最近の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

けいおん!! 20話 来年はもうない

けいおん!! 第20話「またまた学園祭!」感想

唯たちにとって最後の学園祭。

ライブを丸々1話にする事で、学園祭にありがちな身内ネタ、グダグダのMCも含めて、リアルな感じに再現。終盤、3年生がこれからの活動をあれこれ話すあたりは泣ける。

1期からずっと軽音部を見てきた視聴者にとって、共感を覚える部分も多々あるかと思います。


鬱展開じゃなくても泣ける話は作れる

よくある「泣ける話」は、人の死を扱ったものです。
  1. キャラが明るく楽しく過ごしている姿を描く
  2. 後半に一転。重苦しい雰囲気になり、メインキャラが不治の病に侵されたり戦ったりして死ぬ
今回のけいおんは誰かが死んだりしたわけじゃないけど、泣ける理由の根本は似てる感じ。

つまり、学園祭という大きな区切りを迎えた事で、
  • 軽音部としての活動が、終わりに近づいてる
  • 1年生の時から繰り返してきた楽しい思い出の大半は、もうこれ以上積み上げる事が出来ない
というのを3年生が自覚したから、泣けるわけです。
梓が泣いてないのは、多分まだ2年生で「終わり」を自覚していないからかと。卒業式の時とか、号泣しそうな感じはしますが。

過ぎ去った日々を懐かしむ気持ちは多くの人が持っている感情で、思い出が多いほどその傾向は強まってくると思われます。

そういう意味で、高校時代にそれなりの頑張りで何かに取り組んだ人なら、今回の話には一層共感を覚えやすそう。
軽音部にはとりあえず目標があり、毎日が真剣勝負…ではなくゆるくてだらだらした生活も送ってるけど、目標に向けてそれなりにやる事はやってる。

そして目標を、自分たちがほぼ納得出来る形で達成。
やりきったという満足感と同時に、祭りが終わった寂しさ、そして、学園祭はもちろん、新歓も夏合宿ももう2度と来ない事を、初めてリアルに実感するわけです。

正直、「漫画は、同じ学年を永遠に繰り返すサザエさん方式の方がいいんじゃ? 続けやすいだろうし」と思ったりはします。
でも今回を見ると、「二度と戻ってこない日々」を表現出来る点で、学年が上がっていく方が感動的な話を作りやすいですね。


本編前半

今回は、「登場人物の誰かの視点」で見た映像がかなり多い。

なお今回の話は、
  1. 客席のみんなも同じTシャツを着ていた
  2. 唯が泣きながらあいさつ
  3. 演奏
  4. 終わった後、みんなが寝てる
というプロットそのものは、原作と同じ。
でも、アニメは細部の描きこみ密度が圧倒的に高いのと、「卒業」という意味合いを強く意識させたため、雰囲気が全然違うものになってます。

寝ている澪の手に落書き。


Tシャツに着替えて講堂へ。
階段は、梓からの視点っぽいですね。


唯がこけたまま緞帳が上がる。
これは2期発表時のキービジュアルと同じ姿勢です。
服は違うけど。


観客も、さわ子先生が作ったHTTのTシャツを着ていた。


ごはんはおかず。
楽器の事はよくわからないけど、すごい手間かけてるのは何となくわかります。
指だけじゃなくて目の動きとかも、「楽器を引く時、この時はこっちを見てるだろうな」というのをちゃんと表現してる。
サブキャラも、ステージ前で応援/昨日使った劇の小道具で応援/手拍子が合ってない、という風に個性が出ているし、曲が進むと全体が盛り上がってくる。


MC。軽音部の紹介。
昨日のロミオとジュリエットの話をしてるわけですが、いかにも内輪っぽい雰囲気が出てます。
桜高の生徒以外だと何の事かよくわからないと思うけど、そもそもそういう人はあまり多くないだろうし。


本編後半

言葉や行動の端々に、今までにやってきた事が入ってますね。

メンバー紹介。
何を話すか、それに対して観客がどう反応するかで、各キャラの雰囲気がよく現れてますね。

さわ子先生の「みんな、輝いてるわよ」は、2期の始めの方で同じ事を言った気が。

オカルト研部員の後ろに3人ほど上品そうな生徒がいて、ムギの様子に驚いてる。
制服が違う事からすると、おそらく昔のムギの知り合いなんでしょう。初登場の頃のムギを考えてみれば、多分昔は人前で興奮したりするようなキャラじゃなかったと思われます。

そして、今まで怖いぐらいに出てこなかった唯と憂の両親も、ついに登場。
アニメは「大人をなるべく関わらせない」という事もあってか出た方が自然な状況であっても意図的に出さないみたいでしたが、今回は一生に一度、軽音部の公式活動で最後の晴れ舞台だし。


放課後ティータイムはいつまでも放課後です!

U&I演奏。
唯の台詞が、OPと微妙に重なってる。

「いつまでも放課後です!」は、軽音部の雰囲気や「永遠に不滅です」的な意味を簡単な言葉で表してると思うけど、比ゆが高度すぎたらしい…。

U&Iは妙に感動的な感じの、いい曲ですねぇ…歌詞や、学園祭最後の曲である事や、夕暮れの情景もあるんでしょうけど。


ライブは大成功だった。
でも、高校でやる学園祭はもうない。


さわ子先生が来ると、みんな寝ていた。
これは泣けてくる…。

今まで、卒業を意識させる事はたくさんあったんだけど、それは「いずれ来る未来」であり、「軽音部の今まで」を振り返ったわけじゃなかった。

アニメも1期1クール+2期2クールの終盤まで来て、数多くのエピソードがあったわけで…。


次回予告「卒業アルバム!」


大学の話が出てきたようですね。
正直、大学も…というのはどうだろうと思うけど、「漠然とした興味と偏差値にあわせて、特に思い入れのない大学を選んで受験」というよくあるパターンに比べたら、むしろマシなのかも。
TAG :
アニメ
けいおん!!

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

年甲斐もなく涙しました

ご無沙汰しています。

ネットを徘徊すると、この回について、賛否両論で盛り上がっていますね。そんな中、せれすとさんのレビューは良い意味で淡々としていて好感が持てます。

このシーンに限らず、「けいおん」の演奏シーンは楽器演奏者から見るととても自然です。ということは細かいところまできちんと描かれているということなんです。レビューにもありましたが「指だけじゃなくて目の動きとかも、「楽器を弾く時、この時はこっちを見てるだろうな」というのをちゃんと表現してる」のですね。演奏中、こういう状況だったら、誰と合図するのか等々、本当に感心するくらいに違和感なく描き込まれています。

後半のシーン、お涙頂戴という評価も見られましたが、あれを作為的な目論見で演出したら、お涙は頂戴出来なかったでしょうね。あるべき流れとして普通に描かれていると感じました。いろんな感じ方があるとは思いますが、このシチュエーションに同期出来て、涙出来る事は幸せだと思います。

※カフェモカさま
お久しぶりです。

唯は、左手の動きが激しくなると左手の方をちらっと見たりするんですよ。
楽器の事はよくわからないですが、相当細かく描き込んでるのはわかります。


今回の話は、
・今までの軽音部の数々のエピソード
・描写してないけど相応にやっていたであろう、練習
をどの程度意識してるかで、とらえ方が変わってくるかと思います。

後半は、夕暮れのオーバーラップやU&Iの曲調もあわせると、視聴者が感動するであろう事を想定した作りになってるとは思います。

ただ、けいおんという作品にある程度以上の距離感を持ってたら、
・軽音部が積み重ねてきた思い出が、印象に残ってない
・練習の描写がほとんどなかった事が気になる
といった感じで、感動する事はなかったのかもしれません。
たとえは悪いですが、親しい人が死ぬと悲しいけど、自分と全然関係ない人が死ぬと別に悲しくもなかったりしますよね。それと似てます。


1期+2期のここまで見続けてきて今回の話で特に何の感動もないとしたら、いろいろともったないない気はしますけどね…。
Private :

BD/DVD/CD
リンク(公式サイトとか)
カテゴリ
ブログ内検索
最近のコメント
プロフィール

せれすと

Author:せれすと
アニメ:涼宮ハルヒの憂鬱、ガールズ&パンツァー


トラックバックやリンクは、自由に張ってください。

<推奨ブラウザ>
◎Opera/Firefox系 ○Chrome系/Safari △IE
主に使っているのは、OperaとFirefoxです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
タグリスト

アニメ マクロスF 涼宮ハルヒの憂鬱 いとうのいぢ ななついろ★ドロップス コードギアス 宙のまにまに らき☆すた OP 視聴予定 ゲーム オリコン とある科学の超電磁砲 けいおん!! ED PS2 WORKING!! 挿入歌 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト AngelBeats! 漫画 坂本真綾 ながされて藍蘭島 乃木坂春香の秘密 はなまる幼稚園 コミック ブログ投票 瀬戸の花嫁 とある魔術の禁書目録 アニメ作風考察 アニメ誌 化物語 true_tears ARIA ハヤテのごとく! CMS NewType サントラ ゆるゆり 涼宮ハルヒの戸惑 動画 WordPress バスカッシュ! スクールデイズ 灼眼のシャナ 黒執事 DVD マクロス けいおん! 魔法少女まどか☆マギカ 涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 とある魔術の禁書目録II キミキス 狼と香辛料 ガンダム00 インフィニット・ストラトス 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 侵略!?イカ娘 侵略!イカ娘 ベン・トー 相関図 ロザリオとバンパイア エヴァンゲリオン この青空に約束を たまゆら 宇宙をかける少女 かんなぎ BD ブログ フィギュア 神曲奏界ポリフォニカ シゴフミ ストライクウィッチーズ 逆境無頼カイジ コミックス 鉄腕バーディー もってけ!セーラーふく セキレイ MODx 黒神 さよなら絶望先生 Firefox ユニゾンシフト PSP WORKING´!! Little_Lovers_2nd YouTube みつどもえ sola ポリフォニカ クレイモア Drupal ヱヴァンゲリヲン ライトノベル 京アニ ゼロの使い魔 侵略!イカ娘 DS ベルセルク もってけ!セーラーふく スケッチブック ロロナのアトリエ カイジ 長門有希 CD 君が主で執事が俺で しゅごキャラ! ねんどろいど 破天荒遊戯 電撃文庫 涼宮ハルヒ ニュース 声優 坂井泉水 バイク 撲殺天使ドクロちゃん ユーチューブ どきどき魔女神判 歌詞 字幕.in 字幕 地球へ 絶対可憐チルドレン 小岩井フローラ ご愁傷さま二ノ宮くん ef プリズム・アーク レンタルマギカ ブルードロップ バンブーブレード 京都アニメーション スカイガールズ 色彩 こどものじかん ドラゴノーツ RD潜脳調査室 水樹奈々 生徒会の一存  聖地 Google日本語入力 Newtype バカとテストと召喚獣 ゴンゾ 科学 Lightbox Web制作 JavaScript Slimbox jQuery 青い花 ヒャッコ 聖地巡礼 オオカミさんと七人の仲間たち フラクタル お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだから 夢喰いメリー 日記 ロウきゅーぶ! 神様ドォルズ 森田さんは無口 ヨスガノソラ ミルキィホームズ アマガミSS 祝福のカンパネラ 学園黙示録 あそびにいくヨ! 神のみぞ知るセカイ 生徒会役員共 けいおん Opera PV PC Movable_Type 僕は友達が少ない カドゥン firefox ロボテック H2O FC2ブログ ゴルゴ13 windows_xp ブログ検索 ダ・カーポII 灼眼のシャナII DokuWiki CLANNAD ヴィンランド・サガ 薬師寺涼子 まりあ†ほりっく ホワイトアルバム アルバム 明日のよいち! アニソン RIDEBACK ラノベ 同人誌 鉄のラインバレル アニメディア スレイヤーズ アニメージュ イラスト とらドラ! ジブリ インターネット 

BD/DVD
Twitter
今やっていること
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2007-04-11頃から
月別アーカイブ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。