最近の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクロスF第10話 ダブルキス

マクロスフロンティア第10話「レジェンド・オブ・ゼロ」感想

第8話第9話とは雰囲気が一転し、マクロスゼロ映画化のお話。ランカ伝説の始まりでもあります。ダブルキスや豊かな自然描写や綺麗な河森総監督登場もあり、すごく面白く感じる。細かい伏線とネタバレがものすごく多い回でもありました。
それと、ランカ役の中島愛さんの演技が急に変わった印象。明らかに上手くなってる。ラストの「やっぱりシンは、鳥の人ね」という台詞は、別人かと思った。

『娘フロ。』のCMも可愛いし、マクロスゼロBDのCMもきっちり入れてきましたね。


マクロスゼロのごく簡単な解説と、ゼロ劇中劇

マクロスゼロを見ていない人も結構いると思うので、ごく簡単に。ゼロの物語やマヤンの伝承はマクロスFとつながる部分が多いので、見た方がより深く楽しめます。
西暦2008年のマヤン島(雰囲気は東南アジアあたりの南の島)が舞台。人類創生の秘密とプロトカルチャーの関わり、異星人の遺物『鳥の人』を巡る統合軍と反統合勢力の戦い、自然と文明の対比、サラ&マオ姉妹とシンの三角関係などが描かれます。
  • 工藤シン……18歳。統合軍パイロット。敵に撃墜されマヤン島にたどり着き、サラ&マオ姉妹や鳥の人と関わっていく事に。
  • サラ・ノーム……16歳。マヤン島の巫女の家系。マオの姉。マヤンの伝統を維持する立場。
  • マオ・ノーム……11歳。マヤン島の巫女の家系。サラの妹。都会に憧れている。

マクロスゼロを見た上で今回の話を見れば、ランカが水中でアルトに話した言葉をより実感しやすいし、映画ラストのボロボロのVF-0&マオが歌い「やっぱりシンは、鳥の人ね」と言ったあたりもどういうシーンなのか理解出来るかと。

オズマの台詞も合わせて考えると、マオが第一次星間戦争(初代マクロスの戦い)を生き延びて「シン・クドウの伝記」を記したと思われます。ゼロから51年経っているので、シンやアリエスが残した機密文書が公開された可能性も。
マクロスゼロと映画「バードヒューマン」
マクロスゼロと、映画「バードヒューマン」。
バードヒューマンはマクロスゼロとは微妙に違うけど、アングルが同じだったり映像を使いまわした部分もあり、基本は同じのようです。


戦闘シーンも含めて作画全般

ヒュドラとの戦闘は、妙に浮いてたけど動きはすごかった。背景が動画だったし。
でも、こういう表現方法は本当、どうなんだろう。また、ラクガキだ手抜きだ言う人がいるようだし。同じ手間をかけるなら、背景を綺麗な止め絵にしてキャラ大写しで素早く動かせば、絶賛されたんでは…。
  • 単に河森総監督あたりの好み(方針)
  • アニメーターの技術向上・維持
  • すぐに作画崩壊言う人は、実は声が大きいだけで少数派。今回の戦闘シーンみたいな描き方だと売上が伸びる
というあたり? 実際、見た人の心に「ひっかかり」が出来るだろうし。

あと、今回のシェリルを見て思ったけど、キャラデザやキャラ設定はやっぱりその筋の人を爆釣りしにくいと思う。何だかもったいない。


ドクター・マオ

オズマ「因縁…か。お前がドクター・マオの役をやる事になるなんてな」
このオズマの思わせぶりな一言で、ランカとマオ・ノームの関わりが示されています。
ただ、血のつながりで言えば、「親がいない」「ノーム姓」「血液型:α(サラやマオと同系統?)」というシェリルの方も怪しい。


レオン・三島とグレイスの裏取引

レオンと会っていた男は、グレイスでほぼ間違いなさそう。マヤン島のセットにグレイスが来ていないし。
今回は明らかになった事、新たな伏線が多数。
  • レオンは、グレイスからVF-27とバジュラのデータ+シェリルのイヤリングと同種の石(?)を受け取った。
  • グレイスは、バルキリーとバジュラのデータを渡す見返りとして、石に対して何かをしてほしいらしい。(08/09/30追記:これは結局最後まで今ひとつわかりませんでした。この石(フォールドクォーツ)を収集してくれという意味だった?)
  • グレイスは複数の義体を持っているらしい。
  • 船団内のエデン原産の生物ヒュドラが暴れたのは、バジュラと関係があるらしい。
  • バジュラには「本当の恐ろしさ」がある。「V型感染症」と呼ばれるものとは別と思われる。(08/09/30追記:V型感染症の発症の事でよかったようです)
レオンとグレイス
ちなみにここでのデータの受け渡し、ホログラフィーをパスしているように見えます。凝ってるなぁ。


ブレラはサイボーグ?

まだまだ謎は多いけど、少なくとも生身じゃないですね。
  • 反応速度から見て、(ブレラの乗るVF-27は)無人機ではありえない
  • しかし、EX-ギアを使っても運動性能と出力に生身の人間は耐えられない
  • 腕が機械
  • ランカに対するブレラの行動は、命令ではなくブレラの独断らしい
  • どうやら記憶を失っているらしい
やっぱり、ランカの兄さん?


ダブルキスと、争いのカドゥン

シェリルの嫉妬とキス
シェリルは、ランカやアルトの言動に何かを感じる。

ランカの決意とキス
シェリルとアルトのキスを見て、ランカは決意する。
シェリルは「ランカがアルトを好き」な事に気づいた様子。
シェリルとアルトのキスを見たランカは、マオの思いを「頭で考える」のではなく「感じる」事が出来たと思われます。

ところで、アルトのキスに対する反応は、シェリルとランカで結構違う気が。そもそも、シェリルとの関係は友だち(というか下僕?)に近く、ランカに対してはそっけなくもどこか優しげに思える。考えてみれば、第3話の後半あたりもそうだったかな…単にまだ距離感があるだけかな。


綺麗な河森総監督

ジョージ山森監督(河森)
ジョージ山森監督「昨日までの君は何者でもなかった。伝説は今、ここから始まる!」
第9話でランカが配っていたティッシュプロモーションディスクを何気なく取ったヒゲのおじさん、実は映画監督だったんですねぇ。Cパートの決め台詞が妙にカッコいい。というか、どう見てもヒゲ伸ばした河森総監督です。


本編前半

マクロスゼロ映画化
シン・工藤の伝記を元に映画『バードヒューマン(BIRD HUMAN/鳥の人)』が制作される事に。ランカは端役で参加する。アルトは父親の言葉でアドバイス。
アルト「思わざれば花なり。思えば花ならざりき」
「考えず、ただひたすらに感じて、その役になりきれって事」。アルトがランカに伝えたこの言葉は、後のマオ演技につながっています。
しかしアルトは、シェリルの下僕みたいになっていますね。いつの間にかランカは完全に引き離されてる。

マヤン島セットにて
ランカ、ロケ地へ。
スタッフがサラの「風の歌」がイメージに合わないともめている。

桜姫東文章
山森監督やスタッフは「桜姫東文章」でアルトが演じた桜姫のファンだった。
ランカは、アルトが歌舞伎の家の跡取りだと初めて知る。
アルトはSMSのメンバーとは別行動で、ほとんどシェリルの付き人状態。
さらに、シェリルやルカが知っているアルトの過去を、ランカは知らなかった。ここまでランカが出遅れてると、逆に「最後はランカとアルトがくっつくんじゃ?」と思えてしまう。

アイモを歌うランカ
歌うランカを山森監督が見て、ひらめく。
ジョージ山森監督って、もしかすると外見だけじゃなくて行動もあの人に似てるのでは…。


本編後半

アイキャッチはVF-0D。マクロスゼロでアリエスがマヤン島に来たシーンそのまんまです。
スタントでマオ役とキスすると知り動揺するアルト
女装での出演は断ったが、水中撮影のスタントを引き受けたアルト。
しかしシーン47はマオ役とのキスシーンだった。
シェリルが嫉妬のカドゥンに取り付かれつつある、ように見える。

ヒュドラとの戦い
凶暴化したヒュドラとの戦い。ブレラ・スターンが助けに来るが、ランカは記憶をなくし、アルトが助けてくれたと思い込む。
第9話でも思ったけど、アルトってケンカが弱そう。ブレラは、戦闘機に乗ってる時と性格違ってる気がする。

ランカがマオ役に抜擢
ランカがマオ役に大抜擢。さらにランカの歌をメインテーマに使う事に。ランカとキスする事になると気づき、動揺するアルト。

シェリルがアルトにキス。ランカはマオ役を決意
姉(サラ)が好きになった人を自分も好きになり、キスまでしたマオの事がよくわからない、と悩むランカ。
その時、シェリルがアルトにキスをする。ランカは、マオ役を引き受ける事を決意。
このシーン、音楽や雰囲気がすごくいい。ここでシェリルが変に照れなきゃほぼ決まりだったんだろうけど…。ランカにも風が来たようです。


シーン47の撮影。
シン(アルト)とマオ(ランカ)は、マオのとっておきの場所へ潜る。そこには鳥の人の頭部があった。動く事に驚いたシンは溺れかける。
マオ「シン、お姉ちゃんの事を好きなの? あたしを見て、あたしだってあなたのことを」
マオはシンに水中で口移しで空気を渡す。
シェリルとアルトのキスを見て、ランカもようやくマオの気持ちを感じたようです。
エンディングは『娘フロ。』に収録されている「アイモ~鳥のひと」をランカが歌いつつ、映画風に。「本編で音楽が流れ、その音楽のままエンディングに入る」というのは、評価高いですね。
BD 1080i
第1話収録



舞台に立つランカ・リー
Cパート。ランカは第4話のミス・マクロスの時と違い、つまずく事なくしっかり歩く。


次回予告「ミッシング・バースデー」

6/12(関東は6/13)は、サッカーで放送休止。第11話放送日は6/19(関東は6/20)です。
ナナセの水着、ランカの唇
スターダムに上っていくランカ。当然ながら、友だちと過ごせる時間がなくなっていきます。
TAG :
アニメ
マクロスF
カドゥン

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アニメ マクロスFRONTIER 第10話 『レジェンド・オブ・ゼロ』 の感想

かがみ「DS版ドラクエ?は7月17日発売予定よ。ちなみに私は、ビアンカ派ね!!」

(アニメ感想) マクロス FRONTIER 第10話 「レジェンド・オブ・ゼロ」

マクロスF(フロンティア) 1 ミス・マクロス・フロンティアのミランダが主演する映画で端役を手に入れたランカ。その撮影現場で待っていたのは、撮影協力のS.M.Sの面々とシェリルだった。演じることが初めてのランカに相談されたアルトは、つい嫌っていたはずの父親の言...

マクロス FRONTIER 第10話 「レジェンド・オブ・ゼロ」

伝説は今、ここから始まる――。 映画「鳥の人」の端役を手にしたランカ。 地球時代の今は伝説になった物語…「鳥の人」の伝説。 アクシデ...

マクロスFRONTIER~第10話・レジェンド・オブ・ゼロ

ランカは映画の端役出演が決まります。芝居に自信がないと相談すると、アルトは肯定します。ランカは「アルト君、そこは嘘でもできるって言おうよ」と言いますが、アルトは結構専門的なアドバイスをしてくれます。(以下に続きます)

コメントの投稿

Private :

BD/DVD/CD
リンク(公式サイトとか)
カテゴリ
ブログ内検索
最近のコメント
プロフィール

せれすと

Author:せれすと
アニメ:涼宮ハルヒの憂鬱、ガールズ&パンツァー


トラックバックやリンクは、自由に張ってください。

<推奨ブラウザ>
◎Opera/Firefox系 ○Chrome系/Safari △IE
主に使っているのは、OperaとFirefoxです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
タグリスト

アニメ マクロスF 涼宮ハルヒの憂鬱 いとうのいぢ ななついろ★ドロップス コードギアス 宙のまにまに らき☆すた OP 視聴予定 ゲーム オリコン とある科学の超電磁砲 けいおん!! ED PS2 WORKING!! 挿入歌 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト AngelBeats! 漫画 坂本真綾 ながされて藍蘭島 乃木坂春香の秘密 はなまる幼稚園 コミック ブログ投票 瀬戸の花嫁 とある魔術の禁書目録 アニメ作風考察 アニメ誌 化物語 true_tears ARIA ハヤテのごとく! CMS NewType サントラ ゆるゆり 涼宮ハルヒの戸惑 動画 WordPress バスカッシュ! スクールデイズ 灼眼のシャナ 黒執事 DVD マクロス けいおん! 魔法少女まどか☆マギカ 涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 とある魔術の禁書目録II キミキス 狼と香辛料 ガンダム00 インフィニット・ストラトス 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 侵略!?イカ娘 侵略!イカ娘 ベン・トー 相関図 ロザリオとバンパイア エヴァンゲリオン この青空に約束を たまゆら 宇宙をかける少女 かんなぎ BD ブログ フィギュア 神曲奏界ポリフォニカ シゴフミ ストライクウィッチーズ 逆境無頼カイジ コミックス 鉄腕バーディー もってけ!セーラーふく セキレイ MODx 黒神 さよなら絶望先生 Firefox ユニゾンシフト PSP WORKING´!! Little_Lovers_2nd YouTube みつどもえ sola ポリフォニカ クレイモア Drupal ヱヴァンゲリヲン ライトノベル 京アニ ゼロの使い魔 侵略!イカ娘 DS ベルセルク もってけ!セーラーふく スケッチブック ロロナのアトリエ カイジ 長門有希 CD 君が主で執事が俺で しゅごキャラ! ねんどろいど 破天荒遊戯 電撃文庫 涼宮ハルヒ ニュース 声優 坂井泉水 バイク 撲殺天使ドクロちゃん ユーチューブ どきどき魔女神判 歌詞 字幕.in 字幕 地球へ 絶対可憐チルドレン 小岩井フローラ ご愁傷さま二ノ宮くん ef プリズム・アーク レンタルマギカ ブルードロップ バンブーブレード 京都アニメーション スカイガールズ 色彩 こどものじかん ドラゴノーツ RD潜脳調査室 水樹奈々 生徒会の一存  聖地 Google日本語入力 Newtype バカとテストと召喚獣 ゴンゾ 科学 Lightbox Web制作 JavaScript Slimbox jQuery 青い花 ヒャッコ 聖地巡礼 オオカミさんと七人の仲間たち フラクタル お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだから 夢喰いメリー 日記 ロウきゅーぶ! 神様ドォルズ 森田さんは無口 ヨスガノソラ ミルキィホームズ アマガミSS 祝福のカンパネラ 学園黙示録 あそびにいくヨ! 神のみぞ知るセカイ 生徒会役員共 けいおん Opera PV PC Movable_Type 僕は友達が少ない カドゥン firefox ロボテック H2O FC2ブログ ゴルゴ13 windows_xp ブログ検索 ダ・カーポII 灼眼のシャナII DokuWiki CLANNAD ヴィンランド・サガ 薬師寺涼子 まりあ†ほりっく ホワイトアルバム アルバム 明日のよいち! アニソン RIDEBACK ラノベ 同人誌 鉄のラインバレル アニメディア スレイヤーズ アニメージュ イラスト とらドラ! ジブリ インターネット 

BD/DVD
Twitter
今やっていること
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2007-04-11頃から
月別アーカイブ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。