最近の記事

アニメ「宙のまにまに」に足りないもの1 - 心残りな事

「アニメ『宙のまにまに』は、原作に比べても健全すぎる」
で済むし、どうもうまく言語化出来ない…

で、「蒔田姫が出たら書く」「水着回の後で書く」とか言って書けないままに。

でももう8話放送だし、考えがまとまった範囲で書きます。今回は、心残りな事について。


アニメはよく出来ている

自分がNHKのアニメ「雪の女王」を見ていた数年前…いや、今でもいいけど、自分が深夜アニメの実情を全く知らない状態で、宙のまにまにを見たとしたら?
おそらく、毎週普通に楽しみ、単行本や関連商品を買い集めて満足したと思います。

そう、このアニメは古くささ以外は、本当によく出来てます(※わざと古くさい作りにしてる。詳しくは下の方)。
原作トレースしつつ、細部を適度に切り詰め改変し、演出を工夫。テンポがよくなってる。
夜空は、星座の学習に使えそうなぐらい細かくて正確。

そもそも「世界天文年」「原作枯渇」といった事情があってこそのアニメ化だろうし、放送前はもっとずっと空気化すると思ってました。これは、アニメの出来のよさによると思う。

そう。本来なら、ほとんど問題はないです。…いくつかの心残りがなければ。


心残り
心残りの一つが、彼女。
日佐壁笑
日佐壁笑(おさかべ えみ)と美星
笑ちゃんは、鉱物とお兄さんが大好きな女の子。

今のペースだと「モブで顔見せ出来ればいいかな?」ぐらい。2期がない限り、笑ちゃんがアニメで活躍する日は来ない。

で、自分の予想ではこの作品、2期はかなり難しいです。最初から分割2期で作ってるか(※多分ない)、それこそNHKが引き取って続きを出すなどでない限り。

他にも、心残りはたくさんあるんです。

  • 女の子いっぱいの露天風呂は?
  • 七夕は?
  • 研磨会は?
  • 海辺の近江さんは?
  • 天文部の天体望遠鏡は?
  • アニメ第3話からの伏線みたいな、朔とフーミンのアレは?


わざと古いアニメ風にしているらしい

この作品、出資者が弱気で、かなりコストを削ってるように思えます。放送局は少なく、書店プッシュが弱く、天の川など星の美しさが売りの一つなのに映像ソフトはDVDのみで発売ペースも早い。よく動くのに、低予算っぽく見える。

また、放送前にPVを見た時から感じていてアニメ第5話の水着ではっきりしたけど、高額のDVDを買いそろえてもらうには、健全すぎる
で、高松信司監督がわざとそうした事が、アニメージュ9月号の記事でほぼ確定。要点をまとめると、
  • 80~90年代の少女漫画風なので、キャラデザの渡辺はじめさんがやっていた姫ちゃんのリボンや赤ずきんチャチャみたいな、「みんなが面白く観られるアニメ」のようにした
  • 新しい挑戦というより、滅びゆく「テレビアニメ」へのオマージュ。コアターゲット向けでなく「誰もが楽しめるTVアニメ」へのリスペクト
  • なので、オーソドックスにし、萌えやエロは排除し、今風のとんがった演出もなるべくしない

原作の作風を考えれば、監督の選択はベストだったかも。決して間違いじゃない。
パンツや胸で釣る事がやたら多い今の萌えアニメの中、こういう先祖がえり作品は、一定の支持は得られると思う。一時期深夜アニメを全然見なくなった自分が面白く感じるのは、監督の狙い通りでしょう。

でも、余計「商業面での勝負を半ば捨ててる?」と思えてしまう。けいおん!を見ていると「もう少し、やれる事があったんじゃ?」と思えるんです。作風的に、あっちの方が当たる要素がずっと多いのは確かですが。

原作者の柏原麻実さんが「こういう風にしたい」と言ったなら、もうそれは仕方ないけど…。


アニメ1話~3話
入門者向け天体観察本です
5話,6話収録



人気が出ないと世界は続かない

2年前の夏、「ななついろ★ドロップス」というアニメがありました。
これ、序盤で総叩きになり、やがて空気化。最後まで見た人には割と好評だったようだけど、
  • 関連商品はシャナと抱き合わせで出たりしたけど、すぐ消えた
  • 公式サイト(http://www.nanatsuiro.com/)は放送途中から半ば放置。いまだにDVD6巻の情報がない
公式サイト放棄はしばしばある事で、仕方ないとは思います。プロデューサからすれば、次を探す方が建設的だし。
2010/04/07追記:ななついろ★ドロップス公式サイトはジェネオン・ユニバーサルが更新料を払わなかったようで放棄され、韓国人の個人がドメインを押さえて広告サイトにしてるのでリンクを外しました。

自分はななついろのDVDを買っていて、ライナーノートでは里見哲朗Pが、原作や山本天志監督や脚本の島田満さんをほめていました。
「じゃあ、何で序盤が不評だったの?」「投げっぱなしの伏線があるし、秘密を知らなかったはずの人が知ってる前提で会話するシーンがある。脚本おかしくない?(※小説版では改善されてた)」…と思ったけど、そういった事の答えがあるわけもなく。
この作品で、
  • 「ある程度人気が出ないと、その作品にも類似作にも未来がない」
  • 「序盤でコケたら、挽回はまず無理」
という当たり前の事を、はっきり理解。自分ひとりがじたばたしても、どうにもならない。


人気が出れば世界は続き、現実がその作品に近づく

ななついろと同じ頃に放送してたらき☆すたは、いまだに関連グッズが出てます。PSPゲームも発売予定。

マクロスFは深夜の2クールになったけど、大ヒットのおかげで未来にリレーをつないだ。

乃木坂春香の秘密はそれほど話題にはならなかったけど、そこそこ売れたので2期を秋から放送。

そう。人気が出ると、
  • CDが売れDLも増えカラオケでも歌われる
  • 原作が売れる
  • 声優の知名度が上がる
  • 続編が作られる
  • 類似作が増える
  • キャラが使っている道具なども売れる
  • モデルになった街や店があれば、そこもにぎわう

などなどが起こりやすくなる(その結果、今のような萌えアニメ全盛になったわけですが)。

高松監督は、声優の葉山いくみさんが七夕の短冊に書いた言葉、見られました? 彼女が声をあてている吉成は、地味ながら可愛いしそこそこ活躍するキャラで、朔が2年生になっても天文部から影響を受けつつ過ごしてます。

「リソースは限られてる。でも、二期を実現してみせる!」という気持ち、ありました?

あったかもしれない未来
もし、宙のまにまにがけいおん!に似た状況になっていれば…
Vixen アスコット ZR7x50WPあたりはメーカーも驚く爆売れになり…
ビクセン アスコット ZR7x50WP?
宙のまにまに第2話で美星が使った双眼鏡
Vixen 双眼鏡 7倍 アスコット ZR7X50WP 1562-07 Vixen 双眼鏡 7倍 アスコット ZR7X50WP 1562-07
()
VIXEN

商品詳細を見る

PENTAX 75SDHFは、ヤフオクで高騰し…

さいたま市青少年宇宙科学館第3話)や猪苗代湖(第4話第5話)は、聖地巡礼でにぎわったと思います。

これらについてはいろいろ意見はあるだろうけど、「好みの作品の舞台に行く」のは、アニメに限らずずっと昔からあった事だし。

それに、アニメから天文に入る人が増える余地は、かなりあったと思う。案外、親和性が高そうだし。


結局、何が足りてないのか?

  • 原作再現度は高い。そして原作以上に健全で、漂白されてる
  • だからこそ、原作力がそのまま商業面や話題性に反映されている
原作自体がアニメ化に向いてない要素をいくつも抱えてるのが大きな理由の一つではあるけど、アニメで原作を壊さない程度に改変する余地はありました。

詳しくは別記事にしますが、すでに上の方で断片的に触れてるし、宙のまにまに公式サイトにも答えが書いてあります。アニメイト、ソフマップ、ゲーマーズのDVD店舗特典が公開されてる。
アニメイト第1巻初回限定版購入特典(夏合宿ポスター)、ソフマップ初回限定版全巻購入特典(美星&姫のお風呂ポスター)、ゲーマーズ初回限定版全巻購入特典(さよちん&フーミンのスポーツタオル)

つまり、この作品に欠けているものは、売り手には自明。そしておそらく、作り手もわかっている
TAG :
アニメ
宙のまにまに
アニメ作風考察

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

宙のまにまに 第8話 「イルミネイト グラウンド」

今回は恋愛ど真ん中からちょっと引いて、文化祭当日のエピソード的なお話でした 美星ちゃんはかわいいんですが、小学生を見てかわいい...

コメントの投稿

商売っ気の無さ自体が売りなのに。
この作品がけいおん!のような「物が売れる」
盛り上げ方をしていたらと思うと
正直ぞっとするんですが…

おっしゃりたい事はわかってます。
自分も、こういうアニメは好みなんです。

でも「商売っ気のなさが売り」として、その心意気を気に入って支えてくれる人がどれだけいるか? という話です。

現実には、少なすぎるんです。

損する可能性がきわめて高くて、それでも1億2億出してくれるような奇特な企業は、どのくらいあるか?
ゴンゾは独創性の高いアニメに出資し制作を続けてきた結果、事実上の倒産に追い込まれてます。
危機的状況になって萌えアニメに傾倒したけど、遅すぎました。

こういうアニメがあまりないのは、評価は高くても高額商品を買ってくれる人が少なく、なかなか成り立たないからです。青い花も放送局を関東だけにしぼりましたよね?
ひとひらやまにまにや青い花の状況を思うと、こういう系統の作品は今後さらに減っていくでしょう。

自分が惜しいと思ってるのは、これはベースとなっている物語の出来が非常にいい事や、原作が健全一辺倒とは言い切れないからです。
つまり、作り方次第では、もう少しなんとかなった余地があった気がしてならない。
それは別にパンツや胸を見せろ、とかそういうレベルじゃないんです。

地方から見たらローカルだけ放送して他県に放送ないは人気やなど上がらないと思う。BS民放放送した方が全国の人が見れる

※地方人さま
2013年現在でもやっぱり、地上波放送の広さが重要みたいですね。視聴習慣も大きいだろうし、ネット配信だと「ついでに見る」みたいな入り口が少ないせいかも
Private :

BD/DVD/CD
リンク(公式サイトとか)
カテゴリ
ブログ内検索
最近のコメント
プロフィール

せれすと

Author:せれすと
アニメ:涼宮ハルヒの憂鬱、ガールズ&パンツァー


トラックバックやリンクは、自由に張ってください。

<推奨ブラウザ>
◎Opera/Firefox系 ○Chrome系/Safari △IE
主に使っているのは、OperaとFirefoxです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
タグリスト

アニメ マクロスF 涼宮ハルヒの憂鬱 いとうのいぢ ななついろ★ドロップス コードギアス らき☆すた 宙のまにまに OP 視聴予定 ゲーム とある科学の超電磁砲 オリコン けいおん!! ED PS2 挿入歌 WORKING!! AngelBeats! ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 漫画 坂本真綾 ながされて藍蘭島 乃木坂春香の秘密 コミック ブログ投票 はなまる幼稚園 瀬戸の花嫁 とある魔術の禁書目録 アニメ作風考察 true_tears アニメ誌 化物語 ハヤテのごとく! ARIA CMS 涼宮ハルヒの戸惑 サントラ ゆるゆり NewType 動画 灼眼のシャナ バスカッシュ! スクールデイズ WordPress マクロス DVD けいおん! 黒執事 涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 キミキス とある魔術の禁書目録II 魔法少女まどか☆マギカ 狼と香辛料 ロザリオとバンパイア この青空に約束を ガンダム00 エヴァンゲリオン 侵略!イカ娘 侵略!?イカ娘 ベン・トー 相関図 インフィニット・ストラトス 俺の妹がこんなに可愛いわけがない ブログ BD フィギュア かんなぎ たまゆら 宇宙をかける少女 シゴフミ 逆境無頼カイジ 神曲奏界ポリフォニカ もってけ!セーラーふく コミックス さよなら絶望先生 MODx ストライクウィッチーズ 黒神 鉄腕バーディー セキレイ カイジ スケッチブック ベルセルク ゼロの使い魔 長門有希 CD 京アニ ユニゾンシフト sola クレイモア もってけ!セーラーふく ポリフォニカ 侵略!イカ娘 ロロナのアトリエ みつどもえ ライトノベル DS ヱヴァンゲリヲン WORKING´!! YouTube Drupal Firefox PSP Little_Lovers_2nd ゴルゴ13 windows_xp CLANNAD 灼眼のシャナII ダ・カーポII 絶対可憐チルドレン 破天荒遊戯 DokuWiki 君が主で執事が俺で しゅごキャラ! インターネット ブログ検索 RD潜脳調査室 ロボテック firefox ヴィンランド・サガ 薬師寺涼子 カドゥン 電撃文庫 H2O Movable_Type PC PV FC2ブログ ブルードロップ ニュース 声優 坂井泉水 バイク 撲殺天使ドクロちゃん ユーチューブ どきどき魔女神判 歌詞 字幕.in 字幕 地球へ 涼宮ハルヒ 小岩井フローラ ef ご愁傷さま二ノ宮くん プリズム・アーク レンタルマギカ ドラゴノーツ スレイヤーズ バンブーブレード 京都アニメーション スカイガールズ 色彩 こどものじかん ねんどろいど 同人誌 祝福のカンパネラ オオカミさんと七人の仲間たち アマガミSS 学園黙示録 あそびにいくヨ! 聖地巡礼 Newtype 水樹奈々 聖地 Google日本語入力 バカとテストと召喚獣 生徒会役員共 神のみぞ知るセカイ ロウきゅーぶ! 森田さんは無口 神様ドォルズ 僕は友達が少ない 日記 フラクタル ミルキィホームズ ヨスガノソラ 夢喰いメリー お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだから 生徒会の一存  まりあ†ほりっく ホワイトアルバム 明日のよいち! アニソン ラノベ アルバム 鉄のラインバレル アニメージュ イラスト ジブリ とらドラ! RIDEBACK Opera ヒャッコ 青い花 科学 ゴンゾ jQuery Slimbox けいおん JavaScript Web制作 Lightbox アニメディア 

BD/DVD
Twitter
今やっていること
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2007-04-11頃から
月別アーカイブ
このページのトップへ