最近の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまゆら~hitotose~ 4話 麻音の夢

たまゆら~hitotose~第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」感想

このアニメを見てると、瀬戸内を旅したくなってくる。

桜田麻音のお話

  • 竹原近辺の、瀬戸内の情景
  • 女の子たちの、夢・自分探し
  • 沢渡楓の、父親の面影探し
  • 日常の、ちょっといい話
といった物語を進めていて、今回は桜田麻音が中心。
口下手で引っ込み思案だけど、心優しくて一生懸命な麻音を描いてる。ついでに黒歴史も。

こんな可愛い子がいずれ、そこらへんの男に食われるとか…。

まあこの作品内では、男やファッションに入れ込んだりする事はないし、ギスギス殺伐とする事もないですが(多分)。
将来の話・仕事の話で、明確な目標に向けての努力だのプロ意識だのが語られる→キャラが改心して成長…というありがちな流れにならないのもいいですね。
正直、リアル女子高生に近いキャラや、現実世界のピリピリした空気をアニメで再現しても、大して面白くもない事がよくあるので。


大崎下島へ


沢渡楓が竹原に来て初めての夏休み。
麻音の実家があり楓の父方の祖父も住んでいる大崎下島に、みんなで行く事に。
呉市豊町(大崎下島の大部分)は65歳以上が人口の59%で、2009年に生まれた子供は7人だそうで。中学は島内に1つだけで、高校はなさそう。

» Continue Reading

TAG :
アニメ
たまゆら

侵略!?イカ娘 4話 栄子と英語って語感似てる

侵略!?イカ娘第4話感想

  • シンディー回……イカ娘の優秀さ・キャラ掘り下げ
  • くすぐり/しゃっくり回……イカ娘の初体験/特殊能力
  • 笹舟回……近所の子供との交流
今回も割とバランスよく配置。


「Englishじゃなイカ!?」

シンディーの意外な魅力が描かれるお話。
七里ヶ浜(アニメは由比ヶ浜)をぶらぶらしてイカ星人を研究しようとする変なアメリカ人扱いだけど、彼女なりの想いや悩みはあるわけで、そこらへんが少し垣間見えます。

シンディーは一時期「実は英語がしゃべれない?」と思わせてたけど、この話では流暢にしゃべれるように。

Cindyは別声優
英語のCindyは、生天目仁美さんではなく国分絵麻という人に。
…流暢だけどすごい棒読みのような…Laura Postさん(イカ娘英語版のCindy Campbell)は、やっぱり難しかったのか。字幕のつづりは間違いだらけだし、こだわりどころがいまいち不明ですね。
シンディーはCyndiではなくCindyを使ってます。
沙倉清美が「紗倉」清美になったりしたし、あまり気にしなくてよいのかも。

脚本頑張りすぎ
この話、「英語がわからなくて栄子が焦る」以降の流れとオチが、原作とは全然違います。
安部真弘さん原案ならともかく、「原作を『面白く』作り変えよう」と制作側が気負ってる印象。

ただ正直、國澤真理子さんの脚本は、イカ娘の作風をうまくとらえてない事があるような。1期11話Cの登山話のクマとか、今回の話とか。まあアニメだから、いろんな人が手を入れてるだろうけど…。

» Continue Reading

TAG :
アニメ
侵略!?イカ娘

ベン・トー 3話 狼に

ベン・トー第3話「大盛りチーズカツカレー 1080kcal」感想

今回で1巻分が終了。

要点を押さえ、テンポよく話を進めてる。佐藤洋と白粉花が、「自分たちにとって、半額弁当やハーフプライサー同好会の仲間とは何か」を自覚し、本格的に「狼」として歩み始める。

槍水仙が部室の鍵を渡したのが、一つの区切りとなってますね。


苦労の末に勝ってこそ

狼の考え方を象徴するような内容なので、共感出来ない・ノリについていけない人が続出するかも…と思ってたけど、意外にも好評みたい。
2話まででふるいにかけられたのと、1話で戸惑った人も2話で世界観がつかめて、3話はその延長線上だから?

佐藤がバーチャファイター2をたとえ話にしたので、わかりやすいのはあるかも。スーパーはゲーセンに、半額弁当争奪戦はゲームに、狼はゲーマーに通じるところがあるわけで。
どちらも、興味ない人は存在すら知らない・どうでもいい事に熱くなり、時間と金をつぎ込み、暗黙のルールの元で戦い、強い奴は二つ名で呼ばれたりする。

合理性か、面白さか
弁当を安く確実に手に入れたいなら、チームを組んで役割分担するのは自然で合理的です。大猪などと違い、最低限のルールは守ってる。
しかしそれは、強力なハメ技とか対CPU戦の楽な攻略方法と似て、「一定の手順で作業すれば、ほぼ勝てる」という類のもの。

佐藤洋と白粉花はそういう、「単純作業で楽に手に入れた勝利は、面白くない」と思い至ったわけです。彼らにとって半額弁当は、ただの売れ残りの弁当ではない。
  • 非効率であっても、苦労して手に入れようとする
  • 勝っても負けても、戦いの思い出を話し合ったりしながら、仲間と食事する
そうしてこそ半額弁当もどん兵衛も、よりおいしく感じられる。


超切り詰め展開

特に3話目は1巻約300ページの半分近くを消費しており、本当に要点のみをつまんでます。
回想/父親との会話/似た事の繰り返し/キャラをつかみづらい言動など、ばっさりカット。それもあってか、佐藤洋が元々強い事などがわかりづらくなってる。

さらに、キャラの一部属性や基本設定も、相当カット。
もっとも作品的には、カット・後回しで要点だけにして正解だったと思います。3話で茶髪が出てこなかったのは、少し残念だけど。

白粉花は、その特殊性癖から湧き出る怪しげな発言を相当抑えてるので、「昔いじめられてた、ちょっと可愛い感じの腐女子っぽい女の子」という印象で押しとどまってる。
ヒロインっぽく見えるので、結構いいですね。


» Continue Reading

TAG :
アニメ
ベン・トー

侵略!?イカ娘 3話 行き詰ったらまた戻ればいい

侵略!?イカ娘第3話感想

今回は、各パートが原作1話に相当。
  • コメディとして手堅い、長月早苗がからむ話
  • 子供の話
  • 嵐山悟郎が関わってくる、ちょっといい話
と、バランスよく配置。

1期はとにかく視聴者の気を引くため、新キャラ登場と選り抜きのエピソードで全力投球。
2期は、「新キャラはほとんどおらず、1期で選から漏れた話を使いつつ視聴者を引きとめる」という1期とは違ったむずかしさがあるためか、原作の中で比較的面白い話を最低1つ入れつつ、子供や悟郎関連の話を投入していってる気が(そういう気がするだけ?)。


「散歩しなイカ!?」

アレックスとイカ娘の散歩。
個人的に好きな話の一つで、綺麗なオチになってると思います。

麦わら帽子やサンダルは本来、手に入れる話がそれぞれあるんだけど、アニメは最初から2つとも手に入れてる。

» Continue Reading

TAG :
アニメ
侵略!?イカ娘

ベン・トー 2話 月桂冠

ベン・トー第2話「#02 サバの味噌煮弁当 674kcal」感想

ハーフプライサー同好会に入部し、魔導士ウィザードと出会い、大猪やアラシとの戦いを経て、月桂冠を獲得した佐藤洋。

基本的な世界観の紹介は、今回で大体終わり。
1話は、主人公が半分流され気味に戦いに参加するまでを描くので精いっぱいだった(あれでもものすごく切り詰めてた)けど、今回はライバルであり仲間でもあるみんなと共に狼の礼儀と誇りを持って戦う姿が描かれ、おかしくも熱い展開となってます。

原作的には、超切り詰めのダイジェスト展開。
石岡君や父親の話、槍水仙の待ち人や香水、内本君、筋肉刑事、ウィザードの演説、弁当の描写…などなどの大半がカットされ、要点中の要点のみを再構成。
その分、登場人物の人となりや何をやろうとしているのかがはっきりし、わかりやすくなってます。

「豚」という単語は自粛してるのかと思ったけど、用語を整理し、1話では思い切って全部カットしたという事だったみたい。


ただ何か、「話が続かないんじゃないの?」「どうせこの暴力女が惚れるんだろ」的に、1話2話で作品を見切ったかのような意見がしばしば見られるので、それについていくつか。


競技の一種

一見すると出オチなので、話を続けられるのか疑問な人は多いと思います。実際、普通はネタで書き捨てられる類のテーマだろうし。

でも「半額弁当争奪戦は、ある種の競技」と発想を変えれば、部活物と同じくやれる事はたくさんある。
各地のスーパーで争奪戦が毎夜開かれ、戦いを通じて己を磨いたり新たな出会いがあったりする。「自炊すれば?」「先に確保して半額シールを貼ってもらえば?」といった疑問は、的外れ・ルール違反とわかります。

似たような設定・展開で量産され続けるラノベ群の、新たな可能性を示してると思いますが…まあ、どれだけ受け入れられるかですね…。


暴力女は時代遅れ?

狼たちの考え方やネタバトルは、案外好評みたい(共感出来ない人は黙って見なくなった?)。
意外なのは、白梅梅が不人気っぽい事。でも当然かも。

迷惑ヒロインの代償
迷惑ヒロインは普通、代償を支払わされます。
特に、男を理不尽に殴る女は「主人公(≒受け手)に惚れる」という高い代償を支払わされる事が多いけど、それでもなお嫌われやすい印象。

» Continue Reading

TAG :
アニメ
ベン・トー

侵略!?イカ娘 2話 陸海空全てを制圧してこそ真の侵略者

侵略!?イカ娘第2話感想

関東では10月24日と11月7日は放送休止です。
ネット配信は今は関東から6~7日遅れで、関東での休止に合わせて配信が遅れると思われます。
今回は前回とは一転、話を詰め込んでる。

Aパートが原作2話分+α、Bパートが3話分、Cパートが2話分から。

テンポ的には、普段はこのぐらいでいい感じが。
原作1話分をアニメオリジナルエピソードで増量して1パートにすると、間延び感が出る事があるんですよね…。本筋に関係ないシーンを追加する事が多いので、仕方ないとは言えますが。

原作はオチの弱さがよく指摘されていておそらく制作側も知っているようで、ちまちまといい感じに改変されてる。


駐禁君初登場

たけるの友人グループのリーダー格の子供はいつも駐車禁止風マークのTシャツを着ており、「駐禁君」と呼ばれてます。

駐禁君(黒石翔太)。
でもアニメ1期では子供は極力出さないようにし、たけると「松本ユウタ」というキャラが、駐禁君を始めとした近所の子供の役割の多くを受け持ってた。

しかし、2期は話の幅を広げるためか、駐禁君に「黒石翔太」という名前が付けられて登場。ついでに、1期ではモブに近かった磯崎も妙に存在感を出してる。

…ユウタどうなるのかなぁ。


» Continue Reading

TAG :
アニメ
侵略!?イカ娘

ベン・トー 1話 ワン公

ベン・トー第1話「ネバれ、納豆オクラ丼ぶっかけチーズトッピング弁当 440kcal」感想

ついに始まったベン・トー。

半値印証時刻ハーフプライスラベリングタイムに極狭領域で繰り広げられる、『狼』たちのみすぼらしくも熱き戦いが描かれます。
セガや大塚製薬も協力。

せっかくの第1話なので、少し感想を。


良改変

先行放送の通り、出だしは割といい感じに改変されてました。
  • 考察、セガネタ、石岡君の思い出話は、ほとんどカット
  • 白粉花の人柄や立ち位置が、わかりやすい
  • スーパーに行く回数が5回から3回に減った。さらに、最初の1回は記憶が一時的に飛んでた
  • ハーフプライサー同好会に行く前に、槍水仙の人柄が少しわかった
  • 槍水仙や白梅梅の脚、茶髪女子高生の胸などを強調
物語の大きな流れは保ちつつ、わかりやすくテンポよくなってます。
「豚」は自主規制らしく、意図的に削ってる。


疑問点は後々解消される

  • 出オチっぽいが話を広げられるの? 1クール続けられるの?
  • 自炊すれば?
  • 3割引きで買うとか、早めに確保して半額シールを貼ってもらえば?
といった疑問の多くは、2,3話までに解消されるはず。

ただ、結局は『狼』たちの考え方に基づくところが大きく、視聴者が納得するかどうかは別ですが。


これからの領域は養豚場ではない

ベン・トー原作はあまり売れてませんが、「このライトノベルがすごい」で上位に入ったり「読まないと人生損するライトノベル10選」に選ばれたりと、少数ながら評価が高い作品です。

実需が低い理由は、おそらく以下に集約されます。
  • 斬新だけど、つかみの弱いテーマ
  • つかみの弱いテーマをおぎなうための様々なエサが、足りない

つかみの弱いテーマ
「半額弁当争奪」というテーマは一山いくらのラノベ群の中で異彩を放ってるけど、やっぱり少し無理がありますね。放送が始まって改めて分かったけど、予想以上にマイナスポイントみたい。
  • 身近な分、スーパーで乱闘したり、半額にこだわったり、店員も警察も止めに来なかったり…といった副次的な要素にも、違和感を感じやすい
  • この手の出オチ風設定はネタ短編で書き捨てられる事がよくあり、「話が続けられるのか?」という疑問も出やすい
「この世界で普及している、ある種の競技」と納得出来れば、大分わかりやすくなるかと。最終的には「そういう世界観だ」となりますが。

エサ不足
厨二病的世界観/ヒロイックな行動/受けやすそうなヒロイン/ハーレム/サービスシーン/今風のオタネタ…といったラノベによくある要素が、不足気味です。

たとえば、禁書、ロウきゅーぶ、緋弾のアリアなど結構多くのラノベは、始まり方が似てます。
  1. 主人公(≒読者)は、女の子(たち)を助ける・守るために課題に取り組む
  2. 問題を解決して女の子(たち)を救い、課題を乗り越えた満足感と今後のおいしい展開への期待感を得る
特に序盤は、「女の子を救う」みたいにわかりやすくてやる気の出る目標があった方が、読者が作品に入り込みやすいんでしょうね。

ベン・トー序盤を普通のラノベのように作るなら、白梅梅(黒髪で気の強いヒロイン)が主人公を振り回す→主人公は槍水仙(銀髪ヒロイン)を気にかけつつ白梅の抱えてる困り事を解決→白梅と槍水が主人公に惚れる…みたいな流れにした可能性が高いです。

でもベン・トーは、そうなってない。



» Continue Reading

TAG :
アニメ
ベン・トー
BD/DVD/CD
リンク(公式サイトとか)
カテゴリ
ブログ内検索
最近のコメント
プロフィール

せれすと

Author:せれすと
アニメ:涼宮ハルヒの憂鬱、ガールズ&パンツァー


トラックバックやリンクは、自由に張ってください。

<推奨ブラウザ>
◎Opera/Firefox系 ○Chrome系/Safari △IE
主に使っているのは、OperaとFirefoxです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
タグリスト

アニメ マクロスF 涼宮ハルヒの憂鬱 いとうのいぢ ななついろ★ドロップス コードギアス 宙のまにまに らき☆すた OP 視聴予定 ゲーム オリコン とある科学の超電磁砲 けいおん!! ED PS2 WORKING!! 挿入歌 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト AngelBeats! 漫画 坂本真綾 ながされて藍蘭島 乃木坂春香の秘密 はなまる幼稚園 コミック ブログ投票 瀬戸の花嫁 とある魔術の禁書目録 アニメ作風考察 アニメ誌 化物語 true_tears ARIA ハヤテのごとく! CMS NewType サントラ ゆるゆり 涼宮ハルヒの戸惑 動画 WordPress バスカッシュ! スクールデイズ 灼眼のシャナ 黒執事 DVD マクロス けいおん! 魔法少女まどか☆マギカ 涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 とある魔術の禁書目録II キミキス 狼と香辛料 ガンダム00 インフィニット・ストラトス 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 侵略!?イカ娘 侵略!イカ娘 ベン・トー 相関図 ロザリオとバンパイア エヴァンゲリオン この青空に約束を たまゆら 宇宙をかける少女 かんなぎ BD ブログ フィギュア 神曲奏界ポリフォニカ シゴフミ ストライクウィッチーズ 逆境無頼カイジ コミックス 鉄腕バーディー もってけ!セーラーふく セキレイ MODx 黒神 さよなら絶望先生 Firefox ユニゾンシフト PSP WORKING´!! Little_Lovers_2nd YouTube みつどもえ sola ポリフォニカ クレイモア Drupal ヱヴァンゲリヲン ライトノベル 京アニ ゼロの使い魔 侵略!イカ娘 DS ベルセルク もってけ!セーラーふく スケッチブック ロロナのアトリエ カイジ 長門有希 CD 君が主で執事が俺で しゅごキャラ! ねんどろいど 破天荒遊戯 電撃文庫 涼宮ハルヒ ニュース 声優 坂井泉水 バイク 撲殺天使ドクロちゃん ユーチューブ どきどき魔女神判 歌詞 字幕.in 字幕 地球へ 絶対可憐チルドレン 小岩井フローラ ご愁傷さま二ノ宮くん ef プリズム・アーク レンタルマギカ ブルードロップ バンブーブレード 京都アニメーション スカイガールズ 色彩 こどものじかん ドラゴノーツ RD潜脳調査室 水樹奈々 生徒会の一存  聖地 Google日本語入力 Newtype バカとテストと召喚獣 ゴンゾ 科学 Lightbox Web制作 JavaScript Slimbox jQuery 青い花 ヒャッコ 聖地巡礼 オオカミさんと七人の仲間たち フラクタル お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだから 夢喰いメリー 日記 ロウきゅーぶ! 神様ドォルズ 森田さんは無口 ヨスガノソラ ミルキィホームズ アマガミSS 祝福のカンパネラ 学園黙示録 あそびにいくヨ! 神のみぞ知るセカイ 生徒会役員共 けいおん Opera PV PC Movable_Type 僕は友達が少ない カドゥン firefox ロボテック H2O FC2ブログ ゴルゴ13 windows_xp ブログ検索 ダ・カーポII 灼眼のシャナII DokuWiki CLANNAD ヴィンランド・サガ 薬師寺涼子 まりあ†ほりっく ホワイトアルバム アルバム 明日のよいち! アニソン RIDEBACK ラノベ 同人誌 鉄のラインバレル アニメディア スレイヤーズ アニメージュ イラスト とらドラ! ジブリ インターネット 

BD/DVD
Twitter
今やっていること
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2007-04-11頃から
月別アーカイブ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。