最近の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angel Beats! 7話 Alive

Angel Beats EPISODE.07「Alive」感想

前半がシリアス、後半がコミカルで、Cパートに新たな展開。
直井が仲間になってそうなのは何となく予想がついたけど、音無の記憶も意外なほどあっさりと判明。


82%とか釣りとか…

「7話はAngel Beats!の82%を占める」とか「壮大な釣り」といった噂が流れてたけど、
  • 「82%」は、スタッフの誕生日が8月2日なので82%と言ってみた
  • 「壮大な釣り」は、文字通り壮大な釣り
どうもこのAngel Beats!は、作ってる側がいろいろと話題を投下する傾向がありますね。
でも深夜アニメは「客の注意を引かないと、スタートラインに立つのすら難しい」というのはあるので、それでいいのかも。


雪の日に病人を連れ出す

  1. 女の子が不治の病のようなものにかかっている
  2. 雪の日に病人を連れ出す
  3. 女の子が死ぬ(消える)
このシチュエーションは何度目だろう。

これはある種の様式美みたい。麻枝准さんの熱烈なファンはそういう展開を期待しているので、入れざるを得ないのかも。


ゆりと、音無の考え方に違いが出てきている

話の内容からすると、
  • 音無……みんな一緒に争う事なく、仲良く暮らす事を望んでいる
  • ゆり……最初に言った通り、「理不尽な運命を強いた神」を引きずり出すために闘争を続けたいと考えている
ように見える。

でも、生徒会長代理がSSSに入り、元生徒会長も天使ではない…となった今、SSSは大山が言う通り存在意義そのものが危なっかしい。
ゆりとしては「新たな敵」が必要なわけで、「立華奏にそっくりで敵対的行動を取る新たな天使」は、非常に都合のいい存在と思われます。ゆりにとっては、微妙にお気に入りな音無が、奏と下の名前を呼び合うほど仲良くなってきてるってのは、楽しい話じゃないだろうし。

…ただ、今回のラストで思わせぶりに引いただけで、
  • 音無をめぐる私情のもつれで、分身とゆりが殴りあっただけ
  • 奏が分身をあっさり回収→奏とゆりの間に微妙な緊迫感が残り続ける
となるかも。ここらへんは次回明らかになるでしょう。


伏線のように見えるものは本当に伏線なのか?

初期の頃から
  • 音無は、ゆりの弟
  • ユイと天使は、ゆりの妹
みたいな推測があったけど、今回を見る限りその可能性はほとんどなさそう。

未回収の伏線はぱっと思いつくものだけでも、
  • この世界の正体。そもそもここは本当に死後の世界なのか?
  • 「真面目に学生生活を送る」あるいは「満足する」のは、本当に成仏する条件なのか?
  • ゆりや音無の生前の記憶は、本物なのか?
  • 実はゆりが本当の敵なのでは?
  • 2人目の天使は、何者?
    • 単にハーモニクスによって分離した、別人格の立華奏
    • やはり神がいて、懐柔された元天使『立華奏』の代わりに新たな天使を送り込んできた
    • あるいは、新たな敵を求めていたゆりが創造した存在
      • 神はゆり自身?
      • あるいは、一人一人が伝説(レジェンド)『神』
という風にまだいろんな方向性が考えられて、こういったものを終盤で上手く物語に組み込むのかも。
けど、「深読みはしない方がいいかも」と思い始めた。世界観的に何でもありに近くてあれこれ考えてもあまり意味がなさそうだし、中心となる受け手はそういう論理的組み立ての筋立てを求めてるわけじゃない気が。

ここは本当に死後の世界、2人目の天使はハーモニクスで分離した天使、音無は妹の代わりに誰か(ゆり?)を助ける事で成仏し転生する…で、いいのかも。


今回は絵が綺麗

静止画像を切り出すとよくわかるんですが、Angel Beats!は絵柄がちょっと不安定というか、「こんな顔じゃないよな?」と思わせるシーンが多いアニメです。
作画枚数は第1話が1万枚、その後も少なくとも数話は平均1万枚近くいってるらしく、動くシーンは確かに多いんだけど、その分修正に手が回りきってないというか…。
でも、今回はいい絵が多かった。
ゆり


本編前半


直井が仲間になり、いつものように過ごすSSS。
直井のSSSに対する攻撃は天使(立華奏)の比ではなかったと思うけど、あっさり仲間に。2クールだったら過程をていねいに描けたかもしれないけど、1クールだし。
直井の立ち位置は音無の舎弟で、まぁいろいろ狙ってるのが見え見えだけど…反応見る限り狙い通りになってるっぽい。


ゆりが、直井の催眠術で音無の記憶を取り戻すよう頼む。
前半で楽しい日常を描き、後半を重い話にして「あの頃に戻れたら…」と思わせるのが泣きゲーの王道シナリオだそうですが、Angel Beats!もそうなりそうな感じ。

とりあえず直井と違い、音無は普通に女の方が好きなように思える。


音無の過去。
生きる意味がわからず生きがいもない音無。でも妹は違う。


クリスマス、妹を病室から連れ出し、イルミネーションの中をおぶって歩く。


妹を失ってようやく、音無は妹の存在が生きがいだった事に気づく。
誰かを助けるために医者の道を志すが、試験会場に向かう途中で列車事故に。
「成仏できない霊が、この世とあの世の境をさ迷ってる」と考えると、うまく説明がつくのは確か。
音無の名前が「音無結弦」、妹の名前は「初音」と判明。「立華奏」と微妙にリンクしてて、最後のシーンも天使が食券を飛ばした時とちょっと似てますが…。


音無はSSSに居続ける事にした。
音無は、この世界で妹の代わりに誰かを助けようとする事になるんだろうか。


本編後半

川釣りをやった理由はつまり、ハーモニクスを使わせるためだったのかも。

オペレーション「モンスターストリーム」。


草むしりしてる奏に話しかけ、SSSと一緒に川釣りする事に。
奏と妹の初音は、守ってあげたい感とかちょっと似てるのかも。

生徒会長でなくした原因の一人である音無が「もう生徒会長じゃないんだし」とか言ったりSSSに引き込もうとしたりしてるわけだけど、本当の事は話して謝ったんだろうか?
あと、SSSに壊滅的打撃を与えた生徒会長代理の直井はあっさり仲間になってるのに、元生徒会長には抵抗感があるSSS。これは、長らく立華奏を「天使」とみなして戦い続けてきたため?


フィッシュ斉藤が運んできた道具で、みんなと一緒に釣りをする。
釣りキチ三平ですね。

音無は自信満々に「俺たちは消えない」と言ってるけど、実際どうなんだろう。今のところ岩沢さんしか消えてないけど…。

「オーバードライブはパッシブだから」というのがどういう意味かすぐにはわからなかったけど、いろいろ調べたところ、つまり「超出力(オーバードライブ)は常時発動中(パッシブ)」という事らしい。
椎名さんのように能力を普段から強化してる人は他にもいるようだけど、ここらへんが天使と思われた一因だろうなぁ。防御のために強化したんだろうか。


主を釣り上げたが食われそうになり、奏がハーモニクス(?)で分身を作り、切り倒す。
ゆりが、奏に対して微妙に面白くなさそうな空気に。

ここらへんも、かなりゲームっぽい。もしかして世界の構築そのものが誰かの思考によるものなのか。

最初見た時は、分離して主に向かっていった天使がその後音無たちと行動を共にしたのかと思ったけど、瞳の色からすると、上空に残った方が行動を共にしたらしい。
となると、あの赤い瞳の方が主を切り刻んだ後、主の釣り上げに参加してなかったゆりと争いになったのか。


釣り上げた主を、一般生徒に振舞う。
天使を口説く音無。
音無がさりげなく天使攻略を進めていく。名前を呼びあうのは非常に重要なんで、確かにここらへんがちょうどいい機会かも。
ここで音無が言った事と真反対の事が、直後に起こるわけですが…。


天使にやられたゆり。
やはり、楽しい時間が永遠に続くわけではないらしい。

見た感じ、魚釣りの時の分身のように見えますが…。ゆりは、天使を「奏」と呼ぶ音無に微妙な反応をしますね。


次回予告「Dancer in the Dark」

タイトルがいかにもだけど、そろそろ重苦しい展開になってくる?

TAG :
アニメ
AngelBeats!

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

感想お疲れ様です。

今回は、AパートとBパート、Cパートでそれぞれ雰囲気がかなり違いましたね。

予測通り、音無の記憶も蘇ったわけで・・・
天使と妹が微妙にリンク。言われてみればそんな気がします。


Cパートで登場?したゆりと戦った天使。
次回も展開が気になります。あと5.6話残ってるのに、終盤に向けての戦いでは早い気がするので、オチをつけて、この天使の話は終息させるでしょうか?

※マッサさま
何となく、妹の話を前提にした行動がありそうな気がします。

釣りの話は、終盤に向かう前に天使と一緒に楽しい日を過ごすエピソードがあった方がいいからでしょうね。2クールだったら過去回想で1話、釣りで1話になっていたかも。

確かに、次回からずっと重い話だとちょっと長すぎる気はします。次回冒頭で天使(奏)が分身を解除→その場は収まるがゆりが天使に反感、みたいなパターンはあると思います。

ただ、ここから音無とゆりが決別して音無が天使側につく可能性もあるし、そういうのとは全然別の展開もあるし、予想はつかないですねぇ…。
Private :

BD/DVD/CD
リンク(公式サイトとか)
カテゴリ
ブログ内検索
最近のコメント
プロフィール

せれすと

Author:せれすと
アニメ:涼宮ハルヒの憂鬱、ガールズ&パンツァー


トラックバックやリンクは、自由に張ってください。

<推奨ブラウザ>
◎Opera/Firefox系 ○Chrome系/Safari △IE
主に使っているのは、OperaとFirefoxです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
タグリスト

アニメ マクロスF 涼宮ハルヒの憂鬱 いとうのいぢ ななついろ★ドロップス コードギアス 宙のまにまに らき☆すた OP 視聴予定 ゲーム オリコン とある科学の超電磁砲 けいおん!! ED PS2 WORKING!! 挿入歌 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト AngelBeats! 漫画 坂本真綾 ながされて藍蘭島 乃木坂春香の秘密 はなまる幼稚園 コミック ブログ投票 瀬戸の花嫁 とある魔術の禁書目録 アニメ作風考察 アニメ誌 化物語 true_tears ARIA ハヤテのごとく! CMS NewType サントラ ゆるゆり 涼宮ハルヒの戸惑 動画 WordPress バスカッシュ! スクールデイズ 灼眼のシャナ 黒執事 DVD マクロス けいおん! 魔法少女まどか☆マギカ 涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 とある魔術の禁書目録II キミキス 狼と香辛料 ガンダム00 インフィニット・ストラトス 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 侵略!?イカ娘 侵略!イカ娘 ベン・トー 相関図 ロザリオとバンパイア エヴァンゲリオン この青空に約束を たまゆら 宇宙をかける少女 かんなぎ BD ブログ フィギュア 神曲奏界ポリフォニカ シゴフミ ストライクウィッチーズ 逆境無頼カイジ コミックス 鉄腕バーディー もってけ!セーラーふく セキレイ MODx 黒神 さよなら絶望先生 Firefox ユニゾンシフト PSP WORKING´!! Little_Lovers_2nd YouTube みつどもえ sola ポリフォニカ クレイモア Drupal ヱヴァンゲリヲン ライトノベル 京アニ ゼロの使い魔 侵略!イカ娘 DS ベルセルク もってけ!セーラーふく スケッチブック ロロナのアトリエ カイジ 長門有希 CD 君が主で執事が俺で しゅごキャラ! ねんどろいど 破天荒遊戯 電撃文庫 涼宮ハルヒ ニュース 声優 坂井泉水 バイク 撲殺天使ドクロちゃん ユーチューブ どきどき魔女神判 歌詞 字幕.in 字幕 地球へ 絶対可憐チルドレン 小岩井フローラ ご愁傷さま二ノ宮くん ef プリズム・アーク レンタルマギカ ブルードロップ バンブーブレード 京都アニメーション スカイガールズ 色彩 こどものじかん ドラゴノーツ RD潜脳調査室 水樹奈々 生徒会の一存  聖地 Google日本語入力 Newtype バカとテストと召喚獣 ゴンゾ 科学 Lightbox Web制作 JavaScript Slimbox jQuery 青い花 ヒャッコ 聖地巡礼 オオカミさんと七人の仲間たち フラクタル お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだから 夢喰いメリー 日記 ロウきゅーぶ! 神様ドォルズ 森田さんは無口 ヨスガノソラ ミルキィホームズ アマガミSS 祝福のカンパネラ 学園黙示録 あそびにいくヨ! 神のみぞ知るセカイ 生徒会役員共 けいおん Opera PV PC Movable_Type 僕は友達が少ない カドゥン firefox ロボテック H2O FC2ブログ ゴルゴ13 windows_xp ブログ検索 ダ・カーポII 灼眼のシャナII DokuWiki CLANNAD ヴィンランド・サガ 薬師寺涼子 まりあ†ほりっく ホワイトアルバム アルバム 明日のよいち! アニソン RIDEBACK ラノベ 同人誌 鉄のラインバレル アニメディア スレイヤーズ アニメージュ イラスト とらドラ! ジブリ インターネット 

BD/DVD
Twitter
今やっていること
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2007-04-11頃から
月別アーカイブ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。