最近の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアスR2第25話 Re; 感想

コードギアス~反逆のルルーシュR2~Final Turn「Re;」感想

「撃っていいのは撃たれる覚悟のあるものだけだ」
1期2期の全50話に渡る物語もここでようやく終着点。ルルーシュの長い戦いが終わりました。ああー…コード関連の謎の多くを解説しないまま&多少のサプライズはあったものの、結末は
  • ルルーシュが今までにやってきた事
  • 「ゼロレクイエム」という名称
  • ゼロレクイエムに沿っているらしい覇道から予想される未来
を素直に解釈したものでした。やっぱり落としどころはここに来るしかないのか…。


終わり方は綺麗

憎しみの連鎖をどこかで断ち切るには、
  • 全世界を圧政で統治する
  • 共通の敵を作り討たせる
これは、セットになり得る。というわけで、全世界を統一し自らが全世界の憎しみを一身に受ける→救世主「ゼロ」に自らを討たせる…と。「生きて償え!」ではなく、死を持って償った形。そして、人々は共通の敵を倒す事で未来への希望を得る。
「作品内で圧倒的な存在感を持つルルーシュが死んで、決着がつく」という時点でハッピーエンドとは言いがたいけど、ルルーシュが犠牲にしてきたものがあまりに多いため、納得のいく結末ではあります。
犠牲がもっと少なければ、ハッピーエンドの目もあった…いや、ルルーシュが皇帝についたあたりからの展開を少し変えれば、ルルーシュが死なないENDに出来たとは思う。
  • (皇帝になったあたりから)シャルル皇帝打倒→善政を敷き超合集国の一員に→シュナイゼルを倒してハッピーエンド
  • (今回だけに限る)憎しみを抱えて死ぬ(演技を見せる)→ブリタニアは超合集国内の一君主国に→ルルーシュはC.C.と余生を送る
ただ、おそらくギアスという作品に興味を持った人は、「地道にラスボスのシュナイゼルを倒す」などでは、物足りなさを感じたはず。こんな感じの結末を予感していた人も多いと思います。
状況的に、ルルーシュを「死んだように見せかける」のも余裕で出来たはずだしコードを受け入れてC.C.と一緒に(あるいはC.C.の代わりに)永遠の時を生きる、という方向性も当然あったわけで、脚本や監督がそれをしなかったのは評価出来ます。印象の強さやまとまりとしては、ルルーシュ死亡ENDの方がやはり綺麗。
シュナイゼルにかけたギアスが「ゼロに従え」というものだったのも、ゼロレクイエムの伏線だったわけです。他のギアスも、ルルーシュが死んだら実質無意味になるものも多いだろうし。


ナナリーの意思

これはちょっと勘違いしてた。ナナリーは「憎しみをダモクレスに集めよう」という点でルルーシュと同じ事を考えていたわけで。そのやり方がよかったのかどうかと言えば疑問ではありますが。それを聞けばルルーシュとしてはギアスをかける事に躊躇はなかったわけです。
でもなぁ、もう少し話を聞いておけば…というか、最後に手で触って過去を読み取ったのは…ああ、あれがナナリーの「嘘を見抜く能力」なのか。ルルーシュの手を触ったから、ルルーシュが嘘をついていたのを見抜いたという事か。


明らかになってないと思う伏線

  • ナナリーが人の心を非常に詳しく読み取れる
  • アーニャにかけられていたギアスと過去(※せいぜいマリアンヌ事件の事ぐらいか)
  • コードやギアス。また、木星や巫女たち
  • C.C.の本名
  • ロイドとラクシャータの過去
C.C.が普通に生き残ってギアス関連の謎も大部分が明らかになってないあたり、今後につながりそうな気がしなくもない…スターシステムでルルーシュが復活、ギアスの謎は保持しつつ別の物語を作るとか。案外いけそうには思うけど、ギアスの展開は世界観による部分も多いからなぁ。


キャラのその後

ヴィレッタさんを見る限り、数ヵ月後ですかね?
意外にも、主要キャラは結構生き残った。2期はどちらかと言うと追加キャラ→死亡、という感じだったっぽい。藤堂とか扇とかいつ死んでもおかしくない雰囲気だったし、南とかも整理されかねない空気だったのに、ちゃっかり生き残ったとは。星刻とかやばそうだったけど、どうなっただろ。KMFが写ってたけど。
  • スザク……公式には死亡。救世主ゼロとして一生を生きる事に
  • カレン……学生に復帰。リフレインで正気を失った母親は自宅へ
  • ナナリー……ブリタニア女帝
  • 玉城……バーを開く
  • 扇&ヴィレッタ……結婚。扇は日本国首相に!(大丈夫なのか?)
  • ジェレミア&アーニャ……オレンジ農園で仕事。
  • C.C.……契約を果たす事なく、永遠の命もおそらく保ったまま旅の空


本編前半

ナナリー×ルルーシュ、カレン×スザク、リヴァル×ミレイ、ジェレミア×アーニャ、藤堂×千葉、天子×星刻
ナナリーとルルーシュ、カレンとスザクが対峙。

コーネリア、ヴィレッタ、扇、ロイド×ラクシャータ、ニーナ、玉城、C.C.
それぞれが思いを語る。
カレンとスザクは、1期からの因縁ですね。ここらへんの言動をよく見聞きすると、各キャラがこだわってきた主義主張が端的に織り込まれています(アーニャはそうでもないか)。
  • リヴァル……みんなと楽しくやっていければそれでよかった
  • ジェレミア……主があってこその力
  • カレン……現実は様々なものによって支配されている。抗う事は必要。だからレジスタンスに入った。組織やシステムに入れない人はどうする?
  • スザク……組織を使うという手だってあったはず。組織に入るしかない人はどうなる!?正義とは?世界はこんなにも思い通りにならない
  • 藤堂……怪我を押して出撃しようとし「侵略者のやり方に従えば、その行為を認めた事になる」
  • 星刻……守るべきものがあるから戦う
  • コーネリア……戦のやり方に、矜持と美学が失われているのかも
  • ヴィレッタ……でも、居場所が必要だった
  • 扇……居場所が必要だから戦ってきた。でもこれでよかったのか?
  • ロイド……戦争は発明の母
  • ラクシャータ……プリン伯爵(ロイド)はその先にある人間を見ていない
  • ニーナ……自分はやれる事をやっただけ。(セシル)繰り返したくなかった
  • 玉城……夢ぐらいみたいのに、俺にはその資格すらないのか?まだやれるのに、何でみんな俺を馬鹿にするんだ!?
  • C.C.……抗う事が人の歴史

ナナリーとルルーシュの決着。カレンとスザクの決着。
ギアスの力を責めるナナリー。
ナナリーの真意が自分と同じだと気づいたルルーシュは、ギアスの力でナナリーからダモクレスの鍵を奪う。
カレンとスザクの戦いが決着。C.C.と神楽耶の対峙。
神楽耶「裏切りの騎士、枢木スザクが破れたそうです。命乞いをしてはいただけませんの?あの方のために」
C.C.「神楽耶、お前は最近までルルーシュの素顔を知らなかった。なのに、本質の一部を理解していた。お前は、優しいな」
神楽耶「え…」
実は、ここの神楽耶とC.C.の会話が今ひとつつかめない。いや、表面的な意味はわかるんだけど、明らかに何かキャラの設定ベースのようなものがあって、それに基づいた腹の探り合いみたいな会話に感じられる。

ルルーシュの覇道
ルルーシュは、ダモクレスを手中に収めた事を全世界に宣言。覇道を押し進めていく。


本編後半

ルルーシュ皇帝の凱旋
2ヵ月後、ルルーシュは絶対的武力で世界を統一。人々の憎しみを一身に受けつつ凱旋を行っていた。
ここらへんでも、ラクシャータとロイドの会話に含蓄があります。ヴィレッタはずいぶん変わったわ…。

ゼロがルルーシュを倒す
「ゼロ」が登場し、皇帝ルルーシュの元へ。
ルルーシュ「予定通り、世界の憎しみは今、この俺に集まっている。後は俺が消える事で、この憎しみの連鎖を断ち切るだけだ」
ルルーシュ「黒の騎士団には、ゼロという伝説が残っている。シュナイゼルもゼロに仕える」
スザク「Cの世界でぼくらは知った。人々が明日を望んでいる事を」
ルルーシュ「なあ、スザク。願いとは、ギアスに似ていないか。自分の力だけではかなわない事を、誰かに求める」「そう、俺は人々を、願いというギアスにかける」

剣で刺し貫かれたルルーシュは、スザクに「正義の味方として仮面をかぶり続ける罰」を与え、息絶える。
ルルーシュ「俺は、世界を壊し、世界を作る」
ゼロが現れた瞬間に「やばい」と直感。ここ見てるとうるうる来ます。
…カレンはさすがにすぐ気づきました。走り方を見れば藤堂を始め多くの人が気づくでしょうねぇ。これがゼロ・レクイエムか…。最後にナナリーに真意を分かってもらえた事はよかったな…。

ルルーシュが消えた世界
ルルーシュが人々の憎しみを一身に受けて消えた事で、世界は以前に比べてずいぶんとましになった。
カレンの言う通り、ダモクレスというシステムよりは「ルルーシュ」という象徴的な存在の方がわかりやすい。ルルーシュが消えた事で人々は希望をもち明日へと進んでいく。ああ、ナナリーと二人で暮らせる世界を目指した結果が、世界の人々へ願いや希望を与える事になるとは…。


簡単な総評

いつの頃からか「人型ロボが出てくる戦争物」というだけで見なかったり見流したりするようになっていたのですが、ギアスとマクロスを全話見た事もあって苦手意識が大分薄れた感じがあります。まぁ、ギアスは人型ロボの戦闘の比重がさほど高くない事、マクロスはもともと7をある程度見ていたという素地はあったんですが。
この作品はとにかく、「ルルーシュ」という存在が圧倒的に大きかった。正直言ってその言動は決してほめられたものではなかったと思うけど、彼なりのやり方で世界を変えようとし、彼なりの考え方で決着をつけ散っていき、世界の多くの人にとってはハッピーエンドの結末に導かれてる。
話的にも、1期前半は特に優れていて、王の力を手に入れたルルーシュが仲間を集め一気に駆け上がっていく姿は非常に爽快。2期は仕切り直しという事もあってか序盤が少々ループ気味になって微妙に足踏み感があったけど、このまとめに持っていったのは見事です。物語の展開も奇抜や予測不能さを狙いつつも、古典的な王道である奇襲や策略で形勢を一気に逆転する展開を使い、飽きさせないよう・爽快感を感じられるよう工夫されてた。
ギアスを見ていると、「序盤でキャラを魅せ、中盤からシリアスにして引き込む」というストーリー作りの基本は、少なくともアニメでは間違ってるんじゃないか?と感じます。個人的に評価高い第7話(ナナリーを奪われたルルーシュがリフレインを打とうとした回)は、どうもネットでは評価が低いように思えてならない。ああいう回がもし数回、特に後半に続いてたら、ギアスのネットでの総合的な評価はかなり変わっていたはずです(※長期的には案外そういう鬱々した展開の方が強烈に印象に残る気もするんですが)。

個人的に惜しかったのは、オモチャっぽさが抜けなかったメカデザイン。2期は羽で飛行することが増えた分、その傾向が強まった感があります。
また、メカやギアス保有者がインフレを起こした、脇キャラが人員整理的にどんどん死んでいく、あまりに詰め込みすぎ&読み解くのが難しい会話内容で物語を追っていくのがかなり手間だった、特に終盤になって一部キャラが微妙につかみづらくなった(キャラの思考・言動の変化に個人的に違和感を感じた)などでしょうか。
ただ、これは自分が「なるべく細かく見ていきキャラや世界観をつかもう」という方向性で見ていたからで、その回その回を見て楽しむにはさほど関係なかったかも。

ともかくも、スタッフの皆様、お疲れ様でした。またこういう作品をぜひ見てみたいですね。
TAG :
アニメ
コードギアス

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コードギアス 反逆のルルーシュR2 第25話(最終話) 「Re;」

コードギアス 反逆のルルーシュR2 第25話 「Re;」 あらすじ ゼロレクイエム。すべてははルルーシュとスザクの約束の為に。 さらばルルーシ...

(アニメ感想) コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第25話 「Re;」

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume03 ゼロレクイエム。すべてははルルーシュとスザクの約束の為に。さらばルルーシュ、ゼロ最後の日!?さよならスザク、さらば戦いの日々そして・・・コードギアス最終回!万感の想いを胸に全力で刮目せよ!

コードギアス反逆のルルーシュR2 TURN25「Re;」

コードギアス反逆のルルーシュR2の最終話を見ました。TURN25 Re;「八年ぶりにお兄様の顔を見ました。それが人殺しの顔なのですね、おそらく私も同じ顔をしているのでしょうね」「やはり、今までのフレイアはお前が…」「はい、止めるつもりでした、お兄様を…。たとえ、...

コメントの投稿

ルル追悼

毎週お世話になっております。感想、楽しく読ませていただいている…のはもちろん、読まないと物語が理解しきれなかったと思います、きっと。ギアスにしてもマクロスFにしても展開が複雑/急展開で…。

ギアスはラスト数回あたりで「もうここまでやっちゃたらルル、死ぬしか話にまとまりつかないだろ」と感じ始めていましたが、やはりそうなっちゃいましたね(涙)カレンあたりに殺される→死体見つからない→実はCCからコードを受け取っていて不死→人里離れてナナリー、スザク、CCと密かに暮らす─みたいな準?ハッピーエンドをかすかに期待していたのですが…。いや、それじゃ収まらないか、やっぱり。
ナナリー、カレンをはじめ一部主要キャラには理解されて逝ったのがせめてもの救いでしょうか。

確かに後半のキャラクター使い捨てっぷりは酷かったですね。ラウンズ哀れ。それにヴァルキュリエ隊(笑)
あと、私もロボデザインはどうも最初から最後まで好きになれませんでした。旧式のグラスゴー(だったっけ?)あたりなら無骨で「兵器」らしくて良かった。そのあと、どんどんKMFがスリムになるにつれて何か違うぞ、という感じが拭えずに最後まで来てしまいました。(でもラストの紅蓮vsランスロは格好良かったけどね!)これ、プラモあんまり売れないんじゃないかな…。

結局、ギアス/コードとは何だったのか、という最大の謎はスルーされたままでしたね。まあこのアニメ自体、細かな設定よりも勢いと超展開とどんでん返しを楽しむアニメでしたのでそれでもいいのか。実際、毎週毎週、翌週がまちとおしくてたまりませんでした。これほど次話が気になったアニメは初めてです。来週からつまらなくなるなぁ(嘆息)

最後に。千葉サンは藤堂と上手く行ったのだろうか?まさかあのシーンで死亡、ってコトは無いよね?!

>saruhikoさま
ギアスは特に、今何が起こっていて事態がどう変化していってるのかを整理するのが大変な作品でしたねぇ。伏線がかなり置かれていたし。

自分も、前回あたりで「これは憎しみをあえて一身に集めて何かする気だな」とは思っていました。ただ、ルルーシュの圧倒的人気からすると、死ぬのは避けるだろ、と思ってました。死んだ演技で余生END(永遠の命END)でも話は十分成り立った。けど、スタッフ側は少なくともここでは死をもってルルーシュの物語を締めくくるのを選んだわけで、それはそれでよい結末だったと思います。

キャラ使い捨てはもったいなかったですね。まぁ、ただでさえ多めな印象があったので、致し方ないとは思いました。南や杉山は最後まで地味に出続けても結局地味に終わってしまったし…。

ロボデザインは、バンダイ的にも課題になったと思います。サイズや1期の戦い方とかは結構工夫は見られたけど、あれはあれで地味だったので、その改良が2期だったのかな、とは思いますが。

実際、終わってみればこの作品は細部を論理的に詰めていくよりもその回その回を勢いで楽しむアニメでしたね。毎回のように続きの引きを置いてましたし。

藤堂さんは、最後あたりの集合写真をよく見ると、千葉さんと一緒に写ってます。死んでもおかしくなかったけどちゃんと生き残りましたね。

こんばんは、いつもTB等でお世話になっております。
「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の管理人のピッコロでございます。
記事とは関係のないコメントで大変失礼いたします。

今回、「今期終了アニメの評価をしてみないかい?2」という企画を立ち上げましたので少し宣伝させてください。


今期終了予定のアニメを、評価しようという企画でございます。ブロガーの皆様に点数で評価して頂き、その平均点を算出してみたいと思っております。
最終回まで見た、あるいは感想を書かれているという作品のうち幾つでも構いません、もしこの企画に賛同して頂けるのであれば是非参加してくださいませ。

詳しい投票方法等については以下の記事に書いておりますのでご覧ください↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51093095.html


宣伝大変失礼いたしました。今後も色々とお世話になると思いますが、どうかよろしくお願いいたします。
Private :

BD/DVD/CD
リンク(公式サイトとか)
カテゴリ
ブログ内検索
最近のコメント
プロフィール

せれすと

Author:せれすと
アニメ:涼宮ハルヒの憂鬱、ガールズ&パンツァー


トラックバックやリンクは、自由に張ってください。

<推奨ブラウザ>
◎Opera/Firefox系 ○Chrome系/Safari △IE
主に使っているのは、OperaとFirefoxです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
タグリスト

アニメ マクロスF 涼宮ハルヒの憂鬱 いとうのいぢ ななついろ★ドロップス コードギアス 宙のまにまに らき☆すた OP 視聴予定 ゲーム オリコン とある科学の超電磁砲 けいおん!! ED PS2 WORKING!! 挿入歌 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト AngelBeats! 漫画 坂本真綾 ながされて藍蘭島 乃木坂春香の秘密 はなまる幼稚園 コミック ブログ投票 瀬戸の花嫁 とある魔術の禁書目録 アニメ作風考察 アニメ誌 化物語 true_tears ARIA ハヤテのごとく! CMS NewType サントラ ゆるゆり 涼宮ハルヒの戸惑 動画 WordPress バスカッシュ! スクールデイズ 灼眼のシャナ 黒執事 DVD マクロス けいおん! 魔法少女まどか☆マギカ 涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 とある魔術の禁書目録II キミキス 狼と香辛料 ガンダム00 インフィニット・ストラトス 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 侵略!?イカ娘 侵略!イカ娘 ベン・トー 相関図 ロザリオとバンパイア エヴァンゲリオン この青空に約束を たまゆら 宇宙をかける少女 かんなぎ BD ブログ フィギュア 神曲奏界ポリフォニカ シゴフミ ストライクウィッチーズ 逆境無頼カイジ コミックス 鉄腕バーディー もってけ!セーラーふく セキレイ MODx 黒神 さよなら絶望先生 Firefox ユニゾンシフト PSP WORKING´!! Little_Lovers_2nd YouTube みつどもえ sola ポリフォニカ クレイモア Drupal ヱヴァンゲリヲン ライトノベル 京アニ ゼロの使い魔 侵略!イカ娘 DS ベルセルク もってけ!セーラーふく スケッチブック ロロナのアトリエ カイジ 長門有希 CD 君が主で執事が俺で しゅごキャラ! ねんどろいど 破天荒遊戯 電撃文庫 涼宮ハルヒ ニュース 声優 坂井泉水 バイク 撲殺天使ドクロちゃん ユーチューブ どきどき魔女神判 歌詞 字幕.in 字幕 地球へ 絶対可憐チルドレン 小岩井フローラ ご愁傷さま二ノ宮くん ef プリズム・アーク レンタルマギカ ブルードロップ バンブーブレード 京都アニメーション スカイガールズ 色彩 こどものじかん ドラゴノーツ RD潜脳調査室 水樹奈々 生徒会の一存  聖地 Google日本語入力 Newtype バカとテストと召喚獣 ゴンゾ 科学 Lightbox Web制作 JavaScript Slimbox jQuery 青い花 ヒャッコ 聖地巡礼 オオカミさんと七人の仲間たち フラクタル お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだから 夢喰いメリー 日記 ロウきゅーぶ! 神様ドォルズ 森田さんは無口 ヨスガノソラ ミルキィホームズ アマガミSS 祝福のカンパネラ 学園黙示録 あそびにいくヨ! 神のみぞ知るセカイ 生徒会役員共 けいおん Opera PV PC Movable_Type 僕は友達が少ない カドゥン firefox ロボテック H2O FC2ブログ ゴルゴ13 windows_xp ブログ検索 ダ・カーポII 灼眼のシャナII DokuWiki CLANNAD ヴィンランド・サガ 薬師寺涼子 まりあ†ほりっく ホワイトアルバム アルバム 明日のよいち! アニソン RIDEBACK ラノベ 同人誌 鉄のラインバレル アニメディア スレイヤーズ アニメージュ イラスト とらドラ! ジブリ インターネット 

BD/DVD
Twitter
今やっていること
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2007-04-11頃から
月別アーカイブ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。