最近の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある科学の超電磁砲 6話「こういうことにはみんな積極的なんですよ」感想

とある科学の超電磁砲第6話「こういうことにはみんな積極的なんですよ」感想

超電磁砲レールガンの本筋に。まずは、虚空爆破グラビトンからスタート。

といっても、今回は下準備の最終段階みたいなもんで、Cパートから本格化といったところ。

現時点で禁書1話の数日前ぐらいのはずだけど、アニメでははっきりとは語られていません。


御坂美琴の初体験

この6話ほどやってきた事を見ると、美琴は
  • 困ってる人を助けたい
  • 悪者をこらしめたい
  • 感謝されるのは慣れてない
  • 思うがままに動き回りたい
って事だよな。…上条さんと少し似てるよね。

今回、風紀委員ジャッジメントの地味な活動に触れたのは、美琴にとって貴重な経験になったかも。漢字で「風紀委員」と書く事を思えば、いわゆる警察的活動だけじゃなく、風紀全般を取り締まる役割って事になろうし。人助けの楽しさみたいなものも、一層実感できたんじゃないかと。

で、地味な活動を何でアニメで描いたかは…
  • 風紀委員ジャッジメントの平時の活動内容が、伏線になってる。これは早々に回収されるはず
  • 超電磁砲は、後20話近く。そして禁書2期は確実にある。そう考えると、序盤で徹底的に風紀委員ジャッジメント回りの世界観を描くのは、悪くない
仮に原作トレースで虚空爆破グラビトン事件を描いた場合、原作を読んでないと風紀委員ジャッジメントの行動に不可解さを感じる場面が必ずあります。美琴と同様、普通は「警察みたいなもんでしょ?」という印象を持つだろうし。


超電磁砲は、下準備にほぼ6話かけた

とある魔術の禁書目録インデックス6話は決戦その1で、上条さんの「いい加減に始めようぜ、魔術師!」「その幻想をぶち殺す」があったエピソード。
一方、とある科学の超電磁砲レールガン6話は、プロローグが終わり怒涛の勢いでメインストーリーになだれ込もうとしているところ。

禁書が思ったより脱落者が多そうなので、空いた時間に禁書の序盤を少し見直してますが…脱落者が続出しても全然おかしくないですねこれ
意味不明な台詞の多くは実はそれほど気にかける必要はないけど、伏線もあるし、わけがわからないまま見続けるのはストレスがたまりそう。作る側にとってはハルヒ1期みたいに「わからないから、原作を買って読む」のがベストな流れだろうけど、普通は「わからないから見なくなる」方が多いと思う。

見比べると、超電磁砲レールガンは科学サイドだけをていねいに描いてるから、相当わかりやすい。
その分、進行は遅いわけですが…どうだろ、禁書に比べると脱落率は低そうではあるけど。今期放送中のアニメ的にも、超電磁砲レールガンに人が集まってきている感じだし。


原作は「完成された聖典」じゃない

アニメは細かい改変や増量が多々あるけど、「最終的に能力バトルに集束する作品なのに、序盤は戦闘がかなり少なめ」という以外は、非常によくまとまっていると思います。

全力の馬鹿ネタもないので熱狂は若干弱めだけど、アニメの構成が非常によいのと、もともと原作が人気な事をあわせて、おおむね好評っぽい。

普通、この系統の作品は戦闘で引き付けようとする
ギアスマクロスといったロボアニメだけでなく、萌え作品でも戦闘要素が多いものは、序盤の戦闘で引き込む事がよくあります。ストライクウィッチーズとか聖剣の刀鍛冶とか。戦いや音楽や萌えは、説明抜きで人が興奮しやすいし。

でも、超電磁砲は戦闘で引く路線は避けたっぽい。

これは、禁書序盤にステイル、神裂火織、インデックス(ヨハネのペン)たちとバタバタと戦った結果、原作既読者以外にとって意味不明な箇所が多くなった事への反省に立ってる感じもします。

今回の、原作との違いについて
ただ、ごく一部に原作との違いで不満が見られるようなので、自分なりの解釈を。

とりあえず、改変にあたっては鎌池和馬さんもかなり関わってるようです。
あと、個人的には、禁書/超電磁砲は設定の矛盾を気にしすぎても意味ないというか、矛盾に気付くのも楽しみ方の一つみたいなとこがあると思ってます。

白井黒子が虚空爆破グラビトン事件の詳細をしゃべった上で美琴の手助けを断るのは、おかしい
黒子が美琴に「学園都市の今の危険」を語るのは、別に変じゃないです。
爆発事件がニュースで流れ、美琴がより細かい事を聞きだそうとしてるわけだし。そもそもこのシーン、原作ではもう少し後に出てきたのを再構成して少し前に持ってきてるだけです。
なので、細かい事を語った上で、黒子が美琴の手助けを断るのも、おかしくない。で、
  • 第3話に続き、書庫バンクと実際の生徒のデータが一致しない事を強調
  • 黒子との会話が起点になり、「黒子があれこれ言ってくる→美琴が黒子への不満を初春に語る→初春が虚空爆破グラビトン事件の補足や黒子のフォローをする」…と、流れがスムーズに
美琴が風紀委員ジャッジメントに積極的に参加するのは変では?
アニメでは
  • 黒子と言い争いになった結果、風紀委員ジャッジメントをしてみる気になってる
  • 重福省帆の眉毛事件を解決した事もあり、「事件に首を突っ込んで解決」というステップに少し慣れ、楽しさも感じてそう
今後、美琴はいろんな事件に関わるし、序盤のうちに積極的に動くクセがついてないと、逆に不自然になるかと。
美琴と一緒に回るのを固法先輩にしたのはなぜ?
準レギュラーを固法美偉にしたためと思われます。
美琴が鞄を爆弾と勘違いするのを、強調しすぎでは?
何度か書いてきたけど、多くの人は伏線を見過ごす・忘れる・気に留めないです。
漫画やラノベと違い、アニメは前に見たシーンに戻るのに手間がかかる分、どうしてもそういう傾向が強い。一瞬気が散ったり聞き取れなかったり理解出来なかったりした時に、決定的な伏線が流れる事だってあるわけで。
そもそも、アニメは沢山あるしアニメ視聴以外にやる事もいっぱいあるから、1作品にそんなに時間をかけられない。だから、
  • 重要な事は、ていねいにわかりやすく描く
  • あるいは戦闘や萌えやパロみたいに、細かい説明なしで引けるものを見せる
といった事が必要になります。
鞄をなくした女の子が美琴の前で泣きそうなのを、アニメではカット
初春の見せ場はなくなったけど、下手すると美琴が嫌味なキャラになる・幼女がウザキャラになるので、カットでしょうね。

というか、原作の美琴はクレープが服についたから電撃飛ばしたり、「ただの鞄だったなんてがっかり」的な態度を取ったり、美琴を心配して事件に関わってほしくないはずの黒子が美琴を風紀委員ジャッジメントに勧誘したりと、アニメ化にあたってまずい要素・矛盾(急な変心?)がかなりあると思う…。
原作の方がリアルな中学生っぽいと思うけど、そのままアニメ化するのはリスクが高すぎ。


本編前半

黒子と美琴が対立
虚空爆破グラビトンについて語る黒子。
犯人探しの手伝いを申し出る美琴に「やたらと事件に首を突っ込まない」「巻き込まれても単独で立ち回らない」「スカートの下に短パンをはかない」と釘を刺す
いつも無地の短パンってのはともかく、きるぐまーを抱いて寝たりゲコ太を湯船に浮かべるとかパステルの下着やパジャマとか、いいじゃない。黒子がババくさすぎるんだよ…。

初春が腕章を忘れる
初春に黒子への不満を語る美琴。
黒子が初春を引っ張っていき、初春が腕章を置き忘れる。

固法美偉が、御坂美琴を風紀委員と勘違い
腕章を持った美琴を、固法が風紀委員ジャッジメントと勘違い
風紀委員ジャッジメントが後手に回り気味な事も、今後の伏線になりそう。

本来誰が応援に来るはずだったのかは気になるけど…この固法先輩も、案外抜けてる人っぽいなぁ。
  • 黒子と同じ常盤台中学の『ミサカ』さん
  • 能力は電撃系
「御坂美琴」とわかりそうにも思うけど、上の名前だけだと顔を知らなきゃ逆にわからないかな? 超電磁砲レールガン風紀委員ジャッジメントに参加したら、普通に噂になるだろうし。

もっとも、美琴はレベル5の3位にしちゃ、顔や名前が知れてない気はします。でも、「1位はすぐに覚えてもらえる。2位以下はなかなか覚えてもらえない」とも言うし。

仕事をうまくこなせない美琴
初春と黒子が、女の子を発見。
一方、美琴は、ゴミ掃除、道案内、子供の遊びの手伝い、風紀の取り締まり、など、風紀委員ジャッジメントの地味な活動をうまくこなせない
恋人をうらやましげに眺める美琴がいい感じ。
ちなみに、学園都市の風景は立川近辺がモデルになってるんですが、カップルのいた路地は、禁書11話でミサカ10032号が入っていった路地だった。

コンビニ店員は当然いるだろうし、お掃除ロボットが沢山いるのに風紀委員ジャッジメントがコンビニ前の掃除にかりだされるのは…掃除ロボ以下の存在だったりするのか実は。
あ、そういや、お掃除ロボットの前にジュースの缶か紙パックを投げ落とすシーンがあった気が。どの話だったっけ…あのポイ捨て学生はモラル的な問題はともかく、そういう感覚に近かったのかも。

風紀委員ジャッジメントの日常活動は本当、地味です。事件解決も本来は警備員アンチスキルの役割で、ここ数話ほど美琴が見てきたような派手な立ち回りは、むしろ例外。

しかし学園都市って本当、治安が悪くて風紀が乱れてる街だよなぁ…。
  • 強大な能力を持った学生が、山ほどいる
  • ほとんど能力を持たず劣等感を抱えた学生が、もっとたくさんいる
で、治安維持は本職の警察や軍がやってるわけじゃない、となったら、そりゃ荒れるか。

鞄探しの要請
子供の鞄探しの要請が入る。
鞄を爆弾と勘違いした美琴
第1話の公園ですね。
今回のオチはここらへんで見えるかと。


本編後半

鞄を探す固法美偉と御坂美琴
ビルの隙間、草むら、橋を探すけど見つからない
固法と美琴は似たような身長だし、やっぱり胸の差か…。

女の子と一緒にいる初春。佐天が来る
第177支部に佐天が来る
初春と佐天の掛け合いが、うまくはまってますね。しかし、初春が花飾りにこだわるのはなんだろう。

「学生は基本的に親元を離れて、ここに来ている」という学園都市の特殊性の説明を、このシーンにうまくはさんでます。今回の「こういうことにはみんな積極的なんですよ」は一種の釣りだけど、ある意味重要なテーマ。
この特殊な環境がさまざまな歪みを生むわけだけど、それは今後の話。

犯人登場
美琴は、殴られてる男を助けたが…
ついに出てきましたね。詳しくは予告の方で。

鞄を美琴が見つける
児童公園で鞄をくわえた犬を見かけ、美琴が確保
固法先輩は、見かけによらずドジっ娘属性っぽい。見た目も雰囲気も、上条当麻が好きそうな印象。
美琴は短パン+ルーズソックスがトレードマークになってるけど、黒子が言いたい事は、ここらへんのシーンでなんとなくわかる。

子供に感謝される美琴
子供に感謝されて照れる美琴
当然(?)ながら、鞄は普通の鞄。
美琴は人知れず人助けしたり不良を退治したりで、正面から感謝される事はほとんどなかったっぽい。

で。最後の締めは黒子になっちゃうのか…! しかも胸が不自然に増量されてるし!


Cパート

Bパートで綺麗に終わってるけど、ここで次回への引き。
グラビトン事件
ついに、爆弾で負傷者が出る
実は原作では、ここで盾を持ってる風紀委員ジャッジメントが、美琴と一緒に鞄を探します。制服的にも、ほぼ間違いない。代わりに、固法さんがこのシーンで盾を持って登場してる。
そのせいか、固法さんの性格がちょっと天然系になった気がする。


次回予告「能力とちから」

学園都市は単なる「超能力者が集まった街」ではなく、多くの歪みがあり、その一つがこういう形で顕在化。
ぬいぐるみを爆発させる
やる気になってる介旅初矢
彼にもいろいろ思うところがあって、その一つは今回端的に現れていましたが…。
とりあえず、上条さんが大活躍しそう。
TAG :
アニメ
とある科学の超電磁砲

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) とある科学の超電磁砲 第6話 「こういうことにはみんな積極的なんですよ」

とある科学の超電磁砲 第1巻 <初回限定版> [Blu-ray]クチコミを見る 事件の捜査を手伝うと言う美琴に、好奇心や興味本位で風紀委員(ジャッジメント)の真似事をするなと釘を刺す黒子。ついでとばかりに、日頃の行いからファンシーグッズに埋もれた私生活

コメントの投稿

管理人さん、はじめまして。
自分はまったく原作を未読ですので、インデックスを見た時は
管理人さんの言う通り、正直何がなんだかわかりませんでした。
とりあえず最後まで見ましたけどw

レールガンの方は原作未読の自分でも十分に楽しめてます。
管理人さんの解説を読んでいると、ホントに丁寧に作りこまれたアニメなんだなって
感じました。
アニメも綺麗ですし、やっぱブルーレイでインデックス含めて、
揃える価値があるアニメですかね?
ブルーレイで両方のシリーズを買おうか迷っています…。

>ryuさま
はじめまして。

自分も、インデックスは、本放送前にコミック版を読んでいたからついていけたと思います。
まったく知らなかったら、途中で脱落していた可能性がかなり高いです。超電磁砲はかなりわかりやすくなってますね。

禁書/超電磁砲は、アニメ本編を見続ける限り、後でちまちま見返す事が多くなると思います。伏線とその回収が、かなり細かく織り込まれてるので。
絵も綺麗で安定してるので、見ていて気持ちいいですし。
Private :

BD/DVD/CD
リンク(公式サイトとか)
カテゴリ
ブログ内検索
最近のコメント
プロフィール

せれすと

Author:せれすと
アニメ:涼宮ハルヒの憂鬱、ガールズ&パンツァー


トラックバックやリンクは、自由に張ってください。

<推奨ブラウザ>
◎Opera/Firefox系 ○Chrome系/Safari △IE
主に使っているのは、OperaとFirefoxです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
タグリスト

アニメ マクロスF 涼宮ハルヒの憂鬱 いとうのいぢ ななついろ★ドロップス コードギアス 宙のまにまに らき☆すた OP 視聴予定 ゲーム オリコン とある科学の超電磁砲 けいおん!! ED PS2 WORKING!! 挿入歌 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト AngelBeats! 漫画 坂本真綾 ながされて藍蘭島 乃木坂春香の秘密 はなまる幼稚園 コミック ブログ投票 瀬戸の花嫁 とある魔術の禁書目録 アニメ作風考察 アニメ誌 化物語 true_tears ARIA ハヤテのごとく! CMS NewType サントラ ゆるゆり 涼宮ハルヒの戸惑 動画 WordPress バスカッシュ! スクールデイズ 灼眼のシャナ 黒執事 DVD マクロス けいおん! 魔法少女まどか☆マギカ 涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 とある魔術の禁書目録II キミキス 狼と香辛料 ガンダム00 インフィニット・ストラトス 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 侵略!?イカ娘 侵略!イカ娘 ベン・トー 相関図 ロザリオとバンパイア エヴァンゲリオン この青空に約束を たまゆら 宇宙をかける少女 かんなぎ BD ブログ フィギュア 神曲奏界ポリフォニカ シゴフミ ストライクウィッチーズ 逆境無頼カイジ コミックス 鉄腕バーディー もってけ!セーラーふく セキレイ MODx 黒神 さよなら絶望先生 Firefox ユニゾンシフト PSP WORKING´!! Little_Lovers_2nd YouTube みつどもえ sola ポリフォニカ クレイモア Drupal ヱヴァンゲリヲン ライトノベル 京アニ ゼロの使い魔 侵略!イカ娘 DS ベルセルク もってけ!セーラーふく スケッチブック ロロナのアトリエ カイジ 長門有希 CD 君が主で執事が俺で しゅごキャラ! ねんどろいど 破天荒遊戯 電撃文庫 涼宮ハルヒ ニュース 声優 坂井泉水 バイク 撲殺天使ドクロちゃん ユーチューブ どきどき魔女神判 歌詞 字幕.in 字幕 地球へ 絶対可憐チルドレン 小岩井フローラ ご愁傷さま二ノ宮くん ef プリズム・アーク レンタルマギカ ブルードロップ バンブーブレード 京都アニメーション スカイガールズ 色彩 こどものじかん ドラゴノーツ RD潜脳調査室 水樹奈々 生徒会の一存  聖地 Google日本語入力 Newtype バカとテストと召喚獣 ゴンゾ 科学 Lightbox Web制作 JavaScript Slimbox jQuery 青い花 ヒャッコ 聖地巡礼 オオカミさんと七人の仲間たち フラクタル お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだから 夢喰いメリー 日記 ロウきゅーぶ! 神様ドォルズ 森田さんは無口 ヨスガノソラ ミルキィホームズ アマガミSS 祝福のカンパネラ 学園黙示録 あそびにいくヨ! 神のみぞ知るセカイ 生徒会役員共 けいおん Opera PV PC Movable_Type 僕は友達が少ない カドゥン firefox ロボテック H2O FC2ブログ ゴルゴ13 windows_xp ブログ検索 ダ・カーポII 灼眼のシャナII DokuWiki CLANNAD ヴィンランド・サガ 薬師寺涼子 まりあ†ほりっく ホワイトアルバム アルバム 明日のよいち! アニソン RIDEBACK ラノベ 同人誌 鉄のラインバレル アニメディア スレイヤーズ アニメージュ イラスト とらドラ! ジブリ インターネット 

BD/DVD
Twitter
今やっていること
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2007-04-11頃から
月別アーカイブ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。