最近の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WORKING!! 最終話 またのお越しをお待ちしております♪

WORKING!!第13話「デートという名の"決戦"、小鳥遊と伊波のそれから…」感想

DVD3巻のおまけは、伊波のテスト結果と、なずなを病院から連れ帰るお話。
あと、キャラクターコメンタリーで、種島は上げ底の靴を履いてるのを思い出した。
あぁ、ついに最終回か…。

WORKING!!は自分にとって、他とはちょっと違う意味を持った作品です。
数年前、アニメをほとんど見なくなってたんですが、その頃から原作を読んでて、「いつアニメ化するかな?」と待ってたので。
でも、なかなかアニメにならなかった。

で、このたびようやくアニメ化。


すごくいいアニメ化だった

WORKING!!は、アニメ化に非常に恵まれたと思います。

「変人だらけのファミレスで繰り広げられる、ドタバタとか恋愛とか」という原作のテイストを残しつつ、1クール作品としてしっかりまとまってる。

四コマは原作通りにするとぶつ切り感が激しくなるのでどうするのかなぁ…と思ってたけど、恋愛を一つの大きな流れにしましたね。
  • まず、種島ぽぷらで視聴者を引き込む
  • 「伊波まひると小鳥遊宗太の恋愛」を全体の主軸にし、平行して佐藤潤と轟八千代の恋愛を見せる
  • 原作の話を適度にまとめ、各話でまとまった話になるようにする
  • 飽きが来ないよう、要所で相馬博臣・小鳥遊姉妹・山田葵などを登場
という事で、毎回だれる事もなくぽんぽんと話が進む。

回を追うごとにボコデレ伊波が目立ち、反対に種島が空気気味になっていったのは残念だけど、それもまた原作通りではあります。

後、キャラデザがすごくよかった。
原作絵はクセがあるけど、アニメはいい感じにリファイン。特に、山田が可愛くなった。佐藤、相馬といった男性陣も、かっこよく描かれてる。

それと、毎回大崩れする事なく、安定感のある作画だったと思います。

若干気になった事を挙げるなら、
小鳥遊の殴られ方が痛々しい
最初の頃に結構言われましたね。
原作だとギャグっぽいシーンが、アニメでは本当に痛そう。
各キャラの言動にズレや漏れがある
アニメと原作の細部は、あちこち違ってます。
伊波の恋愛小説話がないとか、伊波に好きな人がいるのを小鳥遊が知らないとか、小鳥ちゃんに対する伊波の反応とか、伊波に直接「可愛い」と言うとか。
細かいエピソードもかなりカットされてるし、梢と伊波が知り合ういきさつなど、再利用が困難なものもある。

とは言え、どれもキャラの性格や行動に致命的な食い違いが生じるほどでもないです。


いまさら新キャラ、松本麻耶

松本さんは第1話から画面の端っこでちょこちょこしてたんですが、ようやく台詞つきで登場。
声は川瀬晶子さん。

原作1巻のモブだったんだけど、人気があったため名前ありキャラとして再登場。アニメでも同じようにしたのかも。

松本麻耶(18)。
容姿も性格も働きっぷりも普通。
自らを「普通」と称するキャラは、たいていの場合普通じゃないわけで…。
「普通」にこだわるあまり、逆に行動が不審になっているという。


山田可愛い

私服を買ってもらった山田がすごくいい表情見せてるんで。

こうやって見ると、山田にもちゃんと胸がある。
伊波…。


2期に普通につながる終わり方

  1. 不覚にも、伊波が可愛いと思ってしまう小鳥遊
  2. 「違う! 俺はこういう生き物が好きなんだ!」と、幼女をさらってくる
このオチでしめて、2期最初はその続きかな…と思ってたけど、案外フツーに終わった。

アニメは8割方が商業的に失敗すると思っていいわけですが…WORKING!!は成功です。
アニメ化してない四コマ漫画の中ではトップクラスの人気で、「きちんと作れば成功するだろう」と思っていて、幸いその通りに。

Angel Beats!に浮動層を若干奪われた印象はあるけど、いつやっても同じ事だったとは思います。通常、日常系はそれほど熱く語られないし。

2期は、原作が微妙に足りないですね。
アニメオリジナル中心の2期もいけるとは思いますが。

まぁ、2期はいずれあるでしょう。
WORKING!!は今回アニメ化されたヤングガンガン連載版(犬組)とは別に、Web漫画版(猫組)があるんですが…猫組のアニメ化よりは、犬組の続きの方になると思います。


本編話数

5巻です。
  1. デート……5巻88品め
  2. 山田、種島、佐藤、相馬がファミレス……5巻おまけページ
  3. 松本麻耶……5巻「松本麻耶の今日この頃」の一部
デートを結構引き伸ばし。


本編前半


デート当日の朝。
小鳥遊は悲壮。
鍵の髪飾りをつけた伊波は、そわそわ。ここ、伊波がぬるぬると動きます。


平岡公園で待ち合わせ。
小鳥遊が女装で登場。相馬、佐藤、山田、種島も来る。
山田と相馬の策略にはまって、女装で来ざるを得なくなっていた。


種島がお参り。
デートを尾行しようとする種島、山田、相馬を、佐藤が引き止める。
札幌市厚別区あたりの描写はしょっちゅうあったけど、アニメのワグナリアは札幌の平岡公園すぐ近くでほぼ確定ですね。

すらっとかっこいい女性になったらなったで、それが種島にとっていい事とは限らない。

佐藤さんは最後までいい人だった。
山田の服はともかく、種島が食べ物に釣られるというのはちょっと意外な感じ。


ぬいぐるみショップへ。
女装してる小鳥遊に抱きつく伊波。
北海道ってセイコーマートがすごい多いですよねぇ。


種島にお子様ランチ。


普通の松本麻耶は、普通に失敗し普通に土下座。
今回は結構ぱたぱたと場面が変わる。
松本さんは普通にこだわるあまり、普通じゃなくなってるという…。


デパートはお高いものばかり。山田は質より量、安い店で5万円分買う。
「実の妹や娘でもためらう」というあたり、相馬の本音が少し出てきている。


本編後半


春も終わり。
訓練の成果を見るため、手つなぎを提案する小鳥遊。
山田たちは買い物に。
作品内では冬→春の終わりの数ヶ月。
なお、WORKING!!は人間関係が少しずつ変化していく日常系ですが、歳は取らないはずです(確か)。

伊波は「男性の姿」に反応するため、小鳥ちゃんは殴らないはず…と思ってたけど、アニメではそうでもないらしい。


一度目の手つなぎは犬、二度目はフリスビーで中断。
前からそんな感じだったけど、犬のしつけをたとえに出すあたり、伊波はほとんど犬扱い。

この女の子、第2話でワグナリアに来てます。


三度目の手つなぎは雨で中断。
北海道では「ジンギスカン」の看板が多いそうですね。


店に戻ってきた種島たち。
山田家のメガネ要員として、山田は松本を勧誘。
山田家への勧誘で、「上から読んでも下から読んでも『やまだまや』になって、大変お得です」というネタを入れなかった理由は不明。2期で使うんだろうか。

「自分は普通」「変人とは関わらない」という過剰な意識が、逆に松本を変人にしてるんですが、本人は気づかない。


年上の暴力女を「いい子」と思ってしまった事に戸惑う小鳥遊。
伊波は「可愛い猛犬」。
犬の看板など、伊波≒犬を強調する演出が…。

小鳥遊が伊波を少しだけ意識するように。

アニメでは「可愛い」を直接言ってしまった。
で、伊波の「聞いた事を都合よくフィルタする」性癖で、「可愛い」だけが抽出される事に。


最終的に、伊波は犬という事になった。
というわけで、軽いまとめに。

伊波と小鳥遊の関係はちょっと変わり、山田は服を買ってもらって調子に乗り、八千代はいつものように店長の話をし、音尾さんが戻ってきて、いつものワグナリアの日々が続く。



では、また2期で。
TAG :
アニメ
WORKING!!

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[アニメ]「WORKING!!」最終回 リンク追加

前回リンク デート回。初デートはアニメの最終回を飾るくらいの大イベントだ。 それにしても最終回にしてOP歌詞の意味を再考させられるアニメを立て続けに観たのだが……「WORKING!!」もかっ!! わんわんを歌詞というかは微妙だが。 伊波は仕草も丁寧にアニメートされてて、

コメントの投稿

いつも拝見しております。
初めてのコメントです。


おっしゃる通り、キャラデザの大切さを世に示した作品でしたね。
原作絵も4コマ特有の味わい深いものではありますが、それをうまくアニメ文脈に昇華させている。今、最も「視聴者に受ける」デザインを踏まえた良い仕事だったと思います。

2期が楽しみですね^^

※JUNさま
はじめまして。
ありがとうございます。

「漫画に比べて、アニメはキャラデザの重要性がすごく高そう」とは、常々思ってます。1話見るのに30分近くかかるのが理由の一つでしょう。

アニメは原作絵の面影を残しつつ、アニメ向きにきちんと描き直してますね。
作品の成功を相当助けたと思います。

向こうの事情もいろいろあるでしょうけど、ヤングガンガン連載作品はそこそこ見込みがあれば続編が作られるようなんで、2期は十分期待できますね。
楽しみにして待ってます。

通りすがりました

初めまして。
WORKING!!は今シーズンの中で一番気に入ってたアニメです!
僕はアニメで気に入って、アニメが終わらないうちに原作を読んでしまって途中からアニメの方を楽しめなくなってしまうことが多いので、WORKING!!は最終回近くなってから原作を読んだのですが、すごい原作をとても良い感じでリファインしていたと思います。

書かれていた通り、細かい設定や場面が省略されているのは気になりましたが、全体としては良い出来だったと思ってます。

またおっしゃられていたとおりぽぷらで引き込まれて、その後は伊波と小鳥遊との関係や八千代&佐藤さんの関係に引きこまれてー山田にやられましたww

漫画やラノベのアニメの改悪化が多い中、WORKING!!はすごいスタッフの愛を感じた作品でした

長文失礼しました

※KYKさま
初めまして。

ぽぷらはクセがなくていい子な分、初期の引き込みには最適でしたね。
アニメでも影がやや薄くなっちゃったけど、伊波×小鳥遊をメインにした以上、仕方ない事とは思います。

原作との細かい違いは結構あるんですが、まぁ、このぐらいならそれほど気にはならないです。

四コマ原作は原作と印象がかなり違う事も割と普通なんですが、WORKINGは原作の雰囲気を残しつつ、絵や話を整えて、1クールのアニメとしてしっかりまとまってました。

恋愛要素が強い事を思えば恋愛メインの構成は正解だと思いますが、各話でまとまりを作るのは難しいであろうわけで、本当、よいアニメ化だったと思います。

厚別の実家近くがかなり使われていたようで、もし実家に居たら散歩ついでに巡礼という名の撮影をしてたんだろうな…
workingは原作ファン以外も楽しんでくれたようで嬉しいです。四コマだし、時系列を正しい状態でアニメ化できるのか?話の流れがおかしくなってしまうのでは?と思ってたけど上手くやってくれたし、スタッフには感謝感謝です!

※通りすがりさま
原作は「舞台は北海道」という程度だったんですが、アニメは厚別を中心に実際の風景を相当リアルに描いてたみたいですね。
個人的に、こういう作りはすごく好みです。

原作ファン以外の人も楽しめたようで、自分も嬉しいです。
原作のままだとぶつ切りは避けられないけど、WORKINGはイベントが意外に複雑に影響を及ぼしあってて、下手にまとめると大きな流れがおかしくなる…。

でも、アニメは絶妙なバランスで話を組み立ててたと思いますね。
Private :

BD/DVD/CD
リンク(公式サイトとか)
カテゴリ
ブログ内検索
最近のコメント
プロフィール

せれすと

Author:せれすと
アニメ:涼宮ハルヒの憂鬱、ガールズ&パンツァー


トラックバックやリンクは、自由に張ってください。

<推奨ブラウザ>
◎Opera/Firefox系 ○Chrome系/Safari △IE
主に使っているのは、OperaとFirefoxです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
タグリスト

アニメ マクロスF 涼宮ハルヒの憂鬱 いとうのいぢ ななついろ★ドロップス コードギアス 宙のまにまに らき☆すた OP 視聴予定 ゲーム オリコン とある科学の超電磁砲 けいおん!! ED PS2 WORKING!! 挿入歌 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト AngelBeats! 漫画 坂本真綾 ながされて藍蘭島 乃木坂春香の秘密 はなまる幼稚園 コミック ブログ投票 瀬戸の花嫁 とある魔術の禁書目録 アニメ作風考察 アニメ誌 化物語 true_tears ARIA ハヤテのごとく! CMS NewType サントラ ゆるゆり 涼宮ハルヒの戸惑 動画 WordPress バスカッシュ! スクールデイズ 灼眼のシャナ 黒執事 DVD マクロス けいおん! 魔法少女まどか☆マギカ 涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 とある魔術の禁書目録II キミキス 狼と香辛料 ガンダム00 インフィニット・ストラトス 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 侵略!?イカ娘 侵略!イカ娘 ベン・トー 相関図 ロザリオとバンパイア エヴァンゲリオン この青空に約束を たまゆら 宇宙をかける少女 かんなぎ BD ブログ フィギュア 神曲奏界ポリフォニカ シゴフミ ストライクウィッチーズ 逆境無頼カイジ コミックス 鉄腕バーディー もってけ!セーラーふく セキレイ MODx 黒神 さよなら絶望先生 Firefox ユニゾンシフト PSP WORKING´!! Little_Lovers_2nd YouTube みつどもえ sola ポリフォニカ クレイモア Drupal ヱヴァンゲリヲン ライトノベル 京アニ ゼロの使い魔 侵略!イカ娘 DS ベルセルク もってけ!セーラーふく スケッチブック ロロナのアトリエ カイジ 長門有希 CD 君が主で執事が俺で しゅごキャラ! ねんどろいど 破天荒遊戯 電撃文庫 涼宮ハルヒ ニュース 声優 坂井泉水 バイク 撲殺天使ドクロちゃん ユーチューブ どきどき魔女神判 歌詞 字幕.in 字幕 地球へ 絶対可憐チルドレン 小岩井フローラ ご愁傷さま二ノ宮くん ef プリズム・アーク レンタルマギカ ブルードロップ バンブーブレード 京都アニメーション スカイガールズ 色彩 こどものじかん ドラゴノーツ RD潜脳調査室 水樹奈々 生徒会の一存  聖地 Google日本語入力 Newtype バカとテストと召喚獣 ゴンゾ 科学 Lightbox Web制作 JavaScript Slimbox jQuery 青い花 ヒャッコ 聖地巡礼 オオカミさんと七人の仲間たち フラクタル お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだから 夢喰いメリー 日記 ロウきゅーぶ! 神様ドォルズ 森田さんは無口 ヨスガノソラ ミルキィホームズ アマガミSS 祝福のカンパネラ 学園黙示録 あそびにいくヨ! 神のみぞ知るセカイ 生徒会役員共 けいおん Opera PV PC Movable_Type 僕は友達が少ない カドゥン firefox ロボテック H2O FC2ブログ ゴルゴ13 windows_xp ブログ検索 ダ・カーポII 灼眼のシャナII DokuWiki CLANNAD ヴィンランド・サガ 薬師寺涼子 まりあ†ほりっく ホワイトアルバム アルバム 明日のよいち! アニソン RIDEBACK ラノベ 同人誌 鉄のラインバレル アニメディア スレイヤーズ アニメージュ イラスト とらドラ! ジブリ インターネット 

BD/DVD
Twitter
今やっていること
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2007-04-11頃から
月別アーカイブ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。