最近の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GDH 純利益37億赤字で少し思う

GDH(ゴンゾなどの持ち株会社)の決算、予想を大きく下回り純損失37億になっていますね…。自己資本比率は2.5%。「企業継続の前提に関する重要な疑義が存在しております」という状況。要は、増資せず不採算部門を放置し今までと同じように会社運営していたら、会社存続が難しいですよ、という事。まぁ、ただちに危うくなるわけじゃないですが。
どうこう言って日本を代表するアニメ制作会社を抱えてるし、ユニークなオリジナル企画を比較的多く手がける分、気になる状況ではあります。業績予想の修正を簡単に言えば、
  • 海外の販売が予想を下回った
  • 海外ライセンス売上高を翌期以降にした
  • 手持ちのアニメ作品・作りかけのアニメ作品の価値を、適正と思われる値に厳密に見積もり直した
  • 手持ちの有価証券の価値も下がったし、そのほかこまごまと損を出してる
という事です。

アニメにしぼれば、2007年以降分だけ見ても
  • ロミオ×ジュリエット(2クール)……大失敗
  • 瀬戸の花嫁(2クール)……あまり期待してなかったようだけどそこそこ成功
  • 風のスティグマ(2クール)……微妙なところ
  • ぼくらの(2クール)……大失敗
  • ドラゴノーツ-ザ・レゾナンス-(2クール)……大失敗に近い
  • ロザリオとバンパイア(1クール)……あまり期待してなかったようだけどかなり成功
  • BLASSREITER(2クール)……国内はかなり危ない。海外は不明
  • ドルアーガの塔(1クール)……国内は危なっかしい。海外は不明
  • S・A(2クール)……ものすごく危ない
力を入れてそうな作品がDVD販売やグッズ販売で全く振るわないので、苦しいところ。特にロミジュリは痛い。

ただ、ゴンゾは初代ガンダムやエヴァンゲリオン級のヒットを狙ってる感があるけど、それとは別に瀬戸やロザバンで何かをつかんだようにも思えます。
ロザバン2期やストライクウィッチーズはその路線で手堅く当たりそうだし、今後もアニメ制作は続けてほしいですねぇ…。
スポンサーサイト
TAG :
アニメ

星間飛行☆キラッ ランカ・リーのデビューシングル

ランカ・リー=中島愛のファーストシングル『星間飛行』

ランカ・リーの公式ブログでも少し触れたけど、ランカ・リー(中島愛)の1stシングルが6月25日に発売です。この記事を書いている5/27時点ではアマゾンではまだ「タイトル未定」のままだけど。

本編は、関東だと6/13がサッカー放送の影響で休止のようで、おそらく第11話放送後の発売。


ランカ・リー=中島愛 星間飛行 初回特典 ブロマイド(※複数パターン)

1 星間飛行
2 ねこ日記
3 愛・おぼえていますか(デカルチャーエディションsize)
4 私の彼はパイロット―MISS MACROSS 2059
5 星間飛行 without Ranka
6 愛・おぼえていますか(デカルチャーエディションsize) without Ranka

発売日:6月25日
価 格:1,155円(税込み)
品 番:VTCL-35029
CD発売元:flying DOG/JVCエンタテインメント
(08/06/14追記)ブックレットは星間飛行の振り付けイラストいり。振り付けについてはマクロスF公式サイトのMOVIEを。

以前にも少し書いたように、シェリルのダイアモンド・クレバスのオサレなジャケットに比べるとコテコテなジャケ絵。第5話に出てきた宇宙兄弟船のポスターとセンスが似ている気が。そういえば「ブロマイド」って単語も今じゃめったに聞かなくなったよなぁ…。

星間飛行やねこ日記は第8話終了時点ではまだ出てきていないけど、すでに一部番組で少し流れています。

収録曲
星間飛行
(作詞:松本隆 作曲・編曲:菅野よう子)
松田聖子さんの歌をよく手がけている松本隆さんが作詞。ランカの心情を書き写したかのような詩になっています。
歌は何だか懐かしい気分になる、正統派アイドル路線風。松田聖子とデビュー頃の坂本真綾とaikoをやわらかくしたような印象かな…動くランカとあわせたらデカルチャーな感情になるはず。キラッ☆彡

ねこ日記
(作詞:一倉宏 作曲・編曲:菅野よう子他)
初出は第9話後半、ランカがデビューお披露目でティッシュディスクを配っている時。ちまちました、明るくてゆるい癒し系な雰囲気の曲。ARIAあたりで流れそうな感じ。今後、本編でもよく使われるそうで。→第11話のEDで流れた。

愛・おぼえていますか(デカルチャーエディションsize)
(作詞:安井かずみ 作曲:加藤和彦 編曲:菅野よう子)
デカルチャーエディションのEDで使われた愛おぼです。飯島真理さんの伝説の歌のカヴァー曲。リン・ミンメイの記憶が残ってる人も多いだろうけど、まぁ聞き比べてみてください。

私の彼はパイロット―MISS MACROSS 2059
(作詞:阿佐茜 作曲:羽田健太郎 編曲:菅野よう子)
カヴァー曲。初代マクロスでリン・ミンメイが歌いまくり、エキセドルも熱唱したハネケンさんの古の歌を、第4話「ミス・マクロス」でランカが歌ったもの。1コーラス。これも、原曲と聞き比べるのをおすすめ。初めて中島愛さんの声を聞いた時は「ミンメイっぽい」と思ったけど、実際はかなり違いますね。



改めて考えると、「名前が中島」「ハーフ」「歌えるけど声優は今回が初めて」「趣味は、80年代レコード集め他」って、まさにランカが適役。


6月は放送時間変更に注意

関東のマクロスF放送日は以下の通り。
6/06 18:55~20:54の男子バレーが延長の場合は繰り下げ
6/13 24:35~27:45までサッカー欧州選手権のため休止
6/20 18:55~20:54の女子バレーが延長の場合は繰り下げ
6/27 25:30~27:00まで女子バレーのため休止?→MBSが1時29分から、TBSが3時半から
らき☆すたの野球延長話を思い出した。関東が1週2週遅れるのはまずいのか制作スケジュールの都合もあるのか、関東以外の地域も休止になるようです。TBS以外の局もスポーツの差し込みが多々あるので、深夜アニメの放送時間はかなり変わりそう。
もう少し時代が経ってネット配信とか普及すれば、テレビに振り回され続ける事もなくなるんだろうけどなぁ。

いや、裸足の国のビジネスチャンスと同じで、アニメに興味ない人たちに興味を持たせるべきかな…。
TAG :
アニメ
マクロスF
挿入歌

コードギアスR2第8話 民族とは、文化の根底たる心

コードギアス~反逆のルルーシュ~R2 第8話「百万のキセキ」感想

ゼロ「日本人とは、民族とは何だ?」
スザ「何?」
ゼロ「言語か、土地か、血の繋がりか」
スザ「違う。それは…心だ」
ゼロ「私もそう思う」
ゼロ「自覚・規範・矜持、つまり文化の根底たる心さえあれば、住む場所が異なろうとそれは日本人なのだ」
ちょっとベタだけど、なかなかの名演説。
前回に引き続き、今回も非常に面白い回。あれこれ予想はしていたけど、予想をはるかに超える展開でした。
ゼロが沢山
OPはこれの伏線?
日本人としての心を持った同志100万人が出来た一方、国土も権益も失い日本を離れた面々が一体どうなるか、エリア11がどうなるか、今後の期待が高まります。スザク+ナナリーとゼロは、目指している方向性は違うけど共に日本のことを考えている点では同じ。
確かに、普通のアニメなら「黒の騎士団とエリア11総督府が裏取引。黒の騎士団は特区日本に形だけ参加する一方、ひそかに日本独立を進める」という展開をしたでしょう。常識的に考えればそれが妥当。だけどそれじゃ地味で面白くない。


でも本当にこの脚本でいいの?

ギアス人気はキャラ萌えによる部分が大きい一方、物語面では
  • 真面目な戦闘パートとゆるい学園パートの二本立て
  • 戦闘パートでは、一見すると不利な状況を意外性のある作戦で打破し勝利する
  • 毎回、続きが気になる引き
という事で人気を博したわけで。今回は戦闘パートに近いけど、意外性が突き抜けすぎ。ここまでトリッキーすぎる策略で潜り抜けるのは受け入れられるんだろうか…。
えー…正確なところは後数日たたないとわからないけど、数字では好意的に受け入れられているようです。やっぱり、基本的に前向きでハッピーな話が好感を持たれるんじゃないかな、と。ただ、見た人全体では結構賛否が分かれそうな感じ。
でもこの回は
  • 最後にルルーシュやスザクが独白したように、スザクが攻撃命令など出すわけがない、という事をお互い知っていた
  • ゼロ=ルルーシュと公開されておらず、ゼロが半ば反ブリタニアの象徴と化していた
からこそ成り立ったわけで、これまで積み上げてきた世界観をうまく利用しています。


登場人物のそれぞれ

シンクーがすでに退場フラグを立てちゃってますね…。
ニーナ再登場
1期でどうなったのかと思ったら、ボタンを押した上、失敗だったんですね。
しかし、「ボタンを押した」のは重要。彼女の行動原理と今やっている事と今回の話全体を合わせて推察してみると、ものすごく嫌な可能性が少し見えてきています。バッドエンドはやめてほしいなぁ。

ルルーシュもスザクも丸くなった?
今回少し意外だったのは、とんがっていて仲間を駒扱いしていたルルーシュ、いつもカリカリして堅苦しかった印象のあるスザクが、共に妙におだやかになっていた事。今回、アバンで1期からの状況やルルーシュの行動理由をややていねいに解説したあたり、心境変化を印象づける意味あいもあったのかも。
ただ、アバンが「当時のルルーシュは信じていた…」と過去形になってるのが少々気になる。ゼロが象徴と化したあたり、「最後にはルルーシュが消えて、『ゼロ』が引き継がれていくのでは?」という気がしなくもない。
ルルーシュの場合、前回で「自分の守るべき世界、帰るべき場所はナナリーだけじゃない」と気づいたのが大きかっただろうけど、スザクはどうなんだろう? ナナリーとユフィかな?

ちょっと気になった点

その目で見るとやっぱり気になる箇所は多い。ギアスは予想外な切り抜けを多用する分、どうしても気になってしまう。ノンフィクションじゃないし、あまりこだわりどころではないとは思うんだけど。
理由が説明出来る
  • スザクが自分にかけられたギアスの内容を知っている……ユフィの件もあわせると、多分V.V.か皇帝あたりから教えられたんでしょう。
  • 100万人分の仮面と衣装をどうやって調達し秘密裏に配布したのか……キョウトやディートハルトあたりの仕込み?
  • 100万人が衣装を持ち運び一同に会したのに、荷物チェックが一切されていない……身分確認は後回しな事、ブリタニア側は鎮圧の大義名分が立つ暴動を期待していた事など。
  • ルルーシュが学園からいなくなったら、さすがに生徒会のメンバーもいぶかしむはず……スザクは忙しいので休学すると言っている。また、ルルーシュがしばらく姿を見せなくなるのはいつもの事。→追記:ネタバレを見て納得。まぁ、ちょっと出来すぎだとは思うけど。
  • 約束を反故にすればよかったんじゃ?……スザクの性格や、ユフィやナナリーの事を考えると、見逃さざるを得ない。トンチみたいだけど、あそこでブリタニア軍が鎮圧すればナナリーも虐殺皇女の汚名を着る事になる。
説明しにくい
  • 100万人が氷山に乗り組む場合、1時間2時間では絶対無理。ものすごく手際よくやっても1日はかかる。氷の形状からして接岸は不可能だし(水中には、はるかに巨大な氷塊があるはず)。
  • 100万人が中華連邦に移動、あるいは洋上を漂うとしても、食料が調達出来なくなる。
  • これだけ大量の人間を巻き込んだ一大計画なのに、事前に全く情報が漏れていない。


次回は、アニメ本編は休みで、芸能人によるコードギアス祭。撮影の話を聞く限り、かなり不安が。
TAG :
アニメ
コードギアス

マクロスF第8話 姫は女王様の奴隷でしょ

マクロスFRONTIER第8話「ハイスクール・クイーン」感想

前々回の感動的コンサート&壮大な旅立ち回・前回の神がかり的戦闘回から一転、いきなりゆるいギャグ回に。シチュエーションは全然違うけど、脚本の吉野弘幸さんつながりで
  • 緑色のものが下着を持ち去る……舞-HiME4話
  • 主役級が転校。大事なものを小動物(?)が持ち去り学校中が追いかけっこ。持ち主が屋上から転落するのを主役級が助ける……コードギアス6話
に似ていると言えば似ている。

話は、突き抜けがちょっと足りないかな…? ほら、初代マクロスのブリタイ閣下格闘戦や、マックスが「バルキリーが巨大人型ロボに変形」するのを最大限利用した話や、マックスの超スピード結婚とか。最近だとドラゴノーツ7話の温泉回、コードギアスR2第8話の大脱出とか。ああいう「登場人物はいたって大真面目なんだけど、冷静に見るとおかしすぎる」感覚がやや不足。
ただ、「おかしすぎる」割合がしきいを超えると「気づいたら熱狂的なファンがいなくなっていた」となりそうなので、バランスが重要でしょうね。激しい戦闘を1話・2話・4話・7話と入れているあたり、作り手の方も重々承知しているようですが。


作画が崩れている・作画が死亡しているとの意見について

本当、毎度毎度ですねぇ…要点だけ。
顔の違いは自分も気になり「総作監を置いた方がいいのでは?」と思わなくもないです。教室の机・手・ハーモニカの大きさなど、絵として微妙・明らかにおかしなシーンがあったのも確か。
マクロスF第8話で作画崩壊と言われるシーンの一部
「作画崩壊」と言われ、作品評価を大きく引き下げるシーンの例。
ただ、すぐに「作画崩壊」と言ったり感じたりするのは、自分自身も含めて今のアニメファンにしばしば見られる病気のようなものですね。二次元キャラへのこだわりがアニメに傾倒する理由の1つだから、必然ではあるけど。

作画を絶賛されても全然売れないアニメは多々あります。でも、製作・制作は
  • 視聴者の多くは、キャラの細かい動きや質感・量感の表現なんて大して気にかけていない(※メカは別)
  • 作画崩壊と言っている人の多くは、魅力がなく作品のイメージを壊す絵柄を、作画崩壊とみなしている
  • 評価は、作品への入れ込みようや他の人の意見に非常に左右されやすい
という現実を、もう少し直視すべきかと。本当、もったいないでしょ? これだけ手間をかけて「作画崩壊」「子供のラクガキ」とか言われるのは。
マクロスFでほとんど評価されないシーンの一部
頑張って描いているけど、ほとんど評価されないシーンの例。
ランカが踊っても、ランカがジャンプしても、シェリルが慣性で振り回されても、落下したシェリルをアルトが受け止めても、視聴者の多くは評価しない。ここにかけた努力は、絵柄の不安定さからくる「作画崩壊」という言葉で塗りつぶされてしまいます。


ギャグ回の必要性

詳細は省くけど、ギャグ回は読み捨てられる傾向が強いです。意外と話題にならないし、衝動買いにもつながりにくい。
ただ、ギャグ回はスパイスみたいなものだと思います。


鳥の人!!!

今回のアバンはプロトカルチャーの解説。勉強になります。
エイフォス。鳥の人
プロトカルチャー。今より50万年前に銀河をかけた、一大星間文明。
フォールド航法や重力制御、そして巨人族ゼントラーディ、全てが彼らの遺産である。だが、そのプロトカルチャーとて永遠ではなく、自らが招いた争いで滅びの危機に瀕している。
人類はそのさなかに、失われゆく平和と文化の担い手として生み出されたものだと言われている。果たして、彼らの願いは、届いたと言えるのだろうか。
プロトカルチャーの解説に合わせて出てきたのは…マクロスゼロに出てきた「鳥の人」という生命体(?)の胴体(AFOS/エイフォス)。プロトカルチャーの遺産と言われていたけど正確なところは不明だった、と思う。
それと、もしかするとプロトカルチャーの生き残りがいるのかも?


美星学園

第7話あたりから解説的台詞が少し増えていますね。今回はグレイスさんが解説。
美星学園。伝統文化や技術の習得・継承を主眼に置いた、フロンティアきってのスペシャリスト養成校。設置されているのは芸能科、総合技術科、情報科、航宙科など、8コース全てが完全単位制を取っており、所属している学科・学年とは別に、任意の教養科目クラスに所属する事になる。
航宙科=パイロット養成科、芸能科=演劇科かな?
芸能科とか一見浮いてるけど、人類が滅びかけた世界だし、文化の継承が重視されているという事でしょう。


ギャラクシー行方不明とV型感染症

  • ダルフィムはマクロスギャラクシーが襲われてすぐ離脱
  • マクロスギャラクシーは行方不明
  • バジュラに接触すると「V型感染症」の恐れがある
  • 敵母艦内のフー・ファイター(foo fighter)について、レオン・三島は知っている
  • ランカを監視し、なるべく目立たせないようにしている
マクロス7みたいに、住民ごと連れ去られて何かされてるのかな…。
V型感染症は自分の知る限り今回が初出で、たぶん旧作には出てきません。
(08/05/26追記)ただ、マクロスゼロには、「プロトカルチャーが、鳥の人のウイルスで人類の遺伝子を改造したらしい」事を象徴するエピソードや映像が多々あり、それに類するものかも。バジュラと鳥の人はどことなく雰囲気が似ているし。
レオン三島は相当の事を知っているようだけど、狙いは今のところ不明。案外「バジュラの超技術を手に入れたい」みたいな単純な理由かも。


ブレラさん再登場

カーバンクルもどきがマクロス7のグババやキャピーみたいなペット的立ち位置なのか、実はヴァジュラの幼生なのかはまだ謎。
フォールドで立ち去ったはずのブレラが何でここに…って思ったけど、要はキノコ杉田かビルラーあたりの手駒で秘密裏に母艦調査→さっさとマクロスFに帰った、と考えるのが妥当ですね。


トップと底辺

ランカ・リー(芸能科)とシェリル・ノーム(パイロット科) シェリルとアルトが一緒に空を飛び、ランカが歌う
ランカがいつもの丘でアイモを歌っている時、アルトはシェリルを抱いて空を飛んでいた。
ランカがシェリルの誘いを断ったのは立派。でも、チャンスは利用しなきゃ…。仕事はシェリル特番で潰され、恋愛でも引き離され、いいところなし。アルトと同じクラスに転入したと思ったら、シェリルまで転校してきたし。
シェリルのパイロット科編入は予想外。まぁ、銀河のトップアーティストがいまさら芸能科はおかしいし。シェリルがバルキリーに乗って歌うフラグかな?


» Continue Reading

TAG :
アニメ
マクロスF

ランカ・リーの公式ブログも開始

シェリル・ノームのブログに続いて、ランカ・リーのブログも5月20日から始まりました。アメブロのアイドルランキングでは、シェリル10位、ランカ22位。本放送開始から1ヶ月半ほど、わずか7話でこうなるとは、アニメのプロモーション効果はあなどれない…。
ランカのはものすごくカルいブログを想像してたけど、1日目はかなり真面目でおとなしめの内容。公開直後とその後で、一部の文章がさりげなく変わったのはうっかりだったって事で。

で、2日目は…

中島愛さんの声で、アルトあたりにあんな感じの内容を話しているのをイメージしてしまった。シェリルのブログは表の顔とかなり印象が違って、シェリルの声をオーバーラップしづらかったんだけど、ランカはそのまんま。


ありそうでなかったと思う、公式キャラクターブログ

架空のキャラがお便りコーナーを担当したりするのは漫画誌やサイトでも無数に例があるけど、アニメキャラが公式ブログを持つのはたぶんほとんど例がない。
これは「意外と誰も思いつかなかった」「仮に思いついたとしてもメリットを感じなかった」というのが大きいかと。自分もシェリルのブログを見つけた時は「誰かのイタズラ?」と思ったし、本物らしいと分かった後も「手間がかかるばっかりで全然人来ないんじゃないの?」と思ってたし。
1日10万アクセスと聞いて、考え変わったけど。

ただ、これが効果的なアニメはかなり限定されますね。多くのアニメはほとんどメリットがないでしょう。

アニメ業界も、雑誌特集・広告・TVCMを大量に打つという古い宣伝方法ばかりでなく、さまざまな宣伝方法を模索していますねぇ…。

星間飛行星間飛行
(2008/06/25)
ランカ・リー=中島愛

初回特典 ブロマイド
1 星間飛行 作詩:松本隆 作編曲:菅野よう子
2 ねこ日記 作詩:一倉宏 作編曲:菅野よう子 他
3 愛・おぼえていますか(デカルチャーエディションsize) 作詞:安井かずみ 作曲:加藤和彦 編曲:菅野よう子
4 私の彼はパイロット―MISS MACROSS 2059 作詞:阿佐茜 作曲:羽田健太郎 編曲:菅野よう子
商品詳細を見る
中島愛さんいよいよデビューです。しかし、シェリルのちょっとオサレなジャケ絵に比べて、このコテコテはどうよ…? 狙いは分かるけど。
TAG :
アニメ
マクロスF

コードギアスR2、緊急ナビを急遽放送予定(6月1日分)

コードギアス~反逆のルルーシュ~R2、『アキバで対決!コードギアス祭』の放送決定

アニメ誌では5/25に第8話「百万のキセキ」で日本編が一通り終了、6/1の第9話「朱禁城の花嫁」から中華連邦が舞台になる予定でした。

ところが、6月1日(日)放送は、急遽『アキバで対決!コードギアス祭』に差し替えられる事に。
MBS・TBS系全国28局で毎週日曜午後5時から大好評放送中のアニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ R2」。そのコードギアスですが、6月1日は急遽、特別番組をお送りすることになりました!
内容は、芸能界随一のアニメ通・有野晋哉(よゐこ)、2007年M1グランプリ王者のサンドウィッチマンらが東京・秋葉原の街に飛び出し、ユニークなお店でゲーム対決をしながら番組の魅力、みどころを全力!?で紹介する、というものです。どうぞお楽しみに!
MBS・TBS系全国ネット 2008年6月1日(日) 午後5時00分~5時30
出演:有野晋哉(よゐこ)/サンドウィッチマン/夏川純/三宅ひとみ(コードギアス声優)/ アメリカザリガニ(お宝プレゼンター・自称コードギアス好き)
三宅ひとみ: アイドル。ミーヤ・I・ヒルミック役で第12話出演予定。三宅ひとみ公式ブログ
三宅が作中で演じるのは「ミーヤ・I・ヒルミック」というキャラクターで、このキャラクターは三宅を元にキャラクターデザインされています。「ミーヤ」は「三宅」の名前から、ミドルネームの「I」は三宅の特技である「I字バランス」からとったものです。
…もう、あれです。正真正銘の一般向け(サザエさんとか)や子供向け以外のアニメは、深夜で放送した方がいい気がしてきた。深夜やネットで自由に多様に進化を続けた方がいい。これはひどい。


突然の差し込み

コードギアスは1期でも緊急ナビニュースをやっていますが、これはあくまで事前情報番組。また、1期で総集編(8.5話、17.5話)も入れていますが、それらはあくまで総集編だし、アニメ誌にも前々から載っていたようです。今回は本当に緊急の追加。テレビ雑誌でもテレビブロス、TVぴあ、TVステーションなど一部雑誌でのみ差し替えが間に合っています。
というわけで、推測するしかないわけですが…。
(08/05/23追記)この記事書いた後で詳細が発表されたけど、視聴率対策、制作遅延、放送短縮のいずれかですね。サプライズでやるような内容じゃない。

低視聴率の打破
ギアスR2の1話~7話の関東視聴率は平均2.27%です。もともと土6アニメの視聴率は決して高くはないけど、ガンダム00(平均4.85%)、天保異聞妖奇士(平均3.18%)、地球へ…(平均2.77%)に比べても苦戦。視聴率の信頼性や意義は置いて、おそらくテレビ局・製作・ファンの予想より低い値だと思います。
放送回…種  鋼  種死  血   妖   寺   00   R2(東
第01回…6.6% 5.9% 8.2%  5.4%  3.6%  3.1%  5.4%  3.0%
第02回…6.7% 5.6% 4.6%  4.1%  3.3%  2.4%  5.5%  2.6%
第03回…5.9% 3.7% 4.9%  4.0%  2.4%  2.9%  4.8%  2.8%
第04回…6.9% 6.8% 7.8%  4.2%  2.5%  3.3%  5.5%  1.4%
第05回…5.6% 6.7% 5.8%  3.6%  2.9%  2.3%  4.4%  1.8%
第06回…7.2% 6.0% 4.8%  4.7%  3.4%  3.1%  5.0%  2.4%
第07回…6.1% 6.8% 5.6%  4.0%  2.6%  2.6%  4.9%  1.9%

・種(ガンダムSEED)の平均…6.14%(最高視聴率…8.0% 最低視聴率…4.6%)
・鋼(鋼の錬金術師)の平均…6.06%(最高視聴率…8.4% 最低視聴率…3.7%)
・種死(ガンダムSEED DESTINY)の平均…5.39%(最高視聴率…8.2% 最低視聴率…3.9%)
・血(BLOOD+)の平均…3.18%(最高視聴率…5.4% 最低視聴率…1.8%)
・妖(天保異聞妖奇士)の平均…3.18%(最高視聴率…4.2% 最低視聴率…2.4%)
・寺(地球へ…)の平均…2.77%(最高視聴率…3.7% 最低視聴率…2.1%)
・00(ガンダム00)の平均…4.85%(最高視聴率…6.1% 最低視聴率…3.8%)
・R2(コードギアスR2)の平均(1話~7話)…2.27%(最高視聴率…3.0% 最低視聴率…1.4%)関東
「1期を見ずR2から見てもよく分からない」というのは前から言われてきたので、舞台が日本から中華に変わる時点で総集編を入れるべき、というのは納得出来る理由ではあります。ただ、「芸能人がアキバに行く」という内容からして、総集編をきちんとやるのは多分無理でしょう。
制作の遅れ
制作に余裕がなくなり総集編を入れまくるのは過去にも多数あります。
1期が終わって1年、24話・25話からも1年近く経って2期スタートだけど、アニメはなぜか放送直前ギリギリに完成させるのが常態化しているので、何かトラブルがあってどうしても放送に間に合わなくなったのかも。
放送短縮の影響
ギアス2期は23話+2話構成だったのを全23話に短縮したという話があります。
サプライズ
もともと規定路線で、単純に話題性を考えて直前まで発表しなかったというパターン。あるいは、第8話が衝撃的な内容で(主役級の誰かが死ぬ・逆に死んだはずの人が生きているなど)、作品として大きな一区切りが出来るといった可能性。
内容に問題?
チベット騒乱や大地震関連で、放送しにくい内容があったのでは? という話も出ています。中華が戦場になるわけだし。過去には内容が問題になって一部放送局で打ち切り(ひぐらし解)・最終話放送中止(School Days)になった例もあるし。
けど、中国風とは言え架空の国だし、あんまり考えられないですね。
TAG :
アニメ
コードギアス

マクロスF OPは声優初の4週連続オリコントップ10入り EDの2週目は7位

2008年5月26日付のオリコンウィークリーで、マクロスフロンティアのED/挿入歌「ダイアモンド・クレバス/射手座☆午後九時Don't be late」が7位、OP「トライアングラー」が10位でした。◇は2週連続トップ10、△は4週連続トップ10。

いろいろ調べてみたけど、声優の歌で4週連続オリコントップ10入りしたのは、シングルやアルバムなど全てのCDをあわせても過去に例がなく、新記録のようです。
比較的弱い週が続いた事、3週目に挿入歌/EDとの相乗効果があったとは言え、快挙ですね。

**1 381,672 KAT-TUN
**2 *33,341 Aqua Timez
**3 *30,155 NEWS
**4 *29,305 Buono!
**5 *21,837 スガシカオ
**6 *21,032 絢香
**7 *19,682 シェリル・ノーム starring May'n
**8 *16,617 羞恥心
**9 *13,653 清春
*10 **8,968 坂本真綾

なお、今日のデイリーはダイアモンド3位、トライアングラー9位。着うたフルでもここのところずっと上位。
今のCDは、ファン以外は全く買わない超初動型が普通ですね。ジャニーズ系は突出してるけど、今回のKAT-TUNは4種売りだし、実際に購入しているファンの総数はどのくらいなんだろう…。



アニメ・ゲーム・特撮関連

2008/05/26付
シングル
**4 *** *29,305 *29,305 *1 Kiss!Kiss!Kiss! Buono! [しゅごキャラ! ED]
**5 *** *21,837 *21,837 *1 NOBODY KNOWS スガシカオ [xxxHOLiC◆継 OP]
**7 **3 *19,682 *62,396 *2 ダイアモンド クレバス/射手座☆午後九時Don't be late シェリル・ノーム starring May'n [マクロスF ED/挿入歌]
*10 **6 **8,968 *65,674 *4 トライアングラー 坂本真綾 [マクロスF OP]
*11 **5 **8,488 *34,734 *2 MOTHER SEAMO [ランク王国 OP / クラス・オブ・ミュージック! ED]
*18 *10 **4,841 *14,709 *2 changes Base Ball Bear [図書館戦争 ED]
*22 *** **4,649 **4,649 *1 デタラメな残像 GRANRODEO [BLASSREITER OP]
*23 *** **4,281 **4,281 *1 絆-キズナ- Kra [☆戯☆王5D's OP]
*25 *11 **3,982 *39,801 *3 アナタボシ MilkyWay [きらりん☆レボリューション OP]
*26 *18 **3,810 *46,994 *5 帰りたくなったよ いきものがかり [砂時計 Theme]
*32 *22 **3,174 432,327 17 そばにいるね 青山テルマ feat.SoulJa [NTT CM / しおんの王 ED]
*40 *** **2,460 **2,460 *1 KI-ZU-NA~遥かなる者へ ヒトミソラ [我が家のお稲荷さま OP]
*44 *25 **2,087 *74,195 *5 Double-Action CLIMAX form モモタロス・ウラタロス・キンタロス・リュウタロス・デネブ(関俊彦,遊佐浩二,てらそままさき,鈴村健一,大塚芳忠) [仮面ライダー電王]
*46 *** **1,784 **1,784 *1 狂乱戦記~日常ノ神サマ~ 乱崎凶華(藤村歩) [狂乱家族日記 ED]
*51 *29 **1,593 *78,900 *6 翼を広げて/愛は暗闇の中で ZARD [名探偵コナン]
*56 *38 **1,417 *52,332 *9 炎神戦隊ゴーオンジャー/炎神ファーストラップ-Type Normal- 高橋秀幸(Project.R)/Project.R(谷本貴義・SisterMAYO・大石憲一郎)with 炎神キッズ
*59 *50 **1,354 *14,809 *4 キミ、メグル、ボク 秦 基博 [イタズラなKiss OP]
*75 *39 ***,931 *31,533 *4 アメあと w-inds. [REBORN ED]
*76 *55 ***,924 121,621 *7 DRINK IT DOWN L'Arc~en~Ciel [Devil May Cry 4 Theme]
*83 *** ***,838 ***,838 *1 皆既日蝕 JULEPS [ヤッターマン ED]
*84 *74 ***,831 **6,026 *4 超妻賢母宣言 MOSAIC.WAV [狂乱家族日記 OP]
*85 *68 ***,825 **2,645 *3 Lunatic Tears... 彩音 [(PC) 11eyes OP]
*86 *51 ***,800 *12,158 *4 サクラ アマネク セカイ yozuca* [D.C.II SS OP]
*90 *56 ***,775 *12,699 *4 Unnamed world 平野綾 [二十面相の娘 ED]
*91 *** ***,749 ***,749 *1 sad rain 美郷あき [BLASSREITER ED]
*92 *52 ***,743 *26,844 15 プリキュア5、フル・スロットル GO GO!/手と手つないでハートもリンク!! 工藤真由/宮本佳那子
*98 *76 ***,680 **5,477 *3 素直な虹/情熱マイソウル surface [NARUTO ED]
100 *77 ***,672 **9,955 *4 Dear Prince~テニスの王子様達へ~ イケメン侍

アルバム
*12 *** *10,153 *10,153 *1 THE IDOLM@STER MASTER LIVE 03 Do-Dai 天海春香(中村繪里子),高槻やよい(仁後真耶子),星井美希(長谷川明子),双海亜美/真美(下田麻美),菊地真(平田宏美)
*22 *** **5,583 **5,583 *1 さよなら絶望先生シリーズ 歌モノ傑作撰集『絶望大殺界』
*37 *28 **2,996 *26,446 *5 EXIT TRANCE PRESENTS ウマウマできるトランスを作ってみた バルサ巫女,キャラメル,塩分手生えるんすか,母さんちょwwww 他
*88 *** **1,216 **1,216 *1 みなみけ~おかわり~ドラマCD 佐藤利奈,井上麻里奈,茅原実里 他

アルバム 100 1,150
ブラスレイターは2クール目のOP/ED発売日ももう決まっているようですね(7/23と8/6)。
ゴンゾは、前作のドラゴノーツを見ても「原作なしの独創的なアニメ」を作ろうという姿勢があって、評価出来ます。でもドルアーガはともかくブラスレはあんまり売れそうじゃないなぁ…。
TAG :
アニメ
マクロスF
OP
ED
坂本真綾
オリコン
挿入歌

女性が選ぶ、アニメのカワイイ制服

OCNのアンケート

第2回 女性が選ぶカワイイ制服はこれだ!!というのを発見。秋葉原、渋谷、新橋で女性にアンケートを取ったそうです。各地域で「可愛い服」「着てみたい服」「コスプレしたい服」を聞き、順位に応じて設定したポイントを合算。
どんな作品がエントリーされてどのくらいの人数に聞いたのかわからないんだけど、ちょっと面白い。

第1位:毎日着てみたい制服で、3地点上位獲得!(67ポイント)
君が望む永遠 白陵大付属柊学園
君が望む永遠 DVD specification 通常版
突出はしていないけどまんべんなく人気があり、特に、「着てみたい制服」として人気。
細部のパーツがちょっと派手めに思えるけど、昨今のゲームの制服を思えばまだおとなしい方ではあります。イリヤの夏の方もそうだけど、落ち着いた青紫系統は制服の色としては人気みたい。現実には紫系統の制服はめったにない、というのもポイントかも。

第2位:渋谷で人気の制服!(52ポイント)
バンブーブレード 室江高校
バンブーブレード O.S.T.2
渋谷で圧倒的人気(かわいい1位、着てみたい1位)。すごく普通っぽい制服だから当然と言えば当然でしょうか。ただ、コスプレ6位なので、祭り的な状況で着るには普通すぎて少々物足りないという事かも。

第3位:秋葉原で大人気の作品が登場!(47ポイント)
涼宮ハルヒの憂鬱 県立北高校
TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」ED主題歌 ハレ晴レユカイ
秋葉原で圧倒的人気。知名度高いですしねぇ…。何のコスプレをしているのかがすぐ分かるし、既製品も比較的簡単に手に入るので、非常にコスプレしやすい服でもあります。

第4位:ちょっと気になる制服(44ポイント)
かのこん 薫風高校
かのこん 1巻 (1) (MFコミックス アライブシリーズ)
赤いリボンと極端に短いスカートが目立つけど、割と自然な感じ。そんなに違和感なく着れそう。

第5位:まだまだ根強い知名度No.1の制服(42ポイント)
新世紀エヴァンゲリオン 第3新東京市立第壱中学校
新世紀エヴァンゲリオン碇シンジ育成計画 5 (5) (角川コミックス・エース 148-5)
可愛さでは低めだけど、さすがに知名度が高いせいか上位に。

第6位:赤いジャケットがポイントの制服(40ポイント)
撲殺天使ドクロちゃん 聖ゲルニカ学園
撲殺天使ドクロちゃん2(セカンド) 第1巻 【初回限定版】
赤い大きなジャケットのインパクトが大きいようです。

第7位:秋葉原、新橋で人気の制服(38ポイント)
マクロスF(フロンティア) 聖マリア学園
ランカの制服(聖マリア学園?)
渋谷以外では人気高め。変わった制服だけど細部の印象が半端か。ランカは転校してこの服は着なくなるんで、ちょっともったいないですね。

第8位:どこかにありそうな制服として注目(31ポイント)
true tears 麦端高校
true tears オリジナルサウンドトラック
(※手前の、乃絵と比呂美が着ている水色の服)
どこかの高校で普通に採用されてそうな制服。渋谷以外ではそこそこの評判。

第9位:色使いが素敵な制服(27ポイント)
イリヤの空 UFOの夏 園原高校
イリヤの空、UFOの夏 主題歌 &エンディングテーマ
1位の君が望む永遠と同じく、落ち着いた青紫系統は注目されやすいように思われます。

第10位:明るめの色が人気の制服(15ポイント)
ふたりはプリキュアSplash☆Star 夕凪中学校
ふたりはプリキュア Splash☆Star 【4】
アニメ絵通りに作ったとすると微妙に変になりそう。襟とかスカートあたりが。


作品人気が突出しているハルヒやエヴァを除いて、君が望む永遠、バンブーブレード、かのこんあたりが人気のラインっぽいですね。
  • 細部は普通の制服より派手で印象に残る。でも、全体的に見ると派手すぎず落ち着いた印象
  • 一見するとどこにでもありそうな制服で、街で着ても違和感がなさそうに見える。かつ、しゃれている
というあたり。
TAG :
アニメ

久しぶりに1000アクセス超えてた

昨日はブログが1000アクセス超えていました。今期アニメのレビューはマクロスFとコードギアスR2ぐらいで、他もアニメや漫画関連のちまちました記事ばっかりなのに。ありがとうございます。
他のいくつかのブログで話題になってるけど、マクロスは検索で来てくれる方が多いですね。ギアスも多いけど、マクロスほどじゃない。


需要と供給

うちの場合、昨年末のデカルチャー・エディションに魅せられて以来マクロスに力入れてるのもあるけど、それを差し引いても第1話の頃に比べて状況が大分変わっています。たぶん需要と供給の差ですね。マクロス関連の検索量が大幅に増えているけど、ネット上の記事の総数がそれに追いついていない状況かと。
コードギアスは、1期が終わってから1年経っており、アニメ誌から街頭広告・一般紙にいたるまで宣伝が尽くされ、一部地域放送の深夜アニメから日曜夕方放送の全国区アニメへ。多数の人がそれぞれの思惑で「開始を待ちわびていた」状態です。
ギアスで実感したけど、当たった作品の2期物は、中休みの間に口コミで静かに浸透していき、原作や雑誌やゲームで新情報をある程度出していけば、知名度や話題性が自発的に上がっていくんですよね。だからこそ日5に持ってきたんでしょうけど…。

一方のマクロスFは元ギアス枠で、全国区じゃない深夜アニメ。さらに、日経エンタテイメント裏表紙裏と、視聴率で思うマクロスFでも触れたけど、アニメ誌で弱めです。というか、主だったアニメ誌はスポンサーが投じた資金や力関係に基づいて特集を組んでる感がありますね。まぁ、そんなのはアニメに限らずどのジャンルでも言えますが。製作の思惑をはるかに超えて大ヒットしたアニメは、最近だと涼宮ハルヒぐらいしか思いつかない。

ともかくマクロスFは、原作なし・情報不足・7やアクエリオンで警戒しているファンがいる・キャラデザやキャラ設定がその筋の人が飛びつきにくい…などなどあって、期待度が低い状態からスタートしています。そのひずみが今、出てきていると思われます。


視聴率は微妙

ただ、視聴率という指標だと、ギアスもマクロスもあんまりよくないんですよねぇ…。この件についてはいずれ触れる事もあるだろうけど、マクロスは2%前後、ギアスは2%台前半で落ち着きそうな気配。
「どうすれば見てもらえるのか」じゃなく「アニメ全般や、あるアニメ作品を見ない理由」をアンケートで詳しく聞くべきかも。
TAG :
アニメ

コードギアスR2第7話 ボロ雑巾と化したルルーシュ、爆速で復活

コードギアス~反逆のルルーシュ~R2第7話「棄てられた仮面」感想

多分、今週はつまらないと感じた人が多いと思う。
でも自分は、前回は微妙に感じて今回は妙に面白く感じました。ある意味、ギアス2期始まって以来一番面白い回。

前回微妙に感じたのは、人の命の扱いが軽すぎた事ですね。戦闘は今期はマクロスFが圧倒してるし。
で、今回面白く感じた理由の一つは、一つにはネタアニメ的なものがあったのは確か。
  • 乗客にギアスをかけ、たった一人で車内にいる
  • 貴族やそれに従うイレブンにギアスをかけ、腕立て伏せやダンスをさせる
  • カレンに妙な要求をする
  • 自称妻の神楽那が戻ってきて、C.C.、カレンと妙な結束をする
それはおいても、人の心の暖かさやルルーシュの成長みたいなものが何となく感じられた気がする。
ルルーシュが(あくまでルルーシュ基準ではあるけど)落ちるところまで落ち、リフレインを使おうとするところまでいってしまった。
つまり、後は上るしかないわけです。1期1クール目みたいに、ひっそりと暮らしていたルルーシュがギアスの力を手に入れて急激に成り上がっていった、あの感じがまた戻る…

…かもしれないわけで。
ロロは味方に、ヴィレッタも多分味方に引き入れ、ナナリーには「別人のふりをする」と一応話もつけ、ゼロも自らの存在意義を自覚する事で、2期が始まってからの行動制限がほとんど消えたわけだし。

でも多分、ギアスが多くの人を引き付けたのは、こういうしんみりした話じゃないんだろうなぁ。1期の頃から、ストーリーの穴みたいなのは多々あったけど勢いで押し切った感があったし。

以上の事は置いといても、今回のエピソードを入れないとナナリーとゼロを今後うまく相対させる事が出来ないので、必須だったかと思います(今後全然絡まないんだったら不要だろうけど)。R2の状況設定を見て「ゼロの存在意義はもうなくなってるんじゃない?」と感じていて、その疑問が今回でほぼ回収されたし。


各キャラ立場と意図

C.C.
「ルルーシュが生きている事に意味がある…」とかマリアンヌに語りかけていましたね。似たようなシーンを以前見たような見なかったような…。

ナナリー
ナナリーが全ての鍵を握っている可能性も考えたんだけど、それにしては皇帝のナナリーに対する態度に思わせぶりなところがなかったんですよね。今のところナナリーに裏はない、という方向で。
しかし今回、1期の皇帝の演説をやり直した一方で、ナナリーには気を使ってるように見える…。皇帝は実はナナリーを心配しているのか、あるいはもっと全然違う意図があるのか。

南…
南がナナリーにひとめぼれしたっぽい。
南って、ゼロに不信感持ってたよな? これは黒の騎士団にも波乱がありそう。ないかもしれないけど。


ルルーシュ復活のきっかけ

実は微妙にわからないです。
状況を考えると、
  • 生徒会のみんなには、もともと1期の頃から心をかなり許していた。ブリタニアを憎んでいても学園のみんなは傷つけまいという配慮をしていた
  • みんな、修学旅行を蹴ってルルーシュの帰りを待っていた
  • シャーリーは記憶操作されていてもナナリーに習った(?)鶴の折り方を覚えていた。レジスタンス側のカレンの事も気づかっていた
というあたりから、仲間の思いやりに触れて凹んでいたのが治ったのかと。
ゼロがカレンを始めとした黒の騎士団に必要とされている限り、演じていこうと考えたのかもしれません。


今日の戦略

陸上でゼロが指示して深海底のメタンハイドレート採掘施設を攻撃。メタンの泡で海中・海上の敵を混乱・転覆させたという結果でした。…
  • 潜水艦にルルーシュが気軽に通信。敵は簡単に傍受出来るはずなのにその気配が全くない。
  • 海底で安定しているメタンハイドレートが、魚雷ぐらいで一気に気化するのか?
  • 仮に採掘・貯蔵施設や海底に膨大なメタンがあったとして、深海底から海上にあの短時間で浮上するのか?
  • メタンの泡が大量に上がってきたのに、「転覆」した。細かい泡が吹き上がった場合、船は浮力を失って「沈没」する。
とまぁ、ツッコミどころは多々あります。脚本の大河内つながりで、巨大鉄骨を高校生が学校の屋上まで軽々と運んで建物の間を渡したシゴフミを彷彿とさせる…。
しかし、アニメ的演出という事でしょう。スザクもブリタニア軍中枢に上った分、「圧倒的な武力に頼り、周囲の地形をよく見ずに戦う」というブリタニア軍の悪い習慣に慣れきってしまったようで。


行政特区日本復活と、ルルーシュの参加

ユフィの虐殺を思えば、日本人、まして黒の騎士団が参加するなどまず考えられないですよね。そのまま一網打尽にも出来るわけで。
それをあえて参加するとなると、黒の騎士団をナナリー直属にさせるとか、大幅な自治権を認めさせるとかでしょうかね?


TAG :
アニメ
コードギアス

マクロスF第7話 この戦いが終わったら、ナナセさんと文化したいんです

マクロスフロンティア第7話「ファースト・アタック」感想

4話は四稿で決定となり、その後7話で派手な戦闘シーンを書いたら、「7話でこれだけ出来るなら、4話ももうちょっとなんとかならない?」と(河森総監督に)言われ、さらに三稿書き直すという初めての経験をした。
グレートメカニック | 吉野弘幸インタビュー
という前評判通り、圧倒的な戦闘シーンの回でした。これは燃える。戦闘以外にも、シェリルの歌、ランカとシェリルのデュエット、新キャラ登場と、いろいろ見どころの多い回。


戦闘シーンがすごすぎる

いつもすごいすごい言ってるけど、やっぱりすごい。多彩なメカと兵器で、戦場は宇宙空間から敵母艦内まで幅広く、音楽とのシンクロもあって圧巻。
戦闘も乱射じゃなく、ちゃんと意味ある動きです(当たり前?)。たとえば、インフィニティに合わせてアルトが突入するシーンは、アルト突進→反転しガンポッドで後方を攻撃→左に動いてミサイル(1体撃墜)→少し移動してガンポッド(もう1体撃墜)→右に大きく動いて左方向にガンポッドとミサイル→画面奥からの攻撃を迎え撃つ→さらに別方向を攻撃(ここでVF-25メサイアがアップに)。


予告が作画崩壊しているとの意見について

またですね。
次はしゅごキャラスタッフらしいし、個性的なのであって作画崩壊とは言えない…

せめて「どのシーンを切り出しても、魅力的と思える絵柄」を維持すればいいのに。第5話第1話とはかなり違うのにあれこれ言われないのは絵柄のおかげだし、結構差がある涼宮ハルヒが叩かれないのも絵の魅力に気をつけているせいかと。


旧作からの仕掛け

やっぱり、初代マクロスを無難に進化させたのがマクロスプラスやマクロスFになるのかなぁ。
ゴーストやディフェンダーなど細かいものも多数あるので一部だけ。
シェリル「みんなぁー文化してる~?」
初代マクロスのカムジンの名台詞「文化しようぜ」から。シェリルは「文化的活動を楽しむ」「興奮する」「ワクワクする」ぐらいの意味で使っているっぽい。いや、カムジンも実はそういう意味で使ったのかも。
シェリル「マクロスピード(最大戦速)で突っ走るよ!」
劇場版愛・おぼえていますかのキャッチコピー、「ミンメイ・マクロスピード」から。
シェリル「あたしの歌を聞けー!」
マクロス7の熱気バサラの口癖「俺の歌を聞け!」から。
オズマ「全機、プラネットダンス!」
マクロス7で、突撃ラブハートと並んでよく演奏された「PLANET DANCE」から。オズマ隊長は、スカル小隊、プラネットダンス、突撃ラブハートと、案外ミーハーですね…。
ケーニッヒ・モンスター
初代で、熱狂的な支持を得たモンスターの発展形。少し小型になり変形可能に。
トランスフォーメーション
マクロスという名前の通り、マクロスクォーターも変形可能。
400mとやや小型な分、変形も機動もやけに敏速だし、ガウォークっぽい動きすら出来る。「超巨大ロボが敵母艦に格闘戦」も違和感なしに見れます。
(おまけ)ミーナ・ローシャンの目
ミーナ・ローシャン@平野綾という、変な目をしたオペレータがいますよね?
ラフォージみたいに目に障害がある設定かと思っていた(実際そうなのかも)けど、会話を聞く限りたぶん技師ポジションですね。ほら、初代テレビ版でピンポイントバリアを考案した、目のデザインがちょっと浮いてた技師さん。あれです。
ただ、丁寧に描くとミーナみたいにちょっとキモい感じになるわけですな…。


数々の謎

分かった事以上に新たな謎だらけです。
  • 敵母艦は、すごく高性能らしい
  • レオン・三島やビルラーは、母艦の出現をむしろ喜んでいる?
  • ランカのお腹が光り、シェリルのイヤリングが反応している?
  • シェリルのイヤリングを通して、歌がアルトに届いている?
宇宙空間でも歌を聞かせるサウンドブースターや、超空間共振水晶体といったものがあるんで、シェリルのイヤリングはその類の特殊アイテムなのかも。でも、ランカのお腹が光ったのは一体…。


ブレラ・スターン@保志総一朗

顔見せだけかと思ったら、ちゃんと台詞ありました。モブキャラ@保志の方が多かったけど。
ヴァジュラを倒す一方、ルカのガンポッドを狙い撃ちするし、何も言わず友軍機らしき機体とフォールドして去っていくし、アイモをハーモニカで吹くし、謎だらけのキャラですね。操縦するVF-27はマクロスプラスのYF-21と似て、脳波でコントロールするBDI(Brain Direct Image)っぽい。
少し気になるのは、OPのブレラのような人と今回出てきたブレラの外見が微妙に違う事。単に作画の揺れなのか、実は別人なのか。


マクロスギャラクシー船団

アバンはシェリルのラストコンサートとマクロスギャラクシーについて。
マクロスギャラクシー
マクロスギャラクシー。フロンティアに先立つ事数年前に旅立った、21番目の巨大移民船団。大企業が企画立案し、先進技術を惜しみなく投入したギャラクシーは、大航海の間にも技術発展を続け、サイバネティクスやインプラント技術など、他に類を見ない高度なテクノロジーを持つ船団となった。
だが、そのギャラクシーですら、バジュラの攻撃の前には…
予想通り、技術が進歩した船団みたい。ブレラはやはりギャラクシー所属?


» Continue Reading

TAG :
アニメ
マクロスF

ランカ・リーのブログ開始予定

関東・東北・静岡のみなさん! 今夜のマクロスF第7話をぜひ見て!

見た事ない人でも、話のネタに、騙されたと思って見てみてください。
ケーニッヒ・モンスター
今回はいつもにも増して映像と音楽がすごい。この作品は、あらすじとかキャプ画像ではどうにも伝えられない。あ、それとブレラさん@保志総一朗も初登場です。


まずは、Mステでトライアングラー10位、ダイアモンド・クレバス4位オメ。△は4週連続、◇は2週連続の快挙。坂本真綾さんは難しいとしても、May'nさんはMステに出てほしいなぁ。


ところで、ランカもブログを始めるそうです。
今話題のTVアニメ「マクロスF(フロンティア)」のヒロイン・「シェリル・ノーム」がブログを開設し、多くのアクセスを集めているが、今度はもうひとりのヒロイン・「ランカ・リー」がブログを始める模様。
アキバ総研

シェリル・ノームのブログ
ランカ・リーのブログ(予定)

シェリルのブログが1日10万アクセスもあるとか知らなかった。更新もそんな激しくないし、1日数百アクセスぐらいと思ってたのに。

そういえば、VF-25メサイアのプラモは9月発売だそうで。最終回前じゃん。もったいないなぁ。バンダイ的にはガンダムやギアスに比べて利益配分的に「おいしくない」事業なんだろうけど、プラモはバンダイ独占とかやっちゃってるんだから、せめて早めに出せばいいのに。
TAG :
アニメ
マクロスF

マクロスFのED/挿入歌がオリコン週間3位。OPは3週連続トップ10

2008年5月19日付のオリコンウィークリーランキングで、May'nさんが歌うマクロスFのED「ダイアモンド・クレバス」&挿入歌「射手座☆午後九時Don't be late」(両A面)が3位になりました。初動42,714枚。

坂本真綾さんのOP「トライアングラー」は6位で、3週連続オリコントップ10入り。実は、先週より売上枚数伸びてます(12,550→12,886)。ダイアモンド・クレバスとのまとめ買いがあったと思われます。

アニメのOPとED同時トップ10ランクインは、最近だとハピマテ以来?
**1 201,266 SUMMER TIME NEWS
**2 *55,233 虹 Aqua Timez
**3 *42,714 ダイアモンド・クレバス/射手座☆午後九時Don't be late シェリル・ノーム starring May'n
**4 *33,737 羞恥心 羞恥心
**5 *26,246 MOTHER SEAMO
**6 *12,886 トライアングラー 坂本真綾
**7 *12,152 裏切り御免 The THREE
**8 *11,217 BIRTH D
**9 *11,040 No More 米寿司
*10 **9,868 changes Base Ball Bear
ダイアモンド・クレバスは指数合計が23,732、枚数42,714なので、係数は1.80ほど。
…どうもこの係数ってのはよくわからない。オリコンが把握していない販売分を補正しているんだろうけど、△や◇は他のアニソンに比べると相当一般アーティスト寄りになってる感じ。そもそも基準がわからないから細かい数字はどうとでもなる気がするし。


まずは知ってもらう事から

May'nさんは16歳の時に、タイアップで3枚目のシングルを出しています(※07年の映画主題歌は多分CDになってない)。
2006/09/27 159位 *1回 ***,544 ***,544 [CDTV OP/ラブゲッCHU ~ミラクル声優白書~ ED] Fallin' in or Not feat.SEAMO/Cry a little 中林芽依
R&Bシンガーとして売り出したものの思うように売上が伸びず、歌う機会を失いかけていたみたいです。年齢や歌唱力の高さを考えると、プロモーションをミスった・運がなかったという事になるのか…。

ちょっと心配なのは、「歌シェリル」のイメージが強くなりすぎて、かつての飯島真理さん(ミンメイ)やチエ・カジウラさん(ミレーヌ)みたいに音楽活動の足かせにならないか、という点。これはランカの中島愛さんにも言えるけど。
マクロスFを足がかりに先に進めるよう、ホリプロやビクターも上手にやってほしいですね。福山芳樹さん(バサラ)は割と上手くやったと思うし。


2008/5/12付オリコンデイリー

May'n3位、坂本真綾5位でした。
*1 NEWS
*2 Aqua Timez
*3 シェリル・ノーム starring May'n
*4 羞恥心
*5 坂本真綾
*6 SEAMO
*7 THE THREE
*8 LGYankees
*9 Base Ball Bear
10 谷村奈南
KAT-TUNなど有力なジャニーズが今後入るものの、今のシングルCD、特にアイドルの歌は男女とも複数パターン売りが普通に行われているし(KAT-TUNは四種類の合算)、アニメ以上に超初動型の歌も多いです。May'nさんの2週連続・坂本真綾さんの4週連続トップ10の可能性もあり得ますね。


各ランキングの覚え書き

トライアングラー
オリコン3位(初登場週)→6位→6位→10位
Mステ7位(4/25初登場)→4位(5/2)→7位(5/9)→10位(5/16)
CDTV5位(5/3初登場)→7位(5/10)→8位(5/17)→12位(5/24)
ダイアモンド・クレバス
オリコン3位(初登場週)→7位→10位
Mステ5位(5/9初登場)→4位(5/16)→7位(5/23)
CDTVは未集計3位(5/17)→9位(5/24)


オリコンの、アニメ・ゲーム・特撮関連の枚数

2008/05/19付
シングル
**3 *** *42,714 *42,714 *1 ダイアモンド クレバス/射手座☆午後九時Don't be late シェリル・ノーム starring May'n [マクロスF ED/挿入歌]
**5 *** *26,246 *26,246 *1 MOTHER SEAMO [ランク王国 OP / クラス・オブ・ミュージック! ED]
**6 **6 *12,886 *56,706 *3 トライアングラー 坂本真綾 [マクロスF OP]
*10 *** **9,868 **9,868 *1 changes Base Ball Bear [図書館戦争 ED]
*11 **3 **8,534 *35,819 *2 アナタボシ MilkyWay [きらりん☆レボリューション OP]
*18 *13 **6,103 *43,184 *4 帰りたくなったよ いきものがかり [砂時計 Theme]
*22 *20 **5,096 429,153 16 そばにいるね 青山テルマ feat.SoulJa [NTT CM / しおんの王 ED]
*25 *14 **4,009 *72,108 *4 Double-Action CLIMAX form モモタロス・ウラタロス・キンタロス・リュウタロス・デネブ(関俊彦,遊佐浩二,てらそままさき,鈴村健一,大塚芳忠) [仮面ライダー電王]
*29 *19 **3,146 *77,307 *5 翼を広げて/愛は暗闇の中で ZARD [名探偵コナン]
*38 *32 **2,217 *50,915 *8 炎神戦隊ゴーオンジャー/炎神ファーストラップ-Type Normal- 高橋秀幸(Project.R)/Project.R(谷本貴義・SisterMAYO・大石憲一郎)with 炎神キッズ
*39 *24 **1,995 *30,602 *3 アメあと w-inds. [REBORN ED]
*50 *46 **1,558 *13,455 *3 キミ、メグル、ボク 秦 基博 [イタズラなKiss OP]
*51 *35 **1,549 *11,358 *3 サクラ アマネク セカイ yozuca* [D.C.II SS OP]
*52 *62 **1,533 *26,101 14 プリキュア5、フル・スロットル GO GO!/手と手つないでハートもリンク!! 工藤真由/宮本佳那子
*54 101 **1,492 **2,297 *2 Find the blue いとうかなこ [(PC) CHAOS;HEAD OP]
*55 *41 **1,466 120,697 *6 DRINK IT DOWN L'Arc~en~Ciel [Devil May Cry 4 Theme]
*56 *34 **1,455 *11,924 *3 Unnamed world 平野綾 [二十面相の娘 ED]
*68 114 **1,145 **1,820 *2 Lunatic Tears... 彩音 [(PC) 11eyes OP]
*72 *44 **1,106 **9,867 *3 Destiny's Play TETRA-FANG [仮面ライダーキバ ED]
*74 *63 **1,084 **5,195 *3 超妻賢母宣言 MOSAIC.WAV [狂乱家族日記 OP]
*76 *27 **1,071 **4,797 *2 素直な虹/情熱マイソウル surface [NARUTO ED]
*77 *53 **1,061 **9,283 *3 Dear Prince~テニスの王子様達へ~ イケメン侍
*85 *** ***,949 ***,949 *1 や・き・に・く トング隊 [テニスの王子様 OVA全国大会篇Fin ED]
*86 *58 ***,895 **7,613 *3 僕たちの行方 CooRie [D.C.II SS ED]
*90 *74 ***,824 *33,374 *7 Break the Chain Tourbillon [仮面ライダーキバ Theme]
*93 *86 ***,787 *29,001 10 およげ!たいやきくん 子門真人
*94 *71 ***,776 **6,140 *3 Love Jump 栗林みな実 [紅 OP]
*98 182 ***,753 **1,110 *2 穢れ亡き夢 Asriel [(PC) 11eyes ED]
100 *77 ***,734 **5,533 *3 恋の炎 榊原ゆい [かのこん OP]
アルバム
*28 *34 **4,030 *23,450 *4 EXIT TRANCE PRESENTS ウマウマできるトランスを作ってみた バルサ巫女,キャラメル,塩分手生えるんすか,母さんちょwwww 他
*88 *** **1,535 **1,535 *1 ツンデレ百人一首 釘宮理恵
*95 *** **1,451 **1,451 *1 バンブーブレード ドラマCD 白盤 川添珠姫(広橋涼),東聡莉(佐藤利奈) 他
*98 *89 **1,430 *36,561 *7 39 Anime×Music Collaboration '02-'07
100 *** **1,421 **1,421 *1 バンブーブレード ドラマCD 紅盤 川添珠姫(広橋涼),宮崎都(桑島法子)
TAG :
アニメ
マクロスF
OP
ED
坂本真綾
オリコン
挿入歌

マクロスF第6話 神様に恋をしてた頃…

マクロスF第6話「バイバイ・シェリル」感想


アニメに多少なりとも興味があるなら、マクロスFを見てみてください。

シェリルのラストコンサートで「後々まで語り継がれる作品になる」という思いが強まりました。それに、この2クールでマクロスシリーズが終わるとは考えられない。
戦闘が少ない、恋愛話が多い、謎設定や高学歴展開が少ない、主人公が全然強くない、ピカレスクキャラが少ない、作画が崩れる…と、物足りなさを感じる人もいるだろうけど、このアニメは、もっともっとたくさんの人に見てほしい。これが深夜アニメなのは、本当にもったいない。
(08/09/30追記:謎設定や高学歴展開は、出しすぎるべきじゃないですね。まぁ、どういう作り方をしても不平不満を言う人はいるわけですが)

そういえば、感想ブログをあれこれ見てたら山田真哉さん(「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」などを書いている公認会計士の人)やあきまんさんを発見。


「好感度の高い絵」が大事

第4話と同じく作画崩壊しているとの意見を見かけます。
えーと…自分はそんなに気にならなかったけど…

…今回は擁護出来ない…作画が不安定なのは、歌・恋愛・可変戦闘機と同じくマクロスの伝統なのか。
確かに、アップはともかく引きで手を抜いていた感がありありです。シェリルの顔が不安定だし、紙飛行機の形状が一瞬で変わると言ったミスもあったし。
詳しくは別記事に書くけど、キャラ絵の統一感以上に「好感を持たれる絵」を心がけた方がいいです。


三角関係はシェリルが大きくリード

序盤こそランカがリードしていたけど、前回と今回でシェリルがランカをはるかに引き離しました。ランカは
  1. アルトに連絡がつかない。そして、アルトとシェリルが一緒にいてキスするのを見てしまう(第5話
  2. ファンクラブ結成で、アルトは仏頂面
  3. アルトのランカへの態度は、ただの友だち
  4. アルトに「一人でゼントラーディモールにいた」と、嘘をつかれる
  5. シェリルのコンサートチケットを渡される
と、苦しい状況。
アルトが「一人だった」と嘘をついた理由は定かじゃないけど、アルトはシェリルの子供の頃の話まで聞き、幸運のお守りのイヤリングまで託されるわけで。
でも、ランカって第4話あたりではアルトの事をここまで意識してなかったように見えたけどなぁ…?

後、キャシーがマクロスクォーターに着任したので、オズマともあれこれありそう。キャシーがアルトとくっついたりしたら、ある意味伝説となるけど。


フォールド

アバンはスペースフォールドの解説。
スペースフォールド。人類の銀河進出を可能にした、夢の超空間航法。
だが、その夢の航法も、決して万能ではなかった。
フォールド断層と呼ばれる障害の存在や、距離に伴う幾何級数的なエネルギー消費の増加が、大きな壁として立ちはだかったのだ。
それが人類の、いや、プロトカルチャーに由来する文明の、限界だった。
これはまた思わせぶりな。もしかするとバジュラは、Q連続体みたいな存在が、文化を持ちプロトカルチャーの遺産を受け継いで宇宙に進出する者を試しているとか? あるいは、プロトカルチャー系とは全く違う文明圏の異星人なのか。
なお、フォールド断層という設定は、少なくともテレビではマクロスFが初出のはず。マクロス7の時は、芸能レポーターが地球に行ったりしていました。(※マクロス7にも出てきたとの情報もあるけど、自分はよく覚えてないです…)


死地に赴くにあたって

ランカの芸能活動を認めるオズマ
オズマがランカの芸能活動を認めたのは、「自分がどうなるかわからないから悔いのない道を歩ませたい」という思いからでしたね。シェリル・ノーム オフィシャルブログによると、1話が2059年3月頃、6話が4月頃のようなので、ランカはたぶんまだ15歳で、もうすぐ16歳(成人?)になるかと思われます。
そしてシェリルは、故郷が襲われた事に動揺しつつも、記者会見は毅然とした態度で臨み、市民を落ち着かせます。シェリルかっこいい。


バジュラの正体

歌が効く相手ではなさそう。ただし、ランカやシェリルの歌には反応していたかのようにも見えるから、何かありそうだけど。


» Continue Reading

TAG :
アニメ
マクロスF

コードギアスR2第6話 命の扱いが軽すぎる

コードギアス~反逆のルルーシュ~R2第6話「太平洋奇襲作戦」感想

PCの電源がいきなり落ちて、書きためていた記事の大半が消滅。最悪。

とりあえず、コードギアスR2第6話は要点だけ。
  • ロロのギアスは5秒程度しかもたない
  • V.V.と皇帝は兄弟(?)しかもV.V.の方が年長らしい
  • ブリタニア軍は相変わらず間が抜けている。弱いのか強いのかわからない
  • 紅蓮弐式が空を飛べるようになった
  • ナナリーは自ら望んでエリア11に来て、行政特区日本を復活させようとしている
  • ナナリーはゼロよりスザクを選んだ(←といっても、あの状況でゼロの方は選べないよな…)
  • 中華の天子登場
という風に、ストーリーで重要な展開があれこれ出てきました。
ナナリーのために戦ってきたはずのルルーシュが、ナナリー自身によって戦う意義をなくされたのはつらいところ。


ただ、何だか今回の話はピンと来なかった。ランスロットの発進とか、ロボ戦は結構見どころは多かったんだけど。
  • 1期1クール目みたいな、駆け上がるように成り上がっていく爽快感がない
  • ナイトメアフレームがインフレを起こしすぎ。サザーランドやグラスゴーでちまちま戦ってどうこうなる状況じゃなくなってる
  • 携帯が盗聴されていない
  • ゼロの声を、盲目のナナリーがルルーシュと聞き分けられない→演出上で、実際はかなり違う声との事です
  • 仙波があっさり退場。その他、人の死を軽く扱いすぎ
  • 墜落し始めてから着水するまでの時間がちょっとおかしい(ナナリーとゼロが相当長時間話していた計算になる)
まぁあれです。多くの人が「それゆえに面白い」「些末でどうでもいい」と思っている点が、自分にとってはそれゆえに微妙に感じる、という事になっているかと。
新キャラも増えたし、ザコキャラは何人死んでも一向に構わない・卜部や仙波みたいな見ばえしない脇役はリストラでご退場願うという事なんだろうけど。
別に仙波ファンだったわけじゃないけど、彼はどういう思いでここまで戦ってきたのかな、とか思うとねぇ。

次回、ルルーシュが戦意を失って自らボロ雑巾化するようなので、結構期待。
TAG :
アニメ
コードギアス

月刊ニュータイプ6月号感想 広告を買っている?

Newtypeの今月号はスクエニ当番回で、ソウルイーターが表紙&巻頭特集。でも、サンライズ作品プッシュはいつも通り。
ずっと昔から思ってたけど、アニメ誌の各作品の扱いは、他の趣味系雑誌に比べても不自然に感じる。推される作品が限定されすぎで、情報を買っているというより広告を買っている気分。
でも、三大アニメ誌、特にNTが、有力なサンライズ作品と角川作品をプッシュし続けるのは今後も変わらないだろうなぁ。バンダイが相当資金を出しているだろうし、角川が角川作品を優先させるのは当然だし。

ただ、情報誌の情報と、情報誌以外で感じられる熱気が年々ズレている感はあります。ネットで、全国の情報が瞬時にやり取りされる時代だし。今考えても、グレンラガンあたりは人気に比べてかなりぞんざいだったと思う(※グレンのアニメ誌での扱いの弱さはあれこれ理由が語られているけど、本当かどうかは不明)。
来年の春(夏)ぐらいまでギアスとガンダム最優先で、ハルヒ、マクロス、忘念のザムドが差し込まれるぐらいかなー…。


巻頭広告

最近、バンブーブレードのDVD広告をよく見かける気が。
前から思うけど、「雑誌に広告を打つ」というのは本当に効果あるんだろうか? でもまぁ、発売一覧にまぎれるよりは目に付くのは確かか。
アニメ化の前に、薬師寺涼子シリーズのBGM集が出るようで。これ、ミステリかと思ったら途中から「推理するだけ無駄」と気づいてがっかりしたんですよね。あれをアニメ化して本当に売れるのかな。

バンダイビジュアルがブルーレイ普及に力を入れ始めており、有力作品のBlu-rayを展開。
  • ガンダム00……8月22日
  • コードギアスR2……8月22日
  • マクロスF……7月25日
  • 攻殻機動隊S.A.C TRILOGY BOX……7月25日
しかし、じゃりんこチエ劇場版まで出るとは。


巻頭特集

ソウルイーター (8ページ)
スクウェア・エニックス的に「当てなきゃいけない」作品のようで、かなり力入ってます。単行本も売上伸ばしているようで。
コードギアスR2 (10ページ)
相変わらずページが多い。今回は、5話までの復習と新キャラ・新メカの解説。ギアスは、力入れたキャラよりも、ちょっと気を抜いた感じの脇役キャラの方が見ばえするように思う。
マクロスF (4ページ)
いつもながら、キャラ絵が安定していないマクロス。
ランカは、アニメ第6話の段階ではたぶんまだ15歳。シェリルは身長169cmだそうで。
D.C.II SS (2ページ)
1期の小恋・ロボ子は一体なんだったんだと思えるぐらい、朝倉姉妹が出てきている2期。


NEWTYPE EXPRESS

メイドガイの見開き広告があった。

忘念のザムド (1/2ページ)
絵と設定は名作系な感じ。
セキレイ (1/2ページ)
原作は買ってるけど、いざアニメ化となるとどうかな、と思う作品。絵と胸とアクションでどこまで引っ張れるか、ですね。
CODE-E2期 (1/2ページ)
続編を作ろうという気概は評価してもいい、のかもしれない。


中ほど

機動戦士ガンダム00 (6ページ)
高河ゆんさんのインタビューや1期の整理。キャラデザは薄味だけど、やっぱりいいなぁ。
らき☆すたOVA (4ページ)
OVA化発表と、4月6日にあった鷲宮町でのイベントの様子。


後半

MACROSS Frontier設定資料集
マクロスFの設定を知りたい人には必携。河森総監督の「(キャラは)ひと目で見分けられるよう心がけた」は確かに大事だけど、誰かが「このデザインだとウケにくいですよ」と総監督に言える空気じゃなかったのかなぁ…。まぁそれでも、江端里沙さんのキャラデザそのものは、「ちょっと古い系統のデザインかな?」ぐらいだけど。なお、ララミアとネネは逆になっています。
メカ関連はすごい。スーパーパックやアーマード装備で変形出来るのはやっぱりカッコいいし、クァドランは綺麗。
脚本術
脚本についていろいろ書かれています。「原作つきアニメは、原作をトレースすればいい」と思っている人は、これを読む事をおすすめ。
TAG :
アニメ
アニメ誌
NewType

Mステ:真綾7位/シェリル(May'n)5位。オリコンは6位と3位

ミュージックステーションで、トライアングラーは3週連続でランクインの7位。ダイアモンド・クレバス/射手座☆午後九時Don't be lateは5位。

トライアングラー7位 ダイアモンドクレバス5位

オリコンデイリーは、ダイアモンドクレバス&もってっけが3位、トライアングラーが6位。
May'nさんのミニライブは文化放送サテライト過去最高の動員だったそうで、CD即売も瞬殺だったようです。
*1 NEWS 「SUMMER TIME」
*2 Aqua Timez 「虹」
*3 シェリル・ノーム starring May'n 「ダイアモンド・クレバス/射手座☆午後九時Don't be late」
*4 羞恥心 「羞恥心」
*5 SEAMO 「MOTHER」
*6 坂本真綾 「トライアングラー」
*7 Base Ball Bear 「changes」
*8 LGYankees feat.小田和正 「Dear Mama feat.小田和正/Eternal」
*9 米寿司 「No more」
10 The THREE(布袋寅泰×KREVA×亀田誠治) 「裏切り御免」
トライアングラーは、アニメオープニングとしては驚異的に粘っている感じ。というか、ここんところオリコンランキングを見てるけど、羞恥心みたいに企画モノが当たるとか青山テルマみたいな一部例外を除くと、発売週だけ上位に出てきてすぐに落ちていくのが普通なんですね…。国民的流行歌が出ないわけだ。

△は、◇とのまとめ買い効果もありそう。もってけはオリコン3位狙い、トライアングラーはオリコン3週連続トップ10入り狙いでしょうかね。関東では今夜6話放送だから、売り切れがなければ土日もかなり売れそう。アマゾンも補給されたようだし。

というか。後でレビュー書くけどその前に。
マクロスF第6話は、ぜひ見てください。
マクロスをよく知らなくても、およそ「アニメに興味がある」という人なら後半だけでもいいから。言葉やキャプ画像ではとても伝えきれない。
フォールドするマクロスクォーターを見るランカ
TAG :
アニメ
マクロスF
OP
ED
坂本真綾
オリコン
挿入歌

マクロスF O.S.T.1 「娘フロ。」のジャケット絵

(08/6/4追記)「娘フロ。」収録曲の解説は、こちらの方に追記していきます。

まずは、ダイアモンド・クレバス/射手座☆午後九時Don't be lateの件。オリコンデイリー3位でした。
*1 NEWS
*2 Aqua Timez
*3 シェリル・ノーム
*4 SEAMO
*5 羞恥心
*6 Base Ball Bear
*7 The THREE
*8 米寿司
*9 愛内里菜
10 坂本真綾
ただ、場所によっては極端に品薄になってるし、アマゾンも今週中の再出荷が間に合わない可能性が出てきたので(←5/9追記:再入荷されました)順位は案外伸びないかも。flyingDOGもここまで大がかりな仕掛けをしてきたんだから、覚悟決めればいいのに。いや、店側の様子見のせい?


マクロスフロンティアオリジナルサウンドトラック「娘(にゃん)フロ。」

マクロスFサントラのジャケ絵が公開されました。
マクロスF O.S.T.(オリジナルサウンドトラック)「娘フロ。」
…マクロスFは、もう少しキャラクターの統一感を重視した方がいい、と思う。誰に売り込むかによって絵の傾向を変えているのかもしれないけど。でも、このシェリルはかなり好み。
ちなみに、現時点でアマゾン予約4位に来てます。1位がダイアモンドクレバスで、5位がトライアングラー。やっぱりマクロスは音楽関連が強い。

ダイアモンド クレバス/射手座☆午後九時Don't be late
ダイアモンド・クレバスののジャケ絵。キツイ顔。

マクロスF(フロンティア) 1 (Blu-ray Disc)
ブルーレイやDVDの1巻。シェリルとアルトの顔がかなり変だと思う。


マクロスF サントラ 「娘フロ。」収録曲について

まだ正式決定はしていないようですが。収録予定曲の情報通りでした。
全24曲のうち12曲がヴォーカル。なお、ヴォーカル曲のいくつかはマクロスFRONTIER公式サイトで視聴出来ます。
「Sheryl On Stage」となっているものは、観客の歓声が入るなど、ライブ風になっています。

  1. Frontier 2059
  2. Welcome To My FanClub's Night!(Sheryl On Stage)……♪May'n。レースシーンとかでかかりそうな、やたら燃える曲。第9話終了時点では未出。
  3. What 'bout my star?(Sheryl On Stage)……♪May'n。第1話のシェリルライブの2曲目。第5話でも使用。
  4. 射手座☆午後九時Don't be late(Sheryl On Stage)……♪May'n。第1話のシェリルライブの1曲目。歌詞なしは第4話などでも使用されている。CDシングル収録とは別バージョン。
  5. Vital Force
  6. トライアングラー……♪坂本真綾。OP。フルサイズ。
  7. Zero Hour
  8. What 'bout my star? @Formo……♪中島愛。第5話でランカがフォルモで歌ったバージョンと思われる。途中からMay'nさんとデュエットになる。
    What bout my starをフォルモで歌うランカ(第5話)
  9. Innocent green
  10. アイモ……♪中島愛。第1話ED、第3話終盤、第7話ED、第8話終盤など。丘の上でランカがよく歌っている、歌詞ありアイモ。
    アイモ(第3話)
  11. ビッグ・ボーイズ
  12. Private Army
  13. SMS小隊の歌~あの娘はエイリアン……♪SMS一同。第4話冒頭で、アルトが25周+1周するシーン。ラジオマクロス第5回でも流れた。作詞は河森総監督。
    25回撃墜されたアルト(第4話)
  14. ニンジーン Loves you yeah !……♪中島愛。第8話冒頭で、ランカがにんじんのコスプレをしながらフォルモで歌う。
    ニンジンの歌を歌うランカ(第8話)
  15. 「超時空飯店 娘々」CMソング(Ranka Version)……♪中島愛。作詞は吉森弘幸。第1話のアイキャッチで使われたにゃんにゃんダンスCMをランカが歌ったもの。
    超時空飯店娘々のCMの真似をするランカ(第1話)
  16. Alto's Theme
  17. TALLY HO!
  18. The Target
  19. Bajura
  20. キラキラ
  21. アイモ~鳥のひと……♪中島愛。坂本真綾さんが歌詞に関わったバージョンで、第8話終了時点ではまだ使われていない。
  22. Take Off……何となく、デカルチャーエディションでアルトが飛び立った時の音楽な気がする。
  23. インフィニティ……♪May'n。第7話後半でシェリルとランカがデュエットした曲。ただし収録されているのはシェリルのソロ
    インフィニティを歌うシェリル(第6話)
  24. ダイアモンド クレバス……♪May'n。ED。フルサイズ。
    ラストコンサートのダイアモンド・クレバス - 第6話


未収録曲

シングル「星間飛行」収録分は以下の4曲。
  • 星間飛行……第9話終了時点では未出。
  • ねこの歌……第9話でランカがティッシュを配っている時に流れる。
  • 私の彼はパイロット……カバー曲。第4話のミス・マクロスでランカが歌った。
  • 愛・おぼえていますか……カバー曲。デカルチャーエディションのED。

主な未収録曲は、
  • 宇宙兄弟船……第5話で徳川一郎が歌っていた演歌。ラジオマクロス第6回でも流れた。
  • ライオン……♪中島愛&May'n。新OP。第9話終了時点では未出。
  • ノーザンクロス……♪May'n。新ED。第9話終了時点では未出。

SMS小隊の歌はラジオだと歌詞もかなりわかります。ノリのいい馬鹿歌です。
「アイモ~鳥のひと」とか第10話のあらすじとか見ると、かなり意味深。争いと嫉妬のカドゥンが…。

» Continue Reading

TAG :
アニメ
マクロスF
坂本真綾
OP
ED
オリコン
挿入歌
サントラ

涼宮ハルヒの憂鬱、また2期情報が

あえて「また」と言うけど、また涼宮ハルヒ新作の情報が出始めています。
Newtype7月号予告。
やっと――――見つけた。

俺は知っている、次号ニュータイプ7月号に新ヒロイン(……なのか?)が現れることを。何やら凄い座談会も行われるそうだ。
気を持たせる書き方ですまん、だがこれ以上は俺にもまだわからない。

その他「コードギアス R2」の大ボリュームBOOKinBOOK、切手シート応募者全員サービス第3弾、とどめに「ガンダム00」100P別冊付録か……
やれやれ、これは買わざるを得ないようだな。
キョン口調の宣伝。
シルエットはたぶん、涼宮ハルヒの消失に出てくるハルヒでしょう。去年と同様、七夕イベント的なものを狙っている気がします。ニュータイプの発売日からすると、8月号だと7月7日に間に合わないし。「ザ・スニーカー」の新ビジュアルも見たけど、単に長門の表情が違うだけじゃなくて、1期とは微妙に印象が変わってる。

で、涼宮ハルヒの驚愕は一体いつ出るんでしょうね? もう1年近く経つんだけど。
それにアニメ誌、今月表紙はスクエニ配慮のソウルイーターで、後はまたガンダム00二期が終わるまでギアスガンダムで持ちまわって、さらにハルヒも押し込みそう。まぁ、表紙も特集も広告の一種だから、雑誌を発行してる角川や、カネを出してるバンダイやスクウェア・エニックスが強いのは当然なんだろうけど。

それと、アニメ放送日程からすると、涼宮ハルヒの消失を今年の夏に始めるのは、まずないと考えていいです。もしやるなら、もっと大々的に宣伝しているはず。最速で、クラナドアフターとかぶる秋ぐらいじゃないかと。本当は夏から始めた方がいいんだろうけど、1クールと考えると七夕やクリスマス前にぴったりあわせるのはそもそも無理だし。
TAG :
アニメ
涼宮ハルヒの憂鬱
いとうのいぢ
アニメ誌
NewType

マクロスFのED/挿入歌、オリコンデイリー2位&秋葉原で売り切れ続出

シェリル(May'n)のシングルが、オリコンデイリー2位でした。
*1 羞恥心 「羞恥心」
*2 シェリル・ノーム starring May'n 「ダイアモンド・クレバス/射手座☆午後九時Don't be late」
*3 SEAMO 「MOTHER」
*4 The THREE(布袋寅泰×KREVA×亀田誠治) 「裏切り御免」
*5 愛内里菜 「I believe you ~愛の花~」
*6 米寿司 「No more」
*7 D 「BIRTH」
*8 坂本真綾 「トライアングラー」
*9 MilkyWay 「アナタボシ」
10 mihimaru GT 「ギリギリHERO」
5月8日発売を一部店舗が5月6日に超フライング販売した事、NEWSのSUMMER TIMEやAqua Timezの虹をフライング販売した店が非常に少なかった事もあり、オリコン2位に来ています。トライアングラーもさりげなく8位に。


また、秋葉原の多くの店で、すぐに完売したようですね。
ちなみに秋葉原の各ショップには、連休最終日の6日の夕方に入荷され、そのまま販売されたのだが、アソビットゲームシティ、ソフマップ本館、とらのあな本店の3店舗は、閉店時間までに完売してしまい、翌7日の朝まで在庫が残っていたのはソフマップアミューズメント館とアニメイト秋葉原店、タワーレコード秋葉原店の3店舗のみとなっていたため、正式な発売日となる8日には秋葉原のショップでは全滅となっている可能性が高い見通しとなっている。
各ショップともに、これほどまでの売れ行きになるとは予想していなかった様子で「トライアングラーのオリコン3位が確定した段階で、強気の発注に切り替えておくべきだった」や、「週末までに在庫を確保しておきたいんですが、流通に在庫が残っていないらしく、メーカーに在庫を確認中。もしかしたら入荷数は少ないかも」といった話が聞けた。
マクロスFのED曲がアキバから消えた!

歌としての評価はトライアングラーより高いようにも思えるけど、実際のところはかなり注文を絞っていたんじゃないかな、とは思います。
坂本真綾さんの前曲(さいごの果実/ミツバチと科学者)はオリコン8468枚だったし、May'nさんがSEAMOとコラボした前曲(Fallin' in or Not feat.)はオリコン544枚だったので、強気にはいけなかったという事かと。でももったいないなぁ。こういうのは勢いが大事なのに。

ただ、何度か書いてると思うけど、マクロスFは本放送前の期待度がそんなに高くなかったし、今もアニメ誌対策に力入れてないから、案外見えづらいんですよね。三大アニメ誌(Newtype、アニメージュ、アニメディア)以外のアニメ関連誌、エンタメ誌、JOYSOUNDあたりでは結構力入れてるんだけど。


また、May'nさんのミニライブが、5月9日18時45分から東京・浜松町の文化放送1階の特設スタジオで開催されます。入場無料。詳しくは「May'n ミニライブ トークイベント」でググってください。
TAG :
アニメ
マクロスF
ED
坂本真綾
オリコン
挿入歌
BD/DVD/CD
リンク(公式サイトとか)
カテゴリ
ブログ内検索
最近のコメント
プロフィール

Author:せれすと
アニメ:涼宮ハルヒの憂鬱、ガールズ&パンツァー


トラックバックやリンクは、自由に張ってください。

<推奨ブラウザ>
◎Opera/Firefox系 ○Chrome系/Safari △IE
主に使っているのは、OperaとFirefoxです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
タグリスト

アニメ マクロスF 涼宮ハルヒの憂鬱 いとうのいぢ ななついろ★ドロップス コードギアス 宙のまにまに らき☆すた OP 視聴予定 ゲーム オリコン とある科学の超電磁砲 けいおん!! ED PS2 WORKING!! 挿入歌 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト AngelBeats! 漫画 坂本真綾 ながされて藍蘭島 乃木坂春香の秘密 はなまる幼稚園 コミック ブログ投票 瀬戸の花嫁 とある魔術の禁書目録 アニメ作風考察 アニメ誌 化物語 true_tears ARIA ハヤテのごとく! CMS NewType サントラ ゆるゆり 涼宮ハルヒの戸惑 動画 WordPress バスカッシュ! スクールデイズ 灼眼のシャナ 黒執事 DVD マクロス けいおん! 魔法少女まどか☆マギカ 涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 とある魔術の禁書目録II キミキス 狼と香辛料 ガンダム00 インフィニット・ストラトス 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 侵略!?イカ娘 侵略!イカ娘 ベン・トー 相関図 ロザリオとバンパイア エヴァンゲリオン この青空に約束を たまゆら 宇宙をかける少女 かんなぎ BD ブログ フィギュア 神曲奏界ポリフォニカ シゴフミ ストライクウィッチーズ 逆境無頼カイジ コミックス 鉄腕バーディー もってけ!セーラーふく セキレイ MODx 黒神 さよなら絶望先生 Firefox ユニゾンシフト PSP WORKING´!! Little_Lovers_2nd YouTube みつどもえ sola ポリフォニカ クレイモア Drupal ヱヴァンゲリヲン ライトノベル 京アニ ゼロの使い魔 侵略!イカ娘 DS ベルセルク もってけ!セーラーふく スケッチブック ロロナのアトリエ カイジ 長門有希 CD 君が主で執事が俺で しゅごキャラ! ねんどろいど 破天荒遊戯 電撃文庫 涼宮ハルヒ ニュース 声優 坂井泉水 バイク 撲殺天使ドクロちゃん ユーチューブ どきどき魔女神判 歌詞 字幕.in 字幕 地球へ 絶対可憐チルドレン 小岩井フローラ ご愁傷さま二ノ宮くん ef プリズム・アーク レンタルマギカ ブルードロップ バンブーブレード 京都アニメーション スカイガールズ 色彩 こどものじかん ドラゴノーツ RD潜脳調査室 水樹奈々 生徒会の一存  聖地 Google日本語入力 Newtype バカとテストと召喚獣 ゴンゾ 科学 Lightbox Web制作 JavaScript Slimbox jQuery 青い花 ヒャッコ 聖地巡礼 オオカミさんと七人の仲間たち フラクタル お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだから 夢喰いメリー 日記 ロウきゅーぶ! 神様ドォルズ 森田さんは無口 ヨスガノソラ ミルキィホームズ アマガミSS 祝福のカンパネラ 学園黙示録 あそびにいくヨ! 神のみぞ知るセカイ 生徒会役員共 けいおん Opera PV PC Movable_Type 僕は友達が少ない カドゥン firefox ロボテック H2O FC2ブログ ゴルゴ13 windows_xp ブログ検索 ダ・カーポII 灼眼のシャナII DokuWiki CLANNAD ヴィンランド・サガ 薬師寺涼子 まりあ†ほりっく ホワイトアルバム アルバム 明日のよいち! アニソン RIDEBACK ラノベ 同人誌 鉄のラインバレル アニメディア スレイヤーズ アニメージュ イラスト とらドラ! ジブリ インターネット 

BD/DVD
Twitter
今やっていること
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2007-04-11頃から
月別アーカイブ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。