最近の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angel Beats! 8話 死の抱擁

Angel Beats EPISODE.08「Dancer in the Dark」感想

いろいろと想定外だったけど、順を追ってたどってみれば「あり得るよなぁ」と思える流れ。

前回、「奏が何かすればすぐに元に戻るんじゃないか?」とか思ってたけど、未知の特殊条件(そのままでは消えない)があったわけですね。
赤眼の天使は神が新たに遣わしたのではなく、単純に前回のハーモニクスを回収できなかったという事のようだし。


結果論だが、音無のせい

  1. 音無が、奏を魚釣りに連れて行った
  2. 他のキャラでは不可能だったヌシを、奏が釣り上げた
  3. 奏がみんなを助けようとして、無意識にハーモニクスを使ってヌシを倒した
結果論だけど、音無が奏を連れて行かなかったら、何も起こらなかったって事だよな…?

でも音無は「奏と一緒にいる」事にこだわってたわけだし、緊急時に使ったハーモニクスが元に戻らなかった事を思うと、いずれ起こりえたのかも。


音無がリーダーっぽくなってきた

  • 分離した天使が襲ってきた時の指示
  • もともと敵対していた天使や直井を味方に引き入れるという、少年漫画の主人公ばりの活躍
音無が副リーダー的立場で収まればいいけど、今のところこの世界で積極的に闘争する理由を持ってないので、ゆりと別行動を取る可能性はありますね。


ギャグとシリアス混在は、今の傾向にあわせた?

Angel Beats!はシリアス一辺倒を明らかに避けてます。
今回とか、最初から最後まで悲壮な雰囲気にも出来たはず。
  • 終盤の「鬱展開」は、今のアニメファンに不評
  • かと言ってドラマを作るには、ある程度シリアスは必要
という事で、本来は緊迫した話であっても相当数のギャグを差し込み、陰惨にならなくしてるように思える。


世界の謎に迫らないかも

何となく、「この世界の謎を解き明かす壮大な物語を、1クールで終わらせる」のではなく、「物語はまだまだ続くけど、まずは大きな区切りまでをアニメ化」となりそう。

つまり、人気次第では2期があるという事。いや、普通に2期ありそうな感じ。

電脳世界ではない
Angel Beats!は原作がないものの、前日譚やスタッフ談話など補完情報もすでに相当数出ていて、「コンピュータの作り出した世界」の可能性はほぼなさそう。

奏の能力で「0」や「1」が飛び散ってるのは、PCで能力開発を行ったためと思われます。
ゆりたちの武器はチャー由来の、土くれから物を作り出す手法によるものだけど、「構造をはっきり知っていてイメージ出来るなら、何を使ってもよい」という事みたい。奏の能力は現実世界に存在しないけど、ソフトで覚えたというわけ。

で、「Angelplayer」というソフトを提供したのが誰かって事になるんですが…。


意識的に仕掛けていた

麻枝さんは、
  • オリジナルは原作つきに比べて不利。面白いという保証がないため
  • なので、積極的に仕掛けていった
という事を言ってますね。

批判はあんまり気にせずとも…
麻枝准さんが評判を気にして次の作品に生かす人とは聞いてたけど、今作でもそうみたい。

正直、一度批判的立場が固定化すると、何をやっても「何としてもアラを見つけて批判しようとする」か「興味を失ってまともに見なくなる」かなんで、あんまり気にしない方がいいような気が。

が、麻枝さんに固定ファンがついてるのは、泣きゲー展開をベースにしつつ今のファンの期待に沿う新たな方向性を模索し続けてきたため、とは思えます。


本編前半


新たな天使が現れ、奏と刺し違える。


天使が二人になったのは、ハーモニクスを使ったためだった。
分身が生まれた時、本体が攻撃の意思を持っていたら、分身もそれに従う。無意識で出したので意図的に消す事は出来なさそうだし、SSSを更正させるという意識は継承されている。
天使量産か…。元の天使だったらいいかも。

ゆりを普通に生かしてる事から、目が赤い方の天使もSSSを本気で倒そうとは思ってないように思えますね。

ここのハーモニクス設定については、長期連載の少年漫画に見られるような「実はこれこれこうだったんだよ!」「何だってー!?」でいきなりひっくり返されるのに近い気が…。harmonicsは未完成だったんだろうか。

ユイが、ゆりの音無に対する微妙な空気に気づいた?


みんなは授業を受けるふりをする。


ゆりは奏の部屋のPCを使い、わかる範囲でプログラムを書き換え、次にハーモニクスを使ったら元に戻るようにする。
なぜか眼鏡をかけるゆり。
そういや、クライスト竹山がいないけど、前回で飛ばされたままになってるのか…?

「ソフトで能力値を書き換えたら、天使の能力がそれに応じて変わり、次の実行で適用される」のをゆりが当然の事と考えてる(そして実際そのようになる)のがちょっと気になった。正直、ゆりが書き換えに失敗してもっとひどい事になると思ってたんで。

そもそも、このAngel Playerってソフト、誰が作って何で天使が持ってるんでしょうね。
まぁ、学校の備品とかと同じで、「最初からここにあった」のかもしれませんが。やっぱり、神はいてもおかしくないのか。


奏が、分離した天使に連れ去られた。迅速な情報収集により、ギルドに幽閉されている可能性が高いとわかる。
TKの情報収集はあれか…ユイは相変わらずノリがいいなぁ。
とりあえず、ユイが漏らしても誰も怒らないとは思う。


本編後半


分離した天使が現れた。2体目に刺されて野田が脱落。


分身はハーモニクスも使える。分身が分身を作れるなら数に制限はない。能力追加の前に分身を多数作って配置していたとすれば、これはSSSを消すためのワナ。
野田はすっかり、やられ役が板についてしまった。
直井の音無持ち上げもあり、苦境なのに全体的にはギャグっぽい空気。

地下通路に侵入してすぐのところに天使が多数いてSSSを押し包めば、普通に全滅したような気もしますが…まぁ、SSSは集団行動で真正面から進んだけど、抜け道で分散した可能性もあるか。


松下が自ら刺されに行って押さえ込み。
一体につき一人の犠牲で済むため、TK、高松、藤巻、椎名、大山、直井と続く。
松下五段の自己犠牲のおさえこみは、ユイの胸もみ発言(第6話)からすると、今ひとつ素直に受け取れない…(絵的にも)。

まぁ、復活すると言っても、胸を刺されて死ぬ痛みはそのまま感じるわけで、あんまりやりたくはないかと。

しかし、大真面目の重い展開にはしないようにしてるなぁ。状況はかなり悲惨なんだけど、あんまりそういう感じはしない。


日向とユイ脱落。
音無と奏が仲よさそうなのは、すでに公然の事らしい。


天使がハウリングを使うが、ゆりは耳栓で防いで天使を倒す。
えー? 「howling」だけで音波攻撃と見抜いたのもすごいけど、まさか「こんな事もあろうかと」で耳栓を用意するとは。みんなに言っとけばよかったのに。

あと、ゆりは戦いに慣れたのか、弟や妹を強盗に殺されたとは思えないほどあっさり人を傷つけますねぇ…。


harmonics→absorbで、冷酷な分身が全て奏の元に戻ってしまう。
ここで立華奏が脱落ってのはないだろうけど…いろいろと不幸すぎる。
前にもちょっと書いたけど、記憶は、全部残ってた方がいいとは限らないわけで、後々まで尾を引くのかも。

エンディングに直井が追加。何で今回追加なんだろ?


次回予告「In Your Memory」

台詞からすると、音無の記憶は前回で全部戻ったわけじゃなさそうですね。
TAG :
アニメ
AngelBeats!

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第8話「Dancer in the Dark」

みんなで夜遊び? なら、お仕置ね――。 現れたもう一人の天使の正体は、ハーモニクスで現れた分身? 好戦的なのは、強い攻撃の意志を持っ...

(アニメ感想) Angel Beats! 第8話 「Dancer in the Dark」

Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る 前回のスタッフブログの発言にはすっかり釣られてしまった・・・。もうここからは何が起きても後悔しません!! ☆<05/22更新>前回、Angel Beats!コーナー 第7話 「Alive」の感想をポッドキャストにて収録...

コメントの投稿

感想お疲れ様です。

あの赤眼の天使は、分身という予想はあってましたが、そのまま、戦闘にもつれるとは・・・。
ギルド降下作戦は、犠牲者続出になりますね。

次回の天使のabsorbの使用した結果と音無の記憶の続き?が気になります。
今回は、クライスト竹山は?まだ飛ばされてるのか?と思いましたけど。。。

今週、OP・ED発売ですかね。ガルデモがあんだけの順位取るとなると、こっちはどうなりますかね?

※マッサさま
死のトラップが多数仕掛けてあるのは、ドラマになりやすそうですしね。2度使うとは思いませんでしたが。

今回でも思ったけど、特殊設定のつけたしで振れ幅が大きくて、予想が今ひとつつかないですね。「思い出さない方がいい記憶もある」という流れにはなりそうなんですが。

OP/EDはガルデモより枚数は大分増えると思います。初動4万枚前後はいくんじゃないかと。1位は無理ですが…。
Private :

BD/DVD/CD
リンク(公式サイトとか)
カテゴリ
ブログ内検索
最近のコメント
プロフィール

せれすと

Author:せれすと
アニメ:涼宮ハルヒの憂鬱、ガールズ&パンツァー


トラックバックやリンクは、自由に張ってください。

<推奨ブラウザ>
◎Opera/Firefox系 ○Chrome系/Safari △IE
主に使っているのは、OperaとFirefoxです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
タグリスト

アニメ マクロスF 涼宮ハルヒの憂鬱 いとうのいぢ ななついろ★ドロップス コードギアス 宙のまにまに らき☆すた OP 視聴予定 ゲーム オリコン とある科学の超電磁砲 けいおん!! ED PS2 WORKING!! 挿入歌 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト AngelBeats! 漫画 坂本真綾 ながされて藍蘭島 乃木坂春香の秘密 はなまる幼稚園 コミック ブログ投票 瀬戸の花嫁 とある魔術の禁書目録 アニメ作風考察 アニメ誌 化物語 true_tears ARIA ハヤテのごとく! CMS NewType サントラ ゆるゆり 涼宮ハルヒの戸惑 動画 WordPress バスカッシュ! スクールデイズ 灼眼のシャナ 黒執事 DVD マクロス けいおん! 魔法少女まどか☆マギカ 涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 とある魔術の禁書目録II キミキス 狼と香辛料 ガンダム00 インフィニット・ストラトス 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 侵略!?イカ娘 侵略!イカ娘 ベン・トー 相関図 ロザリオとバンパイア エヴァンゲリオン この青空に約束を たまゆら 宇宙をかける少女 かんなぎ BD ブログ フィギュア 神曲奏界ポリフォニカ シゴフミ ストライクウィッチーズ 逆境無頼カイジ コミックス 鉄腕バーディー もってけ!セーラーふく セキレイ MODx 黒神 さよなら絶望先生 Firefox ユニゾンシフト PSP WORKING´!! Little_Lovers_2nd YouTube みつどもえ sola ポリフォニカ クレイモア Drupal ヱヴァンゲリヲン ライトノベル 京アニ ゼロの使い魔 侵略!イカ娘 DS ベルセルク もってけ!セーラーふく スケッチブック ロロナのアトリエ カイジ 長門有希 CD 君が主で執事が俺で しゅごキャラ! ねんどろいど 破天荒遊戯 電撃文庫 涼宮ハルヒ ニュース 声優 坂井泉水 バイク 撲殺天使ドクロちゃん ユーチューブ どきどき魔女神判 歌詞 字幕.in 字幕 地球へ 絶対可憐チルドレン 小岩井フローラ ご愁傷さま二ノ宮くん ef プリズム・アーク レンタルマギカ ブルードロップ バンブーブレード 京都アニメーション スカイガールズ 色彩 こどものじかん ドラゴノーツ RD潜脳調査室 水樹奈々 生徒会の一存  聖地 Google日本語入力 Newtype バカとテストと召喚獣 ゴンゾ 科学 Lightbox Web制作 JavaScript Slimbox jQuery 青い花 ヒャッコ 聖地巡礼 オオカミさんと七人の仲間たち フラクタル お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだから 夢喰いメリー 日記 ロウきゅーぶ! 神様ドォルズ 森田さんは無口 ヨスガノソラ ミルキィホームズ アマガミSS 祝福のカンパネラ 学園黙示録 あそびにいくヨ! 神のみぞ知るセカイ 生徒会役員共 けいおん Opera PV PC Movable_Type 僕は友達が少ない カドゥン firefox ロボテック H2O FC2ブログ ゴルゴ13 windows_xp ブログ検索 ダ・カーポII 灼眼のシャナII DokuWiki CLANNAD ヴィンランド・サガ 薬師寺涼子 まりあ†ほりっく ホワイトアルバム アルバム 明日のよいち! アニソン RIDEBACK ラノベ 同人誌 鉄のラインバレル アニメディア スレイヤーズ アニメージュ イラスト とらドラ! ジブリ インターネット 

BD/DVD
Twitter
今やっていること
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2007-04-11頃から
月別アーカイブ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。