最近の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルセルク第33巻感想

体調崩して少し寝込んでました。
それはそうと、ベルセルク第33巻がようやく発売されてたので軽く感想などを。(ネタバレあり)

約10ヶ月ぶりの新刊。単行本の次の話が今号のヤングアニマルに掲載されてる(羽海野チカさんが描いた特別カバーが付録)。
千年王国の鷹ミレニアム・ファルコン篇/鷹都ファルコニアの章もようやく終わりが見えかかってきた……かも。話がものすごく広がってるのと描き込みが多いせいかよく休載するので、最終回まであと何十年かかるか。背景や雑兵は簡素化するという連載向きの手抜きもあろう……いや、普通の漫画家だと連載を続けるうちにだんだんそうなっていくんだけど、三浦さんの場合は逆に書き込み増えてるんじゃないか?という印象。

大分前から、物語がガッツサイドとグリフィス(鷹の団)サイドに分かれていて、ガッツ側が船旅になった今回はほぼ完全に分かれてます。


ガッツサイド

パックの生まれ故郷、エルフヘルムへの船旅で、キャラの関係性進展や海賊との戦い。このベルセルクですらも、敵のインフレが起こりパーティーがガッツのハーレム化してるのはなかなか興味深いところ。この作品、キャラの性格や設定が結構変化していて、ガッツサイドだとファルネーゼの性格がかなり変わってます。登場した頃は、他人をいたぶって興奮するといったちょっとヤバい空気が漂ってたけど、いろんな事がありすぎたせいか今ではすっかり丸くなってる。
そういえばこの漫画、ガッツがリッケルトの元を去ったのが単行本第22巻の冬(2001年12月24日初版)で、こっち側ではもう7年近く経ってるわけだけど、もしかすると漫画の中では大して時間が経ってないのか……。


グリフィスサイド

ウィンダムからのミッドランド市民大脱出と、ガニシュカ大帝の転生。グリフィスに到底勝てぬと見て(多分)普通の使徒である大帝が魔子宮で再び転生という無茶をし、シヴァ神のような存在に。蝕みたいな悲惨な展開はすでに2回やってる事もあってか、市民はあらかた脱出という方向で済みそう。エリーゼ(タマゴ頭なフォス大臣の娘)が出てきたのって多分第8巻(1994年)以来。…といっても、クシャーンの無名兵士は死にまくってるわなぁ。

……思うんだけど、ガッツはいくら甲冑やマジックアイテムで強化してると言っても生身の人間であるわけで、ここらへんまで至った連中に本当に勝てるんだろうか。後、この状況で反グリフィスに立つガッツは明らかに悪者サイドになる。一体この状況を最終的にどうまとめるつもりなのか予想がつかないけど、そもそも最終回まで後何十年かかるかわからないし。これはもう、三浦さんより長生きして完結を見てみたい。
スポンサーサイト
TAG :
漫画
コミック
ベルセルク

月刊少年エース6月号感想

今月はマクロスFが表紙。
ケロロ軍曹、未来日記、Fateあたりは読んでるけど、もともとあまり詳しくないのでコメントしにくいです。でも、今月号は特にコメントに困る作品が多いです。展開が地味で。

そういえば、エヴァンゲリオン序のDVDが初動21.9万枚だったそうですね。ゲド戦記より売れたそうで。ディズニーとジブリを除くと、エヴァがアニメのほぼ上限になるかな?


広告・インフォメーション

マクロスF特集
4話までのダイジェスト、May'nさんインタビュー、VF-25のミシェル機とルカ機の解説。
May'nさんは、最近少し心配。音楽や嗜好が元々オタク寄りじゃなさそうだし、あんまり無理しない方がいいと思う。
あ、そういえば、今日はランカの誕生日だった。
喰霊アニメ化特集
結構人気あるんだ…。


漫画

マクロスF(青木ハヤト)
前回から少し話が進んだぐらい。スカル小隊とピクシー小隊がごっちゃになってる感じがするけど、アニメと漫画では細かい展開違うだろうし。エリエラ大尉、アニメに出てこないかなぁ。
エリエラとブレラの区別がついてない人が結構いるようだけど、ブレラはまだ登場していません。
碇シンジ育成計画(高橋脩)
こんなロボいたよなぁ。
綾波狙いすぎ。しかし、マナも出てきてるし…まさか、これでエヴァの新作テレビアニメ作るとかないよね?
RATMAN(ラットマン)(犬威赤彦)
葛城修斗と水島ミレアの関係進展、修斗の決意など。全体としては割と地道な流れ。
魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~(原案:山田典枝/漫画:よしづきくみち)
ベタだけど、鈴木ソラと緑川豪太の関係、ソラ自身や魔法について丁寧に描かれている。絵も相変わらず綺麗で安定していて、面白いです。
ただ、今回で感じたけど、このままテレビアニメ化したらDVDはあまり売れないと思う。漫画としてはかなりいいから、残念。
  • 数年前から連載していたわけじゃない
  • ソラが豪太とフラグ立てすぎ
  • 今のところ、ヒロインが事実上ソラしかいない
  • 1話2話で「ちょっといい話」をやった
というあたりで、2話で見なくなる人が多そう。
序盤でいい話をやって大売れしたアニメは、最近だとARIAしか思いつかない。あっちは、灯里や藍華やアリシアさんやアリア社長が頑張ってたしなぁ。
Death/こみゅにけーしょん(まりお金田)
GIRLSブラボー以上にトバしまくり。設定が特殊すぎて、すでによくわからなくなってる。でも、濃い女キャラが多いし、わからないなりに楽しめる、かも。
涼宮ハルヒの憂鬱(原作:谷川流/漫画:ツガノガク)
新展開で、涼宮ハルヒの消失。あれ? 今回は新鮮に見える。何でだろ?
と思ったら、今回の話はアニメ化されてないんですよね。今まではキャラのポーズとかがアニメを思い出させるものが多かったし。
あきば浪漫ス!(貴島煉瓦)
2ページぐらいで済むネタを、12ページに引き伸ばした感じ。ぬるい作品は好きだけど、さすがにどうかと思う。
そらのおとしもの(水無月すう)
今月号も、イカロス・ニンフ・そはらの萌え度が異常に高い。原作がそこそこ売れてるなら、アニメ化しても結構売れそう。
夢渡りプルチネッラ(大岩ケンジ)
展開が早い。各キャラの掘り下げをやってるんだろうけど、いまいち掴みづらい。
夜は短し歩けよ乙女(原作:森見登美彦/漫画:琴音らんまる)
乙女と先輩が会う。何となくコメントしにくい。
鴨川ホルモー(原作:万城目学/漫画:渡会けいじ)
早良さんと安倍が少し仲良く。これもコメントしづらい。次号から新展開?
ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ(原作:滝本竜彦/漫画:佐伯淳一)
絵は相変わらず抜群。物語も淡々としているようでいて、不思議と重みがある、気がする。全然リアルじゃないけど、妙にリアルっぽく感じる作品。あぁ、チェーンソー男ってそういう存在だったなぁ。
「渡辺の渾身の一曲」の映像イメージが笑える。実写映画ではここどういう表現だったんだろう? 次回最終回。
TAG :
漫画
コミック
マクロスF
涼宮ハルヒの憂鬱

月刊少年エース5月号感想

雑誌は水漏れみたいに時間とお金を削っていくから、せめて漫画誌は買わず単行本を買えばいいんだけど、結局今月も購入。

広告・インフォメーション

(広告)ヱヴァンゲリオン新劇場版:序のUCC COFFEE
またアニメイトに並びそうなコーヒー缶。あのトリコロールの缶(茶・白・赤)は甘すぎる。
(INFO)ヱヴァンゲリオン新劇場版:序のDVD特集+ぷちえう゛ぁ
毎度毎度だけど、10年以上前の2クール+映画数本のアニメをここまでひっぱり続ける事に感心。やっぱり、当てなきゃ始まらない。
(INFO)魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~
新作TVアニメ制作中。2008年夏放送予定との事。
(INFO)銀河スポーツ「銀スポ」フロンティア版vol.3
マクロスF情報。マクロスF公式サイトのまとめ。そういや、銀スポってマクロス7ではよく出てきたなぁ。マクロスFでも出てくるんだろうか。

漫画

Death/こみゅにけーしょん(まりお金田)
新連載。ボクっこヒロイン、女の子一杯、気弱な男キャラ、派手な服、ぶっとんだ設定…まりお金田っぽさはある。今回はキャラ見せ・基本設定・最初のイベント(?)で、序盤の方向性がわかるのは多分次回から。
碇シンジ育成計画(高橋脩)
学校掃除のお話。絵はいいし悪い話じゃないし「お母さんみたい」など元ネタも織り込んであるんだけど…何も進展してない? 後、シンジがちょっとなぁ。
マクロスF(青木ハヤト)
アルトとミハエルの関係が、想像とはちょっと違ってた。ギアス同様、全方位路線だなこりゃ。ただ、ギアスに比べると主義主張のぶつかり合い・思考の読み合い・成り上がり度が弱そうで、少し不安。全体の流れや小ネタはアニメとは違うかもしれないけど。
野ざらし状態と思われるアレが動くのは、少し無理があると思う。ギャラクシー船団側の動きは予想通り。
夜は短し歩けよ乙女(原作:森見登美彦/漫画:琴音らんまる)
今回はリアルすぎて心が痛くなる。と言っても、乙女みたいな女の子が実際にいる可能性は限りなく0だし、祇園祭で知り合いに会うとか、さらに乙女を見かけるとか、リアルじゃない点も多々あるけど。フィクションだから救いはあるだろうし。
鴨川ホルモー(原作:万城目学/漫画:渡会けいじ)
今のところ非現実的要素がなくて展開も自然すぎるぐらい自然。リアル度が夜は短し歩けよ乙女よりさらに強いので、危うい。早良さんや楠木さんみたいなタイプは、現実にもいる。読むのが怖いけど読まずにはいられない感覚。ちょっと残念な点をあげるなら、絵柄的に「鼻の形の違い」が全然わからないこと。
次号から大きく動きそうな感触。
RATMAN(ラットマン)(犬威赤彦)
覚醒してます。微妙に流れがよくわからなかったけど、絵を良く見たら戦ってる相手はちゃんと逃げてた。次回から新展開。
そらのおとしもの(水無月すう)
nymph(ニンフ)も居候に。この漫画が何で面白く感じるのかよくわからなかったけど、今号で少しわかった気が。この作品、作者の魂の叫び(?)のようなものが全体から感じられます(気のせいかもしれないけど)。「ウケそうな要素を適当に並べて、見込み客を確保」とか「人気原作をそのまま漫画化して原作ファンを囲い込む」というのじゃなくて。
あきば浪漫ス!(貴島煉瓦)
即売会のお話。イベントでありがちな話に登場人物を当てはめたといった内容。とは言え、同人誌はほとんど読まないし即売会にも行かないから、実感はあまりないけど。相変わらず薄い内容だけど、あれこれ考えずに読めるのはいいかも。
魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~(原案:山田典枝/漫画:よしづきくみち)
東京初日のお話。オチは王道だけど、物語はかなり練られてます。絵も手馴れてる。
  • 鈴木ソラ(ヒロイン)に特別な事情があるとにおわせ、次回への気を引く。
  • 細かいシーンを積み重ねて、多数の新キャラを立たせてる。
  • 魔法特性や魔法の社会的立場も、自然に頭に入ってくる。
各キャラの名前は覚えられなくても、氷結魔法のイメージとその時の会話で「このメガネ君は頭が固そうだな」「このショートカットの子はのんびりしてそうだな」とはっきり印象に残ります。
涼宮ハルヒの憂鬱(原作:谷川流/漫画:ツガノガク)
射手座の日の結末。アニメではなく原作寄りの展開。しかし映像と細部はアニメ版に近い。
どうもこう…コミカライズはちゃんと出来てるけど、何かが違う。作者本来のカラーが出てないような印象。
後、細かい事だけど、コンピ研部長氏の肌がちょっと変(顔だけにトーンを貼ってるので化粧してるように見える)。帝国軍風の服でもいいものを、アニメ通りデスラー服にしてヤマトの決まり文句も言わせてるわけで、トーンはきちんと貼ればいいのに。
夢渡りプルチネッラ(大岩ケンジ)
主人公の父親のエピソード。普通にいい話です。第4話でこの展開はちょっと早いような気がしなくもないけど。
てるてる天神通り(児玉樹)
天志の過去話と高津原五十鈴の感情。あー…この天志という主人公に妙なズレみたいなのを感じると思ったら、今回ではっきり描かれてた。「一途だから、優しいからモテる」という少年漫画にありがちな主人公像じゃなくて、おそらく実際にモテるであろう人柄や会話が表現されてる。
次からは新展開?
ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ(原作:滝本竜彦/漫画:佐伯淳一)
絵理と陽介が急接近で急展開。絵は相変わらず華麗。いつもながら、主人公の思考が読者層の共感をすごく得やすいと思う。
TAG :
漫画
コミック
マクロスF
涼宮ハルヒの憂鬱

月刊少年エース4月号感想

相変わらず、武器に使えそうなほどぶ厚くて重い。

魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~(原案:山田典枝/漫画:よしづきくみち)
新連載。ちょっとだけファンタジックな魔法物。
雰囲気はなかなかいいけど、見ていると微妙に心が痛い。どこかで見たような絵だな、と思ったら藤島康介のアシスタントだったそうで。
碇シンジ育成計画(原案:GAINAX/漫画:高橋脩)
絵も綺麗だし、物語も悪くはない。ただ、「エヴァンゲリオンのキャラ」という引きが強すぎるかも。
鴨川ホルモー(原作:万城目学/漫画:渡会けいじ)
新連載。大学生活や京大のちょっと怪しげなサークルの様子がリアルに書いてある。この漫画はなかなかいいけど…あまりにリアルすぎて、読むと心が痛い。
夜は短し歩けよ乙女(原作:森見登美彦/漫画:琴音らんまる)
先輩の暑苦しさが微妙にツボ。絵も割と好み。ただ、ストーリーの目標が今ひとつ見えないのが残念。あと、これも多分京大が舞台ですね。
夢渡りプルチネッラ(大岩ケンジ)
夢渡り(ラタトスク)の能力を持った主人公のお話。ありがちな展開でいて、続きが気になる。しかし主人公がちょっと可哀想な気がしなくもない。
涼宮ハルヒの憂鬱(原作:谷川流/漫画:ツガノガク)
ハルヒの中でも特に印象深い(とくにアニメの出来がすごくよかった)射手座の日エピソード。
…ツガノガクさん、ハルヒのアニメや小説があまり好きじゃないのかも。絵の上手下手とは別に、作品がキラメいてない。
あきば浪漫ス!(貴島煉瓦)
脱オタクファッションガイド+αみたいな流れ。かなり淡々としてる。
そらのおとしもの(水無月すう)
イカロスが学校に来る回。
想像外のすごい展開…というわけでもなくて「このキャラがこういう風に考えたら、こういう展開になるだろうな」というのを積み重ねている感じ。でも、オーバー気味の演出が全体をうまく引き立てて、なかなか面白く読める。
マクロスF(青木ハヤト)
メカ描写がキラメいてる。キャラは少し手馴れてない感じがあるけど、個人的には好みの絵柄。
「ゼントラーディ人の新キャラ登場」という情報はつかんでたけど、登場・再登場の仕方が笑える。マクロス世界をうまく現代風にアレンジしてるとも言えるけど。当世の一般作ならただのネタシーンだけど、マクロス的には大真面目なはず。
マクロスシリーズを全然知らない人がアニメでいきなり見たら、どう感じるんだろう。
ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ(原作:滝本竜彦/漫画:佐伯淳一)
チェーンソー男がだんだん強力になっていく回。
原作を読んだのはかなり前で細部はだいぶん忘れてるけど、かなり違ってるような気が。絵理がすごく好感度の高いキャラになってる。
ラットマン(犬威赤彦)
熱いヒーロー(?)と、スレた大人の意見がぶつかりあう展開。これはこれでなかなかいける。
てるてる天神通り(児玉樹)
高津原五十鈴が八雲に命じてあれこれある回。話はあまり進んでない。…? もしかしてペン入れの時間が不足してた? かなり絵が粗いような。
TAG :
漫画
コミック
マクロスF
涼宮ハルヒの憂鬱

少年サンデーと少年マガジン編集部が、合同で増刊号

NHKのニュースによると、
  • 少年サンデーと少年マガジンが、共に創刊50周年を機に、両編集部で1つの漫画雑誌を創刊
  • 「名探偵コナン」と「金田一少年の事件簿」の過去作品を掲載
  • 増刊号の形で、4月10日から半年、月2回発行
  • 読者の反応を見て継続を決める
  • 昨年の発行部数はマガジンが187万部、サンデーが93万5千部で、全盛期の半分に落ち込んでる

NHKニュース 少年漫画2誌 異例の協力へ

まぁ…かつてが売れすぎてたんじゃないか、と思ったりもするけど。ずっと前から雑誌については疑問がたくさんだったし。
高校生以下の人口が減ってる
たぶんこれが一番大きい。少年漫画誌のメイン読者は、どうこう言って小学生・中学生・高校生だろうし。
他に金がかかる物が増えてる
携帯は、今の日本人から金と時間を吸いすぎてるんじゃないか、と思うけど、それはそれとして。
そもそも「雑誌」がほしいわけじゃない
連載漫画全てを読む人はあまりいないと思う。紙質も悪いしかさばるし。月刊誌とか、武器に使えそうなぐらいぶ厚いのもあるし。娯楽がますます増えてる今、お金や時間を始末していくと、雑誌は切り捨てやすい。
濃い層向けになっていってる
これは、ラノベやアニメで特に感じるけど、漫画でもその傾向が強まってる感じ。
「潜在的な読者」が求めてる作品と、編集が考える「よい作品」は大きくずれてると思う。「複雑に張り巡らせた伏線」「極度の萌え」「他作品の素養がないと楽しめないパロ」みたいな方向性でコアなファンをつかんでも、ライトファンを多数手放してるんじゃないかな…。
TAG :
漫画
コミック

少年エース2月号感想(今日の収穫)

ようやくほぼ読み終わり。800ページのマンガ雑誌とか、さすがに読むの疲れるぞ…。せっかくだから、いくつか感想を。
  • マクロスF……新人で少し描きなれてないかな、という感じはあるけど、コミカライズとしては結構いいんじゃないかと。先行放送で微妙に謎だった、ランカの「木の上から見下ろせばわかるかなーって」というセリフや、予告っぽいモノのシーンの意味が何となくわかった、気がする。
  • 涼宮ハルヒの憂鬱……小説の要点をうまくまとめてるとは思うんだけど、いつ見ても違和感。絵柄が自分がイメージしてるハルヒと違い過ぎるってのもありそう。カラー絵はそう悪くないのに。
  • そらのおとしもの……えらく濃ゆい展開ですな。他のと見比べてふと思ったけど、映像や展開的にアニメ向きな感じがする。
  • 涼宮ハルヒちゃんの憂鬱……相変わらず同人ノリだけど、面白い。原作やアニメの雰囲気をいい意味で生かしているように思える。
  • てるてる天神通り……絵はこれが一番好み。雰囲気もいい。他の連載マンガに比べると微妙に浮いてる気がする(連載すべき雑誌が違うように見える)けど、そういうマンガもあった方がいいかな。

しかし、あらためて通して読んでみると、『地味な男の子に、美少女たちがひかれていく』って漫画が多いなぁ。当然か。
TAG :
涼宮ハルヒの憂鬱
マクロスF

拳闘暗黒伝セスタス13巻 ポンペイ編終了。ローマの衛帝隊へ

拳闘暗黒伝セスタス13巻 感想

ようやく購入。
知名度あんまり高くない作品なんで、一応説明。ローマ帝国のネロ皇帝時代の、少年拳闘士(拳奴)の物語。以前はローマ近郊の養成所にいたけど、いろいろあって、今は師弟そろって巡業師の元に。なお、ローマ史は全然詳しくないんであんまり細かい事はいえないけど、カリグラの扱いっぷりとか見ると、割と古典的なローマ観中心で物語を進めてる感じ。
巡業になってから原作序盤の「負けたら死」という殺伐感がなくなってるけど、むしろこの方が自然ではないかと。試合に負けた見習い拳闘士をいきなり間引きしたヴァレンス(セスタスの最初の所有者)は今思えばやっぱり極端。奴隷を動産として扱い、なるべく死なないよう壊さないようにし、功績があった奴隷には情けも見せるドリスコ(セスタスの今の所有者)の方が、むしろ自然。

それはそれとして。まずは、前巻で最強の敵エムデンに勝ったセスタスたちの後日談をまとめ、ポンペイ編終了。将来を期待させる伏線が多数ばらまかれ、期待感が大。回収されるのが何年後になるかはわかんないけど。

次に舞台はローマに飛び、皇帝を警護するセスタスのライバル、衛帝隊弐等衛士ルスカの物語へ。
  • 『徒手空拳で闘える』という利点を生かし皇帝のそばに仕える立場まで上り詰めたが、基本的には現皇帝の私兵である『衛帝隊』。この設定から派生するエピソードと、衛帝隊メンバーの掘り下げ
  • 皇帝ネロ、皇后オクタヴィア、ブリタニクス、など、皇帝近くにいる様々な人間の複雑な関係
が描かれます。ローマ史を交えつつ物語が進むのが、面白みの一つですね。
皇母アグリッピーナの兄であるカリグラが近衛隊に殺された事、ローマ市内で帯剣が許されているのは近衛隊のみである事、を思うと、「武器なしで武装兵と互角に戦える、皇帝直属の私兵」は確かにほしいところ。ま、だからこそ近衛軍団と衛帝隊は仲が悪く、この13巻みたいな揉め事が起こるわけですが。

ただ、同時進行するエピソードや伏線があまりに多すぎて、本当に完結出来るんかな…と思ったりもするけど。セスタス完結は10年~20年後って感じ?。ベルセルクやヴィンランド・サガとどれが早いか。
TAG :
漫画
コミックス
コミック
BD/DVD/CD
リンク(公式サイトとか)
カテゴリ
ブログ内検索
最近のコメント
プロフィール

せれすと

Author:せれすと
アニメ:涼宮ハルヒの憂鬱、ガールズ&パンツァー


トラックバックやリンクは、自由に張ってください。

<推奨ブラウザ>
◎Opera/Firefox系 ○Chrome系/Safari △IE
主に使っているのは、OperaとFirefoxです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
タグリスト

アニメ マクロスF 涼宮ハルヒの憂鬱 いとうのいぢ ななついろ★ドロップス コードギアス 宙のまにまに らき☆すた OP 視聴予定 ゲーム オリコン とある科学の超電磁砲 けいおん!! ED PS2 WORKING!! 挿入歌 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト AngelBeats! 漫画 坂本真綾 ながされて藍蘭島 乃木坂春香の秘密 はなまる幼稚園 コミック ブログ投票 瀬戸の花嫁 とある魔術の禁書目録 アニメ作風考察 アニメ誌 化物語 true_tears ARIA ハヤテのごとく! CMS NewType サントラ ゆるゆり 涼宮ハルヒの戸惑 動画 WordPress バスカッシュ! スクールデイズ 灼眼のシャナ 黒執事 DVD マクロス けいおん! 魔法少女まどか☆マギカ 涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 とある魔術の禁書目録II キミキス 狼と香辛料 ガンダム00 インフィニット・ストラトス 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 侵略!?イカ娘 侵略!イカ娘 ベン・トー 相関図 ロザリオとバンパイア エヴァンゲリオン この青空に約束を たまゆら 宇宙をかける少女 かんなぎ BD ブログ フィギュア 神曲奏界ポリフォニカ シゴフミ ストライクウィッチーズ 逆境無頼カイジ コミックス 鉄腕バーディー もってけ!セーラーふく セキレイ MODx 黒神 さよなら絶望先生 Firefox ユニゾンシフト PSP WORKING´!! Little_Lovers_2nd YouTube みつどもえ sola ポリフォニカ クレイモア Drupal ヱヴァンゲリヲン ライトノベル 京アニ ゼロの使い魔 侵略!イカ娘 DS ベルセルク もってけ!セーラーふく スケッチブック ロロナのアトリエ カイジ 長門有希 CD 君が主で執事が俺で しゅごキャラ! ねんどろいど 破天荒遊戯 電撃文庫 涼宮ハルヒ ニュース 声優 坂井泉水 バイク 撲殺天使ドクロちゃん ユーチューブ どきどき魔女神判 歌詞 字幕.in 字幕 地球へ 絶対可憐チルドレン 小岩井フローラ ご愁傷さま二ノ宮くん ef プリズム・アーク レンタルマギカ ブルードロップ バンブーブレード 京都アニメーション スカイガールズ 色彩 こどものじかん ドラゴノーツ RD潜脳調査室 水樹奈々 生徒会の一存  聖地 Google日本語入力 Newtype バカとテストと召喚獣 ゴンゾ 科学 Lightbox Web制作 JavaScript Slimbox jQuery 青い花 ヒャッコ 聖地巡礼 オオカミさんと七人の仲間たち フラクタル お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだから 夢喰いメリー 日記 ロウきゅーぶ! 神様ドォルズ 森田さんは無口 ヨスガノソラ ミルキィホームズ アマガミSS 祝福のカンパネラ 学園黙示録 あそびにいくヨ! 神のみぞ知るセカイ 生徒会役員共 けいおん Opera PV PC Movable_Type 僕は友達が少ない カドゥン firefox ロボテック H2O FC2ブログ ゴルゴ13 windows_xp ブログ検索 ダ・カーポII 灼眼のシャナII DokuWiki CLANNAD ヴィンランド・サガ 薬師寺涼子 まりあ†ほりっく ホワイトアルバム アルバム 明日のよいち! アニソン RIDEBACK ラノベ 同人誌 鉄のラインバレル アニメディア スレイヤーズ アニメージュ イラスト とらドラ! ジブリ インターネット 

BD/DVD
Twitter
今やっていること
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2007-04-11頃から
月別アーカイブ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。