最近の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年秋アニメ総括その3(ミルキィホームズ、タクト、それ町、えむえむっ)

2010年秋アニメ総括その1(イカ娘、とらぶる、FA、薄桜鬼)
2010年秋アニメ総括その2(禁書II、神のみ、アマガミ)
2010年秋アニメ総括その3(ミルキィホームズ、タクト、それ町、えむえむっ)
2010年秋アニメ総括その4(俺妹、ヨスガノソラ他)

探偵オペラ ミルキィホームズ

1巻オリコン初動: 未発売(推定でBD+DVD合算5000枚)
1巻オリコン累計: -
(※1巻は安売りとライブ抽選券で多めに出る可能性大)
見るかどうか迷ってたけど、2話3話と面白くなりました。カオス感が強い、アニメ的な楽しさが詰まった作品です。
普通、放送前~序盤のつかみでコケると挽回はほとんど無理だけど、熱狂的なミルキアンも生まれてます。

自分は見てないけど、GA(ギャラクシーエンジェル)に似た空気だそうで。
ブシロードがばく大な投資をしているようで、メディア展開からしても今後しばらく続く作品だろうと思います。

大絶賛はしない
4話が自分的には微妙でした。「空気読め」みたいに個別では笑えるシーンは沢山あったんですが。
空気読め(明智こころ)
「空気読め」
ただ、絶賛する人もいるんで、嗜好の違いでしょう。

その後も、6話の王女回など特に面白い回はあり、全体的には非常に笑えたんですが…。
  • パロの詰め込み
  • 細部の古さ
  • トゥエンティが脱いで場の空気を調整する事が非常に多い
などが、最後までひっかかった。

パロディの多用
多くの作品でパロディが使われてるけど、パロ詰め込みが一定のしきいを超えた作品は、手放しで絶賛しない事にしてます。パロはどんなに面白くても、安易かつ内輪受けな手法だと思うので。
  • 他人の成果物に大きく依存する事で、深みやインパクトを与えている
  • 受け手に素養がないと、本当の意味では楽しめない
パロを使うと元ネタのイメージがオーバーラップされ、シーンに深みを感じます。
元ネタを知らなくても、元々インパクトのある部分が名シーン・名台詞として残ってパロの元ネタとなるわけで、やはり印象に残りやすい。
ミルキィホームズのパロディ(ナウシカ、ジョジョ、バキ、009)
ストーリーの根幹部分にパロがよく使われた。
ただ、らき☆すたやハヤテのごとくが人気な事やミルキストの熱狂ぶりからすると、パロやオタクのあるあるネタが受けやすいのは確実です。
パロの元ネタとなり得る新ネタを必死で考えるより、ジブリやバキやジョジョや009のパロを効果的に組み込む方が受けやすいなら、積極的に使うのが賢いやり方ではあるでしょう。マクロスFもマクロスシリーズのセルフパロがかなりあったし…。

0話~1話切りが多い
  • テレビCM/ニコニコ動画/格闘技とのタイアップ/再放送など、ものすごい宣伝量
  • 熱狂的なミルキアン(ミルキスト)が生まれている
の割にセールスが微妙なのは、1話終了時点までのニコニコ生放送やネットの空気から推測出来ます。
  • こういうカオスなアニメは、熱狂的にはまる人がいる一方、メインストリームにならない
  • キャラデザや基本設定が、根本的に今のアニメファンの興味をあまり引かない
  • 宣伝が非常に多い割に、2話ぐらいまで作品の空気がよくつかめなかった
放送前~1話終了時点までに徹底的にふるいにかけられ、残ったのはミルキアンとなる素質を持つ少数の選ばれた人だけだったと思われます。
放送前のニコニコ生放送では猛叩きだったし、1話は作品の方向性をよく示しているのにやはり猛叩きされたので、合わない人はすぐに立ち去ったんでしょう。

キャラデザや基本設定がもう少し今風であれば、かなり違った結果になっていたかも。


STAR DRIVER 輝きのタクト

1巻オリコン初動: 未発売(推定でBD+DVD合算8000枚)
1巻オリコン累計: -
腐女子狙いかと思ってたけど、エロとネタ要素を前面に押し出してますね。放送前のPVのワコや「銀河美少年」は、少なくとも内容を的確に表してた。


ロボット好きには多分あまり合ってない
伝説のアニメ『バスカッシュ』で気づいたんですが、ロボットアニメが好きな人は単なる「大きなロボット」が好きなのではなく、「ガンダムやその派生系のデザインの巨大ロボが、派手で熱い戦闘をする」のが好きなんじゃないでしょうか。

自分は結構楽しんでるけど、面白さの質はやはり『バスカッシュ』に近いと思われます。「銀河美少年」というフレーズ自体がネタくさいし。
戦闘は終盤にオマケ程度にあるぐらいでかつタクト無双。タクトが負ける感じが全然しないので、戦闘に期待してた人はがっかりしてそう。
物語も南十字島の日常+ゼロ時間での戦闘に終始し、あまり広がってません。

巨大ロボット物のお約束を微妙に外す事で新規開拓を狙ってる感じはしますが、そもそもロボットに興味がない人はキャラデザと合わせて最初から切ってるだろうから、あまり意味ない気が。
巨大ロボット物は今は母集団が多いから分かりづらいだけで、宇宙SFやハイファンタジーと同じく衰退ジャンルだと思います。
初代ガンダムという稀代の名作によって命脈を保ったのであって、本来ならとっくに消えていてもおかしくなかったと思う。
ただ、昨今の流れにあわせてエロやBL要素を撒いており、一定の客引きにはなってる感じ。とは言え、女キャラは濃い割にそれほど可愛いわけでもなく、タクトも腐女子に人気出そうなキャラ付けには見えない。


それでも町は廻っている

1巻オリコン初動(2011/01/03): BD1718枚+DVD数百枚?
1巻オリコン累計: -
小見川さんの演技は、しばらくすると慣れました。
シャフトは同じような声優を使い続けるので、気に入らなければ妥協するか切るかしかないわけですが。

中盤までは歩鳥を中心としたシーサイドまわりの日常コメディ。終盤になってちょっと不思議な話を集中的に投下(べちこ焼の話はまだ単行本になってない)。
セクハラ裁判
明るく楽しい日常を見せ、終盤に不思議な話を撒き、その延長で最終話のシリアス展開という、オーソドックスでいい構成だったと思います。
なお、アニメも時系列シャッフルが行われており、最終話は時系列的には最後ではありません(少なくとも8話より前)。

原作とはかなり別物
元々、下町の喫茶店まわりのちょっと面白い話・不思議な話を描く地味めな作品なんで、アニメに向いてなさそうではありますが…。歩鳥を小見川千明さんにしたのとシャフト制作が、まずかったですね。
  • 小見川さんの声
  • シャフトっぽい演出が多数
  • 町の情景はスタイリッシュで、下町の雰囲気はほとんど出てない
  • 場面転換でジョセフィーヌが出まくる
少ないながらも結構固い原作ファンがいたけど、原作と空気感が違いすぎるため、序盤で相当数が去ってしまったと思う。

ただ、第1話より先に完成していたらしい第2話はものすごくぬるぬる動いてたけど、回を追うごとにシャフト演出が弱まっていったような。そのせいか、拒否反応を起こす事なく最後まで視聴。


えむえむっ!

1巻オリコン初動(2011/01/03): BD数百枚+DVD数百枚
1巻オリコン累計: -
自分を神扱いしてるドSヒロイン、男性恐怖症のヒロイン、ドM主人公、女装好きの親友、百合、ロリキャラによる、ドタバタ劇。
ノアに絡んだ話以外は割と楽しく見れました。

空気化
とりたてて不評でもないけど、FAや神のみみたいなサンドバック状態ではなく、空気に。
アニメ化企画は途中で中止になる事もしばしばあるそうで、アニメ放送までたどり着いた作品は製作側が「見込みあり」と判断してるはずなんですが…実際、そこまでつまらなくはないような。
  • 石動美緒(えむえむっ)/高坂桐乃(俺妹)……竹達彩奈
  • 結野嵐子(えむえむっ)/新垣あやせ(俺妹)……早見沙織
キャラソンなど考えても、声優はイベント関連以外ではアニメ人気にほとんど影響を与えない気がします。

ドM設定がまずかった?
「主人公のドMは笑えるけど、感情移入出来ないし憧れる事も出来ない」視聴者は多そう。
いつも眉をひそめて怒鳴って主人公をいたぶって振り回すツンデレがオタク界隈で人気な事を思うと、「オタクはマゾが多い?」→「女になぶられるのが好きな主人公」というアイデアにつながったのかもしれませんが、太郎までいくとやりすぎかと。

作風の激変
個人的には、ノア登場あたりから作風が激変したのが微妙な印象。

ノアがからむと、非現実的すぎる展開に。
  • ノアが出てきてから、現実では絶対にあり得ない要素が急激に増えた
  • いまいち笑えないパロの詰め込みが増えた
  • 似たような事の繰り返し

明日のよいち的な既視感
もともと、他作品の人気要素をモザイク状に組み合わせた感が強く、主人公の特殊な性癖が特徴の作品に思えます。

「現代日本の学園。主人公は男。ヒロインは中学生か高校生で、男と付き合った事がない。ハーレム展開」というラノベが生き残りやすいし、人気の属性も限られているため、似たようなラノベが多いのは事実です。

ただ、この作品は参考にした他作品の要素を分解・再構成しきれてないというか「どこかで見たような?」というキャラ・シチュエーション・展開が特に多いです。『明日のよいち』の序盤(アニメ化した範囲)みたいな印象。
明日のよいち同様、そういう印象をもたれると客が離れるのかも…客を釣りやすいエロもないし。
最終話で美緒のパンツを見せ、BDの特典映像に美緒の着替えを入れても、すでに遅すぎたような。



その4に続きます。
TAG :
アニメ
ミルキィホームズ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

BD/DVD/CD
リンク(公式サイトとか)
カテゴリ
ブログ内検索
最近のコメント
プロフィール

せれすと

Author:せれすと
アニメ:涼宮ハルヒの憂鬱、ガールズ&パンツァー


トラックバックやリンクは、自由に張ってください。

<推奨ブラウザ>
◎Opera/Firefox系 ○Chrome系/Safari △IE
主に使っているのは、OperaとFirefoxです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
タグリスト

アニメ マクロスF 涼宮ハルヒの憂鬱 いとうのいぢ ななついろ★ドロップス コードギアス 宙のまにまに らき☆すた OP 視聴予定 ゲーム オリコン とある科学の超電磁砲 けいおん!! ED PS2 WORKING!! 挿入歌 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト AngelBeats! 漫画 坂本真綾 ながされて藍蘭島 乃木坂春香の秘密 はなまる幼稚園 コミック ブログ投票 瀬戸の花嫁 とある魔術の禁書目録 アニメ作風考察 アニメ誌 化物語 true_tears ARIA ハヤテのごとく! CMS NewType サントラ ゆるゆり 涼宮ハルヒの戸惑 動画 WordPress バスカッシュ! スクールデイズ 灼眼のシャナ 黒執事 DVD マクロス けいおん! 魔法少女まどか☆マギカ 涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 とある魔術の禁書目録II キミキス 狼と香辛料 ガンダム00 インフィニット・ストラトス 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 侵略!?イカ娘 侵略!イカ娘 ベン・トー 相関図 ロザリオとバンパイア エヴァンゲリオン この青空に約束を たまゆら 宇宙をかける少女 かんなぎ BD ブログ フィギュア 神曲奏界ポリフォニカ シゴフミ ストライクウィッチーズ 逆境無頼カイジ コミックス 鉄腕バーディー もってけ!セーラーふく セキレイ MODx 黒神 さよなら絶望先生 Firefox ユニゾンシフト PSP WORKING´!! Little_Lovers_2nd YouTube みつどもえ sola ポリフォニカ クレイモア Drupal ヱヴァンゲリヲン ライトノベル 京アニ ゼロの使い魔 侵略!イカ娘 DS ベルセルク もってけ!セーラーふく スケッチブック ロロナのアトリエ カイジ 長門有希 CD 君が主で執事が俺で しゅごキャラ! ねんどろいど 破天荒遊戯 電撃文庫 涼宮ハルヒ ニュース 声優 坂井泉水 バイク 撲殺天使ドクロちゃん ユーチューブ どきどき魔女神判 歌詞 字幕.in 字幕 地球へ 絶対可憐チルドレン 小岩井フローラ ご愁傷さま二ノ宮くん ef プリズム・アーク レンタルマギカ ブルードロップ バンブーブレード 京都アニメーション スカイガールズ 色彩 こどものじかん ドラゴノーツ RD潜脳調査室 水樹奈々 生徒会の一存  聖地 Google日本語入力 Newtype バカとテストと召喚獣 ゴンゾ 科学 Lightbox Web制作 JavaScript Slimbox jQuery 青い花 ヒャッコ 聖地巡礼 オオカミさんと七人の仲間たち フラクタル お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだから 夢喰いメリー 日記 ロウきゅーぶ! 神様ドォルズ 森田さんは無口 ヨスガノソラ ミルキィホームズ アマガミSS 祝福のカンパネラ 学園黙示録 あそびにいくヨ! 神のみぞ知るセカイ 生徒会役員共 けいおん Opera PV PC Movable_Type 僕は友達が少ない カドゥン firefox ロボテック H2O FC2ブログ ゴルゴ13 windows_xp ブログ検索 ダ・カーポII 灼眼のシャナII DokuWiki CLANNAD ヴィンランド・サガ 薬師寺涼子 まりあ†ほりっく ホワイトアルバム アルバム 明日のよいち! アニソン RIDEBACK ラノベ 同人誌 鉄のラインバレル アニメディア スレイヤーズ アニメージュ イラスト とらドラ! ジブリ インターネット 

BD/DVD
Twitter
今やっていること
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2007-04-11頃から
月別アーカイブ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。