最近の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「涼宮ハルヒの消失」感想 出来が良すぎて泣いた

映画「涼宮ハルヒの消失」感想

涼宮ハルヒの消失、2/7(日)に見てきました。
結論を言うとすごくいいです。特に、長門が可愛い。消失長門も、元に戻った長門も。

涼宮ハルヒの消失 公式サイト

涼宮ハルヒシリーズ中でも特に評価が高い『涼宮ハルヒの消失』を、アニメ向きに多少調整しつつほぼ原作のままに再現。京都アニメーションの映像表現とあわせて、非常に完成度の高い映画になってます。約2時間40分(163分)だけど、長いとは全然感じなかった。
京アニはもともと高品質な萌えアニメの制作が売りだけど、消失はさらに高密に。阪急の甲陽線~西宮北高校あたりを相当しっかり描いてます。音楽もいい雰囲気のものを要所に使っている。

キョンは元の「騒がしくも楽しい非日常」を選んだけど、正直、消失長門と二人静かに文芸部の活動を続けるのもよかった気が。
でも、改変された世界から脱出する方法が用意されキョンがハルヒを大急ぎで探した時点で、すでに答えは出てたんでしょう。いや、3年前の七夕の事を思えば、全て「既定事項」だったのか。長門にとってはちょっと切ない話ですが…。

ただ、キョンは今まで何度も長門に助けてもらいつつも彼女をどこかぞんざいに扱ってきた雰囲気があったけど、今回で「長門の事を気にかけ、守ろう」と考えるようになったわけで、かなりの進歩だと思います。
BD全28話+激奏+弦奏+特典多数



割と普通な客層

グッズはパンフレット以外ほぼ全部売り切れ。あと、記念品でメモパッドもらえました。席は真ん中あたりを予約。
客の男女比は7:3ぐらい? だけど、マクロスFに比べると客層がかなり広い印象。50代ぐらいに見える人もいるし、中学生ぐらいの女数人連れや親子連れも普通にいましたね。見るからにその筋という雰囲気の人は少ない。

なお、リピーターキャンペーンをやっていて、2/27以降にチケット半券を2枚持って行くと、フィルムブックマークがもらえます(※2枚のうち少なくとも1枚は2/27以降のものに限る)。
(2010/02/11追記)2/6-2/7の土日興行収入は約8900万円。マクロスFより多いです。


物語がいったん収束し、新たな段階に

さまざまな伏線がいったん『涼宮ハルヒの消失』で収束。「ハルヒのいない世界」として、一つの形をなした長編となってます。
そして、キョンが本心を自覚しSOS団への関わり方を変えていくきっかけにもなっている。
次の大きな収束と変化は『涼宮ハルヒの分裂/涼宮ハルヒの驚愕』だと思ってますが、驚愕が発売延期になって早くも3年近く…

涼宮ハルヒの物語は、基本「あるはずないんだけど、あったらいいな」という非日常を描いてます。類似作に比べても、この「あったらいいな」のバランスがかなりうまく取れてる印象。作者は濃いオタじゃなさそうなんで、昨今流行の「ネタに困ったらヲタネタやパロでウケを狙う」のも少なめ。

現実の高校には宇宙人も未来人も超能力者もおらず、多少のドラマはあるとしても大抵の人は淡々と日々をすごし淡々と卒業する…つまり、「ハルヒが消失した世界」に近い。
  1. 高校入学以来キョンを悩ませ続けてきたはずの「涼宮ハルヒ」が突然いなくなり、平凡な日常が続く平凡な世界に放り出された
  2. そうなってみて初めて、キョンはハルヒという存在の大切さや、SOS団での非日常を楽しんでいた自分に気づいた
というわけ。


基本設定と笹の葉ラプソディは知ってる方がよい

アニメ1期(特に、時系列順の序盤1話~6話。ハルヒ登場~ハルヒが世界を再構築しようとするまで)+笹の葉ラプソディを見ていれば、この映画はほぼわかります。原作で言えば、1巻『涼宮ハルヒの憂鬱』と、3巻『涼宮ハルヒの退屈』に収録されてる「笹の葉ラプソディ」。

もっとも、「ハルヒって誰?」という人はあまり見に行かないだろうし、アニメ本編未視聴or原作未読or消失のあらすじを全然知らない、という人も少なくなってるとは思います。

なお、映画は一般的に「その作品を全然知らない人でも、パンフレットを読めば基本設定はわかる」ようになっていて、涼宮ハルヒも一応そうなってます。でも、時間移動はもともとわかりにくい要素だし何度も行き来しているので、そこらへんで混乱しそう。


アニメ向きに多少改変

キョンの長々としたひとりごとは、やはりそれなりにカット。一方、
  • 谷口がやたら元気そうにしてる→翌日一転して風邪気味に
  • 室内での会話を屋外にする
  • キョンの自問自答に、きちんと動くイメージ映像をつける
など、アニメ向きに調整。


劇場でよかったと思う

30分のテレビアニメは本編が実質21分ぐらいなので、『涼宮ハルヒの消失』の2時間40分は7話分ちょっとぐらいの長さ。原作1巻の『涼宮ハルヒの憂鬱』が6話構成だった事を思うと、かなり長い。

でも、いざ見てみれば映画で正解です。テレビアニメの制約を受けずに済んでるので。
テレビで『涼宮ハルヒの溜息』を見た人は、妙なぶつ切り感を感じたかと思います。あれは「原作を55ページごとに区切ってアニメ化」という試みをやっていたため。
ラノベは21分きっかりにまとまるよう書かれているわけじゃないし、テレビは予算や時間もかなり限られており、放送は3ヶ月(12話~14話程度)が1単位になってる。消失をテレビアニメにした場合、4話~5話構成で駆け足になった可能性が高い。

もちろんテレビ放送の方が作品の認知度は上げやすいだろうし、熱烈なファンの錬成、シリーズ化による人気の持続、グッズ展開などもしやすそうなわけですが。でも、「堅いファンがついてる有力作は、人気エピソードを少数の映画館で上映」というのは、今後も結構ありそう。

テレビアニメの話数構成にもう少し自由度があれば、笹の葉2話+エンドレスエイト3話+溜息4~5話、ぐらいを放送した後で消失映画が出来たのかも。
結果論だけどそのようにして、余った話数はらき☆すた特別編をやった方がよかった気が。


映画本編

ネタバレ注意!




記憶頼りなので、若干違う部分があるかも。なお、英語タイトルは"Disappearance of Haruhi Suzumiya"。vanishment(消滅)ではなく、disappearance(姿が見えない)です。
映像は(当たり前ですが)映画の撮影とか出来ないんで、CM映像です。
クリパ準備で騒ぐ涼宮ハルヒ
クリスマスパーティーの準備ではしゃぐハルヒ
1年5組は全キャラに細かい設定があり、それを踏まえて会話してるっぽい。

キョンが背中を丸めてのそのそと歩いたり、ハルヒが「クリスマスパーティ」をホワイトボードに大きく書きすぎて入りきらなくなったり、谷口が元気いっぱいサッカーしたりと、アニメ向きの描写が入ってる。

ハルヒが「酒はもう飲まない」みたいな事を言ってるけど、アニメの孤島症候群では飲酒シーンが丸ごとカットされたんで、ちょっと変な印象。なお、この後のキョンの妹の発言からすると、妹も孤島に行った事になってる(つまりアニメ版準拠)。

そういえば、長門が雪の結晶に興味を持ってる描写があったような…。

ハルヒが消え朝倉良子が現れる
12月18日、異変が起こる。谷口は突然風邪をひき、キョンとみんなの記憶が食い違っている。
そして、長門が消滅させたはずの朝倉涼子がハルヒの席に。


誰もハルヒを知らない。古泉一樹は教室ごと消え、朝比奈みくるや鶴屋さんはキョンを知らない
キョンのうろたえようはちょっと痛々しいけど、似て異なる世界に一人だけいきなり放り出されたようなもんで、狂乱するのも仕方ない。

普通の女の子になった長門有希
文芸部室には長門有希がいた。だが、キョンの事は知っているがSOS団の事は知らず、普通の女の子のようになっていた。
帰り際、有希はキョンに入部届を渡す
キョンの携帯にさり気なく「佐々木」が。
朝比奈さんの反応を思えば、長門の反応は明らかにキョンに好意的。世界の改変後もキョンがすぐに文芸部室に来る事は予想がつくわけで、これはやはり長門の望む世界って事なのかな。
後で思ったけど、備品のPC-9821ってもともと文芸部室にあったのを、長門か朝倉か喜緑江美里が処分したのかも。

鍵をそろえよ
翌12月19日、手がかりを得られないままキョンは再び文芸部室へ。
以前長門から借りた本の中に「鍵をそろえよ」と書かれたしおりを見つける
原作では「何となく」本を眺めるけど、アニメでは意識的に「またしおりがあるんじゃないか」と探してる。
入部届としおりは対の存在ですね。これに限らず、対になってる描写はかなり多い。

キョンは原作ほど意地悪じゃなく、キョンと長門はお互いがお互いを意識して照れてます。
普段は帰宅の合図を長門がするけど、消失長門ではキョンの行動が合図になってる。

帰ろうとするキョンを、長門有希が引き止める
長門に誘われて家へ。図書館でカードを作った時の話を聞く。
朝倉が食事を持って来て、キョンは帰ろうとするが…
長門の誘いは、部室ではなく帰宅途中に。長門の家は原作と違い、殺風景ではあるけど多少人間味が出てます。
図書館での記憶のズレは、長門ががっかりする前に朝倉が登場。
キョンが部屋を出ていこうとする時の長門の反応はすごく可愛らしいけど、キョンの台詞がアレなので映画館では笑いが…。
いざ朝倉が再登場してみると、かなりの毒舌家だなぁ。こういう濃いキャラが本編序盤で消えたのは、ちょっともったいなかった。
「明日も部活に行っていいか?」では、長門がものすごくいい表情をする。

ハルヒを知っていた谷口
12月20日。谷口がハルヒを知っていた。ハルヒは光陽園学院にいると聞いてキョンは飛び出し、ハルヒと古泉を見つける
谷口ほか、東中出身者が軒並み風邪でダウンしてて「ハルヒ」を知ってる人が一時的に身近にいなくなってたんですよね。
実際は二人ほど来てたけど、キョンが彼らから「ハルヒ」の事を聞こうとしなかった。
この映画、BGMなしのシーンが結構あるけど、谷口がハルヒについて話し始めるあたりで荘厳な音楽が流れたりと、要所でいい曲を入れ緩急をしっかりつけてる。

ハルヒと古泉に、いきさつを語る
喫茶店で、いきさつを語る
笹の葉まで改変されていたら「ジョン・スミス」も通じずアウトだったけど、この作品の時空概念的に、改変したくても出来なかったと思われます。
ここまで見るとわかるけど、
  • 元の世界の記憶を残してるキャラ……キョンだけ
  • 元の世界と人格が違うキャラ……長門有希だけ


涼宮ハルヒ、古泉一樹、キョンは北高に行き、朝比奈みくるを拉致して文芸部へ。鍵がそろった。
入部届を長門に返し、キョンが緊急プログラムを実行。3年前の七夕に飛ぶ
みくるの例の名セリフ(?)で笑いが。

入部届を返されて泣きそうな顔の長門が切ない…。キョンの言葉も、この世界の長門にとってはよくわからない話ですし。

朝比奈みくる(大)と一緒に長門のところへ
朝比奈さん(大)と一緒に長門のマンションへ。世界を再修正するプログラムを受け取る
「また会おう、長門。しっかり文芸部で待っててくれよ。俺とハルヒが行くまでさ」というキョンの台詞、あったっけ…?

世界改変の犯人にプログラムを打ち込もうとする
現在の12月18日早朝に時間移動。世界を改変した犯人のところに行く
キョンの長い自問自答を、京アニっぽい演出でしっかり描いてる。

キョンの血が長門の顔に飛び散る
朝倉に刺されて倒れるキョン
長門の顔に血が飛び散るシーンがCMで繰り返し流れてて何で血がついたのかと思ったけど、朝倉の動きを見て納得。

この朝倉という存在は改変された世界ではどういう位置づけだったんでしょうね…。異常動作の産物だったのか、長門を守るためのものだったのか。でも、「人格は変わってない」とすると、「邪魔だと思ったらためらう事なく刺す」のが朝倉のパーソナリティという事か。

なお、この場はいろんな人が入り乱れるけど、誰がいるかは何となくわかるようになってます。


病院で目覚めたキョン。ハルヒが寝袋にくるまって寝ていた
キョンがハルヒの顔を触るあたりは、ちょっと生々しい。これがキョンの答えなのかな。いや、この数日でハルヒの大切さに気づいたから、ああいう動きになったのか。


病院の屋上。キョンは長門に、「今後長門が消えたりいなくなったりしても、何としても取り戻しに行く」と伝える
病室での会話が屋外に変更。結果、すごく綺麗なシーンになってます。

ここ、六甲アイランド~キョンが入院している甲南病院(神戸市東灘区)の、空中からの夜景が差し込まれてます。舞い降りる雪や統合思念体視点のイメージでしょうかね。

会話の途中で雪が降ってきてキョンが「ゆき」とつぶやくけど、イントネーションは「雪↑」ではなく「有希↓」に近かったような。長門は名前で呼ばれたと考えたように見えたけど、本当のところはどうだったのか…。ここで、例のあの映像が使われる。

キョンが長門にコートを着せてやったあたり、「ずっと長門を守り続ける」という誓いを立てているかのように見える。プロポーズのように見えなくもない。


いつもの、でも以前とはちょっと違う非日常へ
序盤と似た映像だけど、キョンがSOS団に対して前向きな気持ちになった。


図書館で本を読む長門
映画オリジナルのラストシーン。少しずつ変わり、感情が生まれてきた長門。
本で口元を隠した彼女、どんな表情をしてたのかな…。


今後の展開

終盤あたりを見る限り、続編を強く意識した作りです。

原作をある程度読んでる人ならわかるかと思いますが、原作で今後のキーポイントになりそうな要素が強調されたり、明らかに未回収とわかる伏線が原作通りに残されたりしてる。

全体を通してみるとハルヒたちが1年生の時のエピソードはある程度まとまっているんで、続きは十分作れるわけですが…さて、どうなるか。

後は、涼宮ハルヒの消失パッケージが、「DVDのみ。特典は白石さん解説によるハルヒと無関係な場所の実写」みたいにならない事を祈ってます。伊藤プロデューサもそろそろ「アニメファンがほしいと感じる、価値あるパッケージ」を真剣に考えた方がいいんでは。『涼宮ハルヒ新アニメーション』『キディ・ガーランド』で角川は少なくとも数億円以上、売上見込みが狂ったわけだし。

まぁ、『涼宮ハルヒ新アニメーション』と『化物語』という同時期に放送された作品にきわめて明確な差が出たので、以前よりは改善の期待が持てそう。
TAG :
アニメ
涼宮ハルヒの憂鬱

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>伊藤プロデューサもそろそろ「アニメファンがほしいと感じる、価値あるパッケージ」を真剣に考えた方がいい

↑これに同意過ぎて吹いた。白石の映像とか誰得だよと毎度思う。

>白石の映像とか誰得
WAWAWA忘れ物がいくらウケたと言っても、あれは一発芸みたいなもんだと思います。

らき☆すたの頃から思うけど、白石さんが声をあてたキャラを無理やり出したり、さらには白石さんが実写で本編とはぜんぜん関係ない事をやってるEDや特典をつけたりしても、マイナスでしかないですね。
事情は知りませんが、ここまで白石さんを推すのは異常です。

まぁ、ハルヒ2期とキディ・ガーランドが犠牲になったおかげで、改善される可能性が高くなったとは思います。キディは一時期キャラコメンタリーを特典につける予定でしたし。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

大変遅ればせながら、見てきました!
消失長門は可愛いけど、それ以上にキョンの変化がとても丁寧に描いてあって、ハルヒという話しにおいて消失がどれだけ大事な話しかを再認識させられました。
驚愕が止まらないことを祈っています。

※通りすがりさま
映画よかったですよね。
消失を通して、キョンの考え方は大きく変わりましたね。この消失は、ここまでのハルヒ物語のまとめのようなものだと、自分は思ってます。
驚愕やその後もまだまだ続いてほしいですが、まずは驚愕ですね…。
Private :

BD/DVD/CD
リンク(公式サイトとか)
カテゴリ
ブログ内検索
最近のコメント
プロフィール

せれすと

Author:せれすと
アニメ:涼宮ハルヒの憂鬱、ガールズ&パンツァー


トラックバックやリンクは、自由に張ってください。

<推奨ブラウザ>
◎Opera/Firefox系 ○Chrome系/Safari △IE
主に使っているのは、OperaとFirefoxです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
タグリスト

アニメ マクロスF 涼宮ハルヒの憂鬱 いとうのいぢ ななついろ★ドロップス コードギアス 宙のまにまに らき☆すた OP 視聴予定 ゲーム オリコン とある科学の超電磁砲 けいおん!! ED PS2 WORKING!! 挿入歌 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト AngelBeats! 漫画 坂本真綾 ながされて藍蘭島 乃木坂春香の秘密 はなまる幼稚園 コミック ブログ投票 瀬戸の花嫁 とある魔術の禁書目録 アニメ作風考察 アニメ誌 化物語 true_tears ARIA ハヤテのごとく! CMS NewType サントラ ゆるゆり 涼宮ハルヒの戸惑 動画 WordPress バスカッシュ! スクールデイズ 灼眼のシャナ 黒執事 DVD マクロス けいおん! 魔法少女まどか☆マギカ 涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 とある魔術の禁書目録II キミキス 狼と香辛料 ガンダム00 インフィニット・ストラトス 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 侵略!?イカ娘 侵略!イカ娘 ベン・トー 相関図 ロザリオとバンパイア エヴァンゲリオン この青空に約束を たまゆら 宇宙をかける少女 かんなぎ BD ブログ フィギュア 神曲奏界ポリフォニカ シゴフミ ストライクウィッチーズ 逆境無頼カイジ コミックス 鉄腕バーディー もってけ!セーラーふく セキレイ MODx 黒神 さよなら絶望先生 Firefox ユニゾンシフト PSP WORKING´!! Little_Lovers_2nd YouTube みつどもえ sola ポリフォニカ クレイモア Drupal ヱヴァンゲリヲン ライトノベル 京アニ ゼロの使い魔 侵略!イカ娘 DS ベルセルク もってけ!セーラーふく スケッチブック ロロナのアトリエ カイジ 長門有希 CD 君が主で執事が俺で しゅごキャラ! ねんどろいど 破天荒遊戯 電撃文庫 涼宮ハルヒ ニュース 声優 坂井泉水 バイク 撲殺天使ドクロちゃん ユーチューブ どきどき魔女神判 歌詞 字幕.in 字幕 地球へ 絶対可憐チルドレン 小岩井フローラ ご愁傷さま二ノ宮くん ef プリズム・アーク レンタルマギカ ブルードロップ バンブーブレード 京都アニメーション スカイガールズ 色彩 こどものじかん ドラゴノーツ RD潜脳調査室 水樹奈々 生徒会の一存  聖地 Google日本語入力 Newtype バカとテストと召喚獣 ゴンゾ 科学 Lightbox Web制作 JavaScript Slimbox jQuery 青い花 ヒャッコ 聖地巡礼 オオカミさんと七人の仲間たち フラクタル お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだから 夢喰いメリー 日記 ロウきゅーぶ! 神様ドォルズ 森田さんは無口 ヨスガノソラ ミルキィホームズ アマガミSS 祝福のカンパネラ 学園黙示録 あそびにいくヨ! 神のみぞ知るセカイ 生徒会役員共 けいおん Opera PV PC Movable_Type 僕は友達が少ない カドゥン firefox ロボテック H2O FC2ブログ ゴルゴ13 windows_xp ブログ検索 ダ・カーポII 灼眼のシャナII DokuWiki CLANNAD ヴィンランド・サガ 薬師寺涼子 まりあ†ほりっく ホワイトアルバム アルバム 明日のよいち! アニソン RIDEBACK ラノベ 同人誌 鉄のラインバレル アニメディア スレイヤーズ アニメージュ イラスト とらドラ! ジブリ インターネット 

BD/DVD
Twitter
今やっていること
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2007-04-11頃から
月別アーカイブ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。