最近の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ公式サイトの遺跡を探訪

アニメ公式サイトの更新が止まる時

人気が今ひとつだったアニメの公式サイトは、早い段階で更新停止する事がしばしばあります。早ければ本放送中に怪しくなる。もちろん、更新し続けるサイトも沢山ありますが。

あんまり記事に書くような事じゃないだろうけど、アニメ作品の行く末を実感しやすい例なので、一部を紹介。


仕方ない。けど…

大人気アニメでも、放送終了後は公式が急速にさびれます。
まして、人気が微妙だった場合…
  • 見に来る人は少なく販促効果もほとんどない。更新作業はリソースの無駄遣いだしモチベーションも上がらない
  • 今後の宣伝は、販売店・CM・広告・ニュース系サイトなどで十分
  • 次の作品で忙しい
というのはわかる。
でも、数は少なくても、その作品を気に入って最後までついていこうとしてるファンはいるわけで。

公式サイトの運営管理を主に誰がするかは不明だけど、公式が早々に更新されなくなったアニメのプロデューサーが次の作品をどんなにほめても、「ダメだったらまた捨てるの?」と思う事はあります。

いや、アニメは商品だし、そのぐらいの身軽さがないとまずいんですが。


DVD最終巻の発売日前に更新が止まったサイト(09/9/7時点)

(9/8 明日のよいち追加)
(9/9 もっけに重大なミスがあったので修正)

深夜アニメの投資回収の8割を占めるとも言われる、映像ソフト。
ほとんどのアニメファンが新作に興味を移し旧作なんて忘れてる中、きわめて熱心なファンは黙々とDVD/BDを買い続けている。

それを最後まで見届ける事なく更新をやめた、アニメ公式サイトのいくつか。
…この一覧の中に宙のまにまにが入りませんように。


2007年
風のスティグマ
風のスティグマ

DVD全12巻。全巻コンプリートの遠い道に、作り手すらついていけなかったらしい。
原作者の山門敬弘さんが亡くなられた事ぐらい、告知してもいいと思うけどなぁ…。

この青空に約束をー ~ようこそつぐみ寮へ~
この青空に約束を

制作スケジュールに相当無理があったとの噂。
作画は本当の意味で崩壊しかけで、「短距離テレポート」「ロボット歩き」「ミニカーのように軽快な動きの車」「映像的には足踏みだが状況的には走って逃げてる」…といったものが見られました。ただ、正ヒロインの海己パートは綺麗で、OPは途中からすごく動きがよくなるなど、制作の意地も見られました。
サイトは最初から力を入れておらず、最終話放送終了直後に沈黙。

各ヒロインに2話が割り振られ、ヒロインが変わるごとに時間が戻ってたけど、実は各話のシーンをばらばらにして時系列に並べなおすと一続きの物語になっていました。
自分は最後まで楽しんで見たんだけど、ものすごい空気アニメに。

ななついろ★ドロップス
ななついろ★ドロップス
http://www.nanatsuiro.com/
灼眼のシャナや涼宮ハルヒの憂鬱で急激に知名度が上がっていた、いとうのいぢ絵。
ロンドローブ2007で第1話を流すなど宣伝に力を入れたものの、序盤が大不評。業務ブログは放送中に停止し、DVD最終巻の告知はなく、リンクも古いまま。
ヒロインの幼さを強調しすぎ&大御所の島田満さんに脚本とシリーズ構成をまかせて子供向け魔法少女物みたいにした結果、
  • 序盤の怖いぐらいの叩きと急激な空気化
  • 4話のような脚本ミス
につながった気が。中盤以降は好評だったけど、時すでに遅し。

最近は知らないけど、当時のジェネオン/ショウゲート作品は、DVDのジャケ絵公開&差し替えも他に比べて遅めだった記憶があります。買収や合併もむべなるかな。
(2010/03/28追記:久しぶりに見に行ったら、ドメインを捨てて公式サイトを閉鎖してました。現在、ドメインは韓国の個人に押さえられているようです)

シグルイ
シグルイ

放送制限もあって、話題性が出ず。
「抽選で50名にTシャツプレゼント企画」の条件がきつく(ブログを持っててシグルイ応援記事を書く必要があった)応募者が50人未満だったあたりから、雲行きが怪しくなった気が。

もっけ
もっけ
(※うっかり、「最後まで更新」の方に入れてました。大変申し訳ありません)
DVD全9巻。5巻紹介で力尽きた。
序盤を見て「これはまずい」と思ってたら案の定、商業的にはきわめて残念な結果に。何で2クールにしたんだろう。蟲師が大当たりしたから? 妖怪物は案外需要があるし(夏目友人帳はヒットしましたね)。

これを見た頃から、キャラデザの重要性を痛感。

しおんの王
http://www.shion-oh.com/

公式サイトそのものが閉鎖。移転したかもしれないけどわからない。
アフタヌーン(講談社)は、アニメ化への態度がぞんざいでは。「売ってみせる」じゃなく「売れればいいな」みたいに見える。

ご愁傷さま二ノ宮くん
ご愁傷さま二ノ宮くん

DVD最終巻の少し前に更新停止。
面白かったけど…ケメコデラックス同様、ドタバタギャグは今の流行じゃないらしい

アニメNewTypeチャンネル内の公式サイトはMovable Typeで作られる事が多いです。でも、スティグマや二ノ宮くんサイトのバージョン3だとブログみたいになり、見づらい。

そらのおとしもの生徒会の一存など新作アニメのサイトはバージョン4で作られていてブログっぽさが薄れてるけど、旧作アニメのサイトがバージョンアップされる事はなく…。


2008年
我が家のお稲荷さま。
我が家のお稲荷さま

Movable Type3で作ってるけど、かなりカスタマイズ。

DVD全12巻のデスマーチ仕様+序盤で微妙につかみがうまくいかなかったようで、評価は高かったものの話題性は今ひとつ伸びず。
各話紹介は途中で中止。DVD紹介は8巻で力尽きてる。集めるのに1年かかる作品は、作り手すらついていけないらしい。

二十面相の娘
二十面相の娘

Flashを駆使して凝ったサイトを作った時点で、全力を出し切った感。公式として機能してない。
(9/8追記)DVD最終巻発売日まで、更新を続けてたかも。ただ、読み込みに異常に時間がかかる・相当数の項目が表示されないので、詳細は不明。
Flash使いすぎると重くなるしメンテに手間がかかるから、ほどほどにした方がよいのでは…。

無限の住人
無限の住人

もっけ、しおんの王、宙のまにまにと並び、講談社が売り込みをかけなかった印象(※自分の目に留まらなかっただけで、実はかなりプッシュしてたのかも)。
ヴィンランド・サガを仮にアニメ化しても、同じようになりそう。

1つの作品が物語を積み上げアニメ化に至るには少なくとも数年かかるし、1クール物でも2億円ぐらい集めるようだし、知名度アップの最大の機会だから、講談社は自社作品をもう少し大事にした方がいいんじゃ…。


2009年
明日のよいち!
明日のよいち

何と放送終了直後に放棄されてた (´;ω;`)ウッ
見切り早すぎだろ…。ラジオまだやってるのに。

放送を3ヶ月遅らせたせいか絵は安定。物語もうまく再構成し、面白い。
でも、クオリティに比べて、話題性や売上が驚くほど低かったのは確か。TBSのせいか、萌え要素の大半が封印されたのは痛かったけど…それだけじゃ説明がつかない。
これを見た頃から、「古さを感じさせる萌えアニメは、相当不利じゃ?」と思い始めました。不評というより、最初から見てない人が明らかに多かったので。

作者のみなもと悠さんは、黒執事の枢やなさん、PandoraHeartsの望月淳さんと同期で萌え漫画をよく知らなかったらしく、よいち序盤は編集が考えたっぽい「らんま1/2風ハーレム漫画のプロット」をなぞったような展開。アニメ化されてない文化祭あたりから、独自性が出てきたんですが…。


きちんと更新し続けたアニメ公式

映像ソフト的に危なそうな空気だったけど、最後まで更新を続けた公式サイトの一部。
最近は、公式サイト放置は減ってる感じがします。「原作も含めた総合サイト」として作った方がいいみたい。

2007年
ドラゴノーツ
作風的にはかなりの大作で、幅広い商品展開をするつもりだったようだけど…何がまずかったんだろう。難しいなぁ。

レンタルマギカ
原作も含めた総合サイト。DVD全12巻のデスマーチ仕様で映像ソフト的には微妙だったけど、こまめに更新が続いてる。

2008年
シゴフミ
原作(というべきかどうかは微妙だけど)も含めた総合サイト。1話2話の後味が悪すぎたんだろうか。美川キラメキさんは実にいいキャラだった。

ブラスレイター
板野一郎監督が「売れなくていい」的な事を言ったらしい。それなりに話題にはなったんだけど、萌えアニメ全盛の現代にこれまたDVD全12巻のデスマーチ仕様では…。

アリソンとリリア
原作も含めた総合サイト。時雨沢恵一さんは、アニメ化に恵まれないですね。

今日の5の2
みなみけに比べてはるかに空気化したのはいまいちなぞだけど、小学生が主人公ってところと、やっぱりキャラデザだろうか。個人的には、すごく面白かったんですが。
OVAが以前から出てたしOAD発売もあるためか、きちんと更新。

2009年
アキカン!
いろいろ割り切った作りで、これはこれでよかったと思う。

ライドバック
(9/9追記:最終巻はまだ出てませんが、更新は続けてます)
メカはすごくカッコよかった。大幅改変するなら、政治要素とか一切なくして普通のレース物でよかった気が。

ヒャッコ
キャラデザと序盤の作りで爆死。これは本当、「もうちょっと何とかなったはず」と思える作品。上手に作れば普通にヒットを狙えた。


おまけ:ドメイン更新をしなかったサイト

カレイドスター

http://www.kaleidostar.jp/
カレイドスター旧公式(2003年4月3日~2004年3月27日放送

倒産秒読み段階のゴンゾ的には、年間数千円程度のドメイン更新手数料も惜しかったのかも。カレイドスター新公式サイトはgonzo.co.jpドメイン内に移転し、kaleidostar.jpは手放し。

現在このドメインを押さえてるのがドメイン管理会社なのかオールドドメイン狙いの第三者なのかは、不明。
  • 古くから存在するドメインはGoogle検索で優遇されてた
  • 被リンクがあるので、一定の集客が見込める
そのため、更新されず所有者がいなくなったドメインを取ろうとする人が非常に増えてる。
TAG :
アニメ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

ドラゴノーツはキャラデザは良かったですけど、全体的にキャラの行動の説得力が薄かった気がするので脚本が悪いのが原因かと。

シゴフミはラジオはすごく面白かったんですけどね。
ラジオ自体は人気あったみたいなのにDVDが売れなかったので、もうラジオで販促する意味はないと判断されたみたいで、途中で打ち切られたのが残念ですね。

ライドバックはCGアクションはマクロスFに匹敵するクオリティでしたけど、1クールしかないのに原作の要素とアニメオリジナルの要素をたしてどっちつかずになってしまったのがよくなかったですね。

まぁ二期を想定したストーリー構成だったと思いますが…。

こうしてみるとマクロスFは公式サイトの更新に恵まれているほうだなと。

放送前は歴史あるシリーズとは思えないほど、期待は薄かったみたいなので。

一歩間違えたらFも空気化して公式サイトが手付かずになっていたかと思うと恐ろしいです。

>レイジさま
ドラゴノーツは、1話2話で「ドラゴンと一緒に戦え!」→エヴァ風のぎりぎりバトル、みたいにした方がよかったのかもしれませんね…。あと、過去回想が多すぎて混乱したのもあったし。

シゴフミは、後味の悪い序盤が響いた気がします。
ライドバックは…ストーリーもあるけど、キャラデザで釣れなかった感じが。

マクロスF公式は、商業的に大成功した事もあって、本当に恵まれた状態になってますね。
7→ゼロと縮小再生産みたいになってて、「Fでシリーズが消えてもおかしくない」と覚悟してました。

ただ、マクロス7を全話見た立場からすると、Fの期待が薄かったのは仕方ないとは思います。
7は独創的だけど、初代マクロスにはまった人が好む作風ではなかっただろうし、似た展開を繰り返してたし。

Fも中盤以降少し危なっかしい感じはありましたが、今後にうまくつなぐ事が出来た、と安心してます。

税金対策だと言われてる吉宗なんかは
公式完全に消滅してますね
あれは何がしたかったのか良く分からないアニメでしたが
DVDをホールに景品として落としてあまった物が
中古屋に溢れて価格暴落してますね
今期のうみものがたりはスポンサーの面子的に台化前提企画っぽいですが…
似たような事にならない事を祈るばかりです

>玉さま
吉宗も消えてましたか。

うみものがたりは放送前から、「ホールの景品にするから売上は心配ない」とか言われてましたね。
税金をただ払うよりもコンテンツを作ってホールに押し付けた方が、得になるんだろうし。

うみものはいずれこの絵でパチ台になって、海物語とは別系統の客(アニメ絵とかが好きな人)を引き込むつもりっぽく見えます。
公式は普通になくなって統合される可能性が結構ありますね…。

>うみものはいずれこの絵でパチ台になって、海物語とは別系統の客(アニメ絵とかが好きな人)を引き込むつもりっぽく見えます。
返信ありがとうございます、うみものはやはりそういう企画に見えますよね。
うみものにはバンナムがスポンサーとして参加していますが、映像面の販売はバンナムではなく松竹だし。
うみものの楽曲はランティスで、ランティスの親会社はバンナムですが。
楽曲参加の場合のスポンサー名義は全部ランティスになります。

やはりバンダイナムコゲームスのP7カンパニーによる台化は確実かと…しかも結構速めに。

>玉さま
映像は松竹にまかせてる形になってるみたいですね。

うみものは本気でアニメ寄りな人を取り込みたいなら、もう少し作りようがあったとは思いますが…
まぁ自分も放送前は「ダメっぽいけど、もしかしたらこの路線がウケるかもしれない」とも思ったし、スポンサーの意向も強そうですし。
Private :

BD/DVD/CD
リンク(公式サイトとか)
カテゴリ
ブログ内検索
最近のコメント
プロフィール

せれすと

Author:せれすと
アニメ:涼宮ハルヒの憂鬱、ガールズ&パンツァー


トラックバックやリンクは、自由に張ってください。

<推奨ブラウザ>
◎Opera/Firefox系 ○Chrome系/Safari △IE
主に使っているのは、OperaとFirefoxです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
タグリスト

アニメ マクロスF 涼宮ハルヒの憂鬱 いとうのいぢ ななついろ★ドロップス コードギアス 宙のまにまに らき☆すた OP 視聴予定 ゲーム オリコン とある科学の超電磁砲 けいおん!! ED PS2 WORKING!! 挿入歌 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト AngelBeats! 漫画 坂本真綾 ながされて藍蘭島 乃木坂春香の秘密 はなまる幼稚園 コミック ブログ投票 瀬戸の花嫁 とある魔術の禁書目録 アニメ作風考察 アニメ誌 化物語 true_tears ARIA ハヤテのごとく! CMS NewType サントラ ゆるゆり 涼宮ハルヒの戸惑 動画 WordPress バスカッシュ! スクールデイズ 灼眼のシャナ 黒執事 DVD マクロス けいおん! 魔法少女まどか☆マギカ 涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 とある魔術の禁書目録II キミキス 狼と香辛料 ガンダム00 インフィニット・ストラトス 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 侵略!?イカ娘 侵略!イカ娘 ベン・トー 相関図 ロザリオとバンパイア エヴァンゲリオン この青空に約束を たまゆら 宇宙をかける少女 かんなぎ BD ブログ フィギュア 神曲奏界ポリフォニカ シゴフミ ストライクウィッチーズ 逆境無頼カイジ コミックス 鉄腕バーディー もってけ!セーラーふく セキレイ MODx 黒神 さよなら絶望先生 Firefox ユニゾンシフト PSP WORKING´!! Little_Lovers_2nd YouTube みつどもえ sola ポリフォニカ クレイモア Drupal ヱヴァンゲリヲン ライトノベル 京アニ ゼロの使い魔 侵略!イカ娘 DS ベルセルク もってけ!セーラーふく スケッチブック ロロナのアトリエ カイジ 長門有希 CD 君が主で執事が俺で しゅごキャラ! ねんどろいど 破天荒遊戯 電撃文庫 涼宮ハルヒ ニュース 声優 坂井泉水 バイク 撲殺天使ドクロちゃん ユーチューブ どきどき魔女神判 歌詞 字幕.in 字幕 地球へ 絶対可憐チルドレン 小岩井フローラ ご愁傷さま二ノ宮くん ef プリズム・アーク レンタルマギカ ブルードロップ バンブーブレード 京都アニメーション スカイガールズ 色彩 こどものじかん ドラゴノーツ RD潜脳調査室 水樹奈々 生徒会の一存  聖地 Google日本語入力 Newtype バカとテストと召喚獣 ゴンゾ 科学 Lightbox Web制作 JavaScript Slimbox jQuery 青い花 ヒャッコ 聖地巡礼 オオカミさんと七人の仲間たち フラクタル お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだから 夢喰いメリー 日記 ロウきゅーぶ! 神様ドォルズ 森田さんは無口 ヨスガノソラ ミルキィホームズ アマガミSS 祝福のカンパネラ 学園黙示録 あそびにいくヨ! 神のみぞ知るセカイ 生徒会役員共 けいおん Opera PV PC Movable_Type 僕は友達が少ない カドゥン firefox ロボテック H2O FC2ブログ ゴルゴ13 windows_xp ブログ検索 ダ・カーポII 灼眼のシャナII DokuWiki CLANNAD ヴィンランド・サガ 薬師寺涼子 まりあ†ほりっく ホワイトアルバム アルバム 明日のよいち! アニソン RIDEBACK ラノベ 同人誌 鉄のラインバレル アニメディア スレイヤーズ アニメージュ イラスト とらドラ! ジブリ インターネット 

BD/DVD
Twitter
今やっていること
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2007-04-11頃から
月別アーカイブ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。