最近の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乃木坂春香の秘密ぴゅあれっつぁ♪ 8話「してあげる…」感想

乃木坂春香の秘密ぴゅあれっつぁ♪第8話「してあげる……」感想

美夏回。8巻31話から。そういえば、1期も8話が美夏回だった。
「春香ルートで攻略を進めていたら、いきなり美夏ルートになった」みたいな展開でしたね。こう、見ていて何ともいえない気分になる良エピソードです。

と言っても、初期の頃から美夏は裕人になついていたんで、きっかけさえあればいつ美夏ルートになっても本当はおかしくはないんだけど。

もっとも、裕人が淡白すぎるため、春香以外とは進展しない。いや、春香とも進展しているのかどうか…。

今回の話、邪魔が入らなければ普通にそのままエリとキスし、その後みっかみかにされてたようにも見える。しかし、裕人が拒否すると人間関係が壊れてヒロインが脱落するため、裕人は鈍感な上に優柔不断で流されるキャラに…。

春香は前回に続いてほとんど空気。とは言え、本来は出ないはずだから、出番があるだけよかったのかも。

萌え作品はなぜか、読者・視聴者側に「男女が付き合い始めたら、そこで話が終わる」みたいな意識が多分にありますね。書き手にとっても「恋愛要素を濃くすると売れない」というのが常識としてあるらしい。
そのため、主人公が極端に鈍かったり妙に淡白だったり優柔不断だったりと、どうしても無理が出てきてしまう。


美夏可愛いな

この作品、春香と裕人の描写にものすごく重点を置いているため、本来かなり良いキャラな美夏も、描写が少なめになっちゃうんですよねぇ。その分、今回は活躍。
  • 自分のお気に入りな『おに~さん』を、みんなに見せびらかしたい
  • 裕人が他の女の子たちの興味を引いてる事に、嫉妬
また、姉の彼氏(?)が好き、でも向こうはこっちを全然女として見てない…というのは、美夏にとっては複雑な気持ちだよなぁ。


本編

裕人が美夏の学校に
美夏に呼ばれて、私立双葉女学院に来た裕人。
美夏の友だちの塔ヶ崎エリ、初瀬光、藤ノ宮美羽に案内される
原作は、ここらへんで不自然にもたつくんだけど、エリたちの案内でさっさと教室へ。
エリはもっとすらっと背が高い美人さんなイメージだったけど、アニメではそうでもなかった。

裕人がもみくちゃにされる
綾瀬裕人を級友に紹介する、乃木坂美夏
こんな女子校があるわけない生徒にだって家族や親戚の男の知り合いぐらいいるだろう……そういう突っ込みをするのはあれだな。
裕人のハーレムは学校を超えて中学生まで広がっていくのか…。たくさんの女子中学生にいい意味でもみくちゃにされるとか、どうよ。

あれ? そう言えば、アニメで「綾瀬裕人の初恋の相手は、姉の友だち(=由香里先生)」ってのは、やったっけ? まあ、メイド隊が調べて美夏に教えてても、全然おかしくないけど。
由香里先生は黙ってれば美人なので、小さい頃に初めて出会った時、裕人はころっとだまされてしまった。

美夏の意外な一面
美夏は「おに~さん」を大好きらしい。
美夏の意外な一面。実は美夏は生徒会長だった
1期でも妙に頼られてる風はあったけど、実は美夏はすごかったりする。「月下の苺姫」って、姉の二つ名「白銀の星屑」とかとちょっと似てる。

妹が裕人にちょっかいを出している間、姉は意味もなく…いや、サービス要員的にお風呂に。しかも、すごい湯けむり! 前回・今回と春香は空気ですね。

エリ、光、美羽に囲まれる
エリ、光、美羽が乗っかってきて、嫉妬する美夏
高校生から見れば中学生とかまだ子供だろうけど、あまりのハーレムっぷりに何ともいえない気分になるなぁ…。

すうぃーと美夏ちゃん
『まじかる堕天使すうぃーと美夏ちゃん』の演劇を披露
原作ではロミオとジュリエット2008だったけど、1期EDネタの演劇に変更。
ロミジュリよりも美夏のコスプレの方がアニメ的に見ばえがするし、重要なのはむしろ次のキスシーンなので、こういう小ネタをはさんだ変更でよいのかも。

裕人とエリがキスしそうになる
エリが男の子の気持ちがよくわからない、という事で裕人が演技。相手役は美夏じゃ笑ってしまうのでエリに変更。裕人とエリがキスしかける
『棒演技の演技』ってのが出来るのは、さすがにプロ。

原作は、美夏が裕人とキスしたいがために策略(?)をめぐらせたような感じだったんですが、この改変はどういう事だろう?
…と思ったけど、わからなくもない。
  • 美夏をちょっと純粋な感じにした
  • 美夏の嫉妬を煽る
  • エリと裕人のフラグたて……2期でやるかどうかはわからないけど、裕人とエリは後々関わりがあるので
といったあたりかな?

美夏と裕人が閉じ込められる
美夏と裕人がロッカーに隠れてるうちに鍵を閉められてしまう
ロッカーに隠れたり女の子と二人きりで閉じ込められたりってのは、超定番ですねぇ。「携帯が圏外」ってのはさすがにないだろうと思うんだけど。
本編に関係あるかどうかはともかく、葉月さんとネルソン君が可愛いな。

美夏が裕人を押し倒す
美夏 「おに~さんもドキドキさせてやることにしたの。寝ても覚めても私のことが忘れられないくらい」
美夏 「みっかみかにしてあげるんだから」
ここまでさせて、何も反応しないのか裕人は…! いや、美夏は中学生でも子供っぽいし、裕人から見れば普通に対象外だろうけど。

美夏の台詞は恥ずかしいし微妙に流行ネタな事もあり、後で那波さんや葉月さんがフォロー…というか、からかってうまく紛らわせてる感があります。

那波、葉月、アリス登場
那波、葉月、アリスが迎えに来る

美夏はあきらめない
おに~さんの事はまだあきらめてない
この懐中電灯の演出は面白いなぁ。

あのままみっかみかにしてたら、葉月さんや那波さんはどうしたんだろう。美夏は喜んでも春香が悲しむ…

ああ、春香とも美夏とも仲良くするという手もあるのか。いや、そんな事したら玄冬に叩っ斬られるな。


次回「初体験です☆」

春香的には、裕人とまだやってない事があるらしい。
デート
すでにしまくってると思うけど、ここは改めて。
TAG :
アニメ
乃木坂春香の秘密

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

お久しぶりです。この作品は視聴してないんですけど、付き合ってからのエピソードが少ないことについての考察は、これでも小説書いてる身としちゃ結構卑近な問題ですのでコメントさせていただきます。


実はこれ、読者の問題ではなくて、書き手の問題なのですよ。それとこれは萌え作品だけの話じゃなくて、若年の恋愛を扱った小説の殆どに当てはめられると思います。

読者が告白後のストーリーを読みたがらないとは思わないです。
例えば告白して付き合うことになって大団円を迎えた話でも、この二人のその後が見たいという声が多かったりしますし。ニーズは決して少なくないのではないかと。

で、書き手の問題とは一体どういうことなのか。簡単に言うと告白という舞台装置が非常に優秀すぎるのです。
告白後のいちゃついてるカップル話を中心に据えてストーリーテーリングすると、恋愛の盛り上がりは性交や結婚という非常に繊細で表現が難い舞台装置で物語を盛り上げる必要があります。特に性交はメディアで扱うのが非常に難しい上、イノセンスでありたい若い層にウケづらいテーマですからね。
対して告白前の二人を中心にストーリーを展開すれば、告白という最大のクライマックスが既に用意されている、ということになります。これは書き手としてはとっても便利なわけなのです。読者としても安心して受け入れられますしね。

僕の考えとして、告白後のストーリーが少ない理由は読者がそれを求めていないからではなく、告白という舞台装置なしにストーリーテーリングするだけの技量が作者に備わっていない部分も大きいのかなと思います。

長々と失礼しました。

>4everさま
応援しているキャラ(カップル)の行く末を見たいファンがいるのは、自然な事だと思います。

ただ、自分は最近、「告白がクライマックス」というのに、ちょっと違和感持つようになってます。告白は物語の終わりではなく、始まりでいいんじゃないかと。
むしろ序盤のつかみや中盤の引き(ロボット物で言えば、戦闘みたいなもの)でかまわないように思えます。また、告白がないまま付き合ってもよいと思ってます。

じゃあ、付き合い始めてから何をするかと言ったら、以前からやってきた事をちょっと濃く描けばいいんです。
・デートなどで、絆が深まったりする。逆にもめたりする
・恋愛以外の人間関係がおかしくなってくる
・別の相手が言い寄ってくる
などなど。

でも、アニメ化に至った作品を見ていく限り、序盤や中盤に付き合い始めたパターンは、少ないです。告白も、「付き合うために必須で、かつ拘束力が非常に強い契約」になってる感がありますね。
自分は、「読者・視聴者の多くがそういうのを好むから」と思ってます。書き手の力量不足なのかもしれませんが…。

丁寧なレス返しありがとうございます。

>じゃあ、付き合い始めてから何をするかと言ったら、以前からやってきた事をちょっと濃く描けばいいんです。
確かに告白後でも構わないですけど、それらの例であれば別に告白前であっても構わないですよね。むしろそういったエピソードは絆が深まった上で告白のほうがより自然でドラマティックになるのではないでしょうか。

>自分は最近、「告白がクライマックス」というのに、ちょっと違和感持つようになってます。
現実は確かに告白した後からが本当のスタートなわけですけど、それを必ずしも物語に反映する理由が書き手としては見つからないわけです。告白後だと書き手にとってはデメリットばかりが目立ちますからね。メリットは性愛や結婚というテーマを描くときか、お互いの独立を描きたい場合のみ適用されます。明るい話書きにくいんですよ。
まとめておきます。
告白後と告白前の物語はだいたいメリット(守備範囲)が被ります。ただし告白後の物語にするほうがデメリットも多く、告白後独自のメリットが非常に扱いにくいテーマであるから、書き手としては書き辛いのです。

>告白も、「付き合うために必須で、かつ拘束力が非常に強い契約」になってる感がありますね。
それはそうです。
そもそも告白という文化自体が現実がメディアに付随した部分が強いんですよね。小説やドラマを盛り上げるためのフィクションだった文化が、現実に逆輸入されたところに、現代の告白は由来してるんで。
愛の告白≒異性間交友の提案であるのはまず間違いないです。必須ではないにしろ、現実でも告白なしに付き合ってる人間はかなり少数かと。


>自分は、「読者・視聴者の多くがそういうのを好むから」と思ってます。
それも確かだと思います。
それに「告白前でも告白後でも関係ないんじゃね?」と考えている無関心層もかなり多い気もしますね。いちゃつくことに関したって別に告白前でも構わないわけですし。
それは作家も同じなのかもしれませんね。技量不足もあると思いますが。

>4everさま
確かに、告白などで恋人関係を確定させた後だと、恋愛要素の波乱が殺伐とする可能性は跳ね上がるでしょうねぇ…。
いわゆる昼ドラとかケータイ小説だと、「落とす前の恋愛要素なんてぬるい。付き合い始めてから背徳感持ちつつ心移りしたり、鬼気迫る形で恋人を取り合ったりする方が、刺激的だしリアルに感じられる」となるんだろうけど、少なくともアニメ化に至ったような作品では、やはりそういうのは受け入れられにくいとは思います。

今までそれなりにアニメ見てきたけど、彼氏(彼女)を取った取らないで登場人物が激しく争うのは、あらかじめ他の要素でよっぽど物語にはめ込んでないと単に引かれるだけになりそうですね。

ただ、この乃木坂春香みたいに主人公とヒロインが仲良くするシーンを他作品に比べてかなりていねいに描いてきた作品だと、「二人に恋人同士という意識がない」事に、ちょっと違和感は感じますね。
まぁ、「初日の出を一緒に見てキスされて肩を抱き寄せたとしても、告白してないし、付き合ってるというのとはちょっと違う!」という理屈で、遊び慣れてるわけでもない主人公が普通にほかの女の子と仲良くするのも、この作品の特色になってはいますが…。
Private :

BD/DVD/CD
リンク(公式サイトとか)
カテゴリ
ブログ内検索
最近のコメント
プロフィール

せれすと

Author:せれすと
アニメ:涼宮ハルヒの憂鬱、ガールズ&パンツァー


トラックバックやリンクは、自由に張ってください。

<推奨ブラウザ>
◎Opera/Firefox系 ○Chrome系/Safari △IE
主に使っているのは、OperaとFirefoxです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
タグリスト

アニメ マクロスF 涼宮ハルヒの憂鬱 いとうのいぢ ななついろ★ドロップス コードギアス 宙のまにまに らき☆すた OP 視聴予定 ゲーム オリコン とある科学の超電磁砲 けいおん!! ED PS2 WORKING!! 挿入歌 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト AngelBeats! 漫画 坂本真綾 ながされて藍蘭島 乃木坂春香の秘密 はなまる幼稚園 コミック ブログ投票 瀬戸の花嫁 とある魔術の禁書目録 アニメ作風考察 アニメ誌 化物語 true_tears ARIA ハヤテのごとく! CMS NewType サントラ ゆるゆり 涼宮ハルヒの戸惑 動画 WordPress バスカッシュ! スクールデイズ 灼眼のシャナ 黒執事 DVD マクロス けいおん! 魔法少女まどか☆マギカ 涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 とある魔術の禁書目録II キミキス 狼と香辛料 ガンダム00 インフィニット・ストラトス 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 侵略!?イカ娘 侵略!イカ娘 ベン・トー 相関図 ロザリオとバンパイア エヴァンゲリオン この青空に約束を たまゆら 宇宙をかける少女 かんなぎ BD ブログ フィギュア 神曲奏界ポリフォニカ シゴフミ ストライクウィッチーズ 逆境無頼カイジ コミックス 鉄腕バーディー もってけ!セーラーふく セキレイ MODx 黒神 さよなら絶望先生 Firefox ユニゾンシフト PSP WORKING´!! Little_Lovers_2nd YouTube みつどもえ sola ポリフォニカ クレイモア Drupal ヱヴァンゲリヲン ライトノベル 京アニ ゼロの使い魔 侵略!イカ娘 DS ベルセルク もってけ!セーラーふく スケッチブック ロロナのアトリエ カイジ 長門有希 CD 君が主で執事が俺で しゅごキャラ! ねんどろいど 破天荒遊戯 電撃文庫 涼宮ハルヒ ニュース 声優 坂井泉水 バイク 撲殺天使ドクロちゃん ユーチューブ どきどき魔女神判 歌詞 字幕.in 字幕 地球へ 絶対可憐チルドレン 小岩井フローラ ご愁傷さま二ノ宮くん ef プリズム・アーク レンタルマギカ ブルードロップ バンブーブレード 京都アニメーション スカイガールズ 色彩 こどものじかん ドラゴノーツ RD潜脳調査室 水樹奈々 生徒会の一存  聖地 Google日本語入力 Newtype バカとテストと召喚獣 ゴンゾ 科学 Lightbox Web制作 JavaScript Slimbox jQuery 青い花 ヒャッコ 聖地巡礼 オオカミさんと七人の仲間たち フラクタル お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだから 夢喰いメリー 日記 ロウきゅーぶ! 神様ドォルズ 森田さんは無口 ヨスガノソラ ミルキィホームズ アマガミSS 祝福のカンパネラ 学園黙示録 あそびにいくヨ! 神のみぞ知るセカイ 生徒会役員共 けいおん Opera PV PC Movable_Type 僕は友達が少ない カドゥン firefox ロボテック H2O FC2ブログ ゴルゴ13 windows_xp ブログ検索 ダ・カーポII 灼眼のシャナII DokuWiki CLANNAD ヴィンランド・サガ 薬師寺涼子 まりあ†ほりっく ホワイトアルバム アルバム 明日のよいち! アニソン RIDEBACK ラノベ 同人誌 鉄のラインバレル アニメディア スレイヤーズ アニメージュ イラスト とらドラ! ジブリ インターネット 

BD/DVD
Twitter
今やっていること
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2007-04-11頃から
月別アーカイブ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。