最近の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある科学の超電磁砲 23話「いま、あなたの目には何が見えてますか?」感想

とある科学の超電磁砲レールガン第23話「いま、あなたの目には何が見えてますか?」感想

佐天さん、成長したなぁ。
序盤は「見た目は可愛いけど、思考などはいたって普通な無能力者」だったけど、今は「幻想殺しイマジンブレイカーを持ってない上条さん」に少し近づいた気がする。
能力は『力』の一つでしかないんですよね…。

これだけ佐天さんを押して禁書本編や超電磁砲の妹編はどうするんだろう…と思うけど、今回のアニメ化も原作と離れた部分が多々あるわけで、まぁなんとかするんでしょう。

しかし、テレスティーナの正体といい、予想とか考察とかと完全に合致するような事はやっぱりないなぁ。12話でちょこっと出てきて以来、色づかいやインテリアの趣味がおかしい事以外は一度も馬脚を表してなかったんで、ただのクールな悪党かと思ってた。


テレスティーナ・木原・ライフラインさん

学園都市の科学者をあっさり信用するとか…。
といっても、登場人物から見れば、教師以外の大人は似たようなものか。

黒幕っぽいとは思ってたけど、「木原幻生の研究資料をほしがってるんだろうな」ぐらいで、「誰かの命令で動いてるのかも」程度に思ってた。最後はアレイスターが出てくるかな、ぐらいに。

木原一族だったとは。

簡単に言うと、禁書目録に木原数多(きはらあまた)という科学者が出てくるんです。エキセントリックな性格と、一方通行を倒すためだけに練り上げた珍妙な総合格闘術(?)が、いろいろとアレな。
木原の血縁は、こういうのばっかりなんだろうか。


本編前半


10名の子供たちはMARの研究施設に保護され、春上が枝先絆理に面会。


木山春生を気にかける美琴
やっぱり、美琴が余計な事をしたために話がこじれたような気がしてならない。


初春は、春上のお見舞いに行く前に木山春生のところへ。ファーストサンプルが手に入ればワクチンは完成するはずだった。
一緒に春上さんや子供たちに会いに行くが、会わせてくれず、テレスティーナが豹変
こうやって見ると、初春は細かいところまで気がつくよい子に思える。
しかし、テレスティーナからしてみると、実験に使った子供を全員確保出来た事もあって、取り繕う必要がなくなったらしい。


テレスティーナは、木原幻生の孫で、第一被験者だった
この状況で誰に対してどう思うかは視聴者によって違うだろうけど、個人的にはとりあえず、黒子と美琴はちょっと考えを改めた方がいいと思う。
後で佐天さんがきちんとツッコミ入れてくれた
「美琴が被験者だった!」なんて事はさすがになく、テレスティーナの正体が判明。

そしてまた独断で単独行動する美琴。いや、責任を感じてるんだろうし、自分の力に自信を持ってるんだろうけど。

今後の妹編とか残骸(レムナント)の一件とか思うと、美琴が一人で無茶するのはもうそういう性格と言うしかないのかも。あるいはこういう行動原理を持つタイプは、能力を上げやすいという事なのか…。

アンチスキルの黄泉川愛穂もMARを怪しんでいるようで、ここらへんが後々につながっていくと思われます。


本編後半

湾内絹保と泡浮万彬
湾内絹保(左)と泡浮万彬(右)
久しぶりのこの2人。最初は美琴寄りだった気がしたけど、水着モデルの頃から婚后光子グループの構成メンバーになってるなぁ…。


美琴とテレスティーナが対決。キャパシティダウンで能力を奪われる。


気絶した美琴が連れ去られそうになるのを、婚后光子が助ける
テレスティーナの目的は能力体結晶の完成で、キャパシティダウンも彼女が作った。こうなるともう、『あのお方』とかが控えてるわけでもなく、テレスティーナがラスボスという事でよさそう。

レベル4でありながらずっとヤラレ役に甘んじてきた婚后光子が、ここに来て初めて作中で能力を役立てる事に。
能力的にはそこらへんに転がってるもの全部をミサイル代わりに射出出来るような感じと思われますが(自分自身を飛ばしたり出来るかどうかは不明)、今回描かれなかった…という事は、次回で描くのかな。


美琴が目覚める。


佐天「今、御坂さんの目には何が見えていますか」
佐天のとりなしで、皆で事件解決に向かう事に
佐天さん、よく言った。各人の行動が微妙にヨレていた『美琴勢力』が、佐天さんの言葉で一つにまとまった。佐天さんには上条さん的な素質がありそう。


アンチスキルもMARが怪しい事に気づき行動。
みんなで春上さんと子供たちを取り返しに行く
いつしか『美琴勢力』の少年探偵団みたいになってるけど、
  • レベル5…御坂美琴(電撃使い)
  • レベル4…白井黒子(空間移動)、婚后光子(空力使い)
  • レベル3…固法美偉(透視能力)
  • レベル1…初春飾利(保温)
  • レベル0…佐天涙子(説教見習い)
かなり強力ですね。湾内絹保と泡浮万彬(共にレベル3のはず)が加勢すればもっと安心だけど、さすがに来ないかな…。


次回予告「Dear My Friend」

次回が最終回。
十七学区の木原幻生の私設研究所あたりで決戦か。
TAG :
アニメ
とある科学の超電磁砲

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

どうみてもベアト様です本当にありがとうございました
個人的には今回も微妙 佐天悟り過ぎに違和感
初春は泣きすぎ 黒子ナイス喝だと思ったのに何故か窘められて謝らされてるし
あとどうでもいいけどこのアニメ男少なすぎ 男パラダイスがいいってわけじゃないけど女しかいないってのもどうなんだろう

声優さんに、似たイメージのキャラをさせる事はよくありますよね。まあ、わからなくもないですが。

キャラ付けと構成からすると、佐天さんが説教して場をおさめるしかないとは思います。そうしないと、佐天さんが空気になるし。
初春が泣きやすいのはレベルアッパーでも出てたけど、春上さんに関わる事ではちょっと感情的過ぎますね。

黒子は…「やってる事は理にかなっているけど、他人の感情をあまり考えず行動してる」というのを、佐天さんがさとしたんだと思ってます。

萌えアニメは、「男1女多のハーレム」か「メインキャラが女ばっかり」でないとウケにくいので、仕方ないとは思います。
超電磁砲に限らず、男友だちすら許されない空気はどうかと思うんですが、それも今のアニメの流れという事でしょうね…。

途中から割り込みます。

禁書との辻褄合わせがなく、一種のパラレルワールド的なオリジナルアニメだったら、ピンチのときに「上条さん投入」ができたと思います。あくまでも美琴の助太刀としてですけどね。やっぱり多少は男キャラがいた方が、スパイスとなって物語がピシッとするでしょうし。ただ、禁書の制約があるから、それはできないんですよね。せいぜい日常生活にちょこちょこ上条さん登場ぐらいしかできない。


そもそもこのレールガンという作品は、禁書のスピンオフですけど、もうレールガンだけで成り立つような、とても魅力のある作品だと思います。なまじ禁書と関係があったもんだから、この作品自体が持っているポテンシャルをフルに発揮できなかったような気がします、個人的には。もし、レールガンが禁書と関係なく完全オリジナルな作品だったら、僕はもっと面白くなったんじゃないかなと思います。今もじゅうぶん面白いですけどね。



ところで、テレスティーナですが、一応今シリーズのラスボスなのに、正体を明かしたとき、なんであんな品のないキャラにしちゃったんですかね・・・。街のチンピラみたいな表情と口調でちょっとガッカリしたんですがw

仮にも女なんだから、悪キャラでももう少し女っぽさを見せた方がよかったような・・・あの顔つきと喋り方はどうも違和感ありますね。キャラ的には、木山先生の方がよっぽどラスボスとしての品格がありますよ。

アニメ同士はぎりぎり辻褄が合うようになってますね。原作との違いもそう大きくないので、続きを作るのが困難って事はないですし。

話作りを考えれば、確かに本来なら上条さんを要所でもう少し投入して活躍させた方が締まったと思います。
「上条さんは7月下旬に記憶を失い、かつ8月下旬までは美琴とまともに話をしない」という制約のせいで、ちまちまと登場させるぐらいしかなかったですが…。


「本編の裏で何が起こってたか?」を描くスピンオフは、本編の制約を受けるのは宿命ではありますね。おっしゃる通りで、もし完全にオリジナルだったらもう少しいろいろ出来たと思います。
もっともそれだと、禁書ファンが離れてしまいかねないですが。


テレスティーナのあの態度は、「木原」だからだと思います。木原一族はああいう言動や表情にしよう、という事になったんでしょう。やってる事など考えても、ラスボスとしては少々しょぼい感は否めないですが。

さっき割り込みしたものです。

とある2chのまとめブログを見てたら、やっぱり木原だからという意見が多かったですね。自分は原作未読なので知らなかったものですから・・・これから読んでみようかな。

ただですね~、そういう事情があるにせよ、もうちょっとなんとかならなかったのかと・・・。だったら最初からある程度壊れたキャラで出てきてほしかったですね。途中までは綺麗で気品のある女性だったのに、正体あらわした途端、「ヒャ~ッヒャッヒャッヒャッwwぶぁ~~か!!!!www」なんてキャラになっちゃうのは・・・このギャップが正直ちょっとあんまり・・・



そういうのも含めて、禁書しばりがなかったらなあと思います。もっと自由に作れたんだろうな、と。
まあ、禁書があるからレールガンが生まれたんですけどね。

でも、こういったいろんな制約がありながらも、レールガンという作品を作り上げたのは、ひとえに御坂美琴というキャラクターに魅力があったからでしょうね。多少の矛盾が生じても、美琴というキャラの持つパワーで押し切れる、と。もうこの子はヒロインじゃなく、れっきとしたヒーローですよね。

原作はツッコミを入れたくなる無理やりな理論とかも多いですが、予想外な(しかし十分あり得る)展開や、絶体絶命のピンチをちょっとしたアイデアで切り抜ける事も多くて、なかなか面白いですよ。


テレスティーナは、「木原の血縁なら、いかにもありそう」というキャラ付けなんで、原作ファンへのサービス要素も大きいと思います。
能力体結晶やレベル6にこだわったり、学生をモルモット扱いしたりするのも「木原ならありえる」という感じだし。

>もうちょっとなんとかならなかったのかと
あのギャップは、話作りとも密接に関わってるでしょうね。
最終的にテレスティーナと戦いそうだなと漠然と思わせつつ、終盤までクールな科学者っぽく見せ、意外性を演出したかったんじゃないかと。


禁書による制約は確かに大きいんですが、スタート時の基礎となるファンの事を考えれば、そういう制約があってこそここまでこれたと思います。
困難に真っ向から立ち向かい続けるという美琴の魅力は、大きいですね。実際、人気ヒロインだからこそスピンオフの主役になったようだし。
Private :

BD/DVD/CD
リンク(公式サイトとか)
カテゴリ
ブログ内検索
最近のコメント
プロフィール

せれすと

Author:せれすと
アニメ:涼宮ハルヒの憂鬱、ガールズ&パンツァー


トラックバックやリンクは、自由に張ってください。

<推奨ブラウザ>
◎Opera/Firefox系 ○Chrome系/Safari △IE
主に使っているのは、OperaとFirefoxです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
タグリスト

アニメ マクロスF 涼宮ハルヒの憂鬱 いとうのいぢ ななついろ★ドロップス コードギアス 宙のまにまに らき☆すた OP 視聴予定 ゲーム オリコン とある科学の超電磁砲 けいおん!! ED PS2 WORKING!! 挿入歌 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト AngelBeats! 漫画 坂本真綾 ながされて藍蘭島 乃木坂春香の秘密 はなまる幼稚園 コミック ブログ投票 瀬戸の花嫁 とある魔術の禁書目録 アニメ作風考察 アニメ誌 化物語 true_tears ARIA ハヤテのごとく! CMS NewType サントラ ゆるゆり 涼宮ハルヒの戸惑 動画 WordPress バスカッシュ! スクールデイズ 灼眼のシャナ 黒執事 DVD マクロス けいおん! 魔法少女まどか☆マギカ 涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 とある魔術の禁書目録II キミキス 狼と香辛料 ガンダム00 インフィニット・ストラトス 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 侵略!?イカ娘 侵略!イカ娘 ベン・トー 相関図 ロザリオとバンパイア エヴァンゲリオン この青空に約束を たまゆら 宇宙をかける少女 かんなぎ BD ブログ フィギュア 神曲奏界ポリフォニカ シゴフミ ストライクウィッチーズ 逆境無頼カイジ コミックス 鉄腕バーディー もってけ!セーラーふく セキレイ MODx 黒神 さよなら絶望先生 Firefox ユニゾンシフト PSP WORKING´!! Little_Lovers_2nd YouTube みつどもえ sola ポリフォニカ クレイモア Drupal ヱヴァンゲリヲン ライトノベル 京アニ ゼロの使い魔 侵略!イカ娘 DS ベルセルク もってけ!セーラーふく スケッチブック ロロナのアトリエ カイジ 長門有希 CD 君が主で執事が俺で しゅごキャラ! ねんどろいど 破天荒遊戯 電撃文庫 涼宮ハルヒ ニュース 声優 坂井泉水 バイク 撲殺天使ドクロちゃん ユーチューブ どきどき魔女神判 歌詞 字幕.in 字幕 地球へ 絶対可憐チルドレン 小岩井フローラ ご愁傷さま二ノ宮くん ef プリズム・アーク レンタルマギカ ブルードロップ バンブーブレード 京都アニメーション スカイガールズ 色彩 こどものじかん ドラゴノーツ RD潜脳調査室 水樹奈々 生徒会の一存  聖地 Google日本語入力 Newtype バカとテストと召喚獣 ゴンゾ 科学 Lightbox Web制作 JavaScript Slimbox jQuery 青い花 ヒャッコ 聖地巡礼 オオカミさんと七人の仲間たち フラクタル お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだから 夢喰いメリー 日記 ロウきゅーぶ! 神様ドォルズ 森田さんは無口 ヨスガノソラ ミルキィホームズ アマガミSS 祝福のカンパネラ 学園黙示録 あそびにいくヨ! 神のみぞ知るセカイ 生徒会役員共 けいおん Opera PV PC Movable_Type 僕は友達が少ない カドゥン firefox ロボテック H2O FC2ブログ ゴルゴ13 windows_xp ブログ検索 ダ・カーポII 灼眼のシャナII DokuWiki CLANNAD ヴィンランド・サガ 薬師寺涼子 まりあ†ほりっく ホワイトアルバム アルバム 明日のよいち! アニソン RIDEBACK ラノベ 同人誌 鉄のラインバレル アニメディア スレイヤーズ アニメージュ イラスト とらドラ! ジブリ インターネット 

BD/DVD
Twitter
今やっていること
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2007-04-11頃から
月別アーカイブ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。