最近の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angel Beats! 9話 生きてきた意味

Angel Beats EPISODE.09「In Your Memory」感想

謎の感動が。

「不治の病とか乗り物が事故るとか、似た要素を何度も使ってないか?」とか「創作にしてもいろいろ都合が良すぎないか?」と、冷静なツッコミを入れたくなるのは確か。

それでも、妙な感動がある。ドナーカードをみんなが記入するあたりでどうしても泣けてしまう。

多くの人が共感を覚えそうなノスタルジーというか…「人生の終わりが見えたとき、人は自分の人生をどう終わらせ、残った人に何をどう託そうとするのか?」を、究極の状況を用意する事でわかりやすく描いてるせいだろうか。

それに「俺様の作風はこれだから」で視聴者が全然ついてこれない作品を作るのではなく、自分の作風をキープしつつ、普通に受け入れられる内容になってるわけで。
さすがに、泣きゲーのシナリオをしっかり書いてきただけの事はあるか…。


たいていの人は、人生に納得したい・思いを誰かに託したい

結婚して子供が生まれ、孫が生まれる。
絵を描き、音楽をし、小説を書く。
勉強や仕事を頑張り、趣味に興じる。

多くの人は、意識はしてなくても
  • 自分の人生に意味を与えようとする
  • 自分の人生に納得したいと考えている
  • 人生で得たものを何らかの形で残して、誰かに託そうとする
と思われます。その流れを、列車事故というシチュエーションを使い、わずか10数分でしっかりと表現してる。

抗っても救われない
音無や奏とゆりは、決定的に意見が違ってきてますね。
奏は、SSSのみんなが恵まれなかった人生をやり直し、魂が救済されてこの世界から卒業する事を願っていて、音無も協力する事になった。
ゆりは、生前の人生に納得がいかなかったから、理不尽な運命を強いた神を探そうと闘争を続けている。
それこそ、理不尽な神を倒さない限りゆりの目標は達成されないから、魂が救われる事なく何年も戦い続ける事に。

ここからどうSSSのみんな、特にゆりを納得させるのかだけど、過去に起こった事は変えられないわけで…。
他作品でよくあるパターンだと、似たシチュエーションが再び起こって「今度は助ける」となるわけだけど、ゆりには弟分や妹分にあたるキャラがいないし、そもそもこの世界に強盗はいなさそうだし、死んでもすぐ生き返るわけで。

残り4話で一通りの区切りはつけねばならないわけで、正直、やはり1クールでは短いような。


まだ隠された謎があるのか、あるいは…

この世界が「魂の救済場所」と音無が判断した事で、この世界の謎が解けたようには見える…けど、「じゃあ、誰がこの世界を用意したのか?」は解決してないですね。

「現世にいる人間が知らないだけで、もともとそういうものだった」で済ませるかもしれないけど、何か隠されてる感じはする。


» Continue Reading

スポンサーサイト
TAG :
アニメ
AngelBeats!

けいおん!! 8話 みんなの過去と未来

けいおん!! 第8話「進路!」感想

将来の話かと思えば、そこからの派生的な流れでの過去回想の話に。原作的には律と澪のエピソードは別の話なんだけど、つなぎ方は非常に自然。

まぁ、人が自分の未来を決めようとする場合、小さい頃に何になりたかったのか、今までどういう人生をたどってきたのか、を考え直すのはある意味自然なわけで、過去話になるのもわかる。

とは言え、「ムギが聞きたがった」のが大きいですよね。これは、軽音部まわりの3年生の中で、ムギは入部前からのパートナーがいない(グループ内に、過去を知ってる人がいない)ってのもある。
なのでムギは、学校での言動や別荘から今までどういう生活をしてきたのかはおぼろげながら想像はつくけど、小中学校とどうしてきたのか? 実家はどういう家なのか? はわからない。
ムギは百合っぽい関係に興味を持つ人なんだけど、アニメではなぜかその要素が完全にカット。
百合好きに由来する要素だけが、散発的に残ってます。今回もその一つ。

つまり、3年生の中ではムギの過去はわからなかったわけだけど、それはいずれ明らかに…なるかなぁ。


亀のようにゆっくりと着実に

亀が何度も登場した&「もしもしかめよ」のメロディにのせてウサギと亀とか浦島太郎とかが出てきたけど、たぶん
うぇるかめ
  • 亀のようにゆっくりと。でも着実に前に進む
  • 回り道をしているようでも、最後はうまくいってる
という事だろうと思われます。実際、唯の天性の才能、明るさ、ポジティブさ、好きな事には集中できてる…というのを見ると、うまくいきそうには見える。

ここで社会の厳しさとか持ち出されたり、進路が決まらなくて重苦しい雰囲気になったりすると途端に嫌な感じのリアル感が出てしまうんだけど、けいおん!!は重い暗い流れは避けてるので見やすい。


» Continue Reading

TAG :
アニメ
けいおん!!

WORKING!! 8話 温泉回

WORKING!!第8話「伊波、はじめて?のお・で・か・け!」感想

えっ…温泉回なのに温泉に入らないだと…!? いや、足湯には入ったけど。
足湯につかる、伊波まひる、種島ぽぷら、山田葵
ぽぷらと山田。

確かに女湯をていねいに描く作風じゃないけど、思い切ったなぁ。しかも「温泉入れなくて」と言ってるから、DVD特典でも多分出てこない。

温泉回でも、宙のまにまに最終話みたいなソフトな作りのもあるし、温泉そのものは描かなくても、原作の空気感からすると「種島の胸を見て落ち込む伊波」とか普通にありそうなのに。

考えたら、梢姉さんが「一緒に運動しようか」とか、なずなに男と女の関係について教えようとするといったちょっと危なっかしいネタは、アニメでは普通にカットされ、全体的に綺麗に漂白された空気になってる。

釣り要素はあまり仕込まない方針って事か…。


小鳥ちゃんに向けての布石

今回の話の意義ですが、物語の大きな流れ的には、
  • 伊波は日常生活に大きな支障が出るほどの男性恐怖症。友だちと一緒に遊びに行ったりも出来ないし、周囲に多大な迷惑をかけている
  • 小鳥遊は伊波を放っておけず、伊波も小鳥遊に感謝する
  • 八千代は、佐藤の事が何となく気にかかるように
といった、キャラ自身の特徴の強調やその関係の補強と思われます。
何でこういう事をやってるかと言えば、伊波の男性恐怖症に関わる事件が、次の回で起こるためと思われます。

後は、札幌~定山渓の風景描写。作者があんまり出歩かない人のようで、普段はワグナリアや家の中ばっかりだし。

第1話以降に新たに作られた関係
主だったものとしては、
  • 小鳥遊宗太×伊波まひる……お互いが気になりつつある
  • 佐藤潤×轟八千代……微妙に距離感が縮まってる感じがする
  • 山田葵×相馬博臣……お兄ちゃん
後は、種島と山田が結構仲良かったり、佐藤が山田をいじめたり、細かいものがいろいろ。


聖地巡礼

札幌駅と、定山渓温泉ですね。
自分も調べたけど、普通にいろんな方が調査されてるんで、それらも含めて簡単に。


定山渓の湯(願かけ手湯、足つぼの湯) | 札幌市
定山渓のかっぱのモニュメント | 定山渓観光協会

後、アニメのワグナリアは札幌市厚別区上野幌~平岡公園あたりにあると思われ、朝の女性陣の待ち合わせもそこらへんだったと思われます。
すぐ近所に住んでいると思われる小鳥遊が札幌駅まで行った事や(定山渓行きのバスの関係?)、家が結構遠い八千代さんがわざわざワグナリア前まで来たのは…まぁ、アニメ1話では種島は札幌駅近くで勧誘してたし。


オープニング

山田葵がOPにさりげなく追加。
山田が追加
やはりというか、相馬さんの横に。

しかし、アニメの山田はえらく可愛い。台詞やしゃべり方や行動はいかにも山田らしいのに、絵や表情のせいか、原作とは全然違って見える。


» Continue Reading

TAG :
アニメ
WORKING!!

Angel Beats! 8話 死の抱擁

Angel Beats EPISODE.08「Dancer in the Dark」感想

いろいろと想定外だったけど、順を追ってたどってみれば「あり得るよなぁ」と思える流れ。

前回、「奏が何かすればすぐに元に戻るんじゃないか?」とか思ってたけど、未知の特殊条件(そのままでは消えない)があったわけですね。
赤眼の天使は神が新たに遣わしたのではなく、単純に前回のハーモニクスを回収できなかったという事のようだし。


結果論だが、音無のせい

  1. 音無が、奏を魚釣りに連れて行った
  2. 他のキャラでは不可能だったヌシを、奏が釣り上げた
  3. 奏がみんなを助けようとして、無意識にハーモニクスを使ってヌシを倒した
結果論だけど、音無が奏を連れて行かなかったら、何も起こらなかったって事だよな…?

でも音無は「奏と一緒にいる」事にこだわってたわけだし、緊急時に使ったハーモニクスが元に戻らなかった事を思うと、いずれ起こりえたのかも。


音無がリーダーっぽくなってきた

  • 分離した天使が襲ってきた時の指示
  • もともと敵対していた天使や直井を味方に引き入れるという、少年漫画の主人公ばりの活躍
音無が副リーダー的立場で収まればいいけど、今のところこの世界で積極的に闘争する理由を持ってないので、ゆりと別行動を取る可能性はありますね。


ギャグとシリアス混在は、今の傾向にあわせた?

Angel Beats!はシリアス一辺倒を明らかに避けてます。
今回とか、最初から最後まで悲壮な雰囲気にも出来たはず。
  • 終盤の「鬱展開」は、今のアニメファンに不評
  • かと言ってドラマを作るには、ある程度シリアスは必要
という事で、本来は緊迫した話であっても相当数のギャグを差し込み、陰惨にならなくしてるように思える。


世界の謎に迫らないかも

何となく、「この世界の謎を解き明かす壮大な物語を、1クールで終わらせる」のではなく、「物語はまだまだ続くけど、まずは大きな区切りまでをアニメ化」となりそう。

つまり、人気次第では2期があるという事。いや、普通に2期ありそうな感じ。

» Continue Reading

TAG :
アニメ
AngelBeats!

けいおん!! 7話 友人との思い出が走馬灯のように

けいおん!! 第7話「お茶会!」感想

今回は澪回で、澪ファンクラブのお茶会のお話。
アニメでは飛ばしてた原作エピソードを、非常にうまく使ってる。

よくわからないけど、このアルバムのスライドシーンで謎の感動が。


和なら確かにお茶会をしそう

原作は曽我部先輩がストーカーやってた件だけだったけど、真鍋和の性格を考えると、澪ファンクラブの活動をするのは普通にあり得る。原作が割と最近まで駆け足だったのが、ちょっともったいない。

けいおん!!原作って、ある特定ネタのフォローとかが意外と少なめなんです。
これは多分、もともと現実の時間の流れとそうかけ離れる事なく、キャラの学年が普通に上がり普通に卒業して終わるはずの漫画だったから、と思います。
なので季節はバタバタと代わり、梅雨になったり夏休みになったりといろんな行事がどんどん進む。
らき☆すたが時間の流れが遅くなった上に大学生編に突入したように、けいおんも時間の流れが遅くなってますが。
一方、アニメは2クールとかなり余裕があるため、楽しい高校生活のワンシーンを上手く切り出したようになってます。


適材適所

  • 和は律儀。そして、きちんと準備する
  • 唯と律は、司会に非常に向いてる
  • 澪は、いろいろと天然ボケ
今回とか見ても思うけど、澪は終始天然キャラだなぁ。


澪も卒業を意識し始める

修学旅行(第4話)で、唯が寝際に「軽音部もあと一年で終わり」「もっとみんなとバンドしたいのに」と考えてたけど、今回は、澪が卒業を意識するように。

その時 澪の心には 友人たちと過ごした幸せな日々が走馬灯のように
曽我部先輩がそれほど長くない期間で急に大人っぽくなるなど、同じようでいて確実に変化していく。

今後も楽しい高校生活のイベントを描いていくと同時に、「この楽しい毎日にも必ず終わりが来る」という事を、要所要所で描いていきそう。


矛盾?

ネットでもいろいろ指摘されてますが、1期と2期では微妙に矛盾がありますね。曽我部先輩は少なくとも1期6話と11話に出てたけど、
  • リボンの色が違う(1期は緑、2期は赤)
  • 1期11話「ピンチ!」で、律が風邪引いてて講堂使用届の提出期限に遅れみんなで謝りにいった時、梓も曽我部先輩に会ってる。なのに、梓は曽我部先輩を知らなかった
  • 梓が、曽我部先輩を見送るライブにいない
まぁ、理屈はつけられなくもないです。
リボンは単純ミス、曽我部先輩の一件は実はそれほどおおごとではなく、梓を除いた2年生だけでささっと終わらせたイベントだった、とか。


» Continue Reading

TAG :
アニメ
けいおん!!

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 秋放送&エンディング公募!

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」重大発表

さきほど、ニコニコ生放送にて、「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の重大発表があったので、とり急ぎ。

まず先に言っておくと、俺の妹がこんなに可愛いわけがない(略称:俺妹)のテレビ放送時期は、2010年秋でほぼ確定。1クール12話。原作は公称で120万部。
主役の高坂京介は中村悠一、桐乃は竹達彩奈で、ドラマCDと変わらず。原作の挿絵を書いてる人(かんざきひろ=織田広之)が制作スタッフとして参加し、再現度は原作のまま。

で、重大発表とは、
  • エンディングが毎回変わる
  • エンディングテーマを、ニコニコ動画で募集
  • 声優が歌う
という事でした。

募集は2010年6月1日から。7月31日に募集締め切りで、優秀作品は俺妹のエンディング曲として採用されます。採用作品の応募者には10万円を贈呈。

詳しくは、俺の妹がこんなに可愛いわけがないチャンネルを。


まぁ、条件はいろいろついてるし、すでに有力なボカロPを何人か確保してそうではあるんですが、
  • 絵が結構いい(※桐乃が垢抜けた女の子に見えるかどうかはおいて)
  • キャラやシチュエーション的に、その筋の人に非常にウケる系統の作風
  • アニプレックスその他いろいろな状況
自分の見たてではほぼ確実に大ヒットする作品なので、ボカロやニコニコ界隈がにぎわいそうな感じ。

男性向けでヒットした作品を見ていくに、「視聴者と趣味を共有出来そうなヒロインがいる」世界は、ある種の人々にとってよほど魅力的らしい(そのヒロインに入れ込むかどうかは別として)。
まぁ、リアルの女オタは腐が主流で、ライトオタ寄りだとノマカプ厨・乙女系が増えそう、って感じですし…。
といいつつ、放送前に「プチらき☆すた級!」と思ってた生徒会の一存は、普通のヒットでしたが。予想は本当、難しい。
ただ、自分の見た感じ、俺妹の方が濃い層への訴求力が高いです。


秋アニメは現状、とある魔術の禁書目録2期とこの俺妹あたりが、最有力候補ですね。
TAG :
アニメ
俺の妹がこんなに可愛いわけがない

キャラクター人気投票 Angel Beats!とWORKING!!について

詳細は別記事で告知していますが、Angel Beats!とWORKING!!の人気投票をやってます。

けいおん!!もやりたかったけど、3つ同時開催はかなり無理があるので、とりあえず1クール物で。けいおん!!は2クール目に開きたいと思ってます。

Angel Beats!は天使(立華奏)がトップ最有力と思ってます。次がいまいちわからないですね。
WORKING!!は種島ぽぷら、伊波まひる、山田葵あたりが有力かなぁと。


いいわけとか

以前、宙のまにまにキャラ人気投票をやって、また機会があれば投票をやってみようとは思ってたんです…が、途中経過を書くのにものすごく手間がかかるため、ちょっと敬遠してました。

微妙に忙しくなってて、宙のまにまに投票みたいな手間はとてもかけられないのもあるんですが、
  • FC2投票には増加ペースや順位変化を記録する仕組みがないし、自動化する知識もない。なので、これらを記事に書く場合、手作業で記録を取って引き写す事になり、すごく時間がかかる
  • 自分で設置する投票スクリプトも、FC2投票と似たようなもの
そもそもWeb投票を厳密にやるのは困難だし、訪問者がある程度多くないと投票する人がほとんどいない…投票をやってる人がそれほど多くないのは、何となくわかる気が。
後、終了した投票はアイコンやレイアウトなどの変更も出来なくなるので、修正したい場合は一度復活させる必要があります。
2009年秋に終わった宙のまにまにキャラ人気投票結果の投票期間がおかしくなってるのは、後で微修正したため。


とは言え、完全に波に乗ってるし今後が大いに気になるAngel Beats!や、深夜アニメをほとんど見てなかった頃から原作読んでてアニメ化を待ってたWORKING!!を、普通にレビューだけするのもちょっと物足りない…という事で。

中間発表などをていねいにやっていくのは難しいと思いますが、ぜひ投票してみてください。


TAG :
アニメ
AngelBeats!
WORKING!!
ブログ投票

WORKING!! キャラ人気投票開催

WORKING!!キャラクター人気投票企画

真打・山田の登場で、初期メンバーがほぼ出揃ったワーキング。
アニメも好評なようだし…という事で、人気投票をやってみます。

WORKING!!キャラ人気投票


投票のルール

様子を見て変更するかも。

  • 5月20日~6月30日頃まで
  • 6時間ごとに1票です。複数キャラを選ぶ時は、時間をおいて投票してみてください
  • コメントは任意で、最大30文字です
  • キャラ追加はなしです。伊波父と小鳥ちゃんは多分出てくるので、先に入れておきます
FC2投票はしめきり日あたりの動作がおかしいので、日程を調整するかもしれないです。


ワグナリアスタッフ



小鳥遊家(宗太以外)



伊波家(まひる以外)



2010/06/07 小鳥ちゃんと伊波の父修正
TAG :
アニメ
WORKING!!
ブログ投票

Angel Beats! キャラ人気投票開催

Angel Beats!キャラクター人気投票企画

多くの地域で7話が放送され、物語も中盤を過ぎクライマックスにさしかかろうとしているところ。せっかくなので、投票をやってみる事にしました!

Angel Beats!キャラ人気投票


投票のルール

様子を見て変更するかも。

  • 5月20日~6月30日頃まで
  • 6時間ごとに1票です。複数キャラを選ぶ時は、時間をおいて投票してみてください
  • コメントは任意で、最大30文字です
  • キャラ追加はなしです
(※FC2投票はユニットを新規作成した瞬間から期間をカウントする仕様なので、投票期間が5月19日からになっていますが、実際は5月20日からです)

FC2投票の動作は微妙に変で、しめきり日になったとたんに終わったりする事があるので、終盤に少し日程調整するかもしれません。

(2010/06/11追記)ある程度予想はついたんですが、ユイ、天使を中心に、激しく不正連投されてます。普通にクリックして投票する限りは6時間に1度しか出来ないんですが、ちょっと「わかってる」人なら、FC2投票みたいな単純な仕組みの投票フォームには、簡単に連投がかけられます。現時点で、防ぐ方法はないです。
実際、公式の人気投票でTKが1位になったのも連投のせいですし。

まぁ…「出来れば不正な連投はやめてください」としか言えないです、残念ながら。
実際、不正に連投されるってのはそれだけ人気って事でもあるわけで、複雑なところですね。

今回の投票はどうしようもないですが、スクリプトを少し改善すれば単純な爆撃は食い止める事が出来るはずなんで、FC2には要望を出す予定です。


SSS(死んでたまるか戦線)

主なメンバーは高3です。

初期メンバー
チャーはギルドの方を参照。

追加メンバー


Girls Dead Monster(ガルデモ)


ギルド


その他SSS


生徒会



その他



(2010/06/11 赤眼の天使→冷酷な天使。連投について少し補足)
TAG :
アニメ
AngelBeats!
ブログ投票

WORKING!! 7話 今夜が山田

WORKING!!第7話「久しぶりの音尾と、新しいバイト=山田(!?)」感想

真打・山田葵登場
山田葵(やまだあおい)
メインキャラが出揃い基本的な関係性もほぼ固まった絶妙なタイミングで、山田が登場。
今後、新たにレギュラー化していくキャラがいるかもしれないですが、初期メインキャラは山田が最終と見てよいです。

声優は最後まで隠されてたけど、広橋涼さんでした。
WORKING!!は声優のオーディションはなかったらしいんで…まぁ、ARIAのアリスとか思えば、あってるでしょうかね。いい感じにさわやかな声なので、うさんくささは軽減。


山田はキーパーソン

各キャラのポジションがほぼ定まった今、山田以外のキャラは空気を読むかにぶいか真実を知らないため、人間関係の変化が起こりづらくなってるんですよ。
空気を読み、秘密を知っても触れ回る事なく、表面を取りつくろって、微妙な距離感を保ちつつ過ごしてる。

一方、山田は空気をよく読まないまま彼女なりの発想で彼女なりの意見を出すため、ワグナリア店内でドラマが生まれやすくなるわけ。今回だと、
  • 八千代、店長、音尾の関係に揺さぶりをかけ、「八千代は私のだ」という店長の発言を引き出した
  • 相馬を独自の視点でとらえ、相馬の弱みを種島につかませる事で、相馬と距離が近くなる
  • 佐藤の気持ちを八千代に伝え、「八千代が男の人で一番好きなのは、佐藤」という新しい関係性が確立
で、このわずかに変化した人間関係に基づいて、次の物語が展開していく。

WORKING!!はキャラの関係が少しずつ変化する日常系であり、それも人気の一因だろうと思ってます。
キャラ自体はあり得ない変人だらけだけど、秘密の隠しあいやキャラの距離感、同じようでいて長期的には確実に変化する人間関係などの描き方が、細かい。


山田の属性まとめ
公式サイトのキャラクタートレーラー 山田 ver.は彼女の性格の一端をよく現してます。
  • 家出中?
  • 年齢、名前など、全てが嘘っぽい
  • 働かない
  • 使えない
    • 一般常識がない
    • 仕事を覚えない
    • 食器を割ったりオーダーを間違えたりミスをしまくる
  • 店のものを私物化する
    • 店の機材を私用で使う
    • 店の食材を勝手に食べる
    • 店に住み着く
  • 自己主張する
  • 妙な鋭さと非常識な行動で、店内をかき乱す


YAMAKING!!

YAMAKING!!

何でラジオをやらないのかと思ったら、彼女のためのラジオ番組をするそうです。漫画で言ってた事はネタじゃなかったのか。


» Continue Reading

TAG :
アニメ
WORKING!!

Angel Beats! 7話 Alive

Angel Beats EPISODE.07「Alive」感想

前半がシリアス、後半がコミカルで、Cパートに新たな展開。
直井が仲間になってそうなのは何となく予想がついたけど、音無の記憶も意外なほどあっさりと判明。


82%とか釣りとか…

「7話はAngel Beats!の82%を占める」とか「壮大な釣り」といった噂が流れてたけど、
  • 「82%」は、スタッフの誕生日が8月2日なので82%と言ってみた
  • 「壮大な釣り」は、文字通り壮大な釣り
どうもこのAngel Beats!は、作ってる側がいろいろと話題を投下する傾向がありますね。
でも深夜アニメは「客の注意を引かないと、スタートラインに立つのすら難しい」というのはあるので、それでいいのかも。


雪の日に病人を連れ出す

  1. 女の子が不治の病のようなものにかかっている
  2. 雪の日に病人を連れ出す
  3. 女の子が死ぬ(消える)
このシチュエーションは何度目だろう。

これはある種の様式美みたい。麻枝准さんの熱烈なファンはそういう展開を期待しているので、入れざるを得ないのかも。


» Continue Reading

TAG :
アニメ
AngelBeats!

けいおん!! 6話 サムデイ イン ザ レイン

けいおん!! 第6話「梅雨!」感想

梅雨の軽音部のお話。

唯がギー太をすごく大事にしてるのは前からだけど、
  • 長い雨降りといういつもと違う状況で、ギー太がちょっとしたピンチ(?)に陥った時、唯はどういう行動を取るのか
  • その唯の言動に、周りの人がどう振り回され、どう変わったか
を、細かく描いてる。みんなで演奏こそしないものの、唯、梓、澪の楽器に対する想いが出て、また、唯の影響で少し変わっていってる。


原作通り

実は今回は、ほぼ原作通りです。
  • 雨の登校時にギー太をぬれないようにして、唯がずぶぬれになった
  • 2年生たちが部室に入ったら謎の制服が干してあった
という、一言や1コマで終わってる事を引き伸ばしたりはしてるけど。
みんなでバイトした話をここでやるのかと思ったけど、違った。


唯があほの子に…なってるわけじゃなくて元から

唯の言動は変わってるを通り越して「変じゃないか?」と思ったけど、改めて見たら原作そのまんまだった。

4コマ漫画だとさらっと流されてる事に声とか音とか動きとかを的確につけ、ていねいに描いたため、唯のやってる事のおかしさが強調されたらしい。

ただ、立花姫子の「愛してるねー彼氏みたい」というツッコミや唯の「みんな期待してるのに」という台詞からすると、唯は正真正銘100%の天然ボケというよりは、天然も含みつつお笑い芸人的なノリでやってるのかも?

あと、機械っぽいものが大好きな女キャラが、
  • いつも一緒にいたり外見をよく飾ったりする
  • でも、その道具本来の機能の維持・強化には割と無頓着
というのはしばしば描かれるけど、デコ電とか考えるとやっぱり割と普通にある事なのかな…。
梓は唯と対照的で、楽器の知識は豊富だしメンテもきちんとやる一方、名前をつけたりはしないみたい。


聖地のようなもの

例によって京都市街地の北東部。

唯の自宅は松ヶ崎あたり。桜が丘女子高は山端~修学院あたり?


京アニアングル

詳しく書くと長くなりそうなので、簡単に。

最近ぽつぽつと話題になり始めたけど、京アニ作品全般、特にけいおんはカメラワークが特徴的ですね。他社の作品でも多かれ少なかれ見られるけど、京アニ作品では特によく見られる印象。
隠し撮りっぽい映像とか、「男はここらへんを見そうだよな?」という視点位置・視点の動きとか。


» Continue Reading

TAG :
アニメ
けいおん!!

WORKING!! 6話 ホワイトデー&小鳥遊四姉妹再び

WORKING!!第6話「宗太の憂鬱、小鳥遊家の女達」感想

第4話を受けて、ホワイトデーの話と小鳥遊家のお話の続き。

小鳥遊宗太と伊波まひるの距離が縮まってきてる事や、宗太が自宅でどういう立場なのか、といった事が描かれてます。

原作的には、
  1. 小鳥遊家のビデオを見る……2巻32品めの半分ほど(※アニメではなずながワグナリアに行ってないので、それに関わる部分がカット)
  2. ホワイトデーのお返し……2巻43品め(※店長に関わる話の多くがカット)
  3. 小鳥遊家……3巻巻末「小鳥遊家の日常その1」、「小鳥遊家の日常その4」の前半(※アニメでは梢がワグナリアに入り浸ってないので、それに関わる部分がカット。他切り詰め
  4. 伊波の母親……?
  5. 泉と一枝……3巻巻末「小鳥遊家の日常その4」の後半
  6. 金がない……3巻巻末「小鳥遊家の日常その3」の前半(※なずなの小さい頃はカット)、「小鳥遊家の日常その2」の前半
  7. 買い物に出かけた伊波と出会い、一枝姉も来て、伊波にりんごを渡す……3巻55品め+4巻おまけページ「伊波まひるの今日この頃」の一部(※伊波の外出理由が変更
  8. 買い物から帰宅&なずなと会話……3巻巻末「小鳥遊家の日常その3」の後半
小鳥遊家の日常話をまとめ、順番を入れ替え、間に別の話を挟んで上手くつなげるなどして、ぶつ切り感が出ないよう工夫。

切り詰めや飛ばした話が案外多いのでいずれ矛盾が生じそうだけど、多分ちょっとフォローを入れればいけます。


聖地っぽい場所

Googleマップでちまちま探して見つけたけど、すでに聖地巡礼に行った人がいますね。

アニメのワグナリアの正確な場所は不明だけど、予告は札幌市清田区の平岡公園です。

宗太が買い物に行った道は札幌市厚別区で、平和通の厚別南4交差点から、厚別中央通を少し北に進んだあたり

小鳥遊が伊波を送ってる途中で一枝が声をかけてきたのは、平和通から厚別中央通を南下した上野幌平岡通との交差点で、市立上野幌西小学校そば

りんごを渡した場所はよくわからないけど、上野幌平岡通のどこかではないかと。


小鳥ちゃんに向けての伏線

小鳥ちゃんというキャラが山場になるのは、ほぼ間違いないです。その前段階として必要な、
  • ☑ฺ……小鳥遊四姉妹が出てきて、父親の形見のビデオを見たりする
  • ☑ฺ……ホワイトデーのお返しをする
はクリア。次回の山田で、条件がそろう。山田がらみの話を1話2話ほどすれば、もう終盤だし。


小鳥遊と伊波の距離感が縮まる

佐藤×八千代はホワイトデーでもほとんど変わらないけど、小鳥遊×伊波は少しずつ変化。伊波から見ると小鳥遊は、
  1. なんか腹立つ
  2. 初めてほめられたりチョコ渡したり
  3. 殴りやすいせいかいつの間にか小鳥遊だけ殴るように
  4. ホワイトデーのプレゼントされたり
「気になって仕方ない」という人になってきている。
マジックハンドを通してとは言え手つなぎしているあたり、1話2話の頃に比べてずいぶん進歩した印象。


» Continue Reading

TAG :
アニメ
WORKING!!

Angel Beats! 6話 家族

Angel Beats EPISODE.06「Family Affair」感想

天使を失脚させた結果、事態は好転どころか予想外の方向に…。
「俺たちの生きてきた人生は本物だ!」あたりは(個人的に)謎の感動が。

この作品、これまでの人生で何か決定的なミスをして後悔してるとか、今までの人生を変えるために何かに挑戦してる、という人ほど、何かを感じ取れるような気がする。


再挑戦

この世界は、現実世界の人生を再構成してる感じがします。
まぁメタな視点で言えば、「人生賛歌」というキーワードをたびたび使っている事から、人生を象徴する数々のものを麻枝准さんが作品に練りこんでいるはず。

SSSメンバーや直井の言動は、現実世界でいう不良に非常に近いですよね。でも、不良云々は置いて、
  • 何の疑いもなく日々を暮らしていても、ある時「これって実は変じゃないか?」「今までこう思ってたけど、実はこうなんじゃないか?」と視野を広げると、世界が違って見えてくる
  • 世界が何のために存在するかわからない。だから、自分で意味を見出そうとする
  • 過去の人生で悲惨な目にあったから、人生を納得出来るものにしようと再挑戦する
という風な行動が見られる。


ゆりっぺは、どうやって「人間」と「NPC」を見分けてる?

ゆりの考えているこの世界の姿は「ややこしい」気がするんですよね。特に不自然なのが、NPCと人間の区別。
  • 模範的な学生は、NPC
  • 模範的じゃない学生は、人間
というのがゆりの見分け方の原則のように思える。

ゆりから見れば、模範的な生徒である生徒会長の立華奏(たちばなかなで)が消えずに存在し続ける事も、天使の証だったのかも。奏のまわりにいたNPCは何人も消えていったようだし。

しかし、生活の全てを監視するなど無理なわけで、天使の巣(自分の部屋)で模範的じゃない事をしてたのかも。
今思えば、SSSが天使の巣に隠しカメラや盗聴器を仕掛けなかったのは、ちょっと謎。部屋に押し入ってPCを勝手に覗こうとしたぐらいだし。そういうものは存在しないし作り出せなかった、という事?
それに、そもそもNPCと人間の見分け方や、さらにはNPCと人間という区別自体が間違ってるのかも。


» Continue Reading

TAG :
アニメ
AngelBeats!

けいおん!! 5話 おるすばん

けいおん!! 第5話「お留守番!」感想

唯たちが修学旅行に行っている間、残された2年生3人組(中野梓、平沢憂、鈴木純)はどんな風にすごしていたのか…というお話。

相変わらず、他作品に比べて日常のちょっとした情景をすごくていねいに描いてる。やっぱり、あずまんが大王やよつばとから男キャラをなくしたような雰囲気だなぁ。


梓、憂、純の対比

唯と憂がそっくりなのは今まで何度か出てきたけど、今回3年生と2年生を見比べると、
  • 平沢唯≒平沢憂
  • 秋山澪≒中野梓
  • 田井中律≒鈴木純
平沢憂、中野梓、鈴木純
と、綺麗な対比に。楽器もギター(梓)、キーボード(憂)、ベース(純)で分かれてるし。憂はギターの方がいいのかもしれないけど。

もともと純は軽音部に入ろうとしてやめたという経緯があるけど、今回を見る限り、入部して律の舎弟になるのも悪くなかったような。後一人、ドラムがいれば2年生でも軽音部は引き継げるし。

といっても、唯たちが卒業したとして、3年生になった梓、憂、純がさらに1名集めて軽音部を引き継ぐってのは…現実だとありそうな気もするけど、普通に廃部になって同好会ぐらいで収まりそうな気がしなくもない。


「理想的な女の子」を追求

1期の頃は「美人ばっかりなのに、男の影がないのは不自然だよな…」と最後まで気になってたけど、ここまで来るともうそれでいい、と思うように。
  • 男の話をしない。誰も彼氏がいなさそう
  • おしゃれの話をしない。こぎれいにはしてるけど、飾りたてない
  • 部活(≒仕事)は楽しんでる。でも、肩ひじ張って、心構えだとか根性論だとかを語ったりはしない
  • 親を始めとして、大人っぽい大人が出てこない(さわ子先生は大人っぽくない)
一般的によいとされる自分磨きの多くが(※全てではない)忌み嫌われるというのは、なかなか興味深い。
深夜アニメファンが嫌がる要素は出来る限り排除し、代わりに日常をすごくていねいに描く事で、楽しい雰囲気にしようという事らしい。
釣り要素を詰め込んでるかと言えばそうでもなくて、たとえば、「美少女系の漫画・アニメ・ゲームが好きなオタクの女」は出てこない。あと、深夜アニメでありがちな過剰サービスもない。
以前ならこういう作風のアニメは難しかったと思うけど、けいおんで風向きが変わってくるかな…?


修学旅行日程

この記事を書いてて気づいたけど、
  1. 土曜日出発。その日のうちに京都に到着
  2. 全員で金閣寺と北野天満宮を回る
  3. 日曜日は自由行動。唯たちは嵐山方面へ
  4. 月曜日に帰る
二泊三日の京都行き修学旅行で「土曜日出発、日曜日自由行動」はかなり珍しいような。休日だから単純に宿を確保しにくいし、観光地も人がいっぱいで時間がかかるし。

いや、「修学旅行の間、梓たちがお泊りしたり遊びに行ったりしてた」のを描くには、この日程にせざるを得ないのか。


» Continue Reading

TAG :
アニメ
けいおん!!

WORKING!! 5話 山田はずれ

WORKING!!第5話「ある風邪の日に…、いつもと違うワグナリア」感想

前半はいったん登場人物のおさらい。続いて、それぞれの特徴や関係をちまちまと描写。
後半は、キャラの役割や立ち位置がおおむね定まってきた今、「小鳥遊がいなくなったらどうなるか?」という展開。

  1. 身長と年齢と変人度が比例……1巻12品めの一部
  2. 子供用メニューのおまけ……人形自体は1巻11品め。ネタはどっかにあったような…?
  3. 佐藤の種島いじり……2巻34品め/4巻68品めの序盤
  4. ほめられて伸びる子……?+1巻12品めの一部
  5. なずなが病気で小鳥遊がバイトを休む……3巻57品め
  6. 男性客が立て続けで、全員総出で役割が入れ替わる……4巻77品め


山田外れ…

真打・山田葵の出番を思いっきり削られた。というか、山田の影すらない。

まぁ、山田が登場した早々に今回の話をやったら、アニメ初見の人が「何だこの女は?」となるのは必定なんで、わからなくもない。
山田葵
第7話で登場との噂。
それに、アニメ的には、山田はけいおん!で言う中野梓ポジションになるのかなぁと。終盤のクライマックス前の、テコ入れ的登場みたいな。


アニメは物語性をつけようとするらしい

で、最終兵器山田の出番を全カットした代わりに何を力入れて描いたかというと、伊波の使えなさや、接客を頑張る佐藤と相馬。
確か山本天志さんへのインタビューによると、近年のアニメは「男キャラがいるなら、(女性ファンのために)ある程度目立たせておけ」という事らしいので、佐藤と相馬の活躍はわかる。

伊波のダメっぷりは、終盤に向けての伏線と思われます。アニメは日常系であっても
  • 第1話から最終話までを通して、何らかの物語にする
  • 終盤に、クライマックスがある
という作りになってて、サザエさんみたいなのは例外。

で、ワーキングで扱ってるテーマやエピソードの拾い方からすると、小鳥ちゃん(←というキャラがいる)関連が、アニメのクライマックスと思われます。その前段階として、小鳥遊家の四姉妹のあれこれ(次回やるらしい)、山田登場、ホワイトデーのお返し、というのがあるはず。

実のところ深夜アニメでは、小鳥ちゃん関連はネタ要素だし、そこから発展していく流れは意外に需要がないため、けいおん!!では徹底的になくしてます。
けど、WORKINGはこの方向性で人気が出た作品なんで、それほど問題にはならないかと思います。


» Continue Reading

TAG :
アニメ
WORKING!!

Angel Beats! 5話 理不尽を強いてるのはSSSでは?

Angel Beats EPISODE.05「Favorite Flavor」感想

テスト期間を利用して、天使を陥れるゆり。

実はSSSは単純に、真面目な生徒会長を陰湿な手段でいじめる不良グループのようにも見えるわけで、天使が可哀想になってきた。

激辛麻婆豆腐も天使も、雰囲気だけで敬遠されてしまう。

ただ、メタな視点で言えば、今は後半に向けての仕込みの段階。
天使(タチバナカナデ/立花奏?/橘奏?)を「可哀想」と思うのはすなわち、麻枝准さんの狙い通りなんだろうなぁ…。
ちょっと意外な食べ物にこだわりを持つあたりも、よく見られる特徴かと。

となると、ゆりも奏も、後半に悲しい展開があったりしてそれで最後はハッピーエンドになったりするんだろうか。
「一人きりの反乱」というのも、何か意味深な感じがする。天使は神の意思ではないとしても、生徒会長の義務だけではなく何か別の行動原理があるのかも。


今、理不尽を強いているのは、ゆり

生前に理不尽を強いられたゆりですが、天使がSSSメンバーと同じただの人間だったなら、この世界で他人に理不尽を強いているのはゆり自身という事になりますね。天使(奏)から見ればSSSは
  • 校長を脅して校長室から追い出す
  • 授業に出ない
  • 見回りをしてたら狙撃しようとした
  • ゲリラライブを開く→様子を見に行ったら攻撃してくる
  • 生徒の食券を巻き上げる
  • 武器を製造する→様子を見に行ったら即死トラップだらけ
  • 参加申請なしに野球大会に乱入
  • テストで大騒ぎ
  • テストでいたずらしてきて、全教科0点にされた→信用を失った
  • 傷心の中、好きな激辛麻婆豆腐を食べようとしたらそれも巻き上げた
いやぁ、どう見ても悪いのはSSSだ…。
ゆりは「天使は人間だ」と判断したけど、「勘違いで、今まですごく悪い事をした」みたいな感覚は持ち合わせてないように思えるし。

で、音無がSSS(ゆり)とは微妙に距離感を感じ始め、天使に近くなってるようにも見える。ここから天使をSSSに引き入れるのか、あるいは音無が天使側につくのかはわからないですが。


» Continue Reading

TAG :
アニメ
AngelBeats!

けいおん!! 4話 修学旅行

けいおん!! 第4話「修学旅行!」感想

OP『GO! GO! MANIAC』とED『Listen!!』は、オリコン週間1位2位でほぼ間違いなさそう。1期に比べて初動に寄ってるとは思うけど、第1週で共に7万枚は超えそうな流れ。

後、余談だけど、中山プロデューサ曰く、1期放送終了時点では2期の予定は本当になかったそうで(そうなの?)


で、今回は修学旅行のお話。高校では2年生で行くイメージがあったけど、高校3年生で行く学校も割とあるらしい。

原作ネタはおおむね使ってるけど、例によって大幅に増量。
  • 京都のリアルな情景
  • 修学旅行でいかにもありそうな、小ネタの数々
  • 澪がテンションあがって(壊れて?)、行きと帰りでは雰囲気が変わった
俗に言う京アニアングル
「いつか、この高校生活を懐かしく思う日が来ます」のような…何年経っても、この修学旅行の思い出をみんなが楽しく語りあえそう。


修学旅行をていねいに描くだけでも面白い

日常系は中身がない云々よく言われるようだけど、「中身」とは結局何なのかと言えば、
  • 現実世界ではまず起こらない・ほとんど起こらないようなドラマチックな出来事が、連続して起こる
  • 謎や伏線が、ち密に織り込まれている
といった事かと思います。

そういう観点だと、確かに今回は「修学旅行を楽しんできた」だけであって、「中身はない」です。
京都に来たからといって、式神を操って戦ったりはしないし、百鬼夜行もない。嵐山山中で遭難したりもしない。あえて伏線とかドラマとかを挙げるなら、唯が梓にかけた電話や、澪の変化ぐらい。

でも、ただ修学旅行を描いてるだけでも面白いんですよね。
  • 旅行は、現実世界でも楽しい
  • キャラが魅力的
  • 修学旅行独特の楽しげな空気をここまでていねいに描いたアニメや漫画は、意外と少ない
そもそも多くの人にとって旅行は、自分で行っても他の人が行ったのを見聞きしても面白いもんです。好みのキャラがあちこち行って楽しんでる姿を見るのは、なおさら。

そして、みんながいかにもありそうな事をやってるのもいい。特に印象に残ったのが、1日目の夜。

律が意味のない事を言って、唯とムギが笑う。
旅行でテンション上がってる時とか、こういう事ありますよね。


澪がなじんだ

秋山澪
修学旅行というイベントの高揚感と疲労で澪が壊れたのか、いい感じに緊張が解けてきた。
  1. 行きの新幹線や1日目の夜……いつもの、ノリの悪い澪
  2. 2日目に道に迷った時、夕食、帰りの新幹線……妙に明るく活動的な澪
途中までは一人だけノリが悪かったのに、最後はみんなと一緒に笑うようになった。


» Continue Reading

TAG :
アニメ
けいおん!!
BD/DVD/CD
リンク(公式サイトとか)
カテゴリ
ブログ内検索
最近のコメント
プロフィール

せれすと

Author:せれすと
アニメ:涼宮ハルヒの憂鬱、ガールズ&パンツァー


トラックバックやリンクは、自由に張ってください。

<推奨ブラウザ>
◎Opera/Firefox系 ○Chrome系/Safari △IE
主に使っているのは、OperaとFirefoxです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
タグリスト

アニメ マクロスF 涼宮ハルヒの憂鬱 いとうのいぢ ななついろ★ドロップス コードギアス 宙のまにまに らき☆すた OP 視聴予定 ゲーム オリコン とある科学の超電磁砲 けいおん!! ED PS2 WORKING!! 挿入歌 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト AngelBeats! 漫画 坂本真綾 ながされて藍蘭島 乃木坂春香の秘密 はなまる幼稚園 コミック ブログ投票 瀬戸の花嫁 とある魔術の禁書目録 アニメ作風考察 アニメ誌 化物語 true_tears ARIA ハヤテのごとく! CMS NewType サントラ ゆるゆり 涼宮ハルヒの戸惑 動画 WordPress バスカッシュ! スクールデイズ 灼眼のシャナ 黒執事 DVD マクロス けいおん! 魔法少女まどか☆マギカ 涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 とある魔術の禁書目録II キミキス 狼と香辛料 ガンダム00 インフィニット・ストラトス 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 侵略!?イカ娘 侵略!イカ娘 ベン・トー 相関図 ロザリオとバンパイア エヴァンゲリオン この青空に約束を たまゆら 宇宙をかける少女 かんなぎ BD ブログ フィギュア 神曲奏界ポリフォニカ シゴフミ ストライクウィッチーズ 逆境無頼カイジ コミックス 鉄腕バーディー もってけ!セーラーふく セキレイ MODx 黒神 さよなら絶望先生 Firefox ユニゾンシフト PSP WORKING´!! Little_Lovers_2nd YouTube みつどもえ sola ポリフォニカ クレイモア Drupal ヱヴァンゲリヲン ライトノベル 京アニ ゼロの使い魔 侵略!イカ娘 DS ベルセルク もってけ!セーラーふく スケッチブック ロロナのアトリエ カイジ 長門有希 CD 君が主で執事が俺で しゅごキャラ! ねんどろいど 破天荒遊戯 電撃文庫 涼宮ハルヒ ニュース 声優 坂井泉水 バイク 撲殺天使ドクロちゃん ユーチューブ どきどき魔女神判 歌詞 字幕.in 字幕 地球へ 絶対可憐チルドレン 小岩井フローラ ご愁傷さま二ノ宮くん ef プリズム・アーク レンタルマギカ ブルードロップ バンブーブレード 京都アニメーション スカイガールズ 色彩 こどものじかん ドラゴノーツ RD潜脳調査室 水樹奈々 生徒会の一存  聖地 Google日本語入力 Newtype バカとテストと召喚獣 ゴンゾ 科学 Lightbox Web制作 JavaScript Slimbox jQuery 青い花 ヒャッコ 聖地巡礼 オオカミさんと七人の仲間たち フラクタル お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだから 夢喰いメリー 日記 ロウきゅーぶ! 神様ドォルズ 森田さんは無口 ヨスガノソラ ミルキィホームズ アマガミSS 祝福のカンパネラ 学園黙示録 あそびにいくヨ! 神のみぞ知るセカイ 生徒会役員共 けいおん Opera PV PC Movable_Type 僕は友達が少ない カドゥン firefox ロボテック H2O FC2ブログ ゴルゴ13 windows_xp ブログ検索 ダ・カーポII 灼眼のシャナII DokuWiki CLANNAD ヴィンランド・サガ 薬師寺涼子 まりあ†ほりっく ホワイトアルバム アルバム 明日のよいち! アニソン RIDEBACK ラノベ 同人誌 鉄のラインバレル アニメディア スレイヤーズ アニメージュ イラスト とらドラ! ジブリ インターネット 

BD/DVD
Twitter
今やっていること
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2007-04-11頃から
月別アーカイブ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。