず、永遠にここで暮らす。現在、NPCの一人がAngel Playerのプログラマ


Angel Playerとは
Angel Playerは、この世界のマテリアルを作成、改変出来るソフト。
なぜそんな事が出来るかはわからないが、SSSも土から武器を作れるので、同じルールにのっとっていると思われる。

Angel Playerの製作者が神になりたかったのかどうかは、不明。


今回の事件のいきさつ
謎の青年が今回の事件を起こした理由は?
この世界に愛が芽生えたため。
この世界に愛はあってはならない
この世界は「卒業していくべき場所」とAngel Player製作者は考えた。
よって、この世界に愛があってはならない。愛があると、ここは永遠の楽園になってしまう。
愛が生まれるとこの世界から消える(成仏する)はずだが、「バグ」で消えずに残っている者がいる。
「バグ」が発生する原因
Angel Playerの製作者や音無結弦など、誰かのために生き報われた人生を送った(≒本来ならこの世界に来ない)者が、記憶喪失でこの世界に迷いこむ事がまれにある。
その時に、愛が芽生えるというバグが発生する。
Angel Player製作者による「バグ」対策
影を使って人間をNPC化し、リセット。
NPCの中に元人間がいる
Angel Playerの製作者がNPCになっている。
製作者は、愛を知りこの世界を去った彼女が再びこの世界に来るのを、待ち続けた。天文学的数字だが0ではない。
しかし待つ時間は長すぎ、正気でいられなくなり、自らをNPC化するプログラムを組んだ。
順序が逆かも?
Angel Player製作者は「バグを修正するためにNPC化するプログラムを組んだ」のではなく、「NPC化するプログラムを組んで自らがNPCとなった。また、自分と同じ悲劇が起こらないよう、世界に適用した」のかも。
Angel Player製作者はいつか報われるのか?
わからない。
ゆりが神になる可能性
Angel Player製作者はその道を選ばなかったが、ゆりの意思次第では世界を改変出来る。
この世界の神となり、この世界を楽園にする事も出来る。

整理してみれば何となくわかるけど、やはり駆け足過ぎるような…。

どうも「愛が芽生える」とは、「愛が存在し続けている」という意味みたいですね。
本来は愛を覚えた途端に消えるから、「愛が芽生える」事がない。

それと、謎の青年は具体的に「愛」がどこに芽生えた、と考えて活動を始めたんだろう。
たぶん、音無と奏の間だとは思うんだけど。ただ、ゆりと対決してる時の様子からすると、
  • 恋愛
  • 家族愛
  • 仲間愛
のように、いろんなタイプの愛をまとめて「愛」と認識してるみたい。
しかし、野田のゆりに対する思いは「愛」ではなかったのか…? 
このプログラムの言う事は「かつて、Angel Player製作者がそのように考えた」のであって、この世界の本当の姿ではない可能性も。


» Continue Reading

TAG :
アニメ
AngelBeats!

Angel Beats! 11話 また会えたら

Angel Beats EPISODE.11「Change the World」感想

最終局面にきて危機が新たに生じ、大急ぎでまとめに入ろうとしてる感じが。

まぁ、
  1. 音無がゆりに隠れて、SSSメンバーの人生の未練を聞きだす
  2. 未練を解決して成仏させる
を淡々と繰り返していたら間延びするし、そもそも残り数話でSSSの大勢のメンバーを消していく時間がない。
いっぺんに大量に消す手もあった(実際、今回の流れだとその可能性もあり得る)けど、続きを作るかもしれない事を思えばそれはあまりよろしくない気が。

しかし、この影についてはあからさまな伏線もなく、唐突感は否めないです。
いや、人生とは往々にして理不尽ではありますが。


音無はリーダーに向いてないかも

音無の「次は誰にすっかなー」という発言は、普通に怖い。
音無自身が語っている通り、この世界に来てから生じた未練もあるわけで。

たとえば、ユイにひそかに好感を持っていたSSSメンバーがいるとして、音無の「人生の理不尽を解決したら、この世界から消える」「成仏するのはいい事」「手始めに未練が少なそうに見えたユイを消した」という意見を受け入れられるか。

音無のやろうとした事は、
  • 相手の同意を得ず
  • ゆりに隠れて
  • 日向や直井と共に、SSSのみんなをこの世界から消そうとしていた
という事ですね。やり方や能力は違うけど、天使(立華奏)がやろうとしていた事と似ている。

これ、ゆりがもう少し度量が狭かったら、普通にSSSから追われていても仕方ないと思う。けど、ゆりは音無の考えをみなに説明させ、
  • この世界に残り、何者かと戦い続ける
  • 生前の未練を解決し、この世界から消える
のどちらを選ぶか、各自の選択に任せた。で、ゆりは単身、問題の解決に動き始める。
ここらへんを見ても、ゆりがみんなを気づかい、リーダーとなっている理由が垣間見える気が。


モラトリアム
この世界、考えようによっては悪くないです。
物品はどこかから補給され、自分たちで作り出す事も出来る。ある程度の金は普通に持ってる。

飢える事も病気になる事もない。ひどい怪我でもすぐに生き返る。仲間もたくさんいるし、単独行動をしてもかまわない。

永遠にこの世界に留まり続けねばならないわけでもなく、
  • 生前思い残した事を、この世界でかなえる
  • 未来につながる何かを見つける
  • 考え方を変えたり、イメージを過去の記憶に挟み込んだりする事で、過去の自分の人生に意味を与える
といった事で、去る事も出来る。

しかし、音無は人生の未練を解決してここから消えた方がよい、と考え、またそれとは別に、(ゆりの推測どおりなら)この世界からSSSを追い払うべく活動を始めた者がいるわけですが…。


ラスボス

何度か書いたけど、この作品は何でもアリに近いんで、予想は困難ですね。

この世界、「神様になったつもりで、ゆりたちを永久ループから強引に先に進めよう」という人間が一人でもいれば、今回みたいな事は起こるわけです。
似たような事は直井もやったし、音無の成仏作戦もある意味それに近い。

既存の条件が当てはまるなら、AngelPlayerというソフトを使いこなせる、つまり「英語が読めてPCが使える」人間になりますが…。
回収されなかった「冷酷な天使」
予告映像/犯人の条件/影の登場時期・敵対的行動から、一番あり得そうと思ってます。
何らかの理由で本体に戻れなかった(戻らなかった)冷酷な天使の一部。理由はプログラムのバグ云々、どうとでもなります。
ハーモニクスで再増殖→天使エリアを占拠、じゃだめだったのかというと、地下から動けなくなってるとか体力の消耗が激しいとか。
竹山
可能性は結構あります。
能力的には十分可能。奏が倒れて以来、AngelPlayerを扱ってきただろうし。「クライスト」にこだわるあたりも、何か抱えてるものがあるのかも。
まぁ、ラスボスっぽくはないですが…。
新キャラ
AngelPlayerというソフトが普通に手に入る事を思えば、「SSSに不満を持ち合流しなかった人間が、SSSを消そうと動き始めた」可能性は普通にあり得る。
ただ、唐突なんですよねぇ。
松下五段
山ごもりと称して、全く姿が見えなくなってる。
彼がPCやAngelPlayerを使いこなせるのかは少々疑問だし、何の兆候もなかったんで、多分ミスリードだとは思います。
チャー/フィッシュ斉藤
旧ギルド、つまり地下にいるであろうキャラ。
ただ、ここでSSSを全滅させるべく活動を始めたとしたら、どうにも唐突。
遊佐
SSSを含めてこの世界の人物の動きを広くとらえているキャラですが…上手に理由付けしないとあまり納得のいく流れではないと思う。


» Continue Reading

TAG :
アニメ
AngelBeats!

Angel Beats! 10話 ユイ旅立ち

Angel Beats EPISODE.10「Goodbye Days」感想

これは…。

表面的にあらすじをなぞってみれば、「ユイの希望を次々とかなえる事で、ユイを成仏させた」という単純な流れだし、気になる部分もかなり多い(それらについては下の方に書きます)。

なのに、前回と同じく、謎の感動が。

うーん…
結構多くのアニメが一連の物語の中に「ここは感動するシーン」みたいなのを仕込んでると思うんだけど、このAngel Beats!の仕込みは何かが違う。冷静に考えるといろいろ突っ込みたくなるのに、見ていて泣けてくる。

  • 夕暮れの遠景
  • 感動的な音楽
  • 別の人生でもう一度出会えても、結婚する
  • 過去にあった、あるいは「あったらよかった」と思える事の描写

こういう、比較的感動しやすい要素の詰め込みがあるとは言え、日向×ユイの掘り下げは決して多くなかったし、そもそもアニメのAngel Beatsは音無が主人公だし…。

麻枝准さんはやっぱり、「こうすれば多くの人が感動する」という物語作りが抜群に上手いという事なのか。


夢は夢のままでもいい

ユイと日向のやり取りでわかる通り、ユイは、もう戻れない・やり直せないはずの生前の自分について語ってます。日向も(ここまでに提案された世界観から判断する限り)あり得ない、生前の自分をベースにした夢を語ってる。

「人生をやり直す事で満たされれば、過去の悲惨な人生にも夢が差し込まれる」という事で、ゆりが成仏する可能性を示唆しているようにも思えます。

(2010/06/13追記)コメント欄でも指摘があるし、EPISODE.11を見ていて感じたんですが、ユイは「寝たきりで何も出来ず母親に迷惑をかけてきた事に負い目を感じ、自分の人生の意味がわからなくなっていた」みたいです。
成仏のポイントは「好きな人から結婚を申し込まれる」という表面的な事ではなく、「生前の自分が、誰かから必要とされていた」事をイメージ出来るかどうか、だったと思われます。


» Continue Reading

TAG :
アニメ
AngelBeats!

Angel Beats! 9話 生きてきた意味

Angel Beats EPISODE.09「In Your Memory」感想

謎の感動が。

「不治の病とか乗り物が事故るとか、似た要素を何度も使ってないか?」とか「創作にしてもいろいろ都合が良すぎないか?」と、冷静なツッコミを入れたくなるのは確か。

それでも、妙な感動がある。ドナーカードをみんなが記入するあたりでどうしても泣けてしまう。

多くの人が共感を覚えそうなノスタルジーというか…「人生の終わりが見えたとき、人は自分の人生をどう終わらせ、残った人に何をどう託そうとするのか?」を、究極の状況を用意する事でわかりやすく描いてるせいだろうか。

それに「俺様の作風はこれだから」で視聴者が全然ついてこれない作品を作るのではなく、自分の作風をキープしつつ、普通に受け入れられる内容になってるわけで。
さすがに、泣きゲーのシナリオをしっかり書いてきただけの事はあるか…。


たいていの人は、人生に納得したい・思いを誰かに託したい

結婚して子供が生まれ、孫が生まれる。
絵を描き、音楽をし、小説を書く。
勉強や仕事を頑張り、趣味に興じる。

多くの人は、意識はしてなくても
  • 自分の人生に意味を与えようとする
  • 自分の人生に納得したいと考えている
  • 人生で得たものを何らかの形で残して、誰かに託そうとする
と思われます。その流れを、列車事故というシチュエーションを使い、わずか10数分でしっかりと表現してる。

抗っても救われない
音無や奏とゆりは、決定的に意見が違ってきてますね。
奏は、SSSのみんなが恵まれなかった人生をやり直し、魂が救済されてこの世界から卒業する事を願っていて、音無も協力する事になった。
ゆりは、生前の人生に納得がいかなかったから、理不尽な運命を強いた神を探そうと闘争を続けている。
それこそ、理不尽な神を倒さない限りゆりの目標は達成されないから、魂が救われる事なく何年も戦い続ける事に。

ここからどうSSSのみんな、特にゆりを納得させるのかだけど、過去に起こった事は変えられないわけで…。
他作品でよくあるパターンだと、似たシチュエーションが再び起こって「今度は助ける」となるわけだけど、ゆりには弟分や妹分にあたるキャラがいないし、そもそもこの世界に強盗はいなさそうだし、死んでもすぐ生き返るわけで。

残り4話で一通りの区切りはつけねばならないわけで、正直、やはり1クールでは短いような。


まだ隠された謎があるのか、あるいは…

この世界が「魂の救済場所」と音無が判断した事で、この世界の謎が解けたようには見える…けど、「じゃあ、誰がこの世界を用意したのか?」は解決してないですね。

「現世にいる人間が知らないだけで、もともとそういうものだった」で済ませるかもしれないけど、何か隠されてる感じはする。


» Continue Reading

TAG :
アニメ
AngelBeats!
BD/DVD/CD
リンク(公式サイトとか)
カテゴリ
ブログ内検索
最近のコメント
プロフィール

Author:せれすと
アニメ:涼宮ハルヒの憂鬱、ガールズ&パンツァー


トラックバックやリンクは、自由に張ってください。

<推奨ブラウザ>
◎Opera/Firefox系 ○Chrome系/Safari △IE
主に使っているのは、OperaとFirefoxです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
タグリスト

アニメ マクロスF 涼宮ハルヒの憂鬱 いとうのいぢ ななついろ★ドロップス コードギアス 宙のまにまに らき☆すた OP 視聴予定 ゲーム オリコン とある科学の超電磁砲 けいおん!! ED PS2 WORKING!! 挿入歌 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト AngelBeats! 漫画 坂本真綾 ながされて藍蘭島 乃木坂春香の秘密 はなまる幼稚園 コミック ブログ投票 瀬戸の花嫁 とある魔術の禁書目録 アニメ作風考察 アニメ誌 化物語 true_tears ARIA ハヤテのごとく! CMS NewType サントラ ゆるゆり 涼宮ハルヒの戸惑 動画 WordPress バスカッシュ! スクールデイズ 灼眼のシャナ 黒執事 DVD マクロス けいおん! 魔法少女まどか☆マギカ 涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 とある魔術の禁書目録II キミキス 狼と香辛料 ガンダム00 インフィニット・ストラトス 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 侵略!?イカ娘 侵略!イカ娘 ベン・トー 相関図 ロザリオとバンパイア エヴァンゲリオン この青空に約束を たまゆら 宇宙をかける少女 かんなぎ BD ブログ フィギュア 神曲奏界ポリフォニカ シゴフミ ストライクウィッチーズ 逆境無頼カイジ コミックス 鉄腕バーディー もってけ!セーラーふく セキレイ MODx 黒神 さよなら絶望先生 Firefox ユニゾンシフト PSP WORKING´!! Little_Lovers_2nd YouTube みつどもえ sola ポリフォニカ クレイモア Drupal ヱヴァンゲリヲン ライトノベル 京アニ ゼロの使い魔 侵略!イカ娘 DS ベルセルク もってけ!セーラーふく スケッチブック ロロナのアトリエ カイジ 長門有希 CD 君が主で執事が俺で しゅごキャラ! ねんどろいど 破天荒遊戯 電撃文庫 涼宮ハルヒ ニュース 声優 坂井泉水 バイク 撲殺天使ドクロちゃん ユーチューブ どきどき魔女神判 歌詞 字幕.in 字幕 地球へ 絶対可憐チルドレン 小岩井フローラ ご愁傷さま二ノ宮くん ef プリズム・アーク レンタルマギカ ブルードロップ バンブーブレード 京都アニメーション スカイガールズ 色彩 こどものじかん ドラゴノーツ RD潜脳調査室 水樹奈々 生徒会の一存  聖地 Google日本語入力 Newtype バカとテストと召喚獣 ゴンゾ 科学 Lightbox Web制作 JavaScript Slimbox jQuery 青い花 ヒャッコ 聖地巡礼 オオカミさんと七人の仲間たち フラクタル お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだから 夢喰いメリー 日記 ロウきゅーぶ! 神様ドォルズ 森田さんは無口 ヨスガノソラ ミルキィホームズ アマガミSS 祝福のカンパネラ 学園黙示録 あそびにいくヨ! 神のみぞ知るセカイ 生徒会役員共 けいおん Opera PV PC Movable_Type 僕は友達が少ない カドゥン firefox ロボテック H2O FC2ブログ ゴルゴ13 windows_xp ブログ検索 ダ・カーポII 灼眼のシャナII DokuWiki CLANNAD ヴィンランド・サガ 薬師寺涼子 まりあ†ほりっく ホワイトアルバム アルバム 明日のよいち! アニソン RIDEBACK ラノベ 同人誌 鉄のラインバレル アニメディア スレイヤーズ アニメージュ イラスト とらドラ! ジブリ インターネット 

BD/DVD
Twitter
今やっていること
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2007-04-11頃から
月別アーカイブ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。